FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

JRはさっさと新幹線の手荷物検査をやるべき

新幹線は安全な乗り物だ


地震でも脱線しないし衝突事故を起こしたこともないから新幹線で事故死するには車体の上のパンタグラフの高圧電流に触れるか、自分から線路に飛び込むしかない


しかし、ここ数年自暴自棄になった人たちが起こす新幹線車内での事件により新幹線の安全はぶっちゃけかなり危うい状態にある


新幹線のもつ安全性と速達性そして大量輸送能力は世界でも唯一無二のものだが、それも現在の治安の悪化にともないもう限界かもしれない


新幹線という閉鎖された空間では凶器を持ち込んだ人を制止する手段がないため、持ち込ませないことが重要になる


これまで日本では社会の安全が担保されていたから新幹線手荷物検査は必要なかったわけだが


今後、日本の治安の悪化は避けられないわけだから手荷物検査はどっかの段階で実行することになるのは当然だ


社会の不満が増大しているのだから凶悪事件が増えるのは仕方がない

関連記事
スポンサーサイト



日本人「ドローンは枯れた技術」 俺「なら日本人もDJIみたいなドローンつくろうや」

今、日本はドローンにおける競争で完全に中国に遅れを取っている


日本のドローンのメーカーてなにがある?と聞かれた時に誰も答えることができないような状態にまで、日本が落ちぶれてしまっている


ドローンはカメラを搭載したボディに取り付けられた複数のプロペラをコンピューター制御で安定させ、それをコントローラーで3次元の操作をさせるという未来のおもちなのだが、悔しいが日本のメーカーではDJIに並ぶドローンを作れるメーカーは無い


昭和最後の数年間から以降の日本では新しい技術がやってくるとすぐに危険性について問題に取り上げて先回りして禁止してしまうため技術が伸びるということがない


伸び始めた新芽を切り落としてしまうのだ

法律で遊ぶことを禁止してしまうため新しい技術が商用になる以前に日本では成長を禁止されてしまうのだ


皮肉だが経済成長と秩序維持ばかり気にしてきた結果、遊ぶことを禁じられ遊ぶことをしない結果、次の産業への参加者が生まれない環境になってしまったのだ


これは皮肉だが新しい技術は商売として研究するよりも趣味として誰かが始めたことが商売になるということが多い

これは、商売としての採算以前の段階で物好きが始めるから技術開発が商売抜きで進められるということが理由だ


例えばSONYは創業期の資金不足を創業者の盛田昭夫の実家からお金を調達することで乗り切ったし、TESLAもイーロン・マスクが別の事業で稼いだお金が原資になっている


つまり、夢ありきなのだ

そしてリスクを負うことも大事だ、初めて動力付きの飛行機で空を飛んだライト兄弟は、空を飛ぶという夢を追ううちにグライダーの存在を知る


当時のグライダーというのは滑空するための翼を持つ機体のことで、今の空気力学的に優れたものとはまるで違う、鳥の翼の構造を真似たグライダーで、当時のグライダーでどうやって空を飛ぶかというとグライダーを担いで持って高いところから飛び降りるというある意味空を飛びたい人専用の飛び降り自殺みたいなものだった(ハンググライダーをもっとしょぼいグライダーでやるようなもの)、鳥人間コンテストの下が地面バージョンといえばわかりやすいかもしれない




ライト兄弟はオットー・リリエンタールというドイツのグライダー飛行家のニュースから空を飛ぶことへの夢を膨らませ飛行家の開発を続けていた、オットー・リリエンタールは鳥の翼を正確に模写して構造を模倣することで空を飛ぶことを夢見たわけだが、リリエンタールは最後にはグライダーでの飛行中に失速したグライダーで墜落死して死んでしまった


リリエンタールは15mの高さから失速したグライダーごと墜落してしまい大けがを負い死んでしまったのだ

原因は推進力を翼を動かして得ようとしたためバランスを崩してしまったことだ


そしてリリエンタールは死に際して最後にこういった「犠牲は払われなければならない(Opfer müssen gebracht werden)」

つまり犠牲ありきで技術開発が進むというわけだ


リリエンタールと比較し日本を見てみると、ロケット花火すら禁止されてしまう日本で宇宙開発競争なんてできるわけもないしドローンの開発もできるはずがないのかもしれない


日本では技術に対してそれが遊びなのか仕事なのかで判断してしまい、遊びの技術にはまるで居場所がない


その結果日本の首都圏エリアは全域がドローンの飛行禁止エリアとなっている

つまり、日本でドローンの活躍するべきエリアはもう飛行禁止エリアなのだ

日本では新しい技術のリスクを受け入れることができないため、これはリリエンタールと真逆だ

もちろん全員がリリエンタールになり墜落死のリスクを追う必要がないわけだが、禁止にしまくった結果今や日本には最先端テクノロジーがなくなりつつある感じだ



今後ガソリンエンジンの自動車産業が死んだら自動的に日本は世界での工業における地位を失う立場にある


日本の産業の多くは鉄鋼も産業ロボットも工作機械も自動車産業を主要顧客としているため、いうなれば自動車産業が日本の産業のでっかい主電源になってしまっているわけだ



これまで日本は「休み無く働けば儲かる」という発展途上国理論で成長してきたわけだが「そうだ、人件費を払わなければいい」&「仕事以外のことは考えさせないその時間も与えない」としてきた結果、遊ぶ金も遊ぶこともできなくなった


今や多くの日本人にとって遊ぶとは他人の準備した施設と設備とアトラクションを楽しむというものになってしまったと私は思う


つまりディズニーランドにいって準備された乗り物食べ物お土産催し物を受け入れるような一連の過程だ


受動的な遊びに必要なのは汚れてもいい服ではなく現金だ、現代では準備や手間や面倒くささや危険を省いて、お金さえ払えば楽しさを買える

受動的な遊びにはリリエンタールのように生臭い鳥の翼をバラバラにして構造を模写したり、高いところから飛び降りる必要もない


必要なのは現金だ


で、必要なのは現金ということからわかるように、受動的な遊びは消費だ、だから特になにかを生むということがない

せいぜいInstagramでいいねをもらえる写真を取るくらいだ


だから受動的な遊びに馴れすぎた人は、遊びをお金を払ってサービスや商品を受けることと錯覚してしまう

よく「ハロウィンで騒ぐならボランティアでもすればいい」みたいなのがそれだ、自発的な遊びができない人は騒ぐ人を許すことができない


今、日本人は他人の発明や製品の評論家になってしまっている

他人の楽しんで作ったものを消費してああだこうだ言うわけだ


ドローンは枯れた技術と言う割に日本にはまともなドローンメーカーはなく、中国製のドローンのレビューをするユーチューバーばっかりいる


犠牲を払うことを忘れた日本人にはイノベーションは起こせない


中国人がコンテンツを無料にしていく未来 ITサービスの未来 英単語の和訳の大事
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-624.html

<村上水軍>船ではなく潮に乗れ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-616.html

大薗桃子と白石麻衣の対談 乃木坂46
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-612.html

面接で給料聞いたら不採用の日本 DUDAで転職するなwwww
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-611.html

日本人が子から親を2度奪う
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-610.html

もうやだよ、あと何匹殺生すれば枝豆食えるんだろ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-589.html

関連記事

芸能人のスキャンダルを攻撃する日本人の悪ノリの根底にはサムライスピリッツが隠れている

名のあるお方とお見受けする!拙者!〇〇 ##左衛門!!!お命頂戴いたす!!!


