<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

出版界への疑問と提言(2)出版社へ

 回転率について述べる前に、小売店が持つべき「在庫」の理想値はどのように定義できるだろうか?

・お客が欲しいものをすべて置く?
・コンピューターで在庫を予測して、売れ筋を残して死に筋をなくす?
・売れ筋だけ仕入れて安売りしてみる?
・1つの顧客集団を設定して、その層に訴えかけるブランドと品質を構成する?

 私が定義する在庫の理想値は「0(ゼロ)」だ、実際、在庫が0に近づくほど在庫管理の手間やトラブルは減り効率性は高まる。 

食品で考えてみよう(雑誌でもコンピューターでも仕組みはだいたい同じだ)、賞味期限の都合上、食品の残存価値は右肩下がりの直角三角形になる。
そのため、仕入れて入荷された初日が一番価値が高い(財務的には)だから、在庫を持たない事自体が回転率を高めることに繋がるのだ。

本にしてもそうだ、月刊誌はたった1ヵ月で賞味期限が来てしまうし、週刊誌に至っては1週しかもたない。恐ろしく足が速い

在庫回転率=売上原価/期末棚卸高

在庫が無くて仕入れて仕入れたものをすぐまとめて売れば、儲かる、これは会計を勉強する人なら誰でも夢想し探し求める「青いバラ」であり「象の墓場」だ。

現実にそのような事業はなかなか存在できない。
あ使う商品が少なければ事業の安定性がかなり損なわれるし、一つの商品で勝負をかけられる経営者創業者も少ない。

マクドナルドやアップル、そして石油会社は扱う商品の種類が少なく、需要も多い商品なので、大きな利益を得ることに成功している。


つまり、

仕入れ→陳列ーーーーーーー→販売
        ↑
       ココを短縮すればいい

 出版社への提言、受注生産を試してみる。

工業の世界では、より上流の段階の仕入先企業に特注で発注することはよく行われている。

例)より薄くて強度の高いガラス、より小さなネジなど

そこで、出版社がためしてみるべきなやり方①は、「受注してから書き始める」

というやり方だ。

例えばミステリーが好きな読者に、書いて欲しい作者を指定してもらって、前払いで代金を受け取り、書き上げ次第発送するのだ。この時重要なのは、前払いということと採算がとれる冊数ということだ。
出版社の現在のやり方では、とりあえず出版してみてから結果がわかるので、少数の大ヒット作家がその他の「ハズレ」を食わせる形になっている。
これは再販制度という制度と日販トーハンといった取次会社の「ねじ込み力」に支えられたやり方だが、これでは効率が悪い。

注文ありきで作り始めれば「採算割れ」という事態は避けられる。

デメリットとしては実績のある名前の知られた有名作家に仕事が集中してしまう事、その時書きたい作品がかけないという点がある。

これを避けるには「短編集」で売ることである。
Aさん一人に書かせればAさんファンしか買ってくれないが、AさんBさんCさんDさんに書いてもらえば4人のファンが買ってくれるのでリスク分散できるし、読者も新しい作者に出会える


その②
タイアップする。
作品に地名を出すのだ。男はつらいよの寅さん、釣りバカ、どちらも旅するシリーズだ。
寅さんは地方を旅するたびにマドンナと出会い失恋する、でも、寅さんには帰るべき浅草がある。

釣りバカ日誌のハマちゃんも仕事で地方を訪れては釣りをする。

私の地元も映画になったことがあるのだが、不思議なのはそれほど興味がなくても自分の地域が出るとなれば映画を見に行ってしまうのだ。地方の人間てそんなものだ、いやホント(^O^)

このテクニックをつかえば特定の地域では確実に需要が増える

しかし、逆にやってはいけないのは、主人公の住所を東京にしてしまうことだ。
東京都民は地域への帰属意識が低く(そういうのが嫌だから出てきたわけで)、忠誠心は期待できない。
人口が多いから都民をターゲットにすればいいかと思うかもしれないが、罠である。

まあまあ本を読んでいる地元大好き県民が多い地域が理想である。
福岡とかどうかな?

