FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

前向きになってきましたよ

病院のいいところそれは「自分よりひどい人を見ることができる」というふうに数日前にブログで書いたけど」

今、私はちょっと前向きに人生を生き始めている

皮肉だけど自分よりつらい状態にある人をみることほど効果的な人生のサプリメントは無いね…

体の具合はグズグズで朝目覚めたら快調かと思ったら数分後にはやっぱりモヤモヤ感がしたり自分の汗で毛布が濡れるくらいへんな寝汗をかいてしまったり、ご飯食べてるのに空腹感を感じる


だけどもう前に進むしか無いのだ、悲しいけど前に向かうしかないのだ


まるで足を1本失ったアリの気分だったけど病院でもっとひどい人たちをみてたら、見せられたらこれしきで「ああもうおしまい」なんて言ってらんないのだ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

病棟にあるおばあさんがいた



おばあさんは朝も昼も夕も少しずつ 少しずつ体力が落ちないように手すりに掴まり歩いていた


ズッ、ズッ、ズッ、スリッパを引きずり足が交互に進む


私はそれを聞いていた


するとおばあさんに看護師さんがパソコンや血圧計を乗せた台を引きながら近づき「〇〇さん、脚はいたくないね?」と聞いた

するとおばあさんは「痛いのよ、痛いけどあるかないといけないのよ」と答えた

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私はそれを聞いていて盗み聞きしてたくせになぜかわからんが胸にジンと来た


だって私はまわりの入院患者の人に比べればまだマシな病気のくせに悲観してマイケル・ポーターを読んでいたからだ




たしかにマイケル・ポーターの本は難解で読むのに時間がかかり暇つぶしや無駄に集中するのにぴったりだ



でもさ、マイケル・ポーターの八〇〇〇円の本には「技術革新が進んできたら高シェア企業は刈り取り戦略を使え」とは書いてあっても人生で打ちひしがれているときに元気を出す方法なんて書いてないんだよな

だからほんとに元気を出したいならいきものがかりのくだらん曲やAIのハピネスを聞くよりも自分より辛いけどがんばってる人を見ると良いと思う


え?お前は他人の悲劇が好きなのかって?


違う、それは断然NOだ、私はつくりもののドラマで感動できるほど人間性にあふれていないからだ

だけど病棟の中でいろいろな人を見ていると、頑張らないといけないとおもってきているところだ


私たちはそれぞれ不幸だ、だけど前に進むしか無いのだ

関連記事
スポンサーサイト



女性であることが苦痛である時代には女性が男性化する

これまで日本では性別や年齢によって所得が決まってきた

つまり若い人は安い給料を甘んじて受け入れさせられそれがいやなら夜の仕事やかなり体に負担がかかる辛い仕事につくことが必要になっていて、その一方で勤続年数が長い人は昇給が続くことで長くいるだけで有利になるという構造が社会のなかでの個人としての所得が決まってきたわけだ


しかし最近では、非正規雇用の増加や派遣会社による仕事の爆撃的な破壊によって、若者のうち女性はいまや適切な所得を得ることがとても難しくなってしまった

なぜなら女性が好むような職場は皆派遣会社の営業攻勢により「派遣社員で埋めるポジション」になっているため、直接雇われて昇給を得たり福利厚生を得ることができなくなってしまっているからだ

つまり、銀行や携帯電話ショップの受付、それから事務職のように安定した職場ですら派遣会社が労働者と企業の間に入ることにより所得がその分低下するし昇給圧力も消滅してしまったため、女性はまともな所得を得られる仕事につくことが難しくなっているのだ


そのため、女性であることが今の時代リスクになっている

しかも雇用の席を派遣会社が企業の営業力によって抑えてしまうため、一度派遣会社が入り込んだ職場では派遣社員を交代交代で入れ替えればいい前提で経営されるため、そこの労働環境は最悪になってしまうわけだ


うーんと、つまり、派遣社員という即戦力をどんどん放り込んでくる派遣会社が企業と契約すれば、派遣会社という年を取らない法人である存在が、そこの職場の1人分の求人を押さえ込んでしまうというかんじだ




だから歳を取るし福利厚生は欲しいし昇給が欲しい人は非正規雇用の増加ではかなり悪影響を受けていると思う


実際、日本では労働運動は盛んではないしする金銭的な余裕も時間的余裕もないため、企業は自由に活動することができ、新卒者の初任給は日本ではずっと横ばいで、予想してみると、初任給はおそらく永遠に横ばいになり、あるとき急落するのではないかと私は予測している

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200522-00178765/


さらにおそらくだが日本人は今後数年で自動車の新車を買うことができなくなると私は見ている


なぜかというと自動車はグローバル商品だからグローバルな基準で価格が決まる一方、日本人労働者は所得が抑え込まれてしまうため、いずれ限界がくるからだ


事実、日本人は所得の減少にあわせて出産をあきらめたり、結婚をあきらめたり、まともな服を諦めUNIQLOを愛し始め、女性をあきらめアイドルに走ったりしてきたのが今思うと第一次安倍政権からのトレンドなのだ

これらはみな可処分所得の減少が原因だ

だから、次は自動車をあきらめるくらいなんの不思議もない



私はというと電動モーター付きのキックボードを買おうと考えている



え?自動車大国の日本でそんなことはありえない?


