貿易関係だけで見るならアメリカは日本を見放してもなんの支障もない

日米関係は数年前と違い大きく変質している

日本はこれまで米国を中国の脅威に対抗する上でのパートナー(実態は従属そのものだが)とみなして、
沖縄や青森、長崎(佐世保)、山口(岩国)の基地、そして首都圏の飛行場をアメリカの3軍に開放してきた

コレも全て中国のプレッシャーに対抗するためだ

しかし後ろ盾だと思っていたアメリカ軍は実はただの張子の虎だということが国民にばれてしまっている

まず何より重要なのは中国軍はアメリカ軍を恐れていないということだ

なぜならアメリカは民主国家を名乗るだけあって一応議会の同意がないと軍を動かせない

アメリカの軍事戦略はいつも一貫していて、本土の防衛では北アメリカではカナダと友好メキシコは常に弱体化させる、
中南米は反政府軍を支援して国内を混乱させる、共産主義が広がりそうならグレナダのような島国にでも侵攻する
米国戦略2016年12月21日

アメリカ大陸以外で戦うときにはいつも同盟国がちょっと弱体化してから援軍に入り、共産主義との戦いでは傀儡国家を作る手段を取ってきた



        アメリカの主な戦争

戦争名        同盟国・傀儡政権        敵

第二次世界大戦   イギリス・フランス   ナチス・ドイツ
朝鮮戦争      大韓民国        中華人民共和国・ソビエト連邦
ベトナム戦争    南ベトナム       北ベトナム
湾岸戦争      タリバン        イラク(フセイン) 
アフガニスタン侵攻 カルザイ大統領     アルカイダ
イラク戦争     マリキ         アルカイダ

そして日本の傀儡政権が「自民党」である     

そしてアメリカの傀儡政権にありがちなのだが、「最後アメリカに見捨てられる」パターンが非常に多い

例えば映像で残っているといえばベトナム戦争の最後の段階で、南ベトナムをアメリカは見捨て、トンキン湾から逃げていった

最後にはベトナム戦争の象徴UH-1で空母にみんなが殺到し、ヘリを海上に突き落として避難民を乗せた
Vietnamese_UH-1_pushed_over_board,_Operation_Frequent_Wind


キューバのバティスタ政権も見捨てたし、アフガニスタンもイラクも現状では傀儡政府に任せているが、
おそらく部族紛争がまた始まると思う

なんで傀儡政権を作るかと言えば、自分の手を汚さないためである

だからピンチに慣ればアメリカは簡単に見限る

何しろタリバンにもウサマ・ビンラディンにも武器を与えていたし、ソ連にもレンドリースで武器を与えていたのがアメリカなのだから、節操がない

何しろアメリカは太平洋と大西洋によって本国の安全は保証されているから、わざわざ危ないことはしたくないのだ

しかも中国相手だと核ミサイルの撃ち合いになるので間違いなく「アルマゲドン(人類最終戦争)」の幕開けになる

だからアメリカは日本を中国が攻撃するのに直接介入してくるとは考えにくい

むしろ「事態の推移を見守る」とか言って米軍は本国やグアム方面に逃げるかもしれない


そして今後の日本アメリカ中国の関係を見る上で重要なのが貿易関係で下の図
午前11時42分平成28年12月21日貿易関係

日本の輸入相手国が1位中国2位アメリカ
アメリカの輸入相手国が1位中国2位カナダ3位メキシコ4位日本

日本の輸出相手国が1位アメリカ2位中国3位韓国
アメリカの輸出相手国が1位カナダ2位メキシコ3位中国4位日本

となっているつまり、日本はアメリカにとっての「たくさんのお友達の一人」にすぎないのだ

となるとトランプ政権発足後、ドナルド・トランプはどの貿易相手国を攻撃して手っ取り早く成果を上げるかと言えば日本とメキシコだ
カナダと中国はアメリカの言うことを聞かないからだ