その③
定番の廉価版を作り、そこで利益を出す。
「定番」というのは「売れ筋」と同義語である。

例)定番・・・ハウスバーモントカレー、エバラ焼肉のタレ、アサヒスーパードライ、カルビーポテトチップス
これらの商品は安定して売れるので、在庫のまま放置されることが少ない

社会人が一度は読みたいと思っている古典や有名作品の中で、著作権が切れているものを集めて「文庫」をつくる。
この時、簡易製本で500円均一など買いやすいシリーズものにして、「読むべきだ」「読んでいて当然」のようなステマを流す。


定番のいいところは在庫リスクが少ないところだ。
無名の作者の書く新作小説の需要は読みにくても、「論語」や「孫子」を読みたい人はいつの時代も一定量存在する。

おすすめジャンル
◎中国古典
孫子・呉子・論語など有名な物が多く、一定期間ごとの三国志ブームがあるのでファンも多い
◎神話
ギリシャ神話・北欧神話、日本書紀
聞いたことはあっても詳しくは知らない人がほとんどの分野、中二病をこじらせた中高生が買ってくれるはず
ゲームや小説の元ネタになることも多い。



おすすめ記事一覧

シドニアの騎士で発見したおもしろシーン シドニアの騎士面白いです

面接で給料聞いたら不採用の日本 DUDAで転職するなwwww

財務について学びたいならこの3冊を読むこと

スタバで飲むコーヒーのまずさよ

富を生み出してきたのは新しい産業であって評価しつくされた古い産業ではない ハイテクの妙味

ALSOKが政府と結びつき始めた時代の変化、民営刑務所の恐怖 (警察国家へようこそ、政府は貴方を監視するし拘束する)

関連記事
スポンサーサイト

出版界への提言(1)

本、雑誌の売上が減少しているそうだ。
実際、私の家の近辺や県庁所在地でも本屋の閉店は増えている。

何が問題って、本屋は大量の在庫を必要とする商売なのに対して、在庫の回転率が低くなっていることだ。

スーパーだと運動会前や近くのグラウンドでのスポーツイベントの時に大量の需要が発生することが地元の新聞や市の広報紙で予測できる。
例えば予約もしていないのに昼ごろやってきて「冷えた」綾鷹40本、アクエリ30本とか無謀な(バカげた)頼みを言ってくる人は実際にいる、なにせちびっ子サッカー少年が100人単位でやってくるのだ。
そうなるともう大変だ、厚かましい客が持ってきた「空」のクーラーボックスになぜか店員が氷とジュースをつめるはめになるのだ(田舎の客はスーパーはセルフサービスだから安いのだと知らない)
images.jpeg


本はどうか?

正月だから売れる?クリスマスだから売れる?新学期も売れる?

なら聞くが?

棚の1つ2つがガラ空きになるほど本が売れるようなことってあるのだろうか?
地元の図書館の仕入れや喫茶店や個人の買う雑誌の定期購読はそれに近いのだろうが棚ガラッとまではあとすこし足りない。

ではこうしよう(2)へ続く

関連記事

危険が迫っている

今持っているすべての株は手放すべきだ、危険が迫っている!

私は多くのアナリストがそうであるように、アメリカの株価が世界の株式市場をリードしていると考えているのだが、そろそろ暴落(下落ではない、暴落)が起きそうだと思いこうして図解をすることにした。
NASDAQ.png
ナスダックはアメリカにおける現代の「魔女の鍋」だ。
マイクロソフト、シスコシステムズ、グーグル、アマゾンなど、現代を代表する企業が上場している。

ツイッター、フェイスブックのような、昔のJPモルガンやCヴァンダーヴィルドが聞けば「なんでそれで儲かるんだ?」というような企業でもナスダックにかかればたちまち巨万の富と巨大企業の出来上がりだ。

その結果、アメリカの株式市場の真理をS&P500よりも的確に示している。

この後の展開次第ではあるが、もしかしたら、ナスダック平均は3000ドル台、最悪の場合割るかもしれない。

根拠1:資源価格の下落http://ecodb.net/pcp/imf_usd_pcopp.html
詳しくはリンクを見て欲しいが、景気の先行きに敏感な銅価格が上向く気配を見せていない。
これは、銅がだぶついている事を現している。
石油は言うまでもない