いや、十分ありうるのだ、歴史を振り返れば数百隻の貨物船やキャラック船やガレオン船で世界に植民地帝国を築いていたスペインやポルトガルですら没落し、スペインの海上軍事力は世界の軍事的に見て無害なレベルまで弱体化している


だから日本であっても貧困化が進めばなんの不思議もないのだ


そこで、今、女性はというと女性であることが役に立たなくなったため建設業やトラック運転手のような労働と対価が比較的比例している職場へと入る女性が増えている


建設業やトラック運転手はずば抜けて1人が頭を使って儲けるという業界ではなく、働いた分にたいして支払われるという報酬にたいしての考え方がある


そのため、女性であることに価値がなくなり女性がついてきた仕事も派遣会社に奪われた今、軽作業の建設業やトラック運転手に女性が増えている傾向がある


男女雇用機会均等法の成果なのだろうか、いやわからん


でも女性がこれまで選んできたような職場が派遣会社に占拠された今、そういう職場へ派遣社員で行ってもまともな福利厚生も昇給圧力も無いのだ


困った時代になっている

関連記事

なんでも儀式にしてしまっているせいで手続きが瀕雑に

日本では役所の手続きが面倒で瀕雑なことで知られている


例えば確定申告なんかどうだろう?確定申告はインターネットでもできるようになったからインターネットでみんなやるようになるかと思えば結局みんな基準がわからないし説明を聞いても説明もわからないため税務署を訪れる人が今でもたくさんいる


さらに役所の手続きでも、印鑑を求められることがあり、100円ショップで買えるような印鑑がなんの認証機能があるのかはわからんが「印鑑を忘れた」という理由で取りに帰る手間をみんなが経験したことがあるはずだ


さらに履歴書なんかもそうで、就職活動が本当に儀式化しているため就職活動が面倒という理由で派遣会社に登録する人がいたり、手書きの履歴書に苦しまされる人がいたりあるいは就職活動がめんどくさいから転職を諦めるみたいな人もいるのだ


しかもしばしば日本ではひと手間かけることを要求されるためその儀式をこなすことを介助することが商売になってしまっている


例えば過払い金請求に群がる各種法律関係者だったり、企業が自治体に申請できる補助金制度の代理申請、なんかがそうで、まるで政府と国民の間には越えにくい溝があるみたいな感じだ



思うんだがなんでこんなに日本では手続きがめんどくさいんだろうね?

関連記事

マスクすら配れない安倍晋三という無能が牛耳る日本政府

まだアベノマスクこねーよwww

アホしかいないのか日本政府は?

もう五月も終わろうとしているのにアベノマスクは未だに私の手元には届かない


なんという無能非効率なのか私は怖くてしょうがない

だって、日本政府て日本国民にマスク二枚配るだけすらできない無能なんだと気付かされたからだ



これでよく安倍晋三はオスプレイがほしいとかF35ライトニング戦闘機がほしいと言えるものだ


オスプレイが飛ぶ前にお前のクビを飛ばしたいわwww


10万円もまだ配られていないしこれがもし、コロナウィルスが日本人の遺伝子に最悪のタイプのウィルスだったらおそらく日本人は下手な戦争よりも大勢が死んでいたはずだ


こんなザル体制で安倍総理は日本を戦争をできる国(笑)にしようとしていたのかと思うと寒気がする


安倍総理の指導体制のまま戦争をすればたぶん私たちは為す術もなく殺されてしまうはずだ


なにしろ安倍総理は非常事態になると隠れる、いなくなるというステルス迷彩モードを持っているし単純に遅いし判断力も無いので非常事態にこれほど不適当なおじさんはなかなかいないのだ


関連記事

日本人はコネを作れないから個人が脆弱なんだろうな

官僚統治機構の悪い部分が明らかになってきた日本


下々の者たちの声は決して総理大臣に届くことはなく総理大臣は支持者とト・モ・ダ・チと利権で結びつく仲間たちとだけ付き合うから日本の総理大臣と国民は決して顔を合わせることはできない


東日本大震災の直後避難所を訪れた菅直人元総理のことを覚えているだろうか?
東北の避難所をマスコミとともに訪れた菅直人が避難所を一周して車に戻ろうとしたときに地元の夫婦が菅直人に詰め寄り「私たちはまだ話を聞いてもらってない」と言い菅直人と少しの間話をしたあの被災地訪問だ


あのときよく考えるとSPつまり護衛の人は住民と総理大臣の間にいなかったねと思う

つまりすぐ脇から野次を飛ばすことができ、それに総理大臣も気づいて戻ってくる程度の距離にあったわけだ



だけど安倍晋三首相になってからというもの、安倍晋三総理大臣は特に狙われてもいないのに耳にイヤホンをしたボディーガードのSPを増員してきた


私から見れば安倍晋三の治世が続くほど日本が弱体化するんだから北朝鮮も中国も安倍晋三の命なんか狙うわけがないと思うんだがとにかく安倍晋三総理大臣はSPを増やしてきた


さらに総理大臣自ら屋外で演説するときにはわざわざ機動隊員やフェンスを置き、さらに道路を挟んで演説するという道路マタギの演説をするようになった


つまり物理的に総理大臣と国民の距離は遠くなったわけだ



だからもう国民は総理大臣にお願いごとできる時代じゃないんだなと私は思う


官僚統治機構の中で国民の生の声はろ過され(この表現好き)きれい事だけが安倍総理の耳に届くのだ


で、日本人よりも早くから官僚統治機構の害悪に苦しんできた官僚統治機構先進国と言えば中国だ


中国では巨大な国土を支配するため日本よりも早くから複雑な官僚統治機構が作られてきた


しかしその結果、官僚たちは権限により苛酷な税を課したりあるいは一時的な賦課金をかしたりして住民を苦しめることになった

これはなぜかというと官僚の数が多いのでひとりひとりの悪事は小さくても結果的にダメージが積み重なるからだ


例えば日本でもガソリンスタンドでガソリンを買うとガソリン本体価格に対して揮発油税、石油石炭税がかかり、なぜかその総額に対して消費税がかかるという積み重なることで大ダメージを与える税制がある


だから中国ではわかりやすい不動産や金塊ではなく人脈を財産とすることが行われてきた


なぜかと言えば不動産や金塊はたやすく奪われてしまうからで、人脈という無形の財産であれば簡単には奪うことができないからだ


だから仕事を融通し合ったりお金を融通し合ったりあるいは困っているときは一緒に住むみたいなことを厭わない強固な人間同士の関係を財産としたわけだ


そのため中国人は海外に出たときも徒党を組むことで現地社会に対してネットワークで参入することができるわけだ


私の住む九州の片田舎でも仲良く数台の自転車で一緒に買い物にいく中国人を見ることができる


で、面白いのは彼らは自転車で買い物に行ったあとビニール袋の荷物をまるでハーレーダビッドソンの大型バイクの後輪に取り付けるかばんのように結びつけているところだwww
なんかダサかっこよくていいと思う
たぶんそのうち流行るはずだwww


で、徒党を組むと何が良いかと言うと情報が共有できると言うことだ

例えば単にどこのスーパーが鶏肉がやすかったという情報でも1ヶ月で数百円は節約できるし、税金の手続きの話やもっといい仕事などの情報もやり取りができる
さらに誰かが商売を始めるときには協力してお金を出し合うこともできるというわけだ



日本人のように「〇〇さんの子供は公務員になったらしい」みたいなクソしょうもないマウンティングの会話よりよほど中身があると思う


また人的ネットワークがあれば失業しても再雇用の仕事をさがしやすいというのも羨ましいところだ



ならなんで日本人は人的ネットワークに頼らないのだろうか?