メキシコで操業するアメリカ企業の工場を呼び戻したり、日本企業にアメリカ本土での生産を要求しだす

そのためにTPP廃案なのだ

アメリカは日本とメキシコに辛く当たるだろうがこれは避けられない状態だ

このことを理解できずに未だにTPPにすがるのは無策としか言えない

おすすめ記事
株を買うことは目的ではない
若者たちの家と残酷な動物園のオリ 憂鬱なシンシンは四川省の夢を見る
悲しいけど日本は没落する
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-656.html

不満を述べたり弱音を吐く人を「弱者」とか「いやなら出て行け」「嫌ならやめろ」と言うが、実際日本はダメだね
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-657.html

時間の連続性、手段が目的になってしまう本末転倒
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-655.html

設備投資が経済を引っ張るのではなく、個人消費が経済を引っ張る
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-652.html


d
関連記事
スポンサーサイト

アジアの大富豪!李嘉誠の画像であそぼうの回 アジアの大富豪

いつも株のニュースばっか書いてるけど、私が実は遊び心に溢れた人間なんだよ♡
ということを皆様にお知らせしたい

今日はアジアの大富豪「李嘉誠」の画像で遊んでみようと思う

李嘉誠(り かせい、広東語読み:レイ・カーセン、Sir Li Ka-shing GBM KBE Commander, 英語:Li Ka Shing, 1928年6月13日 - )は、香港最大の企業集団・長江実業グループ創設者兼会長である。2013年度世界長者番付によれば、その資産は310億米ドルとされ、世界8位の富豪である[1]。アジア全域で最も富裕な人物であり、華人としては世界最大の資産家であったが、近年では王健林やジャック・マーら大陸の富豪とアジア一の座をめぐって一進一退している[2]。



李嘉誠「ようこそ、それでは私の大事にしているものを見せよう」
平成28年12月20日午後5時27分

李嘉誠「私が好きなもの1つ目それは投資だ」
午後5時35分2016年12月20日11


2016年12月20日午後5時33分

李嘉誠「そして2つ目」
午後5時37分2016年12月20日


李嘉誠「それは偉い人とのコネ」
鄧小平午後5時54分
鄧小平「あうあうあー」
李嘉誠「なるほどなるほど」
鄧小平「あうあうあー」
李嘉誠「そうですね〜(やっべ、何言ってんだ鄧小平、滑舌悪くて何言ってるかわからない、てかまっすぐ座れよ)」


李嘉誠「そして3つめ、それが」
午後5時58分平成28年12月20日
李嘉誠「おっぱい」
18時10分平成28年12月20日
李嘉誠「おっぱい」
2016年12月20日午後6時11分
李嘉誠「こーんなおっぱい」
関連記事

黒い服来てる人増えすぎ 交通事故の元 よる黒い服で出歩くな 日本人の覇気 ファッション

最近思うのだが、黒い服を来てる人が昔に比べてすごい増えたと思う

以前は水色とか赤とかもいたのに今はみんな黒、グレー、茶の系統の服ばかり着ている



ネットでも上下黒はオタクファッションみたいな感じだったのに最近はみんな暗色系の色ばかり着ている

つまり明るい色の服を着ていない

景気が良くなると派手な色の服が売れると言うがその逆の不景気な今の日本では黒が好まれるのか?
実際、九州に寄港する中国のクルーズ船からおりてくる外人たち(中国人以外も乗ってる)は蛍光色の服やピンクを着ている

この前なんか上下黒の服を着ている人が道路を斜め横断していて危うくはねそうになったし、
迷彩色みたいな柄のニットを着た老人が道路脇の植木のところにしゃがんでいて完全に同化(一体化?)して見ているだけで危なかった
(なんで老人て迷彩みたいな柄のペイズリー柄の服を着ちゃうのか?)