日本では芸能人のスキャンダルをマスコミが政治や経済よりも時間をさいて報道するという愚民化政策が昔から広く行われてきた


政治にも経済にも目を向けさせなければ、政治意識の低いネトウヨの皆さん(そして昔の私)のような政府に都合がいい国民を作れるからだ


沢尻エリカの国策逮捕でもわかるように今の日本人の多くは私と違い桜を見る会の不正よりも沢尻エリカの検尿の結果のほうに興味があるらしい



それに芸能人のスキャンダルは日本に限らずイギリスでもアメリカでも大人気のマスコミの取材対象だ


何しろ殺人事件の取材のように事件現場の近隣の家をしらみつぶしに回って相手に失礼なことを質問したり、個人情報を嗅ぎ回ったり、卒業アルバムの写真を探し回ったり、寒い中夜中に警察署の前に何時間も張り込まなくてよく、スキャンダルの取材はなんかのイベントの記者会見で芸能人に質問するだけで記事にできるというのがマスコミにとって都合がいいところなのだ


これは野菜や豚骨からスープをつくるラーメン専門店と業務用スープで作る中華料理屋のラーメンくらい手間が違うからマスコミも楽な方を選ぶのは当然だ


で、マスコミはともかくなぜかインターネットが普及し手軽なSNSが広まった今では、個人も芸能人叩きに参加するからたちが悪い


麻薬や離婚はともかく極秘結婚とかまで叩いてしまうからたちが悪い


で、私はなんでSNSで日本人は有名人を叩きまくるのか?と考えた時におそらく日本人の中の侍の血が騒いでしまうのではないか?と考えた


つまり、侍の「名のある相手を倒して出世する」という本能が、有名人をSNSで攻撃するという一見無意味ながらも攻撃的な行動を取らせているんじゃないか?と私は考えたわけだ


つまり理性じゃなく日本人の中の侍の本能が有名人をSNSで攻撃させているわけだ


歴史のどの期間でも有名な人は権力者であることが多かったからだ


で、この本能というのは日本人以外の動物でもそうで、動物園の狭いスペースに入れられてしまったしろくまやオオカミは自由にぐるぐると歩き回れるスペースが無いくらい日本の動物園の飼育スペースは狭いのだが1日に10km以上を歩き回るという本能を満たすために狭いところを行ったり来たりするそうだ


多分日本人も戦国の世で身につけた名のある相手を倒すという本能が江戸明治大正昭和平成を経てもまだ消えてないのかもしれないww

関連記事

自然環境の破壊が日本の不動産価値を毀損していることに疑う余地がない

南北に北海道から沖縄まで2800kmもあるひょろ長い日本列島、クリオネの泳ぐ北の海からカクレクマノミが遊ぶ南の海まで多様性に富んでいる
また、大陸プレートの境界線の上にある日本列島は起伏に富んだ地形をしていて山や高原や谷には珍しい生物も生息している



このことは日本にとってとてつもない観光資源になりうる!!!!!


実際、世界中で「景色がいい」というだけの理由で多くの人たちが旅行先として海沿いの地域や高原リゾートを訪れているし、住む場所に選んだりしている


例えばハワイ島なんてどうだろうか?火山島であるハワイ諸島へと、日本人は毎年100万人以上が8時間以上かけてエコノミー席でハワイを訪れている(さらにあわせて20万人ほどがビジネスとファーストクラスでハワイへ行くw)


ビジネスクラス、ファーストクラスで行くならハワイへの旅も楽しいだろうが、私個人の経験から言えばハワイまでエコノミークラスというのはけっこう辛かった覚えがある(ちなみに私はインチョン経由で大韓航空で行ったのだが行きも帰りも機内でビビンバをたべるハメになった)


なんせ8時間もエコノミー席に座るっていうのは、椅子で寝れる人なら良いが、寝れない私には苦行そのものだったからだ

しかしそれでもやはり年間約120万人がハワイを訪れるということを考えると、自然環境には魅力があると言って良いと思う

九州の田舎者のわたしから見ても、たしかにハワイの海水の透明度は想像以上のもので「まるでプールか?」と思うほど澄んでいた素晴らしいものだったし、ビーチもまるで九州と違うものだったからだ

また、アメリカでは人口の半分以上は東海岸と西海岸の沿岸の州に住んでいるそうだ


で、他にも景色がいいからという理由で沖縄に移住を決めたり北海道に移住を決めたりという人は一定数存在していることを考えるとやっぱり自然環境には価値があるということは確実だと思う


しかし日本政府や県庁のやってることを見ると日本政府も県庁も海沿いや川沿いや山を「コンクリートを塗ったくる場所!」と考えているように私は感じる


日本ではこれまで護岸だとか洪水対策だとか砂防とか土砂崩れ対策や高潮対策などといろいろな理由で川岸や海岸や山道などに喜々としていろいろなコンクリート施設やテトラポットを自然環境の中に造り続けてきた


しかし問題は日本人が作る自然環境の中に置く造作物の多くは美的感覚や全体最適化への考え方が決定的に欠けているため、作れば作るほどその地域の自然環境の持つ価値が自動的に低下していくというお金払ってトラブルを買うみたいなことが繰り返されてきた


三保の松原世界遺産2019年12月26日


例えば静岡県の三保の松原、世界遺産の風景の中で富士山の絶好の写真撮影スポットなのだが
なぜそこにテトラポットを置くことを決めたんだ?という美的感覚を疑うよちのない最高に邪魔なテトラポットww
一体何が目的なのか正直理解できない


知らない人が見たら「ここはテトラポットの廃棄場なのか?」「テトラポットの不法投棄?」というくらい眺めを破壊してしまう場所に平気でテトラポットを置ける日本人の美的センスの無さ


誰かとめろよwww



三保の松原で富士山をバックに写真を取る全ての人々の記念写真の中に後ろにテトラポットが映り込むというステキなおもてなし、これを平気でできちゃうのが日本の酷えところであり精神性の貧しさであると言える


また、海外が無頓着なのか日本が護岸に気を使いすぎなのかわからんが、海外の海岸って街と海岸までがシームレスというか町から直接海岸までつながっているというのが海外の海沿いの魅力的なところだ


つまり海岸のすぐ前までホテルの建物が近くて、さらに波打ち際からホテルの建物までの間に防潮堤というか防砂堤というかそういうもんが一切ないのだ


ホノルル令和元年12月26日

なんというかビーチ海水浴場の違いそのものだなぁと私は感じる

これが日本だと海沿いの地域ではせっかく海沿いに住んでいても砂防堤防潮堤が作られていて視界を遮られてしまうため、せっかく海沿いに住んでいてもオーシャンビューというものを手に入れることができないということがおおい


だからワイキキビーチなんて見たら自民党の政治家なんかセメントを使いたくて使いたくてよだれが出てしまうかもしれない


私としてはハワイがなんでホテルと波打ち際の間に防潮堤とか砂防堤を作らないのかはよくわからない、もしかしたらハワイは満潮と干潮の差が日本より穏やかなのかもしれないし


