弱い株価と夕食の期待値

相場で自分の考えを試すにはそれを買ってみるしかない

いくら経済学や統計学の本を読んだから、買ったからと言っても、実際に自分のお金をかけて見ないことには
自分の考えや理解が正しいかは証明できない

なぜなら「お金をかける」という行為は、
「自分の考えていること」を試すには最適なやり方だからだ

例えば、過去5年間あるいは過去20年間毎年配当を支払ってきたという「事実」は、過去の「事象」「結果」でしかなく、次の四半期、あるいは来年の結果に対してはそれほどアドバンテージを持たない、なぜなら過去は「確定」しているが、未来は常に「不確実性」を持っているからだ

私たちは「信用」とか「安心」とか「信頼」という言葉を使って、買い物や人生での選択の参考を過去に求めるが、結局のところ、私達は「不確実な存在」でしかない
夕食

もし私の言っていることに違和感を感じているなら、来週の火曜日の夕飯を予想してみると良い

おそらくあなたはわからないはずだ

これが不確実性だ


これほど数学や科学が発展した現代においても、人間は来週の自分の夕食のメニューすら当てられないのだ

そして大勢の人・法人たちが参加する株価や商品価格の推移についてはなおさらだ、
いくら「そうであるべき」「絶対そう」「きっとそう」と思っても、未来は読めない

いま、私は株価が今後弱気に転換していくと考えている。

しかし、それが最終的にどう動きを示すにしろ、試すにはそれを買うしかない

そうすることで、「心の内側」を知ることができる

過去10日間の間の安値水準はココだからココで買えばいいと考えても、
「今の株価で約定してさっさと安心したい」と心に迷いが出るときがある、これは、「知っていても信じていない」ということの深層心理の現れだ、ストレスで湿疹ができるようなものだ

これが「知識」と「行動」の差だ、取り引きするときには常に心と行動は一致しないといけない

給料日ごとに買う、ドルコスト平均的、長期的に見れば絶対儲かるというのは行動の怠慢そのものだ

実際、株を始めるのは高値圏で始める人がほとんどなので、多くの人はドルコスト平均法に従うと含み損を抱えてしまう
あれは安値圏の次期に「たまたま」始められる人に許される贅沢体験だ

高値圏で始める多くの人がドルコスト平均法をやれば、含み損を抱え、一昔前に流行ったグローバルソブリンの毎月型みたいに配当金のみを慰めに生きることになる

ネットの口コミでは「トータルではプラス!」という声もあるが、「落ち着け!配当には税金がかかるのを忘れるな!」
と私はいいたい、お金を増やしてもらおうと投資したはずなのに、すぐ返そうとする毎月配当型だと債券投資のメリットの複利効果が死んでるようなものだし、買うだけで1.62%手数料、信託報酬を毎年1.35%も取られたら債券投資の意味がない(手数料高すぎイイイ!)アメリカ10年国債の金利が2.3%(2017年3月28日現在)だと知らないのかな?

だから、相場ではパンローリングのクソ高い本を買って読んで本棚に並べるだけではダメで、自分の知識と現実と行動が常に一致している必要がある

相場は難しい

楽天カードでポイント生活はじめよう!
関連記事
スポンサーサイト

トランプ大統領が貧乏人の味方かそれとも金持ちの味方かで、投資対象は変わる 〜格差社会の場合〜

トランプ大統領は強い米国を取り戻すと言って選挙に勝った、
投票したのは中西部、そして南部の白人労働者だと言われている

このブログはアメリカ株のブログを標榜しているので、今回は今後買うべき株をどう選べばいいかを検討してみる

今回は貧富の差に注目するので、テクノロジー株、ITサービスやバイオ株などは省く


まず重要なのは、アメリカ国内の貧富の差が広がるか縮まるかだ、
例えば日本であれば、国民の格差は拡大しておりダイエーのような総合食品スーパーは減少を続け、ドラッグストア、ディスカウントストアや100円ショップが幅を効かせて来たというのは実体験ですでに経験済みだ
そして宝飾品や高級衣料は恐ろしいほど需要が減少して割安な衣類(ユニクロ・しまむら)が当たり前になった
ゲームに関しても、もはやプレステを変えないので、スマホの親指連打ゲーム(私が名付けた)でしか遊べなくなっている
貧困化して、貧乏人がサラ金を利用しまくる日本の市街地の中心部には消費者金融の看板がかならずある