ほんと危ない

しかも、ほんとに危ないのは高校生で、この時期は上下黒の詰襟学生服で夜中まで部活をして帰るから
危なくてしょうがない

あの上下の学生服はホント視認性が悪い街なかならともかく私の住む地域のように街灯が少なく車のライトだけが頼りのエリアだとホント危険だ

しかも高校生って3台とかで自転車を並走させるし、赤信号なのに平気で交差点に突っ込んでくる
まるで自殺志願者

高校生にしてもおじさんにしても老人にしても暗色はまじで危険だから白系の何かを身に着けたほうが良い

ランニングをしている人も危険だ

特に夜の9時とかにジョギングする人、何のためにランニングウエアが蛍光色で作られているかわかってんのかな?
自動車の運転手から視認できるようにバカみたいに派手に色付けされてんのに、黒を選んじゃう人、
危険だから注意な

車にはねられてから個人の服装の好みとか言っても遅いぞ!

思うに、日本人の黒服好きを決定づけているのってもしかして中高の制服の影響が大きいんじゃないかと思う


読者の皆さんの多くも体験したように、中高って教師が過剰に生徒を管理したがる場所だ
というか小中高大と学校から一度も出ていない人を「先生」として尊敬できるのか?というのもあるが

例えば髪型

都会の学校は違うのかもしれないが、ツーブロック禁止、耳にかかるの禁止、女子の髪は肩まで、まあピアスとかはロクに消毒せずに自分で開けちゃうアホが居てすごい化膿するから禁止でいいけど厳しすぎだろ

しかも明らかな不良の生徒は放置するというダブルスタンダード

多分その影響だと思うが、AKBのメンバーの髪型もほとんど皆同じで個性のない髪型のやつばかりで見分けがつかない

AKB初期
これはAKBの売れ初めの頃、みんな髪型が違うから個性がある

次はAKBの今の研究生

2016年12月20日AKB

間違い探しかな?誰が誰だかまるで見分けがつかない、おそらく100m離れたら誰が誰かを見分けることが難しくなるだろうそれくらい個性がない
女性が髪を伸ばすのは他との個性化のはずなのに、ショート、セミロング、ロング、結ぶしか選択肢のない
今のAKBではそりゃ「個性死んじゃう」わけだ


高橋みなみがずっとダサいリボンを付けて個性を出していたり、前髪にこだわっていた渡辺麻友のように新メンバーが今同じことをしようとすれば運営はそんな事は許さないんだろうなぁと思って悲しくなる

つまりAKBも「官僚化」してしまって自由裁量の入る余地がなくなったってことか?

実際、ショートカットじゃないと秋元康に覚えられないという説もある

もっと編むとか染めるとかせーよ(と思う)

日本が衰退したのも厳しい生活指導のせいで個性を失ったせいだったりして…

黒のイメージをネットで検索すると

黒色から連想する抽象的イメージ
クール寂しさどん底ニヒルプロ意識悪暗い闇威厳陰気拒絶恐怖脅威極限孤独高級死自信重力上質深さ神秘絶対絶望男性的中立忠誠沈黙不安不気味不吉冷酷さ


ろくなもんじゃないwww

こんな色の服ばっか来てるから景気悪んだろ?

たまには明るい色の服でも来てはどうですか?
関連記事

レジ袋 東京都が小売業を殺しに来た

速報 > 社会 > 記事
レジ袋の無償配布「ゼロ」へ 東京都、20年までに
2016/12/19 20:17日本経済新聞 電子版

 東京都は小売店で配布されるレジ袋の無償配布をゼロにする目標を掲げる。近く発表する中期計画「2020年に向けた実行プラン」(仮称)に盛り込む見通し。小売りの業界団体などに協力を要請し、17年度にもレジ袋の廃止や有料化などに向けて協議を始めたい考え。消費者にはマイバッグの持参を改めて呼びかける。


役人てなんで役に立つアイデアを出さないんだろ?

