hp12CがToラブった  HP12C故障時の対応について

今日hp12cを使おうとしたらなぜか[PV]を入力したら表示が消えるというトラブルが起こった
こまった挙句、[f]+Clearを全部試したら解決した

同様のトラブルに見舞われた人のためにネットに残しておくことにした

ちなみにHP12cの保証期間は12ヶ月(1年)なので、期限が近い人は確認しよう

以前初期不良で修理した際はレシートの写真を求められたが、アマゾンの購入履歴をコピーしてメールで送った


関連記事
スポンサーサイト

五郎丸っていいたいだけじゃん 五郎丸消えた

日本のメディアの悪い癖、「勝ち馬に乗りたがる」

みなさんはラグビーのルールなんて知っているのだろうか?


わたしはせいぜい横縞のシャツを来たごつい男たちが取っ組みあいながら変な形のボールを追い回すくらいの概念しか持っていない。
なのにすこし活躍するだけで「五郎丸が」「五郎丸に」「五郎丸を」「五郎丸の」五郎丸の五段活用かwww
誰も興味がないのにヒーロー扱いだ。

そして〇〇栄誉賞だ、どっかの市の市長が現れて賞状の授与だ。
バカげてる。

わたしはもうこの手のヒーロー報道のうんざりしているんだ。
どうせ数カ月後には飽きて古いおもちゃみたいにホオリ投げるくせに

102044562d285bf66e6e375d755db267_w.jpg

テレビのニュースを見ていると、今も3S政策がきわめて大掛かりに行われていることがわかる。

テレビのニュースの殆どの時間が重要なことではなく、スポーツや芸能に費やされている

3S政策とは
Sex(性産業)
Sports(スポーツ)
Screen(映画)

を用いて国民を堕落させる政策である。

テレビも内容も芸能人の不倫恋愛、サッカー野球を代表とするスポーツ、映画の新作の特集ばかりだ。
しかし、人間は中毒に弱いというのも本能であれば正しい道に戻っていくのも人間の本能なのである

テレビの視聴時間が年々減少しているのも実は無意識のうちに世の中の人達の洗脳が解けてきている証拠なのかもしれない。

虚像のヒーローなどを崇めてはいけない。

なぜなら、それは他人に踊らされているだけだからである。

そして、テレビのニュースが事あるごとに五郎丸を繰り返すのも、テレビの製作者自体が五郎丸に人気があると錯覚しているだけ、つまり、だれも五郎丸など興味はないのだ。

わたしは大きな声で言おう、五郎丸っていいたいだけじゃん


五郎丸 歩
プロフィール
福岡県福岡市出身[1]
身長 185cm、体重 100kg[1]
ポジションはフルバック(FB)[1]。
日本代表キャップは57(2015年10月12日現在)
ニックネームはGoro(ゴロウ)[1]
血液型はB型
経歴[編集]
3歳でラグビーを始める。福岡市南区鶴田小学校出身。小学校4年から6年まではサッカーに専念し、福岡市選抜に選ばれたこともある。同市南区老司中学時代はサッカー部とラグビークラブに所属。佐賀工業高校時代には3年連続で花園に出場(いずれもベスト8)。U17日本代表にも選ばれる。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年時よりフルバックのレギュラーとして活躍。全国大学選手権優勝を経験。
2005年3月、日本代表に選出[2]。2005年4月16日、対ウルグアイ戦で日本代表デビューを果たした[3]。
2002年に行われた高知国体では、兄の亮と共に出場し、優勝。
2008年4月、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロにプロ契約で入団したが、2010年度からヤマハ発動機の社員選手となっている。2010年9月4日の対NECグリーンロケッツ戦で、1試合でのトップリーグ新記録となる8ペナルティゴールを記録[4]。
2011年2月5日、2011-2012シーズンの得点王(182得点)およびベストキッカー(38G/32PG)を初受賞した[5]。
2012年1月6日、2012-2013シーズンの得点王(160得点)およびベストキッカー(40G/25PG)を2年連続2回目の受賞を果たした[6]。
2015年、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる[7]。本大会ではグループリーグ4試合に出場し1T/7G/12PGの合計55得点を記録、第3戦のサモア戦と最終戦のアメリカ戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出、また大会終了後には大会ベストフィフティーンにも選ばれた。 同年11月4日、2016年シーズンよりオーストラリアのスーパーラグビー所属のレッズに加入することが発表された(ただし、現所属のヤマハ発動機には属したままでの加入となる)[8]。
2016年1月25日、2015-2016シーズンの得点王(83得点)を3季ぶり3回目の受賞を果たした。また、リーグ戦通算1000得点今季達成選手として特別賞を受賞した[9]。
2016年3月末をもって、ヤマハ発動機を退社。以後は、プロラグビー選手としてプレーする予定。
人物[編集]
2014年のゴール成功率81.4%を記録しているが、2015年のワールドカップでは、85%の成功率を目標に掲げていた。 2015年10月現在、日本代表テストマッチ最多得点記録保持者である。 同年、第28回小学館・DIMEトレンド大賞「話題の人物賞」[10]、「GQ Men of the Year 2015」[11]、Yahoo!検索大賞 2015・アスリート部門賞[12]を受賞 。 12月16日、日本忍者協議会から「マスター・オブ・ニンジャ」に認定された[13]。
関連記事