でも間違いなく言えるのは、日本の自然環境に対する無理解であらゆる海岸やあらゆる川にコンクリートやセメントを流し込んできた結果、海沿いの土地に住みたいという人が海沿いの土地に払うプレミアム(そうでない場合と比較したときの価値の割増分)を日本ではうまいこと発生させることに失敗してきたように感じる


せっかく海沿いに住んでいても防潮堤で海が見えないならオーシャンビューのプレミアムは発生しないで、単に潮風で車や家が錆びてしまうだけの地域になってしまうだけだからだ




これは川もそうで、せっかく蛇行して眺めが良い川があっても日本ではコンクリートできれいに塗り固めてただのミゾにしてしまうため景観としての価値がゼロになってしまうことになる


数年前から福岡、大阪そして東京などいくつかの都市で、観光資源にしようと海外に習い川をオープントップ(屋根なし)の船で走らせているのだが日本の場合川をコンクリートで固めすぎて船でドブの中を進むみたいな思ってたのと違う状況になってしまうのがもったいないところだ



私の考えでは日本がもう少し景観に気を配れば景観が良いからという理由で旅行に訪れる人を呼び寄せたり、景観がいいからという理由で地価や住んでいる人の満足度をもっと引き上げることができるはずだ



こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたは経営者よりパワーを持ちましたという狂言ワンタップバイ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1993.html
投資サービスであるワンタップバイで株を買うとあなたは経営者よりパワーをもちましたという謎のメッセージが画面に表示される

労働者を安くで使い捨てる前提でこき使った結果構造的に人手不足に
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1994.html
これまで日本では不景気が長引く中で付加価値により利益を上げられなくなった企業は人件費をダンピングすることで利益を上げる方向へ舵をとってきた

経営力のない経営陣の無能の穴埋めを安月給ではたらく他人が尻ぬぐいをしてきたわけだ

Youtuberという他人のコンテンツをネタバレしてカネを稼ごうとする最低な人種

http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1997.html
今、ゲームの開発費が高騰している

右にスクロールしていくマップ内を帽子をかぶり髭をはやしオーバーオールを着てキノコを食べコインを集めるスーパーマリオと比べ、現代のゲームがあまりにも進化しすぎてしまったからだ

公務員のおバカ計画で熊本県民が損を被る
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1999.html
皆さん、熊本での地震のことを覚えていますか?

相次ぐ天変地異のおかげでここ数年、天変地異は記憶から薄まる速度が加速しているわけだが、熊本での地震の被害は甚大だった

おそらく現代の子供は歴史的に見て最も愛に飢える子供になると見られる
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2001.html
家の近所の幼稚園では夜7時でも預けられた子供がいる

家の近所の学童保育では大勢の子供が金網のフェンスとボールが遠くに飛び出さないために隙間なく蓋をするように設置された網の下で恐ろしく狭い庭を走り回っている

いきなりステーキが引っかかったのは地域経済格差の罠
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2006.html

いきなりステーキが今、窮地に陥っている

店頭に社長のメッセージを張り出すという最後の手段にすら追い込まれているほどだ

このいきなりステーキの窮状は店舗数を増やしすぎたとか客が飽きたとか肉がまずいからという理由ではない

狭い貧相な賃貸が日本人のクリエイティブさを奪う
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2026.html
住宅情報誌のSUUMOを見ていて思うのだが、日本の住宅の内壁の白いこと白いこと

日本の住宅の大家や建築家は君たちみんな色盲かよ?というくらい白だらけだ

バスルームもリビングも玄関も白、オフホワイト


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関連記事

ロールアップピアノをロフトで見つけてアマゾンで買いました

クリスマス前にロフトに行った時に展示してあり試すことができたロールアップピアノをアマゾンで買いました(すまぬロフト)

鍵盤が虹色つまりレインボーカラーで塗装されていて丸められるからロールアップというわけ

Rock and Roll It Rainbow Piano, Teaching Toys, 2017 Christmas Toys



電子玩具なのでちゃちなやつかと思うかもしれませんが、シリコン製でなかなかいい感じの音が出て遊ぶ程度には十分な性能を持っている

私は以前からなんか一曲ピアノが弾けたらなぁと思っていたのも買ったきっかけだ


商品名にTeaching Toysとあるので日本語で言えば知育玩具といっていいだろうか、USBか単三電池での給電で、子供向けだが初心者向けのおもちゃだ


ロフトの店頭で試し弾きしてしまったのが運の尽き、全く物欲には限りがない



このロールアップピアノの注意点というかロールアップピアノのマイナスポイントは「畳の上では弾けない」ということだ

なぜかと言えばロールアップピアノは指で鍵盤を押して電極を反応させてそれをきっかけに音を出すわけだが、畳の上だと畳はデコボコなのでうまく鍵盤の電極が反応してくれないからだ

あとはなんら不満はない


いい買い物をしたと思う

関連記事

自民党「日本人はもう必要ない」セブンイレブンジャパン「日本人はもう必要ない」

自民党「日本人はもう必要ない」セブンイレブンジャパン「日本人はもう必要ない」


-------------------------------
[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン―イレブン・ジャパンは7日、ベトナムの6つの大学と国際協力に関する覚書を締結したと発表した。日本語を習得しているベトナムの大学生に日本のセブンイレブンでインターンシップの機会を提供するほか、大原学園が実務習得講座の提供などを行う。
6大学は、ハノイ国家大学外国語大学、国家大学ホーチミン市人文社会科学大学、貿易大学、ハノイ大学、ホーチミン市工業大学、ドンア大学。今後、新たな大学と合意する度に覚書を締結する。期間は1年で、大学の単位の取得になる。1校から2―3人受け入れる予定。
-------------------------------


セブン-イレブン・ジャパンでは今24,000人以上の外国人が働いている
全体の約6.5%だ


これをグローバル化と言うべきかそれとも日本人の不要化と言うべきか私にはよくわからない

以前ある総理大臣が「日本は日本人だけのものではない」と発言し物議をかもした




しかし今の政治家や企業経営者のやっていることそして社会情勢を見れば日本人はますます不要になるのかもしれない


今の社会情勢は 0に向けての競争になっている

つまり今あるリソースを最大限に活用し日本国内で利益を上げるのだが誰も今ある人的資源の再生産について考えていないので人口は減少していく

そのため長期的視野で見ると日本人は減少していく中で外国人は増加し

「日本人はもう必要ない」

日本人は単に消費者としてしかその存在を許されなくなる



これまで日本人にさせていたことを外国人にさせれば日本人ほど給料払わなくて良いのでコストダウンできるそうすればコストダウンできた分をそのまま利益に計上することができる



日本人は雇用が減り外国人は日本国内で働くしばらくは外国人は使い捨てにされるしかしそのうち日本国内で家族を作り子供を産み新しい社会問題の種を生む



これまで日系ブラジル人や中国人フィリピン人韓国人などで起きていたことが他の人種民族にも拡大していくのだ

ナイジェリア人がガーナ人ミャンマー人バングラデシュ人インドネシア人とにかく日本に来るすべての民族が日本に住みつく可能性がある



日本企業はもはや日本人に対して労働力として期待していないなぜなら日本人は高コストだし、ゆとり教育を受けている


しかしこの考えは間違いでいずれ問題が顕在化してくるのは間違いない

日本人経営者や政治家の多くはこの問題を無視している

外国人コミユニティーができた場合追い出す事はほぼ不可能だ

しかもインド人やアフリカ黒人もしくは中東人はこれまで日本に来ていた韓国人中国人台湾人と違いアジア人の顔をしていないそのためグローバル化されてない地方の日本人は間違いなく差別主義に突入する