毎度毎度現実と乖離したことばっかり提案してくる

役人のせいで日本の産業が衰退していると言っても過言ではない(建築基準法など)が今回もそうだ

全くイカれてる

サービス残業や違法献金、原発事故の放射能汚染は取り締まらないくせに

ユッケやこんにゃくゼリーは取り締まるのが日本の行政というものだ



今回のレジ袋廃止、有料化は小売業には非常に悪影響だ

外資であるアマゾンに加勢しているように私には感じる
というのも、ただでさえリアル店舗は安さの面でアマゾンに遅れを取っている
そのため、買い物が不便な都内は特に通販に頼っている傾向がある

実際、私の親戚も子どもが居るからスーパーマーケットまでいかず、配達を頼んでいる

配達ではその日の特売商品を買うことは出来ないが、便利さがそれを上回っているのだ、
米国ではすでにウォルマート、ターゲットが店舗取り置き、ドライブスルースーパー、自宅配送という多段構えで
Amazonに対抗しようとしており

日本でも今後この流れが加速していきそうだ

これまで日本ではレジ袋有料化の流れがだいぶ浸透してきたが、
店からすればレジ袋のコストを顧客添加できるから良いが、客からすればレジ袋を持ち歩かないといけなかったり、
袋を節約するために商品をむき出しで持たないといけないという面倒さが伴ってきた

今後レジ袋が廃止と有料化が進めば、小売店の売上高は下がると思う

なぜなら「エコバッグに入る分しか買わなくなる」からだ

「レジ袋を買うのが良くない」という風に消費者が考え始めてしまうと、エコバッグに入る分までで買い物をする
するとこれまで消費者がしてきた「ついつい買いすぎる」というのが無くなれば、結果的に消費の総量が減ると考えられる



こんなことを税金を使って推進するなんてホント馬鹿げてる、納税企業からすれば「お金払って自分の首を絞めてる」ようなものだ


コレを決めた役人たちは一体、月何回スーパーマーケットに行くのか?月何回自分で料理をするのか?
市民生活から乖離している役人は市民生活に口を挟むな

規制する側が、そのことをしたことがないなら規制するべきではない
関連記事

冒険心を失った資本主義国は衰退を免れ得ない ヴェネツィア ベニス

ヴェネツィア、それは「地中海の宝石」「アドリア海の女王」と呼ばれたアドリア海沿いの干潟に作られた臨海都市である

アジア地域からの物産を中東から運ぶことで富を蓄え始め、ワイン、オリーブオイル、武具、ギリシャ語の本、ガラス製品、織物などの生産によって富を蓄えた

そもそもヴェネツィアが興ったのは争いから逃れて湿地帯に逃げてみたら意外と過ごしやすかったというのがヴェネツィアの町の始まりであるので、ヴェネツィアの運命はいつも陸上ではなく海上にあった

そのころの地中海は帆と櫂を併用するガレー船、ガレアス船を用いた交易が行われており、
風があるときには帆を張ってないときは手で漕ぐやり方で航海していた

なぜ帆船じゃないかというと地中海はヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の内海なので季節によっては無風状態の凪が数日も続くのだ

ヴェネツィアがライバルのジェノバやアマルフィに勝っていたのはアクセスの良さだ

アマルフィやジェノバと違い、ヴェネツィアはヨーロッパの中央部(ミュンヘン、ウィーン、ミラノ)にアクセスしやすい位置にあったのだ
イタリア平成28年12月19日

さらに争いから逃げてきた人たちが選挙で総督を選ぶことで、他のイタリア沿岸の都市国家に比べて平等な(当時の基準で)考え方が広まった


この平等というのが意外と大事で、後のオランダ王国や大英帝国、フランス共和国、アメリカ合衆国が発展したのはプロシアやロシア帝国、オスマン帝国に比べて個人の平等に関する意識が高く、契約に対しての責任感が高かったからである
つまり、経済上の問題で、自分の意志で契約したことを守らないと損をする社会だったのだ

逆に経済上平等でなく、一握りの金持ち(封建領主、貴族、聖職者、商人)とその他の農奴しかいない社会では、
しばしば戦争のために年貢は上がったり家族を兵士に取られた
職人の給与も日払いだし、サービス業もチップ制なので責任感や連帯感などは持てないので契約の概念を持ちようがない
さらに商人は貴族や王に貸した金をしばしば踏み倒されたりしたので、契約なんてあってないようなものだった
契約とは貴族同士の「贅沢品」だったわけだ