今すぐ海外への支援をやめろ、さもないと起き上がれなくなる、国内消費を伸ばせ、デザインを良くしろ

 日本は気前のいい国だ、奪い奪われの国際社会の中で、ほぼ唯一、脅されてもいないのに大金を海外にばらまくからだ。

 近くは中国韓国、遠くはブラジル(地球の反対側である)、ほぼすべての国に支援を施してきた。

 こういった大きな善行ができたのも政治が優秀だったからではなく、経済力が強かったからだ、けして政治家のおかげではない。

 しかし、今後、これまで「善意」でしてきたこれまでの支援が原因で私達の子孫は経済的な没落の道を歩き始めるだろう。これは別に不思議な話ではく、当然の報いだ。
2カ国以上の多国籍間では、隣国の勃興を止められない国は隣国の支配を受けるのは当然の帰結だからだ。
日本はこれまで農業支援、技術支援、金融支援を数多くの国に行ってきた、ただでさえ日本には大量に取れる資源が少なく(木材と水資源くらいか)輸入に多くを頼るしか無く、技術こそ日本の優位性の源泉だったのに、すべての技術を融資付きで与えてしまった今、日本人は他国の召使になってしまう、わたしは本当に悲しい。
地獄への道は善意で舗装されている、まさにその通りの道を日本は歩いていたのだ



















と、私が老人なら嘆くだけで終わる


が、嘆くのは老人に任せて私たちは明日のことを考えるべきだ。
なぜなら、どうせ明日は来るものだからだ。

1)国連に手続きをして加盟国ではなくオブザーバー(傍聴者 権利は無いが会議に参加できる人)扱いにしてもらおう。
 
 どうせ日本国はアメリカの傀儡政府に過ぎないのは世界中のある程度の知識層には見ぬかれている。
 日本も自覚している。だからそもそも加盟していた今までが異常だったのだ。
 
 国会にはテーマごと(外交・貿易・金融・難民・医療)の連絡員を置いておく程度にしておこう。
 今でも、国連で働く日本人は拠出している金額に比べて過小である。

 国連に加盟しているせいで厄介な〇〇〇負担金なんか求められるのである。

2)海外への支援を取りやめ、これまでの貸出を回収あるいは債務の条件交渉をする。

 古代中国の政治家孟嘗君は借金に困った庶民に対して「払えるものは今すぐ支払え、払えないものは借金を帳消しにする」といって人望を得た。
これまで他国に無分別に貸し出してきた貸出金はほとんど焦げ付くだろう、だから、その代わりに交渉をして、例えば「首都の近くの国有地を60年借りる」とか「港湾を日本の金で作るから50年非課税にしろ」と迫ればいい、こうすれば、相手が返せもしない借金を取り立てて恨みを買うこともない。

さらに、アフリカや中東の難民が食料不足で死に絶えれば、穀物価格も石油価格もその分さがる。

さらに、技術を提供しなければ日本の優位も揺るがない

3)思いやり予算をなくせ
愛想が尽きた人間の顔を見たことがあるだろうか?
無表情だ、怒りも悲しみもない。

日本は重大な勘違いをしている。
中国がアジアで動乱を起こすとしたら海をわたる日本に攻め込む強襲上陸作戦は取らない。
1手目で打つにはリスクが高すぎるし大量の水陸両用部隊とそれを運ぶ輸送艦が必要になる
攻めるとしたら陸続きの東南アジアだ、日本ではない。
なぜなら中国は側面にベトナムやマレーシア、後方にインドを置いたまま戦いたくないからだ。
まず後顧の憂いをなくしてから攻めてくる、だから沖縄の米軍は抑止力にはなっていない、ただの死に駒だ