2017年3月17日午前0時10分

名な大阪の道頓堀のグリコの看板の横の看板たちも金貸しの看板ばっかりだ、プロミス、アコム、武富士、
日本人は外国人観光客に、金貸しの看板の前で記念撮影をさしているわけだwww(コレってすごくない?)

本来なら電機メーカーとか、IT企業、ファッションブランド、メディア企業、が看板を出すべき場所はサラ金の指定席になっている

私はそれが悲しい

さて、本題に戻ろう

もし、貧富の差が広がり、格差社会になれば上に上げたような貧困産業が業績を上げるはずだ

つまり、100円ショップチェーン(アメリカならダラーストアか)、ファストファッション、消費者金融、
のような商売か…

2017年3月17日午前0時28分

これはダラーゼネラルの求人動画
ダラーゼネラル
2017-03-170時25分
ダラーツリー

アメリカの最大手チェーン、ダラーゼネラルと、ダラーツリーはどちらも皮肉なことにオバマ政権の間に株価を上げてきた
もちろん前のジョージWブッシュ大統領の影響も大きいと言えるが…

ダラーツリーに至っては、2回の株式分割までしているから、恐るべき成長だ

小売業の過去5年の比較チャートで確認すればこれまでのアメリカの格差の広がる様が確認できる
  

0時48分2017年3月17日
これは、シアーズ、コストコ、ウォルマート、クローガー、ターゲット、ホールフーズマーケット、JCペニーの比較チャートだが、この計7銘柄の中で過去5年、プラスとなっているのは、クローガー、コストコ、ウォルマートだけだ

共通点は安売りに注力しているという点だ

コストコのお得さは私より北斗晶の方が詳しいだろうし、WALMARTのEDLPは周知の通りだ
YOUTUBEで「コストコ」と検索すれば、自称ユーチューバーの買い物動画がたくさん見つかる(お前らもっとなかったの?)
2017年3月17日午前1時5分カズちゃんねるウザい

クローガーはプライベートブランド商品(PB)に力を入れている
これは、イオンセブンイレブンでもすでにあるし、ドイツのアルディも有名だ

利幅を稼ぐためには、ナショナルブランドを売るより、自社ブランドを売ったれ!というのが世界的な流れなので、
P&Gとかナビスコなどには受難の時代であるといえる

一方下げてしまったJCペニー、シアーズ、ターゲット、はEDLPを極めきれていないし、
ホールフーズは意識高い系なので、貧乏人が増えると苦しい

シアーズの2016年売上高原価比率は78%ちなみにシアーズは店舗を閉店しまくっている
ターゲットは73%
JCペニーは68%

一方、ウォルマートとコストコは

ウォルマートは74%
コストコは85%

さて、ここで初歩的な疑問に答えます

「は?売上高原価比率が低ければ利益率は上がるんだろ?なんでJCペニーもターゲットも原価比率は低いじゃん、逆にウォルマートとコストコは原価比率高すぎ、ならJCペニーとターゲットの株を買うわ( ^ω^)」

と、考えるのは財務分析の初心者だwww

私は小売業の株を買いたい人に言いたい

「落ち着け、ココは小売業の世界だ!原価比率が高いってことは安売りしているってことだ、そしてそもそも小売業ではどこの店でも同じような商品を売っているんだから、安い店から順に客が来る、つまり、よそより高ければそもそも客が来ないんだ\(^o^)/」