平等主義は船の中にも持ち込まれていて、オスマン帝国ではガレー船を漕ぐのは奴隷の仕事だった、ジェノバでは漕手は航海ごとに給与を受け取った、しかしヴェネツィアでは漕手は自分用の貨物スペースを与えられており、自分が目的地で売りたいものを持ち込むことが出来た
そして自分の貨物で儲けるには早く目的地に着くことが大事だったので、漕手のモチベーションが高かった

ヴェネツィアでは殆どの人が交易に対して関心を持っていた
そして、ヴェネツィアの船は戦時には交易船が戦闘艦になったつまり牛革を張って火矢を防いだり大砲を装備して戦ったのだ
ヴェネツィアが平時に持っていたたくさんの貨物船は戦時にはそのまま海軍になった、だからこそ、
海上の貨物船優勢がヴェネツィアの繁栄を支え、ヴェネツィアの繁栄が海軍力や政治力の裏付けになったのだ

ヴェネツィアの繁栄は数百年続いたが、やがてその冒険心が尽きていく

海上の航海というのはGPSと天気予報、沿岸警備隊のヘリコプターの救助のない当時ほとんど運頼みみたいな仕事で、
嵐で船が沈むときにはどんな金持ちも貧乏人も平等に死ぬしかなかった


だからやがてヴェネツィアの中の金持ちたちは本質が変質していき、「海上貿易で儲ける」というやり方を捨て、ヴェネツィアに面するより内陸部の農地の所有者になろうとしていったのだ

海上での利益を捨て、農地からの配当を求めたのだ

こうして、危険だが儲かる海上貿易を捨て、農地所有者になってしまったヴェネツィア人は
やがて海上での覇権を失っていってしまった

もちろんそれはオスマントルコの強大化、アフリカの喜望峰航路の発見、イギリス、フランスの絶対王政の勃興という避けられない点が大きいが、「冒険心」を失ってしまったことが大きい

こうしてヴェネツィアは「地中海の主要国」の地位を失い、「イタリアの一部」「観光地」となってしまった


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このヴェネツィア(ベネチア)の衰退を日本企業に当てはめてみると、テレビ局なんかが当てはまる

80年代中盤のバブル経済のころ、テレビ局は我が世の春を謳歌していた

その頃テレビは最先端の放送手段で、全国の国民はテレビに群がっていたからだ

しかし今はそんなことは嘘だったかのようだ、テレビはどっかで見たような赤ちゃんハプニング映像や
動物ハプニング、ナショナルジオグラフィックの日本語吹き替えの動画でお茶を濁す
ひな壇番組が多すぎてひな壇じゃないやつを探すほうが難しいくらいだ

NTVのZIPなんかニュース番組なのにひな壇だ

TBSに至ってはテレビ局なのに不動産収入に頼って生活しているようなものだ

結局思うのだが、リスク(視聴者からのクレーム)を侵さないと儲からないというのが正しいのだと思う

リスクを犯さなくなった国(企業もか)は衰退するしかないのだ
関連記事

今買いに入るやつはバカ、修正をまて、株には習性がある

2016年12月19日午後9時42分

年明けが怖い、私のエリオット波動ではすでに強気相場の後半であると考えているからだ

第5波の第3波の途中もしくはもう終わったと考えている

第5波が終わったら下げるのは明白

このブログの読者には一度下げてから買うことをおすすめする

今持っている株もできるなら減らす方がいいと考えられる

S&P500指数が2300から2400の水準が危険だと考えている2500を目安に利食いが出そうだからだ
関連記事

指原莉乃とか古市憲寿みたいな話し方がイラつく おでかけに指原いらない(不要論)

まったく腹立つったらない
イラつくったらない

フジテレビのワイドナショーやその他の討論番組に出てくる古市憲寿
そして、太田プロダクションにゴリ押しされてバラエティ番組に出てくる指原莉乃



指原ヲタ「指原はテレビに呼ばれまくりグフフ」m9(^Д^)どう考えても太田プロの営業の人の努力の賜物だろwww

全く腹立ってしゃあない

というのもこの2人に共通する会話の流れが私をいらいらさせるのだ


こんな感じだ

司会者「好きな〇〇ってなに?」
指原・古市「興味ないんですよね〜」
司会者「なんで?」
指原・古市「なんでかっていうと」



このパターンまじ嫌い

なんでこんなめんどくせーやつをテレビで見ないといけないんだよ

「頭空っぽにしてみてられる」のがテレビじゃないんか?