根拠2:リーダー不在
世界が複雑化しすぎている、米ソの二極化のころと比べたら比べ物にならない
人間関係は一般的に、リーダーがいる時に安定し、いない時に不安定化するものだ。
だから、石油も鉄鋼も世界中の人々が制限なくガンガン作りまくるので在庫が多すぎてまるで儲からない産業になってしまっている。

根拠3:治安の悪化
今、世界中でテロが増加し、治安が悪化している。
治安が悪ければ財布に小銭しか入れなくなる(アメリカのカード文化)、ひったくりが多ければ良いカバンを持たなくなる(パリ)。
治安が悪ければ服に金を使わなくなる、さらに、カード文化になってしまえば、衝動買いも減るし、ローン会社に10%の金利を払うことになる。そうなれば景気は悪化していくだろう。
日本の場合は合法的窃盗が幅を効かせている。税金だ。あらゆる機会にまとわりつく税金は景気を悪化させる力がある。

他にもいくつかあるがもう書くのにつかれた。

今、天井で買ってしまって多少の含み損がある人は気にせず売るべきだ。
下落後に買えばそんな含み損など取り返せる位儲けられる。

関連記事

生きたいとか、死にたくないとか、そもそもそんなこと考える元気すら無い、人はこうして死ぬのである

関連記事

黒じょか〜伝統〜



今はもう終わったが、私は笑っていいともが嫌いだった。
何故かと言うと、いいともは「大いなるマンネリ」とでも言うべき、コピーの、コピーの、そのまたコピーばかりの代わり映えしない企画ばかりを繰り返すマンネリ番組だったからだ。
Akkkkk.jpeg


そして、お決まりのテレフォンショッキング、タモリの質問はいつも一緒、「髪切った?」「酒強いの?」「旅行は?」下手くそかwwww


そして、それに応える女優・俳優の答えも大体一緒。最後番宣、あんなの終わって正解。


大体、酒が強いかどうかなんて一般視聴者にはなんの関係もないんだからどうでもいい。
むしろ、一口で酔いつぶれるタイプの方が「なんか行けそうな気がする」から私はすきだ。

大体、全国区のテレビで酒の話題なんてアメリカだとご法度、しかも、「毎日飲んでる」とか答える芸能人なんかカウンセリング必至もいいところだ。

sgi01a201406240100.jpg

だいたいつくづく思うのだが、「自称酒に強い」奴の話の面白くなさは異常だ。大概パチンコ、風俗、タバコ、病気くらいしか話題がない、いつもこうだ。

1.仕事は?
2.彼女は?
3.     ←大概三番目にはパチンコかしょうもないシモネタをぶち込んでくる。


酔っても伸びしろがないんだから最悪だ。
「水でも飲んどけ」と言いたくなる



 さて、こんだけ叩きつつ、酒器の紹介をぶち込む

何故かと言うと、私が最近お湯割りにハマっているからにほかならない。

友人から黒伊佐錦カメ仕込というやつをもらったのだが、これがまたうまいのなんのって(^O^)
ティファールでお湯を沸かして飲んだのだが、まるで芋にかじりついているような風味と気分だった(なら芋食えよ禁止)

そしていろいろあってからで、黒じょかを買ったのだ。

そして、ネットの情報に従いつつ、前日に酒を割っておくという下準備をしたのであった。
当然ながら、液体には「比重」というものがあって(水と油は混ざらない的なアレ)、その場でお湯と酒を混ぜてもその時点では分離したまま、しかし、前日に仕込むことで酒と水は「仲良く(馴染む)」なりおいしくいただけるというわけだ。

つまり、ものぐさ鹿児島県民たちは、旨い酒を飲むために、黒じょかをつくったのだ、

まだまだ続く寒い日々、今年はお湯割りで楽しんでみてはいかがだろうか?