ネトウヨとかそういうことではなく実際にいじめや暴行などが始まるのだ

セキュリティーのしっかりした高級住宅街などに住む金持ちや政治家は被害を受けないが一般庶民や貧乏人はいつの間にか自分の住んでいた地域がスラム化してしまって逃げ出すこともできず暴力や犯罪に巻き込まれることになりかねない

そうなれば彼らがどこからか手に入れたライフルやピストルもしくは爆発物覚せい剤などで社会の混乱が訪れると私は考えている
なんて

ギャングやマフィアが発生するのだ

中国人韓国人等は言われないと気付かないような顔つきの人もいるがこれがアラビア人や黒人などになれば話は別だ

アメリカは以前人種のるつぼと言われていたが今はサラダボールと言われているつまり人種が混ざりあう事は無いのだ

セブンイレブンは今回ベトナム人を日本に受け入れることを推進しようとしているが私は正直反対だ

セブンイレブンの経営陣から見れば労働力1人分なのであろうが彼らは明らかにベトナム人の顔をしていて日本人とは違う

移民を推進するような政治家も経営陣も日本にとってみれば大きな災いの種でしかないと私は考える

残念ながら現代の日本では日本人はもはや必要ないのだ日本人は財布を開けて金を使ってる時しか大事にされないのだ



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


デザインされたギャンブル依存症 単行本(ソフトカバー) – 2018/6/25

スロットマシンの黒い真実

アメリカのカジノにおける主な収益源は、大金を賭ける観光客ではなく、毎日少しずつお金を賭ける地元の住人にシフトしている。
それを受けてスロットマシンメーカーは、細く長くプレイが続けられるマシンを造り出し、カジノはプレイに没頭し続けられる環境を作り出す。
そして、その税収をあてにする政府はカジノの規制を緩める…。
この恐るべきサイクルによって、スロットマシンは日夜新たな依存症患者を生み出し続けている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関連記事

九州にはチェーン店が少ない、そらそうさ所得が違う

九州では全国チェーン店が少ないし、来るのは一番遅く、撤退は一番早い  



昔はマクドナルドが年に1度くらい県庁所在地で食べられるご馳走で、ミスタードーナッツはそれこそ神の食べ物とでも言えるような極稀にしか食べられないものだった   



これまでもこれからもそうだが、総じて九州は平均所得が低いから、利益率を考えたり収益性をかんがえるチェーン店の本部にとっては九州はまるで魅力のない、荒れ地にしかおそらく見えていないのだと思う   



これは私の持論だが、飲食チェーン店が宮崎、鹿児島に到達したら、そのチェーンの成長は終わると、私は考えている
其れ位九州は地の果ての最後のデザートでしかない(お菓子と砂漠をかけています)   




飲食チェーン店のメニューの多くは大阪や東京を基準に値段設定されていて、同じ値段を九州に適用されると貧乏九州民は、思わず足が遠のいてしまう   




マクドナルドの場合、大坂の最低賃金909円だとバリューセットを頼んでサイドメニューが追加で頼めるが、福岡除く九州の最低賃金737円だとバリューセット頼んだらサイドメニューは頼めない


ミスタードーナツの場合、一番安い水準の108円のオールドファッションは大阪だと1時間で8個食べられるが、九州(福岡除く)だと6個しか食べられない差は2個、2個ってすごい大きな差だと思いませんか?


この最低賃金の水準で見る通り、九州はチェーン店が来ても九州の住民に購買力がなさすぎてうまくいかないことがおおい

チェーン店はそれまで首都圏や中部地方近畿地方でしてきたように、周辺人口を見ながら出店地域を選ぶが、最低賃金というもっとも確実な指標ひとつとっても同じく、購買力が違うため、計算が狂うというようなことになってしまう

同じ10万人が働くとしても、九州の最低賃金なら73700000円の1ヶ月の所得で、大阪なら90900000円、東京なら95800000円の差がつく

九州は大阪と23%差、東京と30%の差があるこれがチェーン店の参入障壁(w)になっている
ちなみに九州は韓国より最低賃金が低いので、九州で安倍信者やってるやつは馬鹿

日本は宮古島では沖縄県最低賃金、小笠原諸島では東京都最低賃金を採用するという1国内で経済差別制度をとっているから九州民はチェーン店がくるのを最も最後に享受することになっている

だから九州民が県外へ行き驚くのは九州以外で全国展開しているチェーンがあることだ

全く九州は遅れた地域を約束されているのが悲しい



Echo Spot(エコースポット)は、他のEchoシリーズの機能に加えて、スクリーンがついてさら便利に。ニュースや楽曲名、天気予報、鉄道の運行状況を見たり。スマートホームのコントロールも。さまざまな機能を、声で簡単に操作
Echo Spotの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスです。「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、ミュージックアラームのセット、Kindle本の読み上げなども簡単に
Amazon Musicなら楽曲名やアルバムアート、プレイリストを見ながら音楽を楽しめます。プライム会員なら、100万曲以上が聴き放題のPrime Musicが、追加費用なしですぐに利用できます
Bluetoothや3.5 mmステレオジャックでお手持ちのスピーカーやヘッドホンに繋いで拡張もいただけます。 マルチルームミュージック機能で、複数のEcho端末で同時に音楽を再生することも可能
話しかけるだけで、照明をつけたり、テレビをつけたり、玄関のカメラの映像を表示したりできます
Alexaには新しい機能やスキルが続々と追加されています 。Alexaに話しかけるだけで、タクシーを呼んだり、英語を勉強したり、レシピを見たり、ゲームをすることができます
Echo SpotやAlexaアプリを持つ家族や友達と、音声・ビデオ通話ができます。Alexaアプリで、外出先から部屋の様子をEcho Spotのカメラで確認することもできます(これらのコミュニケーション機能は現在日本では提供しておりません。今後対応予定です)


              にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

関連記事

今の時代にHPすらない市長町長はヤバイと思う



ITを森総理(当時)が揶揄したのはもう10年以上も前の事になってしまった


あれから数年、未だ日本は横ばいを続けている、横ばいのまま人口が減り始めたから実質は衰退だ。

日本の衰退は社会システムの変更がうまく行っていないのと同時に産業政策が上手く行っていないのが大きい
1980年代以降、コンピューターの中の世界は大きく発展し、もう一つの世界と言っても良いレベルだ。

多くの人はインターネットを調べ物や趣味のページやメールのやり取り、 遊びにしか使えないと思っていたし私もそうだった。

そもそも当時は通信速度が遅すぎてそんな事にしか使えなかったのだ。

それから、インターネット上で電話をするスカイプ、動画を見るYOUTUBE、プロバイダーのAOL、EBAY、YAHOO!など.comがつくだけで
価は上がって、実際はインターネットになんの関係もない事もあった