こいつのせいで私の好きなHKT48の数少ないテレビ番組「HKTのおでかけ」がフットボールアワー後藤と指原莉乃のスタジオトークで半分くらい持って行かれてしまうのだ

もっと朝長美桜とか田島芽瑠とか出したらんかいwww

で、ほぼ毎回上記のパターン

どうでもいい、だいたいいつもなんか収穫してるけどお出かけスタッフは無能しかいないんか?

もうこんな気分



許されるならテレビにグーパンチしたいんだまじで

以前長文で書いたから今更書かないけど、やっぱHKTに指原はいらないと思う

アイツのせいでHKTの初期メンの個性死んじゃってるよね?

しかも本来なら一期生ってもっとしっかりしてさや姉みたいに引っ張っていくメンバーも出てくるはずなのに、
HKTが指原の子分になっちゃってるし…

中学校とかの時を思い出してもらえばわかるけど、女同士って仲良さそうに見えても。実は仲いい振りしてるだけってことがあるよね、酷いと一人がいなくなるとそいつの悪口言っちゃうみたいな・・・

グループとは言え本来競い合う立場のアイドルグループでいきなりプロデューサーのお気に入りの年上のやつが来たら正直扱いに困ると思うんだよねHKTが左遷のゴミ箱にされたってことじゃん
プロデューサーと仲いいからチクられたら困るからハブるわけにもいけないしかといって親しくしたくもないし

本人は残れてラッキーかもしれんが、周りのやつからしたら、公演には出ないイベントにも来ない
だけどHKT枠でテレビ出演のときには一人分の席を取る、AKBG全体のイベントのときだけHKT面するいらんやんこんなん



指原「困っていることがあったら秋元さんに伝えるからなんでも言ってね」←なんでもチクるって意味じゃんm9(^o^)クソブスしねかす


古市にしてもなんで朝ナマとか出れるのか意味がわからないよ
あいつの言ってることに知性は感じないし、覇気のない大学生にしか見えんぞ

顔だけで呼ばれる三浦瑠麗(みうらるり)と同類じゃん

テレビに出る人はポジティブであってほしいもんだね(^o^)



秋元康、さしこ移籍の経緯説明「長い会議の上に出した結論」

15日深夜のニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』内で、指原莉乃にHKT48への移籍を伝えた
総合プロデューサー・秋元康氏が16日、Google+で改めて移籍についてコメントした。

秋元氏は、今回の件で指原に「イエローカード一枚相当の厳重注意をしました」とした上で、
移籍について「指原莉乃に新たな挑戦をさせたかったことと、若いHKT48のメンバーの刺激になればいいと
僕たちが長い会議の上に出した結論です」と経緯を説明。指原の持つ「“不屈の精神”、
“何があってもあきらめない気持ち”は、AKBのメンバーとして模範となるもの」とし「この強さを後輩に伝えて欲しいと思い、
結成して間もないHKT48に移籍させることにしました」と明かしている。

また、“左遷”という意見については「それはHKT48のメンバーや支えてくれているファンのみなさんやスタッフに失礼です」と否定している。
↑いや左遷だろ、HKTのメンバーやファンとスタッフに謝れm9(^o^)


さらに秋元氏は「ファンのみなさんにせっかく4位にしていただいた指原ですが、どこまで“ヘタレ”なのでしょう。肝心なこの時期に…。
でも、それが指原なのです」と愛情たっぷりにコメントし「AKBで一番“期待に応えないメンバー”指原莉乃を温かく見守ってやってください」と締めくくっている。
関連記事