ココに注意しなくてはいけない、小売店は安くないと客が来ない、
そして、どの店でコカ・コーラを買ってもコカ・コーラだし、どの店でもプリングルズは同じだ

だから安くないとそもそも売上高自体が発生しないのだ


さて、トランプはアメリカの中産階級を増やそうと考えているが、それはある程度まで可能だと私は考えている

というのも、アメリカ南部の人件費は中国と戦える範囲まで変化するとボストンコンサルティンググループは予測しているからだ

さらに、製造機械のさらなる省力化によって、数万人の中国人より産業ロボットの方が割安になってしまう未来が近づいている、そんな環境で、アメリカ人の購買力は上昇していくだろうが、これまでの好景気よりは少ないと思う

買うべき株は、しばらくは安売り系の企業を漁るべきだと思う

それからもし貧困化が進むなら教育ローン会社もおすすめだ

ナビエント(NAVI)はアメリカ最大級の教育ローン会社だ、高学歴化と親の貧困が進めばローン利用が進むはずだ、
アメリカ人にとって恐ろしいことに、学生ローンは自己破産しても免責されない
いくら奨学金があると言っても、学費を払う学生がほとんどだというのはアメリカの大学も一緒だ

とは言え今のところナビエントはあまり上昇していない

さらに衣類についてだがちょっと難しい、元祖ファストファッションのGAP(GPS)の株価は低迷中だし、
アバクロなんか底値圏だラルフローレンもやっぱり下落中、ちょっとむずかしい

ゲームに関してはEA(エレクトロニック・アーツ)は新高値を更新している
2017年3月17日1時57分

そういえば不景気になると遊びに行く代わりに映画やゲームに手を出すようになると以前読んだ気がする

NFLX ネットフリックス

ネットフリックスの株価も新高値を更新し、伸びてきた

しかし、ニューコア(NUE)やUSスチール(X)のような素材産業の株価も伸びているのも悩ましい、
なぜなら普段目向きされない素材産業の株価の上昇は好景気の終わりを意味するからだ

また、現在のS&P500の動きを見ても強気相場は末期だと考える、
だから、私の今後の見立てとしてはやはり不景気に有利な会社の株を買う方がいいと考える
関連記事

出来高急増中、注意な

2017年3月14日22時47分
S&P500は2400を目前に出来高が急増している

52週高値の2401は幻だったのか?

しかし、この株価指数の水準の高さをみて、さらにもう一度の上げを期待できるかといえば、
私にはできない

今の状況は、エリオット波動で言えば2009年前半からの大きな上昇トレンドの第5波の生成中で、
第5波の中の第3波を描いている最中だと私は思う

S&P500だけでなく、DOW平均も、NASDAQ平均も出来高急増しているから、
おそらく強気相場ほんとの末期と考えて良さそうだ

引き続き注意が必要だ
関連記事

コラム:「バフェット信仰」はもうたくさん 引用のみ

Edward Hadas

[ロンドン 1日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 著名投資家のウォーレン・バフェット氏はカルト的な崇拝の対象になっている。投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)の会長を務める86歳のバフェット氏は、膨大な投資リターンと処世訓、そして米国を応援し続ける姿勢によって尊敬を集めてきた。

だが、このオマハの賢人は、称賛と同じ程度に批判の対象ともなるべき人物だ。

歳月を経て、バフェット氏の輝かしい名声に少し陰りが出ている。2つの理由から、それも無理からぬ話だろう。

第1に、バークシャーの時価総額は4200億ドル(約47兆9300億円)まで膨らんでいるが、これに匹敵するほど印象的な投資リターンを維持する能力がないのは、どれほどユーモアたっぷりに自嘲してみせても隠せるものではない。

バフェット氏を中心とする小人数のチームは依然として優秀かもしれないが、彼らの奇跡の日々は終わっている。

2002年の時点で、バークシャー普通株の総利回りは、過去10年間にわたって年20%だった。S&P500に比べて10.6ポイントも高い、驚くべき数字だ。ただ2016年には、その差は1.3ポイントまで縮んだ。アクティブ運用するファンドマネジャーの大半に比べてはるかによい数字だが、バフェット氏の言葉を神のお告げのように扱うには十分ではない。

第2に、投資リターンが低下する一方で、バフェット氏の偽善ぶりは増大している。彼はデリバティブ商品を「金融市場の大量破壊兵器」と呼んでいるにもかかわらず、自身はデリバティブ市場での取引を続けている。