今や求人もインターネットで探しているし親戚づきあいすらしない人も増えている時代だ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
しかし私の体験から言えば日本人でも田舎にいれば人的ネットワークはたしかにあるということがわかる


例えば高齢者の親戚が亡くなったときに葬式があればどこからともなく通夜に3000円や5000円を持った人たちが集まってくるし、親戚が入院したら数万円をお見舞いに渡したりするからだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私の考えによると日本人が人的ネットワークを放棄したのはブラック企業の増加と気軽に転勤させる日本企業の悪癖のせいだと思う


例えば日本企業では朝7時から夜8時まで働いている企業なんて珍しくないから、夜誰かと一緒に遊ぶあるいは食事するみたいなことは難しい人が多い(というか子供すら夜7時まで保育園に預けられてしまう)

さらに休日も完全週休2日じゃない職場ばかりだから友人と歳を取れば取るほど疎遠になっていく労働環境がある
おまけにお金もたまらないからストレス発散する金も無いのだwww

そして極めつけが転勤で、日本企業は年収300万円台でも転勤させるため、出世しないのに転勤ということが多々ある


すると、地元からむりやり引き剥がされてしまい地元の人間関係つまり人的ネットワークから切り離されてしまう人が毎年あらわれることになる


だから日本では人的ネットワークでの関係がつねに清算され続けているせいで中国人のような人的ネットワークを財産とすることができない


その結果、日本人は個人として脆弱なまま企業の言いなりになっているわけだ

関連記事

基本的に世の中が狂っていると考えると幸せになれる

私たちは社会に対してみんな不満を持っている

それはそうだ

今や地球上の人口は増加に増加を続けて77億人もいるのだ


不満を感じないほうがおかしい


私たちは人間同士の摩擦をストレスと感じるから人口の多い場所に住んでいる人ならなおさらだ


でも今の世の中は間違っていると考えるのはそれこそが間違いだ


なぜかというと人口が増え続けている限り人間社会のトラブルもそれに比例して増加を続けるから問題は永遠に解決しないからだ


あれだつまり、同僚同士の仲が悪い職場で1人をターゲットにいじめてやめさせてもいじめは終了せず、次は別の人がターゲットになるだけというあれだ


だから三国志の劉備玄徳や徳川吉宗の時代から世の中を憂いている人たちには悩みが尽きないwww


そのストレスを避けるには世の中は基本的に狂っていると見るのが正解なのだ

私たちは人間相手に「遅い」とか「少ない」「愛してくれない」「理不尽」と不満を感じる


でもそれは基本的に世の中の人たちは自分勝手に振る舞う結果であるのだ


だから世の中を憂うときにはほどほどにしておくべきである


人口の増加に伴い地球全体のストレスの量は比例して拡大しているのだ



例えば私たちは安倍総理にコロナウィルスのトラブルに「遅い」「何もしてくれない」と怒るが、地球を半分進んだところにあるアメリカのシカゴの女性黒人ローリーライトフット市長も「連邦政府は何もしてくれない」と怒っているwww


つまり場所は違えどみなストレスを抱えて生きているわけだ

それから日本での失業者に対しての資金提供が支給ではなく、貸付であるというのも不条理なところだ

だって、非正規雇用の人たちが突然失業したのって自民党とソーカの非正規雇用推進のせいで、貯金できない水準で賃金を押さえつけてきたのも歴代の自民党とソーカじゃん?

こうなることは見越していたのにまともな支援は与えず貸付?????世の中狂ってんなwww


そしてそれは私もそうで例えば病院を受診したとき薬を受け取るわけだが、いわゆる医薬分業というやつで院内にも薬剤師がいるくせにわざわざ門前薬局に行き二度手間をかけるというストレスをすごく感じた


だって、医薬分業が何を意図して作られたかはわからないが、病院も薬局も具合が悪いときに行く場所なのだからワンストップサービスが良いに決まっているからだ


しかも医薬分業と行ってもだいたいその病院の前にある門前薬局を使うから、まるで私たちからすれば薬剤師の為に「はなれ」の建物があるようなものだwwわかるかな?別棟の部屋のことだ


薬剤師という袋詰係のために私たちは病気になると数十メートル歩くという苦労をさせられるという不条理を負っている



だけどこれに関してももう、世の中が狂っていると思うしか無い


だって病人からすればわざわざ数十メートルの薬局に行くより院内で受付の横で薬を出してもらうほうが絶対良いもんな?


これがもし、薬剤師が初歩的な診察能力を身に着けていて軽い症状に限りささっと処方せんの必要な薬を出してくれるなら私たちも文句は言わないだろうがそうじゃないから医薬分業てクソよね