オスプレイ危ないさっさと飛行停止にしろ

オスプレイで空中給油とかアメリカ軍の関係者頭悪すぎる

オスプレイの空中給油動画をまず見てほしい


つぎは失敗シーン



ホースの先の漏斗状のところに合わせれば中心のホースに刺さるという仕組みだが、これって危なすぎだろwww

運転席のすぐ横でプロペラ回ってて少しでもぶれたらAUTO(正確にはOUTな(・w・))じゃん
旅客用の離島行きのボンバルディアは生で見たことあるけど、このオスプレイはプロペラと給油口に距離の余裕がなさすぎる

これまでのヘリコプターは給油口の棒は前に突き出す感じで設置されていて、
回転翼に干渉されないようになっていた

maxresdefault.jpg

これはブラックホークダウンで有名なUH60ブラックホーク
騎士が突き出す槍のように見える、この長さなら多少高度が上下しても大丈夫

UH-60 ブラックホーク(英語: UH-60 Black Hawk)は、シコルスキー・エアクラフト社製の4翅シングルローター、双発エンジン搭載の中型多目的軍用ヘリコプターである。「Black Hawk」とはイリノイ州居留のインディアン(ネイティブ・アメリカン)・ソーク族の酋長の名。

チヌーク2016年12月18日

これはチヌーク CH47、バートルではない(笑)
これも給油ようのぼうは長い


CH-47 チヌーク(CH-47 Chinook)は、アメリカ合衆国のボーイング・バートル社(現ボーイングIDS社のロータークラフト部門)で開発されたタンデムローター式の大型輸送用ヘリコプターである。
配備開始から半世紀が経過した現在でも、最新モデルであるF型が生産されており、未だに後継機は登場していない。エンジン換装や燃料タンクの増設などが何度も行われた為に最新の機体と初期型は、全く違う機体といえるほどに各性能が改良されている。


最後がオスプレイの空中給油可能なタイプ
AIR_V-22_Underslung_M777_lg.jpg
これを見る限りでは空中給油の棒は全然安全な長さに見える
プロペラは別に干渉してない、というか普通のヘリよりも安全な距離だ

でもこの画像はヘリモードということだ
給油しようと通常モードになるとプロペラは前に下がる

そうすると給油機のホースはオスプレイのプロペラの半径2m以内に入ってしまうのだ

だから、オスプレイの給油口の棒を伸ばすまでは飛行禁止にするべきだ

危なすぎる

沖縄ナメられすぎ
関連記事

覚せい剤の使用は無罪にすべき ダメ絶対をパラダイムシフト

覚せい剤は儲かる

グラムあたりでは地球上で最も高額な商品の1つだ

なにしろ一回使わせれば確実にリピーターになり、多少高くても何度でも買うからだ

中毒物質は強い

スターバックスやドトールのコーヒー(カフェイン)やJTのタバコ(ニコチン)、おーいお茶は、
じつはタバコ、コーヒーが好きだから喫煙、喫茶しているのではなく、中毒だから「させられている」ということを
忘れてはいけない

覚醒剤

常用すれば

そのうち体はボロボロになり、被害妄想、攻撃的に性格が変わる、社会性を失う、皮膚のすぐ下をなんかの虫が這っているような錯覚を感じる(実際には血管の脈動を錯覚している)

薬を手に入れる為に、犯罪に手を出したり、売春に手を出したりする

中国大陸の清帝国なんか大英帝国が国内でアヘンを売りさばくせいで国内の治安が悪化したのを取り戻す為に
林則徐に命じて、アヘン在庫を石灰と混ぜて海中に投じたが、逆にイギリスから攻められて香港と九龍半島を奪われた