もっと重大なのは、バークシャーが株式の27%を保有する米食品大手クラフト・ハインツ(KHC.O)のブラジル人経営者たちの焼き畑的な経営スタイルを支持していることだ。これは、長期的な視点で投資する慎重な経営者を支援するという、バークシャーが築いた長年の評判を裏切るものだ。

ただ「バフェット信仰」の最大の問題は今に始まったことではない。そもそもの最初から、彼の関心は市場を上回る投資成績をあげることに集中しており、経済にはほとんど貢献していない。金融資本主義にとってはお粗末なモデルなのだ。

金融がなぜ経済の役に立つのかをエコノミストが説明しようとする場合、彼らが強調するのは、新規資本の重要性だ。企業は新製品開発や新工場建設、あるいは新規サービス提供のために、銀行から融資された、あるいは株主が投資した資金を使うことができる。投資の主要な源泉は既存事業からの留保利益だが、金融システムは、これを補完する重要な役割を果たすとされている。

こうした説明において金融に好意的なエコノミストが対処しなければならないのは、金融市場における活動の大半は、新たな生産資本の調達にはほとんど役に立っていないという不都合な現実である。特に確立された企業の株式をめぐる取引は、経済全体にとって新たな、もしくは価値のあるものを何一つ生み出すことはない。

こうした活動は実際、投資家にとって流動性を提供しており、簡単に株を売却できるなら、ひょっとしたら投資家はもっと多くの資本を提供する気になるかもしれない。あるいは、経営陣にプレッシャーをかける外部投資家の存在は、若干の価値があるのかもしれない。

だがこれらは、ゼロサム・ゲームを称賛する理由としては、いかにも根拠薄弱である。ある投資家が市場を1ポイント上回れば、誰か別の投資家が同じ1ポイントだけ下回ってしまう。経済にとって、これでは差し引きゼロである。

バフェット氏が非常に巧みにやってきたのは、まさにこのようなゲームだ。同氏は株主向けの最新の書簡のなかで、バークシャーが株式を永遠に保有し続ける意図をもっているというのは誤解であるとして、これを一掃しようと試みているものの、彼の投資戦術は、安値で買った株を大半の場合は保有し続けるというものだ。

バフェット氏はこれまでうまくチャンスを見つけてきたし、恐らく今でもそれは変わらない。だが、同氏にとっての相対的な利益は、必然的に他の投資家の相対的な損失なのである。

バフェット氏の名誉のために言っておくならば、彼はバークシャーが保有・支援する企業に圧力をかけて、可能な限り利益を搾り取るような真似はしてこなかった。同氏の不干渉主義のおかげで、他のプライベートエクイティ会社が容認する水準以上の比率で利益を投資に回すことのできた企業もあったかもしれない。

バフェット氏は25日に送付した公式書簡のなかで、バークシャーは「ドルベースの留保利益では米国企業のなかで首位」であると自慢している。昨年、彼の企業グループは約130億ドルもの資金を企業の設備投資に投じているが、それでも2015年に比べて5分の1近く減っている。

だが、バフェット氏が好むタイプの企業は、社会経済構造に恩恵をもたらすのと同じくらい、害悪をもたらす可能性がある。彼が好む企業は、価格決定力があるか、緩やかな規制のもとに置かれており、急速に変化するテクノロジーや移ろいやすい関心といった大きなリスクを取る必要のない企業である。つまり、彼が好むのは、非効率な市場で活動する効率的な企業なのだ。

その典型的な例が、クラフト・ハインツがバークシャーの手厚い支援のもとで進めたものの失敗に終わった、英蘭系日用品大手ユニリーバ(ULVR.L) (UNc.AS)買収の一件である。

買収に名乗りを上げたクラフト・ハインツは、買収価格を大幅に上回るコスト削減を予定していた。ユニリーバ―が慎重に築いてきた「開発途上国に優しく健康的な生活を支える企業」というイメージを、仮にクラフト・ハインツ側が維持したいと思っていたとしても、利益の最大の部分は投資家のポケットに入ることになっただろう。顧客は、優先リストの最下部に追いやられていくことになったはずだ。