したがって思いやり予算を支払う根拠はどこにも存在しない、むしろ地代をもらうべきだ。

第一、世界トップクラスの造船能力を持つ日本が造船業がほぼ死に絶えたアメリカに何を期待できると言えるのか?

4)国内消費を伸ばせ
マイケル・ポーターによると国ごとの競争力は自国内の消費者の見る目の厳しさによるらしい、例えば、クレームをやたら気にする日本企業は安全で低燃費な車を作ることで世界での競争力を得た、一方でそういうのに無頓着な大英帝国は自国の自動車メーカーをあらかた失った。

つまり、国民がまあまあ金もってて、いい買い物をしたがる幾つかの国では自国内で磨かれて行くので他国よりも品質の良い商品ができあがるのだ。

しかし、ココ最近の日本はどうだ?
みな安いものに走り、だれも見る目を磨こうとしない。貧乏人の制服ユニクロ、牛丼安売り、緑肉のナゲット、こんなんばっか。これでは国産製品が磨かれないので国際競争力などつくわけがないのだ。

個人減税を大規模に実施して消費を促さなくてはならない。
公共事業は保守管理に限定、失業した建設業関係者は新しい方向へ向かわせる。これしかない。
個人的には4線(つまり複線が2つ)の貨物路線を日本をおうだんする形で作るべきだと考えているのだが、
もうカネがない。また今度だ。

公共事業をヤメればGDPが減るが、そんなのコカインをやめたらハイになれないとかいう中毒患者のたわ言に等しい
もとからそんなものなかったのだ。

5)首相を日本から出さない
サッカーや野球の試合ではホームのチームの方が有利だということは広く知られている。

これを政治に活かさない手はない、つまり、常にホームで戦うのだ。
ヨーロッパやアメリカから日本に来るには太平洋、あるいはユーラシア大陸という大きな障害物を超えなければ来れない。
長時間のフライトの後であれば、相手も交渉に身が入らないので日本に有利だ。
特に、来日直後に歓迎行事などで相手をヘトヘトに追い込んでから交渉すれば、どんな大物相手でもこちらの優位に交渉を進められるであろう。
夜も高い酒などをがぶ飲みさせると良い

逆に首相が日本から出るときは余裕を持って行動し、余力を持って相手に接するようにすれば罠もみやぶれるであろう

6]外務省を廃止してから再構成する

無能な奴らだ(国家機密です)
海外でも日本食しか食べず、ロクに高官とも会わず、高いワインと手土産代わりの金がなければ外交ができないあほだ
そもそもその国の言葉が話せないのに大使として赴任する時点で相手に失礼だ、
英語が国際語であるといっても、その国の言葉が日常会話レベルでできなくてはそもそも派遣するべきではないのだ。

え?ケネディ大使は日本語ができない?
・・・アメリカは日本の宗主国なんだ・・・

7)デザインに金を出す。
昔はパソコン関係のカタログみたいな本があったのは覚えている方もいるだろうか?1990年台公判のことだ。
あのころは楽しかった、日進月歩で技術が発展し、あらゆるメーカーが鎬を削っていた。

今、技術はほとんど行き止まりに近づいて来ている。

家電も、エレクトロニクスもそうだ、デザインに金を掛けるのが今現在の正解だ。
新技術はすぐにはできないがデザインならすぐできるし差別化できる

品質で劣っていても、デザインで売ることもできるだろう

これらのことを守れば日本の国際競争力は向上するだろう
関連記事

もっと和音とカオスをJPOPに

太古の昔、私達の先祖は夜になると焚き火を囲んだ

当時はテレビもラジオもなかったので仲間たちと空を見上げて星を数えたり月を眺めたり、そしてリズムをとって歌ったりした。


焚き火というのはいいものだ、やったことがある人はご存知かも知れないが、湿った薪を使うと目がしみて横を向くしかなくなる。つまり用もないのに横のヤツを見つめることになるわけだ。