東南アジアや中国が麻薬に厳しいのは、気をつけないと「国を失う」からだ

さて、今回の私の提案は、「覚醒剤の使用は無罪にする」だ

まず、重要なのは覚醒剤は先輩後輩関係や男女の関係で始められることが多い

そして、相手からもらって初めてそのうち買うようになるパターンだ

で、あるなら本人を罰してもしょうがない

本人も犯罪と知っているのだからできるだけ隠れる

だから、常習で取り返しつかなくなってからか、自動車事故や路上での職務質問のときにしか見つからない

だから「使用は無罪」にすればいい

ただしある条件をつけてだ

それは「覚せい剤の売り手を自白すれば」という条件だ

「はぁ?言うわけねえじゃん」と思ったあなたここで覚醒剤の常習性を利用すれば良いのだ


常習者はたいがい逮捕時に大麻やコカインの袋が見つかって逮捕される
だからこう言ってやればいい

「ここにある覚醒剤、売人を呼び出せばこの最後の一回やらせてやる」

こう言えば常習者は「売り手の秘密を守る」より「いま気持ちよくなる」を優先して携帯で売人を呼び出すことに同意するはずだ

あとはノコノコやって来た売人を逮捕すればいい

常習犯の方は離島かどっかのリハビリ施設に送致すればいい

Domestic | 2016年 12月 17日 21:29 JST
兵庫県警巡査部長を逮捕
 大阪府警薬物対策課は17日、自宅で覚醒剤を持っていたとして覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、兵庫県警川西署地域課の巡査部長藤谷龍一郎容疑者(53)=大阪市北区=を現行犯逮捕した。

 同課によると、別の覚醒剤事件で逮捕した男の供述から、藤谷容疑者が浮上。府警は17日、川西署などを家宅捜索した。使用容疑でも調べる。

 同課は認否を明らかにしていない。藤谷容疑者は1人暮らし。精神的な病気の治療のため、長期休職中だったという。

 逮捕容疑は17日午後3時25分ごろ、自宅マンションで覚醒剤少量を袋に入れて所持していた疑い。


【共同通信】



関連記事

トムソン・ロイターをしれっとディスるブルームバーグ(bloomberg) 池上彰緊急スペシャル

池上彰緊急スペシャルで、池上彰がニューヨークのブルームバーグ本社を訪れた

そこでつい笑ったのが、Bloombergがロイターをディスっていたところだwww

説明より画像が早いので見てほしい

ブルー2016年12月17日
池上彰がブルームバーグのエントランスに「キター!!!」

池上彰「こちらにはジュースからコーヒーからバナナ、軽食は全部無料ですね」

池上彰「そしてこちらには現在の経済の…」


で、ここ
ブルー22016年12月17日

Thomson Reuters Cuts 2000 jobs Worldwide
トムソン・ロイターが世界で2000人クビにする

池上さんがカメラを電光掲示板に向け指したタイミングでこのライバルディスりニュースを流すブルームバーグ、
遊び心ありすぎイイイイイイwwww





               . -―- .   やったッ!! さすがブルームバーグ!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできない事を
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {              \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ



取材を受けたのはライバルのロイターをディスるのも目的だったのか?


ブルームバーグ(Bloomberg L.P.)は、経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社。本社はニューヨークにある。

ソロモン・ブラザーズの元幹部で、第108代ニューヨーク市長であるマイケル・ブルームバーグ(以下「マイケル」)が1981年10月に「イノヴェーティヴ・マーケット・システムズ (Innovative Market Systems) 」を設立、後に社名を「ブルームバーグ」と改称した。当初は債券取引の情報を専用端末に配信するサービスを提供していたが、その後、通信社をはじめ、テレビ、ラジオ、雑誌などメディア事業を展開。世界に185の拠点を持ち、社員数は約1万5500人。東京支局でも社員約600名を抱えて、事業を展開している

ロイター(Reuters、ロイター)は、かつて存在したイギリスに本拠を置く通信社。カナダのトムソン社に買収され、現在はトムソン・ロイターの一部門となっている。

ユダヤ系ドイツ人のポール・ジュリアス・ロイターが設立したイギリスの報道および情報提供企業である。通信社としての顔が有名ではあるが、現在では市況速報を手がけていたことから派生してきた金融情報の提供やそれに付随する事業の比重がむしろ大きくなっている。カナダに本拠を置く大手情報サービス企業であるトムソンに買収されたことにより2007年5月15日にトムソン・ロイターとなったが、金融情報・報道部門では引き続き「ロイター」ブランドが使用されている。
関連記事