関連記事

今使える中国語

 私は今、中国語の勉強をしている。
 主に、ロゼッタストーンというネットでできるやつ(このページを見ている人はネット環境があるだろうから自分でググッて)を使って勉強している。
 


よく出来た教材で、よく子供向け英会話教室でやっているフラッシュカード(狼の絵に「ウルフ!」と応えるあれ)をパソコンでやるような漢字なのだが。集中してやると自分でも信じられないスピードで頭に入ってくるのがわかる。

しかし、難点もある
外国語の教材でよくあるのだが。
怒りを表す表現や、スラングが載っていないので、カジュアルな会話ができないというものだ。

そこで、今日は自分の気分転換をかねて、ちょっとおもしろい中国語の表現を紹介しようと思う。


美死了・美呆了(メイスーラ・メイポーラ)
「死」と言うのは本当に死ぬわけではなく、「死ぬほど」というのが正しい、「呆」は呆気にとられるという意味でOK

美人を褒めるときに使える表現だ

33333333

ネットの実況で888888を見たことがないだろうか?「パチパチパチ(拍手の意)」を現している、この場合の「3」の連打は「賛」賛成の賛が中国でも「サン」という発音なので「イイねイイね」という意味で33333333と打つそうだ。

大力鞍下(ダーリーアンシャー)
強く押すという意味だ。ボタンを押す時などに使える表現。

回车鍵(フイチャージェン)
パソコンのエンターキーのことだ。
前述の大力鞍下と合わせるとダーリーアンシャーフイチャージェン(エンターキーを強く押す)という文ができる。

非州(フェイジョウ)
アフリカ大陸の意味「非」ってあんまいいイメージではないな

很臭(ヘンチョウ)
くさい匂い

迷路了(ミールーラ)
読んで字のごとく、道に迷ったってこと。

排隊(パイドゥイ)
隊から排除される?
違います、なんと、「列に並ぶ」と中国語で書くとこうなるのです。
列に並ぶような奴は隊(中国人)では無いのでしょうか?




関連記事

すごいよリステリン! 口内炎と戦うならリステリン紫!!!




 口を口の中を不衛生に保ったり(日本語変だな)、果物野菜をロクに食べないとなるのが「口内炎」だ



今はパッチを貼るという策も用意されているわけだが(自転車のパンクみたいだ)、
私の母は古い人名ので、口内炎には蜂蜜(はちみつ)が効くと信じている。
実際、はちみつは口内炎に効くのだが、塗った瞬間の痛みは言語に絶する、激痛がひどい。

痛みに悶える間、そもそも塗ったのが間違いだったんじゃ無いかって気がしてくる。

そんな時、私達の力になってくれるのが、「リステリン」だ。

注意:私はリステリンの会社の回し者ではない。

リステリンに含まれているアルコール成分、これがまた効くのだ!
kounaien.png
シュ、という痛みの後、口の中が麻痺して傷口を舐めても何も感じなくなる(早期治癒にはもってのほか)、
後は痛みを感じるたびに口内すすぎを繰り返せばじきに治る。

嘘じゃない、某ne〇verまとめでも紹介されていた。

今日はリステリンの紹介をしてみた。

関連記事

難問は捨てる 〜受験エリートの問題点〜

 受験の季節だ、今の時代予備校に通うことはほとんど常識になっていて、通わないのはよほどの天才か貧乏人だけだ。

 その受験予備校でよく言われるアドバイスが「難問は捨てる(避けよ)」である。

 自動車免許、危険物取扱者、簿記、その他etc…
殆どの資格試験では合格ラインが定められていて、規定の点数を取れば合格できるような仕組みになっている、そのため、
試験では難問は避け、最初の数問の簡単な問題で点数を稼ぐことが推奨されている。
042.jpg

戦後の日本は2種類の人達が牽引してきた

1つは松下幸之助に代表される「叩き上げ」タイプ
1つは中曽根首相に代表される「戦中エリート」タイプ

昭和末期になるに連れて叩き上げタイプは徐々に減じていき、戦中エリート、そして戦後エリート(エリート教育を受けたということではなく、有名大卒という意味)が社会の中枢を牛耳って行った。

日本が停滞している原因がもしかして「難問は捨てよ」という考え方の結果ではないのかと考えた私はひょっとして戦中エリートが悪影響を与えているのでは無いかと考えた。

今現在の政策を見ても、少子化、高齢化、貧困化の大問題は誰も手をくださず、補助金やバラマキで茶を濁すばかり、
本当ならTPPや郵政民営化など急ぐひつようのない問題に時間を割いている。
つまり「難問は捨てよ」の世界だ。

有名大学を出た人を「エリート」と呼び続ける限り、重大な問題は放置され続けるだろう」。

関連記事