一人が歌い始めるとみなが続いて歌った

重なる声は和音になりハモリ、輪唱になったり合唱になったりした。fir_00001.jpg

現代の私たちはノートパソコン1つでたくさんのシンセサイザーの音源を重ねたり、ドラムの音をパッドと呼ばれる機械で入力することで簡単に作曲できるようになった。

最近YOUTUBERで洋楽やらJPOPやら聴くのだが、JPOPになんか物足りなさを感じてしまい、個人的に原因を考えてみた、そこで至ったのが、JPOPはシンプルすぎるんじゃないか?という仮説だ。
なんか気のせいかもしれんが、要は主旋律以外のズンチャズンチャとかのあれだ。

センスがいいひとの場合、リズムを重ねると重ねるほど複雑で面白い音楽になる

ケーキで言うと、スポンジの中に色々なフルーツやクリームを挟むようなものか、ブルーベリーやらキウイやら挟まってると嬉しいでしょ?

まあ様はJPOPももっといろんなリズムやらメロディを足せばいいのにってこと




どうよ?単調、まさにJPOP

言いたいのは是、いろいろ添加されて複雑な感じ

これはAKBだが結構添加物入ってる


これも複雑
複雑であればあるほど脳が理解できない、理解できないってことは2回め聞きたくなる、つまり癖になる

あれ?ひょっとしたら複雑に作曲するのがヒットの秘訣の1つってことか?



関連記事

クリスマスなんて嫌いだ

クリスマスなんて嫌い!

スーパーのバイトで高くて小さいクリスマスケーキを買わされたのがクリスマスだし、
プレゼントがコロコロコミックだったのもクリスマス
母が付き合いで和菓子屋のくせにクリスマスケーキを作る節操の無い店からケーキを買ってくるのもクリスマスだ

クリスマスは本来キリスト教とはなんの関係もない、キリスト教布教のために異教徒の風習を取り込んだだけだ、
そしてここ日本では商業主義のお祭りに堕落してしまっている。


つまり、ノルマのケーキを買わされ、おもちゃを買い与え、ケンタッキーのチキンを買いに走る。で、大して好きでもない女にプレゼントをねだられる



書いてて思ったのだがクリスマスはニワトリの受難日ということか?





800px-Jesus-Christ-from-Hagia-Sophia.jpg

私はもうプレゼントを貰える年じゃない、せいぜいビールでも飲んでキリスト教のご都合主義と資本主義の限界に思いを馳せることにする



関連記事

節約のアイデア 

軽減税率乃ニュースがテレビを賑わしているので、今回は節約のアイデアについていくつか考えてみようと思う




1)家の固定電話を止めよう。
今の時代、固定電話を持つ必要性はかなり減少している。
頻繁に電話する事業所ならともかく、個人宅程度ではもう携帯電話に移行しても問題ないと思う。
事実、発展途上国では固定電話がない地域にも、携帯電話は入り込んでいる。
NTTの一般回線なら基本料金だけで年間2万円程度節約できる

ぜひ検討すべきだ

もちろんお友達の多い方はやめた方がいいが

2)新聞を止める
情報は何時の時代でも価値がある。
アフリカの山奥に住む村人たちは数百年にわたって仲買人に農産物をうりわたしてきたが、携帯電話が革命を起こした。
ある時村人が都市に出稼ぎに出ている友人に電話して物価を聞いた、すると仲買人を使わず自分たちで街まで運ぶと20%以上も利益が増えることが分かった。
彼らは自分たちで動くことで同じ量の作物から多くの利益を得られるようになった。

新聞にも同様の役目がある、例えば「農業新聞」には各地の子牛のセリ価格や野菜価格が乗っている。

しかし、取材して編集して印刷して配達するという手順は今の時代に合わなくなってしまった、つまり遅いのだ。

今後はネットニュースを見るようにして新聞を解約すべきである。ちなみに朝日新聞の場合朝刊のみだと1月3000円節約できる

3)プロバイダと光回線を止める
今の時代、セブン-イレブンやローソンに行けばワイファイサービスが利用できる
やたらと動画を見るような人以外は家に光回線は必要ないのでは無いかと思う
延々と動画をダウンロードするような人以外はプロバイダと光回線を止めるべきだ
これも数万円単位で節約できる