多くの人はインターネットの実力を見くびっていたわけだ。

世界最大規模の小売企業ウォルマートが成長したのも、店舗にPOSを導入したのが早かったからだ

それからもう何年も立ち今や2016年だというのに
未だに個人のHPを持っていない市長や町長がいるというのが日本のダメなところなのだ

もし、市長や町長が50代60代でも、まともな支持者がついていれば、一人くらいはHPを作れとアドバイスをするはずなのだ、アメーバブログやFC2、フェイスブック、ツイッターなどで代用しているのはまだ許せる、
が、しかし、なんもない、なんもない、そんな町長が市長は未だに存在しているのだ。

つまり、そういう市長や町長はそもそも若者は当てにしていないのであろう。
支持者は老人


そんな市長町長がいる街はとっくの昔に衰退を約束されていると言える


時代の流れに乗る力も、ついていこうとする気力もアピール力もないのだから

関連記事

年賀状の背任と死ぬ準備に入った日本人   郵便局は全ての広告をテレビから引き上げるべき

年の瀬といえば年賀状が話題になる時期だ


郵便局でバイトをしたことがある私としては年賀状の仕分けというチベット仏教の修行のようなあの恐ろしく単調な精神の修行のようなバイトを思い出してしまう


あれからもう10年、1つを4つに切り分けて結局1つをのこりの3つが支えるというデタラメな郵政民営化の結果、結局郵便局は保険と銀行が郵便業務を支えるという明治時代の賢い人たちが考えた通りのままの姿で現状を維持している


結局郵便業務は単体では生き残れないから未だに未上場のままだ

だから小泉純一郎とか竹中平蔵はいまとなっては一体何がしたかったのかっていう感じだ、平成のバカたちはほんとにバカだ


郵政民営化といっても構造はそのままだからだ



で、今郵便局は信書やはがきの取り扱いの減少に苦しんでいるわけだが、年賀状という年に一度のイベントすら風前の灯火という具合で消えつつある


テレビではどうかというと、インタビューで街行く人々を呼び止めて年賀状を出すかどうかを聞くというお手軽インタビューで夕方のニュースを作っていたがそれによれば「年賀状じまい」とか「年賀状スルー」というようなようは年賀状を出さない人たちが増えていますよというニュースをやっていた

しかしこれ、郵便局からすれば営業妨害もいいところだと思いませんか?


テレビでは郵便局のCMを時々流しているわけだが、よりによって真正面から年賀状を送る人がへっているという余計な情報をニュースでやるというのはまさに営業妨害もいいところだ


毎年広告をテレビで出してんのに年賀状スルーなんてニュースにされたら広告をテレビで出してきたのがバカみたいだ



というかそもそも年賀状とは本来の役目は自分のチラシ人脈をつなぐ個人が出すDM(ダイレクトメール)みたいなもんで、年賀状を出す人がへっているというのは社会の人間関係が孤立化疎遠化に向かっているということを意味している


年に一度年賀状を出して時々連絡をするという相手と積極的に縁を切るというのは言っては悪いが死ぬ準備に等しい行為であると言っていい


SNSをめっちゃ使ってる若い世代が年賀状を送らなくても別に構わないが、中高年者が年賀状という習慣をやめ積極的に年賀状スルーで社会的な知人とのつながりを切断していくというのはまるで死ぬ前の気力をなくした人間が服装にも身だしなみにも無頓着になるような状態であるといえる


死が近い人間は食欲や他人と接する意欲も無くしてしまう、実際祖母も以前見舞いに行った末期がんの親戚もそうだった、だから高齢者用の病院には病室にテレビがない、なぜならテレビを見る元気すら無いからだ


おなじように自分のチラシである年賀状を中高年者が出すことをやめ始め、他人との社交を控え始めている今の日本というのはやっぱやばい状態なんじゃないか?と私は思ってしまう

関連記事

日本のIT企業には絶対投資しない

日本のIT企業に私は投資しない

なぜか?

それは日本のIT企業は資本を浪費することが好きで好きで仕方がないから

分不相応な場所にオフィスを構えるのが日本のIT企業は大好きだ

だからまず株主の投資したお金は不動産という何も生み出さないものに敷金として投下されることになりいきなり日本のIT企業はハンデを負うことになるわけだ

日本のIT企業は相手が企業じゃなく消費者の場合ですらいい場所にオフィスを構えたがる傾向がある


このことはアメリカのワシントンDCやニューヨークの影響というか影響力からまるで逃げてるのか?というくらい大陸の反対側に本社を構えているアメリカのIT企業とは対照的だ


アベマTVで放送された起業ドラマ「会社は学校じゃねえ」でも、主人公がお金を出資してもらった後やったことはサービスの開発ではなくオフィスを借りるということだった


ストーリーからはオフィスがいい場所にあれば箔がつくという発想が読み取れたが、これってはたして正しいのか?と私は思わずにいられない


数人の天才がまるで魔術師のごとくサービスや商品を開発して魔法のごとく大儲けするのがIT企業の醍醐味なのに、いきなりいい場所のオフィスの敷金に資金を拘束されるというのがちょっと日本のIT企業てバカなんじゃないの?というふうに思ってしまうからだ


で、日本のIT企業で働く人達を投資家向けの年次報告書、アニュアルレポートで見るととてもいい笑顔をしている

その一方で日本のIT企業の投資家は自分の資金を拘束され奪われるという状態でとてもじゃないがいい笑顔なんてできやしない

さらに自分の投資先の企業のオフィスが理想のオフィスとして雑誌やWebメディアなどに取材されていると怒りすら感じてしまう


なぜならそういう理想のオフィスを持っている日本のIT企業は大概株価は下がって年寄りの心電図みたいになっているからだ

これはなぜかと言えばオフィスの飾り付けや設備は過剰な造作物であり、これも分不相応だから、資金の無駄遣いであることは疑う余地がない


さらに日本のIT企業はIT企業とはついていても収益力の低い商売だったりするため、格好だけ海外のIT企業を真似ると、単純に収益力が悪化する


だから私は日本のIT企業には投資しない

関連記事

クリスマスという屈辱的な日 〜末世の業〜

今年もクリスマスの季節がやってきた

とっくの昔に聞き飽きたマライアキャリーのクリスマスソングが流れる中で、コンビニエンスストアやスーパーマーケットの疲れた顔をした女性店員が、楽しくもないのにサンタクロースのかぶる帽子を「仕事だから」という惨めな理由で疲れた顔の上にかぶることを強要され、クリスマスケーキをノルマで買わされるというクソみたいなイベントであるクリスマスは巻き込まれる人たちを基本的に不幸にするイベントだ


歴史的に見てキリスト教徒は南北アメリカでの先住民の殺戮やヨーロッパでの宗教戦争や布教活動における戦争、魔女狩りによる殺人、カリブ海での民族浄化、アフリカ大陸での奴隷貿易など基本的にクズなことしかしてこない奴らなわけだが、日本でもクリスマスケーキのノルマという悲劇を引き起こしている


全く日本人のほとんどは仏教徒だというのにノルマだという理由でクリスマスケーキを買わされ帽子を被らせられるという信教の自由を侵害する悪習はまさに日本では拝金主義は宗教に優越的な地位にあるという日本の拝金主義の象徴らしくて惨めな感じだ

というか思うのだがこういうクリスマスケーキをキリスト教徒以外に買わせるという行為って日本で働くイスラム教の人とかにやって政治的に大丈夫なのだろうか?