私たちは世の中を間違っているとしばしば言いたくなるし憤るが基本的に世の中の方が狂っていると思わないと私たちの方が狂ってしまう


関連記事

全くわけがわからない市会議員の行動

あさ、ウォーキングのために歩いていると橋の下で選挙ポスターを持って通り過ぎる車に挨拶しているおじさんがいた


よく見ると市会議員らしくておそらく顔を覚えてもらえるためにやっているのだろう


高めの声で通り過ぎる車に看板を見せながら橋の上で自分の名前といってらっしゃいを連呼する

そして当選と再選を目指す


私は海外の選挙活動をよく知らないけど果たして橋の上で愛想を振りまく男に投票してなにかがよく好転するかはよくわからない


関連記事

安倍的口罩还没収到 〜今日の中国語講座〜

安倍的口罩还没収到 アベノマスクをまだ受け取っていません

口罩(こーじゃお) マスク

还没(はいめい) まだしていない

収到(しょうだお) 受け取る

関連記事

コロナウィルスきっかけで閉店続出

今の日本の企業経営者の多くは65歳以上である


そのため儲かってる会社はともかくたいして儲かっていない会社の経営者は引退時期を探っている人も多い


そしてここにきてコロナウィルスだ


これは経営者にとっては神風みたいなものだ

だって普通に閉店や廃業するとなんか負けた気がするし世間体も悪いけど、コロナウィルスのせいでといえば「自己都合退職」「一身上の都合により」みたいなもんでごまかすことができる

コロナの騒ぎに便乗して廃業したり閉店するのは高齢の経営者には都合がいいかもしれない

関連記事

やはり家族こそ財産だな

もう何年も前から日本人は多くが核家族で暮らしていて、世帯別では40%の世帯は一人暮らしという経済的に非効率な暮らし方をしている


たしかに1人に1つ家があり1人に1つのテレビ、便座、エアコン、冷蔵庫、電子レンジなんかがあれば日本のGDPは伸びるかもしれない


でも同時に今この瞬間にも全世帯の40%の一人暮らしの人たちは孤独感を感じている人も多いのだと思う


人は人間である前に猿であり、人間関係を構築することで人間になるものだからだ
群れを構築するように設計された私たちの遺伝子は「1人でいると孤独を感じる」ように設計され、仲間を探させるように私たちに司令を下す

その一方で私たちは「大勢と一緒にいるとストレスを感じる」ようにも設計されていて常に仲間の少ない方向へ向かうという傾向も与えている


社会性を持つチンパンジーやゴリラやキツネザルのような猿はたくさんいても同じ猿の仲間でも人間は数年前にわかれた昔の同級生や同僚とも連絡をとったりする興味深い猿だ


というかチンパンジーもゴリラも高校も大学も出ないから同窓会はそもそもないのだがwww


で、人間は無駄に寿命が長いため単年度でライフサイクルを終える昆虫と違い、親戚関係を構築することができる


そして今年私は入院したのだがなんと嬉しいことに親戚から見舞金を受け取ることができた

私たちは普段入院保険がどうのこうの言っていたが、田舎者でよかったとこういうときは思う


今の日本の都市部はどんな感じかはわからないが、田舎はまだこういう助け合いがある

いや、貧乏だから助け合っているのかもしれないが、やはり広義の意味での家族である親戚関係も含めて家族て財産だなぁと思う



私たちは今や拝金主義という新しい宗教のせいでなんでもお金に換算する時代になっている(そしてそのくせサービス残業はとりしまられない)、だけどこういうこともまだ残ってて私は少しうれしくなった

関連記事

ハリーハーロウの悪魔の猿実験を国レベルでやっちゃう日本人

このブログの読者のみなさんはハリー・ハーロウというアメリカの心理学者が行ったアカゲザルの実験をご存知だろうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハリーフレデリックハーローはアメリカの心理学者であり、母親の分離、依存の必要性、アカゲザルの社会的隔離実験で最もよく知られており、社会的および認知的発達への介護と交際の重要性を明らかにしました。彼の研究のほとんどはウィスコンシン大学マディソン校で行われ、人文心理学者のアブラハムマズローが短期間彼と一緒に働きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


アメリカの心理学者ハリー・ハーロウは、愛情について研究するために猿の赤ちゃんに2つのつくりものの猿の母親を与え、猿の赤ちゃんがどのように振る舞うかで親子の愛情を観察しようとしました


ハリー・ハーロウがアカゲザルの赤ちゃんに与えたつくりものの猿の母親の人形は2つ


ひとつは針金でできたつくりもののアカゲザルで哺乳瓶がついていてアカゲザルの赤ちゃんはミルクを飲むことができるという役目があります

そしてハリー・ハーロウが赤ちゃんに与えた2つ目の母親は布製の母親で、布の肌触りは針金のつくりものの母親よりも赤ちゃんのアカゲザルがこのむ肌触りでした


ハリー・ハーロウの観察結果によるとアカゲザルの赤ちゃんは2つ目の布の母親の人形に掴まり、空腹に耐えられなくなると針金でできた母親の人形からミルクを哺乳瓶で飲みました



しかしハーロウが観察した結果、赤ちゃんアカゲザルは布製の母親の人形に掴まり、針金の母親に捕まることを避けるというものでした


このことからハリー・ハーロウは赤ちゃんは食事を与えてくれる相手よりも、肌触りで安心感を覚えられる相手になつくということを発見しました


で、このことを人間に当てはめて考えてみると、日本でもシングルマザーの家庭などで、母親は一生懸命子供のために夜中でもはたらいていても子供はその母の思いはわかっていても愛情の欠如からグレてしまうということがよくあります


これは、お金という食べ物のもとを運んでくるはたらきものでも、心地よく抱きつくことはできない針金の母親だけでは愛情の不足を感じてしまうということで、ハーロウの猿の赤ちゃんの実験とつながって見えてきます


ちなみに日本ではシングルマザーの40%以上が貧困状態なので、そう考えるとシングルマザーの子供はハリー・ハーロウの実験のように母親の一部の機能を意図的に奪われているようなものです


で、日本では友稼ぎを推進する時代の要請(というか貧困化か)のため、子供はまだ乳児の段階で保育園に毎日10時間以上預けられて母親は働くという状況が平然と発生しています


以前は子供が生まれると母親は退職して子供の面倒を見るみたいな感じだったのですが、行き過ぎた共稼ぎ体制とそれにともなう実質賃金の低下は産休育休の取得できない職場や数ヶ月の専業主婦すら許さない家庭の経済状況を日本に作っているのです