4)風呂に入る回数を減らす
以前肉体労働をしていた時にはスーパードライと風呂が私の必需品だった。
シャワーで汗を流してから飲むドライは私の燃料そのものだった。

しかし、肉体労働で無くなった今はそれほどシャワーが必要だと思わなくなった、そもそも汗もかかないし汚れないからだ。
汚れない仕事をしていて、風呂にあまり長くつからない人は貯めるのをやめてシャワーに切り替えるあるいは回数を減らすことを検討すべきだ

5)ジュースを買う回数を減らす
コカ・コーラは炭酸入りの砂糖水を売っている、そしてアメリカ最大級の企業の1つだ。
つまり砂糖水を売ることは儲かるのだ。

ということは私たちはジュースを買うべきでは無いということだ。

6)タバコを吸う間隔を広げる
タバコを吸う人は中毒と言うよりかは習慣になっているだけだ
タバコのニコチンは慢性的に吸うより少し間を置いたほうが効くので、意識して間を開けたほうが費用対効果が高い

7)ドラッグストアを使う
断言する、ほとんどの商品はポイントカード込でもスーパーよりドラッグストアの方が安い
なぜならドラッグストアは薬で利益幅を採れると考えているからだ。

ただし、チラシにあるような目玉商品はスーパーが赤字を被って売っていることもあるので(リポビタンD、オロナミンC、ティッシュ)見落としてはいけない。これらはスーパーで買うべきだ。

魚介類のように店ごとに質が違う商品ならともかく、エリエールティッシュのようにどこで買っても同じものはドラッグストアで買うようにしよう

500mlコーラ1本でだいぶ節約できるのがわかる
スーパー 税込み103円から105円程度
自販機 総額160円
ドラッグストア 93円




国民には厳しい時代だ、未だに英雄は現れる気配もない、ならば節約するしかあるまい
関連記事

日本のドラマがつまらないわけを見つけたぞ!

 日本の量産型ドラマに飽きたので、海外ドラマを最近見るようになった、その中で日本のドラマを面白くする方法を思いついたので列記しておく

1)主人公の住んでいる町並みを出せ!
日本のドラマは量産型だ、だから大体場所は東京だ、で、主人公は小綺麗なオフィスに通勤するパターンが多い、
だから視聴者も東京をイメージして視聴する

はいまずココ

主人公の属性を描かなきゃ!
高層タワーに住むええとこのボンボンなのか郊外に住む中流家庭なのか、それともボロアパートに一人暮らしなのか、で、町並みを映す、ビル街、交差点、ランドマーク(東京タワー、橋、商店街)、まあとにかく主人公がどんなやつなのかわからなきゃ感情移入できない。

地域が出ることによってどんなやつなのかイメージが膨らむ。

例)フルハウス⇒サンフランシスコに住む愉快な三人組の中年男性を中心としたコメディ、ゴールデンゲートブリッジを走る場面から始まる、作中でもしばしばサンフランシスコのカットが入る


例)踊る大捜査線⇒湾岸署に配属された青島刑事を中心としたドラマ、当然フジテレビ周辺が舞台


特定の地域と関連付けることで作品に人間味が増す、東京のどこにでもある何処かということはどこでもないということと同義である

2)室内シーン多すぎ、主人公の私生活なさすぎ
医者、弁護士、刑事、室内シーン多すぎだ、そんなに室内シーンが取りたきゃ舞台でもやってりゃいいんだ、
室内撮影は予定通り撮影出来てお手軽だがダイナミックさに欠ける

私生活だが、日本のドラマでは主人公が休日を取るシーンはほぼ無い、まず無い、職場と家のシーンしかなければ、つまり仕事と休息しかしない退屈な主人公には個人的な魅力を感じられるわけがない。
ヒロイン、片思いの相手も職場の人間であることが多いどんだけ仕事人間だよwww?