で。日本で働くというのは働きすぎて友達を失うとか家族と不仲になるとか親戚と疎遠になるという苦痛にまみれた副作用をしばしば伴うわけだが、末世である日本では人々は信教の自由や財産権すらノルマに冒されてしまうという悲劇的な状態にある

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まっ‐せ【末世】 の解説
1 仏教で、末法の世。釈迦 (しゃか) 入滅後の仏法の衰えた世。

2 のちの世。後世。

3 道義のすたれた世の中。まっせい。「人心の荒廃した末世」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここ九州でも時給800円未満の人々が約3000円というクリスマスケーキをノルマで買わされるという拝金主義の悲劇が起きている

欲しくもないのに協力という強要を受けるわけだ


まさに道義の廃れた世の中って感じで歴史の好きな私としてはゾクゾクしてくる


子供の頃はプレゼントを貰える日と無邪気に喜んでいたのだが、おとなになるとクリスマスのヤバさに私は正直恐怖を感じている

私にとってクリスマスは、おとなになるとダンゴムシを触れなくなるようなもんだ、よく見たら怖いのだ


普段から疲れてる人にサンタクロースの帽子を被らせたり、クリスマスケーキのノルマでただでさえ貧しい人から現金を取り上げたり信教の自由すら侵害してしまうという日本のクリスマスの恐ろしさはやはり末世ならではであると思う(どんなまとめだよw)

こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたは経営者よりパワーを持ちましたという狂言ワンタップバイ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1993.html
投資サービスであるワンタップバイで株を買うとあなたは経営者よりパワーをもちましたという謎のメッセージが画面に表示される

労働者を安くで使い捨てる前提でこき使った結果構造的に人手不足に
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1994.html
これまで日本では不景気が長引く中で付加価値により利益を上げられなくなった企業は人件費をダンピングすることで利益を上げる方向へ舵をとってきた

経営力のない経営陣の無能の穴埋めを安月給ではたらく他人が尻ぬぐいをしてきたわけだ

Youtuberという他人のコンテンツをネタバレしてカネを稼ごうとする最低な人種

http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1997.html
今、ゲームの開発費が高騰している

右にスクロールしていくマップ内を帽子をかぶり髭をはやしオーバーオールを着てキノコを食べコインを集めるスーパーマリオと比べ、現代のゲームがあまりにも進化しすぎてしまったからだ

公務員のおバカ計画で熊本県民が損を被る
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1999.html
皆さん、熊本での地震のことを覚えていますか?

相次ぐ天変地異のおかげでここ数年、天変地異は記憶から薄まる速度が加速しているわけだが、熊本での地震の被害は甚大だった

おそらく現代の子供は歴史的に見て最も愛に飢える子供になると見られる
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2001.html
家の近所の幼稚園では夜7時でも預けられた子供がいる

家の近所の学童保育では大勢の子供が金網のフェンスとボールが遠くに飛び出さないために隙間なく蓋をするように設置された網の下で恐ろしく狭い庭を走り回っている

いきなりステーキが引っかかったのは地域経済格差の罠
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2006.html

いきなりステーキが今、窮地に陥っている

店頭に社長のメッセージを張り出すという最後の手段にすら追い込まれているほどだ

このいきなりステーキの窮状は店舗数を増やしすぎたとか客が飽きたとか肉がまずいからという理由ではない

狭い貧相な賃貸が日本人のクリエイティブさを奪う
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2026.html
住宅情報誌のSUUMOを見ていて思うのだが、日本の住宅の内壁の白いこと白いこと

日本の住宅の大家や建築家は君たちみんな色盲かよ?というくらい白だらけだ

バスルームもリビングも玄関も白、オフホワイト


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関連記事

狭い貧相な賃貸が日本人のクリエイティブさを奪う

住宅情報誌のSUUMOを見ていて思うのだが、日本の住宅の内壁の白いこと白いこと

日本の住宅の大家や建築家は君たちみんな色盲かよ?というくらい白だらけだ

バスルームもリビングも玄関も白、オフホワイト


その一方で日本では借家を引き払う時にも多額の清掃料を請求されるわけなのだが、ならなぜわざわざ汚れやすい白い内壁にするのかと私は疑問に感じてしまう


絶対に汚れてほしくないくせに内壁を白く壁紙を貼りその一方で退去時には高額な清掃料をとる


これが日本の住宅の一般的な姿だ


私は思うのだが、もしかすると日本の借家の大家は深層心理の奥底で他人に自分の資産を貸したくないと考えているのではないか?と考えている


よく考えたら、日本の不動産の大家は、不動産賃貸という事業活動であるにも関わらず過剰な安全を期待して賃貸の借り手に保証人を要求したり保証人がいてもさらに家賃保証会社を要求したり、それでもさらにアコギなサブリース契約を結び結局ハイエナから逃げてワニに食われるみたいなサブリース契約の罠にはまるほど保証を求めている


もしかすると日本の住宅の内壁が皆白いのは汚れが目立つようにしておけば借り手は汚さないように神経質に気を使うと期待しているのかもしれない



で、不思議なのは日本の賃貸住宅はそもそも部屋の中でなにかすることを想定していないということだ

例えば画鋲をさしたら補修費用を取られたり、コンロは一口コンロで料理を想定していないコンロだったりユニットバスはあまりに粗末で窓もなく不衛生そのものだったりする

おまけに床は傷みやすく痛みも凹みも目立つフローリングでカーペットなしには寝転がることすらできない欠陥住宅だ

そして室内は断熱もでたらめ防音の設備もデタラメでおまけに風水すらデタラメだったりする

だから日本では一人暮らしをすれば恐ろしく貧相な生活をすることになる


寒いしうるさいしカレンダーすら貼れないしコンロは1口で料理すらまともにできないことは普通だからだ



さて、今日本では地方の経済的な没落により地方から都市部への人口の移動、つまり経済難民の移動が続いているわけだが、若者は多くの場合こういうワンルームに住むことになる

アパート1R2019年12月21日


するとこういうワンルームに住んだ時点でその人はクリエイティブなことはほぼできないことが確定する


例えばこういう部屋では火を使うこともできないし電気工作も科学実験もできない、楽器の演奏もできない


せいぜい絵を書くくらいだ、そう、終身刑の独房と一緒


実のところ、日本でも海外でもイノベーションはすごい研究所や工場というよりも実は自宅で起きている


例えばインスタントラーメンの発明者の安藤百福は最初自宅の台所でインスタントラーメンの開発実験を始めたし、シリコンバレーの伝説であるヒューレット・パッカードのウォルター・パッカードビル・ヒューレットは自宅のガレージで起業をした、また加硫ゴムの発明者チャールズ・グッドイヤーも自宅でゴムの研究をしていた

自宅で始めたのは彼らは最初にオフィスや工房を構えるお金が無かったからだ

安藤百福は台所で実験を初めてしばらくしてから妻に台所を追われ家の離れで実験をすることになり
チャールズ・グッドイヤーも実験がうまく行かなすぎて家を追われついには友人の家に居候までしている(そこで加硫ゴムを発明した)