私はあまりに小さな子供を保育園に預けることで愛情に生まれながらに飢えた人たちが大量に社会に生まれると以前記事に書いたのですが、ハリー・ハーロウの実験の話を聞いて私は考えをあらためました、日本人が乳児を保育園に預けることがあまりに長時間にわたりそれが週に5日や6日になれば、ハリー・ハーロウの研究結果に従うとすれば、子供は母親を針金の母親と認識し、保育園の保母さんを母親と認識し、日本人の家族のあり方が完全にぶっ壊れることになることは避けられません



しかも共働きの家庭の子供では、まだ乳児なのに保育園に預けられた乳児はその後幼児になっても小学生になっても親と長い時間をおくることはできなくなり、親が出勤するまえの目覚めてからの1時間ほどと、親が帰宅してから眠るまでの3時間程度しか親と同じ時間を過ごせないわけです


つまりまともな親子関係無しで下手すると成人まで過ごすわけです


日本政府は共働きを推進していますからこの流れは今後大規模になるわけです


そう考えると日本国内の若者たちは根本的に愛情の欠損した人間性をもつ人たちということになりそんな人たちは私に言わせれば乳牛の一生のように経済活動のために生涯を犠牲にさせられる存在であると思います


仕事に行くからという理由で母親は子供を残して出勤してしまい代わりに子供には保育園の保母さんがあてがわれるのですが、だけど保育園の保母さんは結局は他人でしかなく実の母の代わりにはなりません

だから愛情を求めて子供が保育園の保母さんに甘えるのですがそれは「仕事としてのお守り」であり、母と子の無私の愛情ではありません


そのため子供は苦しむことになるわけです


そして愛情の欠損した人たちが形成されるわけですが、そんな人たちが増えれば社会にかなり悪影響を与えることはさけられません

何しろ母親の愛情が欠如して育った人なので思いやり自体認識できないかもしれません


しかもその人は永久に愛情というなにかを認識できないかもしれないのです


今日本政府のすすめている共働きの推進は目先のGDPを上げるかもしれませんが愛情を永久に認識できない経済活動に人生を犠牲にさせられる人たちを大量に生み出している可能性があります


ちなみにハリー・ハーロウの実験で使ったアカゲザルの赤ちゃんは最後はこうなりました


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そのようにして育った子どもは他のサルから社会的に まったく隔離されています。このようなサルは大人になったとき、身体は健康ですが、精神的・社会的には健康とはいえない 状態になっていました。無気力で、鬱状態です。ほかのサルと 一緒の檻に入れても、怖がって遊べません。普通、サルは子ザ ルをいじめませんが、子ザルをいじめたり、性行動ができず、社会的に孤立します。そのよ うなサルがたまたま妊娠しても、子育てができず、子どもが死んでしまいました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関連記事

九州社会主義共和国の移住案内(皮肉)

九州社会主義共和国へようこそ


日本国を形成する日本列島の一番南の大きな島九州は日本という先進国の一部でありながら中進国並みの所得水準であり(韓国と同じくらい)、実際には韓国以下の可処分所得であり、統計によれば、九州の子供の5人に1人は貧困状態にあり虐待されるかこれから虐待されるのを待っている状態で、アフリカの子どもたちとおなじように給食が唯一のまともな食事です。

九州では、世界の社会主義国と同じようにリスクをとるような起業ではなく安定と相対的な高収入を求めて公務員や公益企業や医療関係の職を本来クリエイティブな仕事や社会を牽引するべき地位に就くべき賢い子どもたちが目指し、その一方で頭が悪い女の子は水商売か低所得を選ぶしか無いという資本主義とは一線を画する社会主義の地域です


だから麻生太郎みたいな漢字も読めないバカが九州では議員になれるわけです


何しろ若者たちは生存限界線ぎりぎりという低所得なので面白いアイディアや商品を思いついてもそれの試作品を作ることや実験店舗を出すことすらできないので資本主義の最初の段階である市場調査や小規模での実験ができないわけです

だから九州は社会主義なのです


ここ九州では人々は日本にいながらにして中進国並みの低所得を体感することができ、労働関係の法律は守られておらず、しばしば残業代は未払いになり、交通費はガソリン代にも足りず、ノルマと称して勤務先の欲しくもない商品をケース単位で自爆営業することができます、さらにそれでいて買い物するときのナショナルブランドの商品の価格も自動車の税金も日本の本州並みというインドの独立の父ガンジーがインドの独立を志したきっかけになったときのような二級市民扱いを受けることができます


九州の人たちの労働時間は本州より長く、所得水準は低く、寿命は短いです


でも安心してください


九州では鹿児島宮崎を例にできるように成人一人あたりのパチンコ・スロットの台数は日本国内よりも多いため、娯楽とあぶく銭のチャンスには事欠きません



さらに家賃や外食にかかるお金も本州と比べると安くなっていて福岡を訪れる芸能人たちはいつも「福岡は飯が安い」と言います


が、実際には福岡では飲食店は値上げすると客が減り潰れるのでそれが怖くて飲食店は何十年も値上げしていないだけなのです


さらに福岡県民がよく言うように九州では女性が美しいです

なぜなら社会主義共和国九州では低収入でブスは結婚できないため九州では生物学的に不細工は淘汰されていく段階にあるためです、まさにダーウィンの言うところの選択淘汰というやつです


福岡出身のお笑い芸人の花まる大吉がよく「福岡のブスは謙虚」と言いますが実際にはそれは生物学的に淘汰されている側だからなのです


さらに九州では女性だからという理由だけで低い給与で働いている女性が多いため九州の女性の20%は栄養失調状態にありスレンダーそのものです


そしてこれは男にも言えます


だから社会主義九州共和国では今後さらに美人と美男子が増えることが期待されています


おそらくあと50年ほどで3世代ほどの選択淘汰がおきれば九州はアジアや日本屈指の美人と美男子の住む地域になるはずです

お金を払ってまで整形して美しくなる韓国や中国に対してお金が無いブサイクを生物学的に淘汰して切り捨てて遺伝子レベルで美しくなる九州の人たち、まさにナチュラルビューティーと思いませんか?