バークシャーも、ときには新規資本を提供してきた。特にそれが顕著だったのは金融危機の時期だ。同社はゴールドマン・サックス(GS.N)や、ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)、バンク・オブ・アメリカ(BAC.N)から、法外ではないにせよ、非常に有利な条件を引き出した。

だが、後になって巨額の利益が得られたのは、米連邦準備理事会(FRB)と米国の納税者が、金融システムを自壊から救うために渋々ながら資金を出したからである。バフェット氏は米国の「経済ダイナミズム」を「奇跡的」と表現するが、彼自身は英雄的に振る舞うというよりは暴利を貪っているようにも見える。

投資家のあいだでの「バフェット信仰」は、彼が経済を支えているからではなく、市場との勝負に勝っているということに基づいている。

投資の社会的重要性が、たとえばサッカーと大差ないのであれば、こうした熱狂にも害はあるまい。しかし昨今では、成長の促進よりも内部関係者の富の蓄積に貢献するようなシステムに対して、ポピュリスト的な怒りが高まっている。もはやゲームを楽しんでいるときではない。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。(翻訳:エァクレーレン)
関連記事

アメリカの企業のプロモーション動画スゲー アメリカ株と就職とミニオンズ 

今年の高校生の就職率はここ数年で最高らしい、
ニュースでは売り手市場と言っていたが、単なる少子化だろと、私は皮肉を言う
2017年3月3日位mz

今回はアメリカの企業のプロモーション動画を見て、いかに「カッコイイ企業イメージ」を作るかについて考えてみよう

なぜ、この記事を書こうかと思ったかというと、映画「ミニオンズ」を見たからだ、知らない人のために書いておくと、
ミニオンは怪盗グルーのミニオン危機一発に出てくる、黄色くて小さくてゴーグルをした可愛い生物のことだ



彼等は人類が生まれるはるか昔から、強いボスを探していて、単細胞生物に始まり、恐竜、クマ、原始人、エジプトのファラオ(プトレマイオス)、吸血鬼、ナポレオンに着いて回っていた

彼等は常に強いボスについていく習性がある




さて、私たちはミニオンをみて馬鹿だなぁと笑うが、現代の人間がやっている事は実はミニオンズとあまり変わらない

つまり「強い人についていく」「大きい会社に入りたがる」というものだ


1説によると、世の中の全産業の7割は景気の動向に業績が左右され、自力の努力はあまり関係ないそうだ

残りの3割は何かと言うと、食品農業分野、公務員などの公共サービス、電気ガスなどの公益企業

それに私たちの多くは時代の波に逆らえるほど賢くもないしイケメンでも美女でもない

だから、私達も「強いボス」を探さなくっちゃ!

ということで、動画のはじまりはじまり~

全画面推奨



1つ目はチェサピークエナジー、チェサピークエナジーはオクラホマの天然ガス会社で、
残念ながら今は株価は下落しているが、1時期はすごかった(のよ)

この動画は今のアメリカの動画制作の基本に則って作られている模範的な動画だ

つまり

1)人種をごっちゃにして出す(白人、黒人、メキシコ)
2)子どもを配置してフレンドリーな雰囲気を出す
3)現場と事務所の映像を交互に出す
4)美辞麗句を並べる「アドバンス(前進)」「グロース(成長)」「プログレス(進歩)」
5)やたら「We」を使う


ということだ

次は資源メジャーVALE


なんか植物の成長、従業員の笑顔、デカイ鉱山機械が印象に残る動画だ
スケールが大きいことをしているんだなぁと思った
肝心の株価は上昇トレンドの最中

で、次は鉄鉱石メジャーのRIO(リオ・ティント)



「僕たちはこんなにたくさんの金属を掘ってます(ドヤア」な感じの動画だ

スケールでけー

ちなみにRio Tintoはオーストラリアの会社だ

動画に出てくる小松のトラック(960E1)は1度に330tもの鉱石を積めるお化けトラックだ

動画には色んな人種も出てくる



さて、ここで日本企業の広報動画もみておこう

日本の資源企業代表は出光だ!