つまり発明のアイデアを思いついても家がある程度広くないと実験できないからそもそもイノベーションは起きない


上記の画像は日本の代表的な単身者用のワンルームの間取りだが、この間取りではクリエイティブなことは完全に無理だ


ガレージで起業をするというのがシリコンバレーの伝説だったりするわけだが、日本の若者の住む単身者用のワンルームは狭すぎてクリエイティブなことはできない


なんかうまいことホームセンターにある工作室みたいなイノベーション施設を整備してイノベーションを起こす施設を作る必要があると私は考えている

関連記事

忘年会に来ないやつもうすぐ辞める説

師走のこの時期になると飲食店は忘年会でたくさんの予約が入る時期を迎える


そして会社員はというと忘年会で普段親しい人もそうじゃない人も十把一絡げに居酒屋の中に並び、対してうまくもない酒を飲むことになる


儲かってる会社だと会社のおごりでホテルや割烹料理屋の宴会場で普段食べられないようなメニューが並び、儲かってない会社は従業員の自腹で積み立てた金で、普段食べてるようなメニューが並ぶ


そして新入社員は対して親しくもなくおごってもらったこともない古株社員になぜか説教されたり、酷い絡まれ方をすることもある


で、これは事実なのだが、忘年会に来ない人はもうすぐ辞める傾向がある


しかも円満じゃない方の退社


忘年会という面倒くさい親睦の場というのはまるでリトマス試験紙のように、時に人の本音を明らかにしてしまうのだ


そもそもお酒が飲めない人にとっては飲み会など、無駄にテンションの上がった人の横にいないといけないという苦行の場なのだが、飲める飲めないに係わらず、忘年会に来ない人はもうすぐ辞める傾向がある


なぜかと言えば、忘年会に来ない人は、もはや同僚との社交すら避けたい心理状態にあるわけで、そんな心理状態で職場に居続けることが幸せであるはずがない


だから以前いた会社の忘年会で、同僚が突然欠席したりしたことがあったのだが、その後その同僚はやはりやめてしまった


普段、溶け込んでいるように見えたのだが、その同僚はもしかするともう限界だったのかもしれないと、今になればわかる


だから忘年会に来ないやつには優しいしてあげてほしい


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

関連記事

景気循環株は塩漬けできるけど流行製品の株は塩漬けできない

価が高値水準にあるがこの水準でもまだ買いに走る自称長期投資家は多い

かれらが尊敬しているフリをしたりブログ名に使っているウォーレンバフェットが現金を積み上げているのとは好対照で、彼らの尊敬や信仰は所詮でたらめな嘘でしかないことはこういう時にわかる


彼ら自称ウォーレンバフェット好きの長期投資家は口ではウォーレンバフェットを尊敬していますと言い、しばしば引用するくせにやっぱりバークシャー・ハザウェイ株を買わないし、やり方も真似しない



今高値水準に株価があるわけだが注意しないといけないことがある


それは景気循環株を持っているのか?それともただの流行の株を持っているのかということだ

景気循環株は何かといえば景気の動向に敏感な会社の株で、株式市場の動きに従う株で、流行株というのはその時時の流行に乗って値上がりしている株のことだ



例えば鉄道会社は景気循環株で景気の動きと足並みをそろえるし、昔ブームになった3Dプリンターの株は流行株だったということができる


そして重要なのは景気循環株は含み損を抱えても次の数年後の好景気にはまた値上がりして来るが、流行株は一度下がればもとの高値水準に戻って来ることはなかなかないということだ


例えばブラックベリーというオバマ大統領が使っていた携帯電話を覚えていないだろうか?

キーボードがついててセキュリティーが強くてホワイトハウスはアメリカ大統領にブラックベリーしか使わせてくれなかったアレだ

ブラックベリー株価2019年12月21日

ブラックベリーの株価は2011年からずっと横ばい


次は3DSystemsで3Dプリンターの会社

DDD 3D 株価 2019年12月21日

3DSystemsもやっぱり横ばい



だから流行の製品を生み出しただけの会社は流行が終わるとアウトなのだ

そこで夢は覚めてしまう

アップルや任天堂のように常に期待を越えてくるというのはなかなかない


しかし、定番化されれば生き残ることもできる

例えばクロックスの樹脂製のサンダル

一時はあまりにみんなが履いているせいで偽物も大量に現れたしクロックスに取り付けるクロックス用のアクセサリーも現れたほどだ

しかしまもなく、福岡の天神のクロックス直営店もできたのだが、値段設定が高すぎてその後福岡のクロックス直営店は閉店してしまった


しかしクロックスは定番商品となれたようで今は株価は結構好調だ

クロックス2019年12月21日株価

やはり定番化できるかどうかが大事っぽい

だから持っている株が景気循環株のように景気さえ良くなれば上がってくる株なら、含み損を抱えても次の好景気には取り戻せるが、上記の3DSystemsやブラックベリーのように流行の商品の株なら一度ピークを迎えると定番化できなければ酷いことになる


そのことを考えて投資をしてほしい



追記

ただ、厄介なことに定番化できても株価が上がらないことがある
例えばスポーツ用の靴やウェアを製造しているアンダーアーマーがそうで、スポーツ用品店にいけば必ずいいところに飾ってあるし、高校生もみんなアンダーアーマーのアイテムを持っているにも関わらず株価がいまいち冴えない

九州ですらアンダーアーマーが広まっているのに株価が冴えないというのはやはり何事にも例外はあるということなのだろうか


こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたは経営者よりパワーを持ちましたという狂言ワンタップバイ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1993.html
投資サービスであるワンタップバイで株を買うとあなたは経営者よりパワーをもちましたという謎のメッセージが画面に表示される

労働者を安くで使い捨てる前提でこき使った結果構造的に人手不足に
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1994.html
これまで日本では不景気が長引く中で付加価値により利益を上げられなくなった企業は人件費をダンピングすることで利益を上げる方向へ舵をとってきた

経営力のない経営陣の無能の穴埋めを安月給ではたらく他人が尻ぬぐいをしてきたわけだ

Youtuberという他人のコンテンツをネタバレしてカネを稼ごうとする最低な人種

http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1997.html
今、ゲームの開発費が高騰している

右にスクロールしていくマップ内を帽子をかぶり髭をはやしオーバーオールを着てキノコを食べコインを集めるスーパーマリオと比べ、現代のゲームがあまりにも進化しすぎてしまったからだ

公務員のおバカ計画で熊本県民が損を被る
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1999.html
皆さん、熊本での地震のことを覚えていますか?

相次ぐ天変地異のおかげでここ数年、天変地異は記憶から薄まる速度が加速しているわけだが、熊本での地震の被害は甚大だった

おそらく現代の子供は歴史的に見て最も愛に飢える子供になると見られる
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2001.html
家の近所の幼稚園では夜7時でも預けられた子供がいる

家の近所の学童保育では大勢の子供が金網のフェンスとボールが遠くに飛び出さないために隙間なく蓋をするように設置された網の下で恐ろしく狭い庭を走り回っている

いきなりステーキが引っかかったのは地域経済格差の罠
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2006.html

いきなりステーキが今、窮地に陥っている

店頭に社長のメッセージを張り出すという最後の手段にすら追い込まれているほどだ

このいきなりステーキの窮状は店舗数を増やしすぎたとか客が飽きたとか肉がまずいからという理由ではない

狭い貧相な賃貸が日本人のクリエイティブさを奪う
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-2026.html
住宅情報誌のSUUMOを見ていて思うのだが、日本の住宅の内壁の白いこと白いこと

日本の住宅の大家や建築家は君たちみんな色盲かよ?というくらい白だらけだ

バスルームもリビングも玄関も白、オフホワイト


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関連記事

セブンイレブンざまぁwwモラルハザードがセブンイレブンを滅ぼす

セブンイレブンのビジネスモデルはなんだろうか?