またファッションについてですが九州では県庁所在地を除けばしまむら、UNIQLO、ライトオンという3つの服屋で服を選ぶことになるためまるで中国の人民服と同じくらい服に迷う必要がありません


さらに中高年のおじさんは休日でもなぜか作業着を着ているひとがいます


さらに生徒指導と称して高校生は教師が髪の毛が耳にかからないようにとか、えりあしがどうこうと、ひとりひとり文房具のハサミでカットして管理してくれるため髪型もバッチリ決まります


また日本国の象徴である天皇陛下と九州のかかわりですが、今の上皇陛下の平成の間の九州各県への訪問を宮内庁のホームページで見てみると

福岡が3回、佐賀が2回、長崎が5回、熊本が1回、大分が2回、宮崎が2回、鹿児島が1回となっています



そのため九州の人たちは本当に未だに日本に天皇は存在するのか?という認識でいて、基本的に天皇は正月や終戦記念日にテレビ画面の中に出てくるタレントの1人という扱いになっています


私の統計的手法による仮説では、天皇の詠んだ和歌が一つでも言える人は九州には3人くらいしかいませんが、カラオケで長渕剛を歌う人はたくさんいますから好感度や人気的には長渕剛の方が上ですね


長崎県に最後に平成天皇が来県したのが平成14年、熊本県はおなじく平成11年、宮崎はおなじく平成16年、鹿児島はおなじく平成15年とそれぞれ平成10年代で平成上皇が来県したのが最後となっているので、九州の人たちには 天皇を生で見る機会がまるで無かったためこれは仕方のないことなのです

一握りの賢い九州人のなかには「すでに平成上皇陛下はCGであり実在しない」という仮説すら唱えているものもいます


そもそも天皇陛下が九州に来県しても九州の人民は朝7時から夜9時まで働いているか通勤中で残りは飲酒かパチンコをしているため天皇陛下を見に行く時間もないし金銭的な余裕もないのです


観光に関してですが九州には廃虚がたくさんあり廃墟マニアにはおすすめです


例えば子供が就職して地元を離れたあと親が死亡し売家の看板がもう10年以上もかかったままの崩壊寸前の廃屋なんかどうですか?

あるいはつる草がいい感じで巻き付き苔が生えてまるでジブリ作品の絵みたいなガソリンスタンドの廃虚もおすすめです

さらに通りまるごと廃墟化した商店街なんてどうですか?想像力をかきたてられますよね?



そんな九州では移住者をいろいろな地域が募集しています


とくに若い子供連れの夫婦を募集していて「所得に結びつかない長時間労働」と「なんら根拠もない相手のマウンティング」を前向きに受け入れられるポジティブでコミュニケーション能力に長けた人たちを募集しています

まだ幼い子供を預けてバカみたいな給与水準で働くことを厭わない奴隷体質の人には特におすすめです


九州は本当にいいところです

関連記事

資本主義の原則を無視してきたツケは日本にキズを残す

資本主義とはなんだろうか?いろいろな解釈があるかもしれない


だけど日本人の考える資本主義は実際には単なる自由経済であるということが多々ある


なんならクレジットカードのジャックスの公式サイトですら資本主義を誤解している

クレジットカードジャックスの公式サイトから〜〜

Q 資本主義って、そもそもどんな主義?
A 自由な経済体制のことです。
資本主義とは、働いたらその労働力に応じて報酬が得られるという制度であり、自由に経済活動を行える社会です。モノの価格やサービスの内容は市場の競争によって変動し、これを市場主義といいます。一般的には競争によって価格はより安く、サービスはより質が高くなりますが、需要が多ければ価格が上がることもありえます。
また、業績の良い会社に就職して多くの報酬を受け取る、起業して稼ぐなどの選択肢は本人次第です。成功すればたくさんの富を手にするかもしれません。しかし逆の場合、失業や生活苦のリスクもあります。
資本主義の反対にあるのが社会主義です。社会主義の国では、財産は国家が所有し、資源や労働力やモノの値段などは国が管理します。国民には労働量に関係なく、一律の対価が支給されます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



それから政治ドットコムも資本主義については認識を間違っている

政治ドットコムから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

資本主義とは資本家(資本金を出して企業を経営する人)が労働者を雇い、商品の製作や第三者へのサービスの提供を行うことで利潤を得る経済の仕組みです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



さらに東洋経済ですら資本主義については認識を間違っている

東洋経済から〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私たちが生きている社会は「“資本”主義社会」、つまり“資本”が第一主義な社会だ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




なんでこんなに堅苦しくとか詩的に書くのかわからんが、実際には資本主義とは一文で言えば「あるもうけ話を元にたぬきの皮算用をして自己資金と借入金で開業資金と運転資金を調達して生産財と材料を購入し付加価値を商品やサービスに乗せて製造原価に対してなるべく高い利益を得ようとし、支払う税金はなるべく減らそうと試み続けること」である


と、私は定義している


クレジットカードのジャックスの公式サイトの言うように自由に経済活動が行えるということを資本主義とするなら中国国境から商品を輸入して個人同士の経済活動を行っている北朝鮮にも資本主義はあることになってしまいますし、績の良い会社に就職して多くの報酬を受け取る、起業して稼ぐなどの選択肢は本人次第です。という点で言えば有名なライフルであるAK47を開発したアサルトライフルの設計者であるソビエトロシアのミハエル・カラシニコフ氏も戦車部隊から銃器開発に異動したという点で言うなら自由な職業選択をできたと言えます


また政治ドットコムの言うように資本家が労働者を雇い第三者に商品サービスを提供することを資本主義というなら江戸時代の日本にも資本主義はあったことになってしまう



資本主義が大事なのは皮算用という部分なのだ


逆に言えば皮算用があることが資本主義の核心部分であると言える


たぬきの皮算用がなぜ大事なのかというと、それは存在していないものに価値をつけることを認めるというものだからだ


もうけ話をもとにしてそこに株式や借入金からお金が集まることで、本来ならコツコツ貯金してようやく始める事業がいますぐ始まるから資本主義はダイナミックで社会主義に勝てたのだ


例を出そう


設備投資では一番安全な投資は今うまく行っている事業をそのまま拡大することであると言われている


だからもし、あなたが博多駅の筑紫口の近くで新しいスタイルの飲食店を開業後3年目を迎えた今、繁盛店をつくることに成功し、すごい名声と利益を得て毎日忙しく飲食店を経営しているとするときに、筑紫口の反対側である博多口にも全く同じ飲食店を2店舗目を出したいと考えたとする


