<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

都市の現状と風水

羅針盤、火薬、紙を発明した中国人が未だに占いである風水を信じているという事実は興味をそそり、また滑稽さを覚える。

 有名なのは香港での中国銀行とHSBC(香港上海銀行)の争いである。

 事の発端は新しく建設された中国銀行のビルが殺(HSBCに向けビルの鋭角を向けた)を発したことだ。
 風水が理解できない私達には不可解だが、HSBCの業績は直後急落した。

 その後、風水師のアドバイスを受け、HSBCビルの屋上に大砲型のオブジェを置くことでようやく風水戦争は解決に向かった。

中国人によると、「気」というのは曲がりながら来るのであって直線では駆け抜けていくものらしい。

 ちなみに、家の玄関と勝手口が一直線だとせっかく玄関から入ってきた気が裏口から出て行くのでお金がたまらないそうだ。
 玄関の扉も金属より木材のほうがこのましいそうだ、ちなみに公営住宅の扉はアルミやステンレス、鉄のことが多いので私は納得した。

 まちづくりでもそうだ、直線の道路だとビュンビュン車が通過してしまうが、緩やかなカーブだと周りに注意を払うので栄える。
 大きい通りにはいい気が流れるので量販店には向くが、気が留まらないので夜の店には向かない。

 今栄えている街の幾つかも坂が多い街として知られている。

 サンフランシスコは坂の街で路面電車が坂を登るのが有名だ、
渋谷も駅を出れば道玄坂、スペイン坂などいくつか盛がある。
 香港もビクトリア・ピークが繁華街の背後にある。

 

関連記事
スポンサーサイト

道が広くなる程、繁華街は衰退する (地方の衰退)

 現在の日本では未開の地はもうほとんど残されていない。
 
 北海道の北部および東部くらいか。

 後はこれまで作った道路の維持管理がメインになって来る。
 つまり、交通量の多い道路を片側2車線を4車線にしたり歩道をかくちょうするなどだ。

 そして道路の拡張こそが地域を衰退させる原因になる。
 現代の道路行政は極端に「自動車優先 」になっており、歩行者用の道路は
悲しいほど狭いし、街路樹などが道を塞いでいることも多い。

これはどういうことかというと、行政自体が車での移動を推奨しているということだ。

 岐阜市では路面電車も廃止されている。

 道路が便利になればなるほど人々は「遠くの」エリアに買い物に行くわけだが、結局は国道沿いの量販店やチェーン店に集まることになる。
 そこには通常の商業集積にありそうなサービス業や飲食店の居場所は存在しない。
 例えばネイルサロンだ、小洒落た街がなくなりヤマダ電機やユニクロ、イオン、ホームセンターしかなければ誰がネイルなんかするのか?
 そしてアクセサリー類の店、これはロードサイド店は難しい、なぜならふらっと入る店だからだ。
 そして飲み屋(女性がつくかつかないかは別にして)、車移動が殆どになれば酒類の売上は望めない。おそらくこのトレンドが続くようなら地方ではみんなファミレスで酒を飲むようになるだろう。そしてキャバクラ、スナック等の店は過去の遺物になる。
 本屋も今現在のジュンク堂書店や丸善などの大型総合店は衰退し、TSUTAYA、GEOのようなレンタル店の中に売れ筋の本だけが置かれるようにだけになるだろう。

最後には街には銀行と病院と美容室と郵便局だけが残るだろう。

関連記事