3)1人称の独奏をやめろ
いつも主人公目線である、ドラマの醍醐味は主人公が、あるいは周りで起きるトラブルを解決していく過程だ、しかし、日本ドラマでは主人公の感情しか表現されないので周りの登場人物の心の中身がまるで見えずその分面白みも台なしである

恋愛ドラマであれば、まず主人公Aと女性B(本命)、C(当て馬)が三角関係のお決まりのパターンがあるとする、この時、日本ドラマであれば描かれるのは主人公の気持ちだけである

AがBに迫られる

Cが来る

CがAとBに割り込む

Aがオロオロ

これじゃあクソ脚本である。
面白くするならこうである

AがBとイチャイチャ

Cが嫉妬して悲しむ

CがAと談笑

Bが走り去る

Aが追う

Cはもどかしい

これである、ドロドロこそドラマなのに日本のドラマは中学生並みの感情表現しかできていない、心の動きを表せていないのだ3方向からの感情をまじえることで深みが増すのだ

日本のドラマはピアノ独奏、海外ドラマは協奏曲であるといえる

4)お決まりのパターン多すぎ
こういうのは好きな人もイルだろうから強くは言えないが、フジテレビのドラマはほぼ必ず喫茶店かバーが出る、まあ好きな人もいるかな

5)演技がそもそも下手
日本ドラマは繊細な感情表現と言われているが、俺に言わせれば下手なだけだ
驚いて目を見開く、怒こって睨む、この程度だ、一体だれが演技指導をして…いや?そもそも演技指導がいないのか?

目線の使い方が下手だ、逸らす、落とす、上げる、瞑る、まだまだ表現できると思うのだが…

6)感情が出ない
喜ばない、驚かない、怒らない、ならそれはそもそもドラマでは無い
日本ドラマは一本調子である、喜ぶ場面はほぼ無いし、せいぜい挫折シーンで泣く程度である

7)ジョークを言わない
これは本当に深刻だ、クソつまんない、気の利いたジョークはドラマの華である

まとめ

まだまだ書きたいのだが手が疲れてしまった、今後も私は日本ドラマの行末を見つめていくつもりだが、
しばらくはつまらないドラマの量産は止まらないと思う、だがクリエイティブなドラマ作りての方、悪評にへこたれず頑張れとメッセージを送りつつ私は寝ることにする
関連記事

もう殺人事件のニュース、ドラマにはうんざりだ!!!!!!!!!!!!!!!!!

全く毎日毎日空きもせずによくやるよ

 そんなにサスペンスが大事かね?

 私はココ最近見たいテレビがなくて困っている、私が子供の時は大きくなったら絶対に風呂にテレビを付けるんだ!
と思っていたのに今や見たいテレビが全く無いのでそのひつようも無くなってしまった。なにしろ見たい番組がないのだ。

私がテレビを見なくなったのには他にも理由がある。

残酷な事件に触れるのにうんざりしてしまったのだ。
テレビや新聞はとっくの昔にスクープを追うことはやめ今や横並びである。
ザッピングすればわかるが同じニュースを同じ時間帯にやって次のニュースに移るタイミングまで一緒!
そして内容はしょうもない痴話喧嘩からの殺人や芸能人のしょうもない会見、ニュースの名を借りた宣伝、もううんざりだ、こんなの見てても世界情勢なんかわかるわけ無い、千葉県の殺人事件がその他の46都道府県には関係ないことくらいわからないのか?
朝から晩まで政治家を追うより殺人事件の被害者の隣人に会うほうが簡単だもんな?
クソばっかりだ(怒)

なにより問題なのは朝からそんなのを見させられるこちらの気分だ、朝から人殺しのニュースなんか見て元気に一日遅れるかいな!

そして夜もそうだ、〇〇殺人事件、〇〇ミステリー、〇〇探偵、お前らコピー機か!?飽きもせずに同じネタばっかやりやがってこのカス!

たまに海外のニュースをやるかと思えばお馬鹿外人の逮捕の瞬間やしょうもないホームビデオ、そして「ホモの農夫ジャスティン・ビーバー」どうしろと?あと映画の番宣か?

世界的な銀行の頭取や革新的な企業の創業者へのインタビューとか一切なし、見る価値ゼロ、でも昔からそうだったわけではない、げんに、国営放送であるNHKですら世界的な投機家(株や為替、石油などの値動きにかけて当てることで儲けようと企む人)であるビクターニーダーホッファーにインタビューを申し込んでいるのだそして取材時に成功している。

でももう今はその見る影もない、一体モスクワ支局とかNY支局の奴らは一体何やってんだ?
もうテレビは「メディア」ではなく「垂れ流されたクソ」として見るのが正解なのかもしれない。
関連記事