しかしもし、このときたぬきの皮算用をもとに借金したり株式で資金を調達するという資本主義の核心的な考え方が博多にはなかった場合、あなたは今の筑紫口の近くで繁盛している1店舗目が稼ぎ出し蓄積する資本が2店舗目の開業資金として蓄積されるまで待たなくてはいけなくなる


そうすると2店舗目の開業にはかなり時間がかかってしまい商売の規模の拡大は1店舗目の利益率の推移に依存することになる


逆に博多にたぬきの皮算用の考え方がすでにあるなら2店舗目の開業資金を他の商売人の知り合いや銀行から調達することができるため資金調達の速度が自己資金の営業キャッシュフローからの還流よりも早いことになる


つまりたぬきの皮算用により1店舗目がうまく行っているからという理由でお金を借りることができて素早く事業を拡大できるのが資本主義のすごいところなのだ、つまり未来を現在の延長で考えて皮算用で資金調達できるのだ



このように資本主義の皮算用の評価による融資よりも社会主義は「金持ちとか王様にこんなに搾取されるならあいつらを追い出して庶民みんなの資金をまとめて生産財を使ったほうがいいんじゃね?」という考え方なので、実直すぎて富の拡大速度で劣るから負けるのだ



この皮算用で資金調達という考え方はとても強い力で、例えばいきなりステーキなんか首都圏エリアと関西エリアで成功したあと勢いよく全国に展開できたのは皮算用あってのもので、いきなりステーキがたしかに行列をつくり高い売上高の増加を見せていたとしても自己資金の営業キャッシュフローからの還流だけではいきなりステーキみたいなサクセスストーリーはなかったはずだ



で、資本主義ではもうけ話に対するたぬきの皮算用が大事なのは以上の通りであり、株式市場に株式を公開している上場企業の場合など成長期の会社など、当期純利益の20倍30倍で株価が取引されているのもたぬきの皮算用から来る過大評価そのものである


資本主義はたぬきの皮算用と過大評価を組み合わせて実体経済を膨らませている


だから信用創造とか行っても、実際には皮算用なのだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東洋経済の「私たちが生きている社会は「“資本”主義社会」、つまり“資本”が第一主義な社会だ」という説明なんかもはや意味がわからないよなwww


日本人は変なときにポエムを書きたがる変な国民性を持っている、例えば戦国武将も死ぬときに辞世の句を詠んだものだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




ほんで、日本が景気がいまいち好景気にならないのは資本主義の原則であるたぬきの皮算用を無視しているからだ


日本人はバブル崩壊からの長引く失われた30年による精神的な去勢によって、もうけ話を聞いても勃起できなくなっているのだ


だから若者たちがもうけ話を語っても大人たちは投資できないのだ


さらに失われた30年の間、日本政府とバカタレの自民党のアホたちは既存の企業の当期の利益をよく見せるために若者や非正規社員の昇給や各種手当てや残業代を凍結し、ブラック企業の存在を自民党が認め、というかブラック企業の経営者こそ自民党の支持者だったため、若者が起業資金を貯められなかったため若者の起業自体が少ないし「在庫を持たない商売」というセミナー屋やマルチもどきや、信者をつくる芸能人のサロンみたいなクソみたいな商売が増えていかがわしいやつらが増えてしまった


だからもうけ話を聞いても日本人はそこにたぬきの皮算用で投資しないし、若者は起業資金を稼げないから起業も少ない


つまり資本主義の原則を日本人は無視してきたわけだ



さらにさらに日本の一般的な人たちはなぜかわからんが豊かじゃないのに保守政党である自民党を支持するというよくわからんことを繰り返してきたため、自民党が労働者の権利を破壊したり昇給が押さえつけられたり労働組合運動が弾圧されることを黙認してきた


その結果定期昇給がなくなり、そもそもインフレが日本からなくなってしまった

とくに小泉純一郎が総理大臣のときによく言われたが「実力主義」という言葉はあれは結局給与削減のお題目でしかなかった


だってインフレて生産性が上がらなくても物価が上がるというものだから、実力主義で給与削減されたらインフレ圧力も減るからだ



さらに昇給圧力を自民党が潰したからインフレがなくなっているだけなのにそれを見て景気対策と称して自民党政権は国債を発行して日本の国家の負債を増やし続けている


そしてそのたびに日本人の可処分所得は減ることになる


だからアベノミクスは私たちに届かないのだ


皮算用をもとにした事業拡大が起きず、若者は起業資金を貯められず、政府は不景気対策と称して国債を発行しまくっている


言っては悪いが、労働者に賃金を昇給させたくないという自民党とその支持者のアホたちのせいで日本はひどいことになっている


国債を発行してしまえば固定費として利払いが必要になりそれを繰り返すと年間の国家予算の中での負担が増える


しかし、国民の多くを昇給させてしまえば既発の国債の価値が下がるため実質的に国債を返済したことと同じになる


だから国民の多くを無条件で昇給させてしまえば日本の国債の国家予算への圧力も少しはおさまることになる

関連記事

植物を育てるのって楽しいな

家庭菜園に植えた枝豆ととうもろこしとオクラといんげん豆が私の入院後、畑に戻ると無事立派に成長していた

だがウリハムシやおそらく鳥なんだろうが新芽の先っぽや葉っぱを襲われている個体もあったがなんとか大きくなっている

植物て大きくなる速度が早いから育てるのって楽しい


そう感じるのは農耕民族の遺伝子が反応しているのだろうか?


今私の楽しみの一つは家庭菜園の草取りだ


九州って温暖だから家庭菜園はコツコツ草取りをやらないとすぐイネ科の雑草に覆われて頑丈な根っこに畑を支配されてどうしょうもなくなることになる

雑草の種類によっては小型の耕うん機は歯が立たないし、根っこを破砕してもそこから再生していく


だから見つけ次第雑草は抜き取るんだけども雑草ってほんと頑強でたくましくて、今不健康な私は雑草が羨ましい

何しろ雑草って少しでも根が残ればそこから再び大きくなるし、抜いて畑の脇に放り投げてもそこで根を地面に差し込み始め生き残りを図る、めちゃくちゃ強靭だ


すげえよ雑草!!!!