お、おじさんたち、どうして誰も笑ってないの?

出光興産で働くと笑顔を奪われるの?

口がへの字口になって、なんか思い詰めているの?

しかもカメラマンが悪いのか演出なのか知らないけど、ブレすぎだろ、船の上かwww

全然楽しそうじゃねえwwwwかっこよくない

1つ目の動画のチェサピークエナジーの社員みたいに始業前に朝からサッカーとか絶対しないんだろうな「出光人」て…

こんな会社入りたくないよぉwww

おしゃ、次は銀行、JPモルガンとGS、日本からは三井住友と三菱東京UFJ銀行だ!



はい、また出た、この人種を色々出すやつwww

プロモーションで黒人を出すのはもはやお約束なのだろうか?
しかし、JPMチェースの取締役には黒人は一人も居ないということを私は明記しておこう

これは事実ではなくプロモーションなのだ

そして高層ビルのまどから外を眺めるシーンはまさに木の上から獲物を狙う猛禽類だ

次はGS(ゴールドマン・サックス)


はいはい出ました「ダイバーシティ(多様性)」アピールwww

もうお決まりのパターンだね

黒人、アジア人

そしてGSではインド人まで出してきた

そして後半は社会貢献活動やってますよアピール、うーん、リア充



さあ、次は三井住友だよ!



なんのコメントもできないクソ動画www
これに金払った三井住友の広報マジ無能www
明日の扉を開く前に広報の奴らのクビを切り落とせwww

さあ、次は三菱東京UFJ銀行だよ!



みたまえ、コレが三菱東京UFJ銀行の体質そのものだ、
「保険」「資産運用」「相続」のプロを読んだつもりが、なぜか同じ阿部寛が出てきて、「プロ」と言い張る

つまり、「同じ人間に何でも売らせる」というのが三菱東京UFJ銀行のやり方であり、
そもそもプロなんて居ないのかもしれない

そして日本の大手2行に共通するのは、従業員が1人も出てこないこと


さあ、次は小売業

アメリカがウォルマート、日本はイオンにしとこう





新鮮なりんごはこいつらが作ってます、納得行かなきゃ100%返金保証がテーマだ
やたら水滴を付けてるのがしつこい演出だが、いいと思う

次はイオン

と思ったけど、そもそも公式動画すらなかったOTZ

さすが伊勢商人、ケチだwww

さあ、次はファストフード

まずはアメリカのハンバーガーの代名詞

マクドナルドだ


これはまた、マクドナルドの主要顧客である貧乏人に照準を合わせたCMだwww

次はシェイクシャック


オバマ大統領は卑怯だろwww
しかもアメリカ人やたら並んでるけど、シェイクシャックのバーガーて食戟のソーマみたいに麻薬でも入っとるんけwww

さあ、日本からはモスバーガー


中国語が多少わかるのだが、どうも訳が変だ、せっかく褒めてくれているのに和訳しきれていない

食べてる2人の意見を訳しきれていない


もうだるいから最後は保険会社の比較で終わろう

アメリカからはトラベラーズ
日本からは東京海上だ

トラベラーズのCMは黒人女性がメガネを届けようとするが災難に巻き込まれるというもの


安く、早く、よりよくを連呼してるが、倉庫がぶっ壊れてさあ大変

だけどなんとかみんなにメガネを届けられた

このCMでは黒人、子ども、美辞麗句パターンを用いている


次は東京海上日動火災保険



はいきました、説教系wwww
ほんとこのパターン嫌い

中島みゆきの曲を聞いてる気分になるwww鬱になるわwwww

しかも、これって損害保険会社のCMとしてふさわしくないよね?
安心感も守られてる感もない


さあ、どうでしょう?

オフィシャル動画は企業のイメージづくりに大きな役割を果たします

日本企業のように子ども出しときゃOKなんてCMならダサないほうがマシです

皆さんも、興味がある企業の公式動画を確認して見てください(^ν^)面白いですよ
関連記事