それは優れた商品を店舗に投入しお客に売ることだろうか?

ちがう、セブンイレブンのビジネスモデルは賞味期限の恐ろしく短い弁当やパンや惣菜をコンビニオーナーに数時間ごとに押し付けるというものだ


賞味期限の短い弁当やパンや惣菜は、店舗に搬入されると自動的に自殺する商品


つまり販売できる時間は限定されそれを超えると棚から外す必要があり、そこには新しい同じ商品を入れる必要がある


そしてセブンイレブンにとって都合がいいことに、搬入される時点でセブンイレブン本体は売上が発生するため、リスクが移転することになる


つまり土砂降りになって弁当やパンがまるで売れなくてもセブンイレブン本体はなんの痛みも痒みも感じないわけだ


だからセブンイレブンは1店舗開店させるごとに自動的に1年間24時間ぶんの弁当やパンの売上が立つことになる


そしてこのシステムは完全に、日本人の責任感の強さに依存していて、日本人の自己犠牲精神を食い物にしているシステムだ


こういうやり方はうしなわれた30年の日本でよくあるパターンの商売で「他人の無償の責任感を食い物にする」ことで利益を上げるやり方だ

本来、尊重されるべき権利を無視して与えなければ相対的に他国よりも利益を上げることができる、例えば1時間早く出勤させて無償で職場の掃除をさせたりサービス残業をさせたり有給休暇を取得させなければその分の支出を減らせる
また非正規雇用に正規雇用の仕事をさせればコストが減らせる


おなじようにセブンイレブンも本来なら寝てるはずのオーナーが1日に13時間以上店番していればより搾り取れるわけだ

労働基準法にはオーナーは含まれていないからだ



で、今セブンイレブンの24/7経営(24時間週7日)をモラルハザードの力で破壊するものが現れた


それが某大阪のセブンイレブンの経営者だ


その大阪のセブンイレブンの経営者は、上記の「他人の無償の責任感を食い物にする」というセブンイレブンのやり方をモラルハザードにより破壊しようとしている


セブンイレブンがなぜ経営者を長時間働かせて弁当やパンを押し付けることができるかと言えば、それは日本人は責任感が強いからというのと同時に日本人は卑怯で卑屈だからだということがある


つまり面と向かって反論したり、必要なら訴えるということができないからだ(それには弁護士という司法を独占している既得権益を持つやつらが、正しい裁判制度を捻じ曲げ高コストにしているということが大きいのもある)


だから唯々諾々と受け入れてしまう



しかし重要なのは「他人の無償の責任感を食い物にする」というシステムはモラルハザードにより破壊されるという現実があるということを考える必要があるということだ


つまり、セブンイレブンはフランチャイズ契約をした店舗の経営者の責任感は無償で、対価無しでそれを期待して好き勝手してきたわけだが、同時に責任感が無い人が経営者になった場合を想定して来なかったということがある


つまり責任感を失い好き勝手にするフランチャイズ契約の経営者が現れるとセブンイレブンはまるで対処できないわけだ

なぜならセブンイレブンは経営者が逃げられないように契約を結んでいるため、好き勝手にする経営者が現れる場合、好き勝手にする経営者はセブンイレブンに対して実は有利な立場にある


例えばセブンイレブンの公式サイトによればセブンイレブンのフランチャイズ契約の契約期間は15年という長期契約になっている

この15年という期間はかなり長い期間であり、事業活動の期間を通して当然なんらかの事情でトラブルが発生することは十分予見できるため24時間年中無休という条件が果たされない時期があるというのは十分予見できる範囲だと言える

さらにセブンイレブンの加盟店とセブンイレブンはそもそも別会社でありその会社の経営方針に果たして全期間において完全な契約遵守を要求できるのかという問題もある



そしてセブンイレブンはやめたくてもやめさせないために廃業すれば莫大な違約金を取るため経営者からすれば「違約金払うくらいなら裁判したらぁ」という殺される前に殺すというインセンティブが働く


さらに契約で24時間年中無休が契約がなされたとしても、片方の事情が代わり途中で契約の変更を申し出ることは別に違法でもなんでもない

この一度契約を結んだら絶対というのは日本人独特の考え方でうしなわれた30年のあいだ、「他人の無償の責任感を食い物にする」という経済的な寄生虫である竹中平蔵とかパソナとかグッドウィルによりしばしば食い物にされてきた経済的な犠牲者の考え方である、そして昔の日本人の美徳だったと言える


もそも全ての過去の契約に従い続けないといけないなら幕末の日米修好通商条約は未だに残り日本は今よりももっとアメリカに隷属的な立場のはずだ(と思ったけど、在日米軍は犯罪を犯したアメリカ兵をしばしば日本の裁判制度から意図的に逃れさせるから日米修好通商条約の領事裁判権と何ら変わらないか)と思う


そもそも15年て生まれた子供が中学校3年になるくらいの長さだ



私はセブンイレブンのビジネスモデルは賞味期限の恐ろしく短い弁当やパンや惣菜をコンビニオーナーに数時間ごとに押し付けるというものを今後も続けられるのか興味を持ってみている


しかしこの国は大企業にとても甘いのでやっぱだめだよなぁと思う

本来ならここからムーブメントが動き出し良い方に変化していくと思うのだが…



なにより、厄介なことに日本人は立ち上がる人が嫌いなのだ

これは日本政府の日本人骨抜き計画の賜物だ

なんのことはないくだらんルールをつくりそれを破った人を罰することで法律を恐れさせることや、政治の話や権利の話をする人をダサいとか反体制と印象づけたり左翼だろうが右翼だろうがデモをすれば警察が取り囲み顔の写真を撮りスピーカーで常に妨害するとかをしてきた結果だ、何かに反対することを反骨というがそういう人たちを日本はうまいこと無力化して骨抜きしてきた


その結果いまや「1億総腑抜け」状態に陥ってしまい 日本の経済も政治も外交も傾いていても誰もなんとも思わない無反応状態に陥っている



政治は今や「外国の政策ややってることを聞いてきてそれを自分たちもやるかどうかを決めること」になり、経済は「自社の部門を切り売りして従業員を少しずつ 少しずつやめさせること」になり、外交について安倍総理は札幌の演説で「アメリカは日本の唯一の同盟国です」と自白した


ちなみに東芝が最近売ったものの中で一番儲かったものは原子炉でもプラント設備でもなく自社の半導体部門であるwww




私の予想ではセブンイレブンのみならず日本そのものも日本人の責任感の強さというものがうしなわれた段階でシステムそのものが自壊していくと見ている


うしなわれた30年の間、政府も企業も、日本人の責任感を食い物にして来たわけだが、実はそれこそ日本社会の強さの秘密そのものだからだ


秘伝のレシピから隠し味を除いたらただの料理でしかないように、日本から日本人の美徳を取り去ればただの人口が多いアジア人の国でしかなくなってしまう

関連記事