これでこの雑草たちが食べられれば私は幸せなんだけれども残念ながら私はヤギでも羊でもないから雑草を食べて生きることはできない


そこがもったいないところだ


で、雑草てすごいのが自然と調和しているところ


つまり雨に合わせて発芽して勢いよく成長していく段階で、完全に自然と調和していると私には見える

なんていうか自然のサイクルに合っているから成長が早いのだ


そこが、人間から水をもらい続けないとすぐに弱る作物と違うところだ


雑草は人間など必要としていないからきっと人間が絶滅してもおそらく姿をたいして買えずに雑草たちはこの地球上で生きていけるはずだ


でも雑草に愛着を感じていては家庭菜園はできないのだ


家庭菜園とは実のところ植物とのふれあいではなく自然との対決に他ならない


害虫や雑草や天候不順にたいして、素人考えというあさはかなやり方で挑む、これが家庭菜園なんだ


家庭菜園をやるものは降りかかる火の粉を自ら払わなくてはいけない



土の上で自然と調和している雑草たちと戦い人間よりも長く自然と調和している虫たちとも戦い作物を収穫するまでもっていく


家庭菜園とは実は難儀な趣味であるのだ

関連記事

なぜ国民が税金の支払いの遅れで公務員に許しを請わなくてはいけないのか?理由は政府は国民のものではないからだ

コロナウィルスによる経済クラッシュで日本のみならず世界は混乱している


今回国税庁は国民に対してコロナウィルスが原因の国税の支払い困難者に猶予期間を与え、特例措置として延滞税は免除されることになったそうだ


しかし、私は思う「普段毎年集めていたあの税金は積み立てていなかったのか?」とだ


私たちは普段あらゆる生活の局面で税金を取られている


食品を買うという生存のための行為に始まり、家を建てても車を買っても税金を支払うのだ


しかし、毎年1億2000万人から膨大な税金を徴収してきたにも関わらず恐ろしいことに日本には国民がいざというときに即時に使うことのできる預貯金あるいは現金等価物は存在していなかったのだ



だから、日本政府はコロナウィルスといういざというときに国民に1人10万円というお金を支給することが未だにできていないのだ


これは恐ろしいことだ


日本政府と日本の財務省のやり方を端的に言えば毎年の税収を使い尽くし借金までするということを当然だと考えているということだからだ


だから日本の安全保障の最大のリスクは実のところ北朝鮮でも中国でもなくまともな財政運営ができない日本政府と自民党と財務省であることがわかる

真に国防上のリスクを取り除くならばヘリ空母いずもをF35ライトニングが使えるように改装するよりも内閣を総退陣させるほうが安上がりで効果的だwww


だってコロナウィルスのショックで日本政府は緊急事態用の現金あるいは現金等価物をまるで持っていないことが明らかになったからだ


日本政府は国防上の問題を大きく取り上げているが実のところ財政規律を長年無視してきた日本政府は今や国民に即時に支払うお金を準備することすらできないくらい弱体化しているのだ



いくら中国の脅威をバカな自民党が煽ってももう日本の財政は寝たきり老人なみに力が低下している



ちなみに他の先進国ではというと日本の数倍の金塊を備蓄していてイギリスフランスドイツイタリアスイスロシア中国など、皆金塊といういつの時代にも有効な現金等価物をたくさん保管している



日本の場合、経済規模に対して金塊備蓄はかなり少額にとどまっている


それもそのはず、財政規律なんてハナから無視しているんだからいざというとき用の金塊を備蓄するという知恵も予算も日本政府にはないのだ


あればあるだけ使い借金までする、それが日本政府のヤバいところだ



だからいざというときに10万円が即時に配れない


もしかするとオンラインでの10万円給付がやたらと手間取りエラーが起きるのは日本政府が10万円用の予算を準備するために時間がかかるということを隠蔽するためのわざと作られたエラーや手続きミスなのかもしれない、陰謀論かもしれんが、もしかするとオンラインでのマイナンバーを使う10万円給付の手続きにこんなに時間がかかるのは、もしかすると日本政府がお金をかき集めてるのに時間がかかっているのかもしれない



ちなみにEUヨーロッパ連合では加盟国に財政の健全化の基準をもとめていて、その基準によれば日本はEUには加盟できないwwww



つまり日本の財務省と日本の自民党はEU基準によれば禁治産者なのだ




で、普段私たちは納税が遅れると延滞税という高率な金利というバツを受けるわけなんだけれども、なんで私たちに10万円を素早く支払えない日本政府は責任を取らないの?安倍総理は謝罪しないの?と私は思う



だって、これまでは商売が行き詰まって苦しい人にすら情けをかけることなく延滞税という追加の苦痛を平気で与えるくらい日本政府は税金に厳しい態度で国民に接してきた


でも日本政府には緊急事態用のお金の備蓄はなく、財政は脆弱で、日本での税金の延滞税て実際には公務員と政治家たちが「俺たちが好き勝手に使う金を期日までに払えないお前が悪い」という理屈で課す罰であり、延滞税にはほんとに苦しい人に対しても情けがない


そもそも日本政府の経済運営が糞だから納税が遅れてる人に税金の延滞税をかけてきた日本政府がおかしいのかもしれない


だから10万円給付が遅れている今、正直私は日本政府に延滞金を課したくなる


というか考えてみると、日本政府と日本国民はお金を一方的にむしり取られ政治家と官僚とその支援者が山分けするという二極化の関係なのかもしれない


そう考えると政治家の傲慢な増税路線や公務員の納税は当然という態度が理解できる


日本政府は実は国民のものではなくキャッシュフローで確認すると一方的に奪い続けるために君臨している略奪者なのだ


だから日本人は無意識に税金を恐れているし税務署を嫌っている


政治家はガリガリ君すら経費で買う、そういう関係なのだ

関連記事