FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ドッジボールに飛び込む安倍政権

海上自衛隊の護衛艦たかなみを中東に派遣することを計画通り実行することを安倍政権が決めた

現在イランとアメリカが対立を深めているが、これで日本はイランに対してメッセージを送ることができたわけだ


そのメッセージというのはなにかといえば日本政府は普段イランと交流を図ろうとしてるけどアメリカに指図されたらいつでもアメリカ側に立つよというものだ


この安倍政権の海上自衛隊たかなみの中東派遣によりイランは確実に日本政府に対して不信感を抱いたに他ならない


なぜならこの海上での活動はもともとアメリカに誘われた示威行動であり、その対象はイランだからだ


日本政府はイランに配慮してアメリカと別枠のつもりでやってるつもりかもしれないがイランから見れば不信感しか湧かない悪手だ

日本政府の与党である自民党は結成段階から対米従属のための傀儡政権なので、フランスとかドイツのようにウチはそういうの反対なんで、というふうに参加を拒絶することができないポジションにある


だから諸外国の日本が独立国だと見ていた国々からすると、日本政府がアメリカに従属しまくる行為はまるで、言いなりの子分で言いなりのように見える


そのため安倍政権が海外に自衛隊を派遣すればするほど日本がアメリカの従属国であることがばれて日本の威信が下がることになってしまう


すると日本はアメリカの手下だということがバレてアメリカに敵対する国々や勢力からいずれ敵認定されてしまう恐れがあるというか高い


そのため日本の脅威が高まる可能性が高いわけだ


アメリカの敵対国や敵対する勢力は当然だが普段日本のことなど気にも書けていない、これは日本人がアルゼンチンやウルグアイのことなど気にもかけないのと似ている


安倍政権はわざわざアメリカの後ろをついていくことで世界のアメリカに敵対する国や組織や勢力に日本という油断してセキュリティが甘く国民も油断しまくった国があることを宣伝しているようなものだ

これはまるで誘われてもいないのにドッジボールに参加をするようなものに等しい

しかもこの場合ドッジボールとは復讐の応酬であってとてもじゃないが楽しいものじゃない

日本人がこのまま日本政府のアメリカに対する盲従を続けていればいつかドッジボールを顔面に受ける日が来ることは避けられないかもしれない

スポンサーサイト



日本人「ドローンは枯れた技術」 俺「なら日本人もDJIみたいなドローンつくろうや」

今、日本はドローンにおける競争で完全に中国に遅れを取っている


日本のドローンのメーカーてなにがある?と聞かれた時に誰も答えることができないような状態にまで、日本が落ちぶれてしまっている


ドローンはカメラを搭載したボディに取り付けられた複数のプロペラをコンピューター制御で安定させ、それをコントローラーで3次元の操作をさせるという未来のおもちなのだが、悔しいが日本のメーカーではDJIに並ぶドローンを作れるメーカーは無い


昭和最後の数年間から以降の日本では新しい技術がやってくるとすぐに危険性について問題に取り上げて先回りして禁止してしまうため技術が伸びるということがない


伸び始めた新芽を切り落としてしまうのだ

法律で遊ぶことを禁止してしまうため新しい技術が商用になる以前に日本では成長を禁止されてしまうのだ


皮肉だが経済成長と秩序維持ばかり気にしてきた結果、遊ぶことを禁じられ遊ぶことをしない結果、次の産業への参加者が生まれない環境になってしまったのだ


これは皮肉だが新しい技術は商売として研究するよりも趣味として誰かが始めたことが商売になるということが多い

これは、商売としての採算以前の段階で物好きが始めるから技術開発が商売抜きで進められるということが理由だ


例えばSONYは創業期の資金不足を創業者の盛田昭夫の実家からお金を調達することで乗り切ったし、TESLAもイーロン・マスクが別の事業で稼いだお金が原資になっている


つまり、夢ありきなのだ

そしてリスクを負うことも大事だ、初めて動力付きの飛行機で空を飛んだライト兄弟は、空を飛ぶという夢を追ううちにグライダーの存在を知る


当時のグライダーというのは滑空するための翼を持つ機体のことで、今の空気力学的に優れたものとはまるで違う、鳥の翼の構造を真似たグライダーで、当時のグライダーでどうやって空を飛ぶかというとグライダーを担いで持って高いところから飛び降りるというある意味空を飛びたい人専用の飛び降り自殺みたいなものだった(ハンググライダーをもっとしょぼいグライダーでやるようなもの)、鳥人間コンテストの下が地面バージョンといえばわかりやすいかもしれない




ライト兄弟はオットー・リリエンタールというドイツのグライダー飛行家のニュースから空を飛ぶことへの夢を膨らませ飛行家の開発を続けていた、オットー・リリエンタールは鳥の翼を正確に模写して構造を模倣することで空を飛ぶことを夢見たわけだが、リリエンタールは最後にはグライダーでの飛行中に失速したグライダーで墜落死して死んでしまった


リリエンタールは15mの高さから失速したグライダーごと墜落してしまい大けがを負い死んでしまったのだ

原因は推進力を翼を動かして得ようとしたためバランスを崩してしまったことだ


そしてリリエンタールは死に際して最後にこういった「犠牲は払われなければならない(Opfer müssen gebracht werden)」

つまり犠牲ありきで技術開発が進むというわけだ


リリエンタールと比較し日本を見てみると、ロケット花火すら禁止されてしまう日本で宇宙開発競争なんてできるわけもないしドローンの開発もできるはずがないのかもしれない


日本では技術に対してそれが遊びなのか仕事なのかで判断してしまい、遊びの技術にはまるで居場所がない


その結果日本の首都圏エリアは全域がドローンの飛行禁止エリアとなっている

つまり、日本でドローンの活躍するべきエリアはもう飛行禁止エリアなのだ

日本では新しい技術のリスクを受け入れることができないため、これはリリエンタールと真逆だ

もちろん全員がリリエンタールになり墜落死のリスクを追う必要がないわけだが、禁止にしまくった結果今や日本には最先端テクノロジーがなくなりつつある感じだ



今後ガソリンエンジンの自動車産業が死んだら自動的に日本は世界での工業における地位を失う立場にある


日本の産業の多くは鉄鋼も産業ロボットも工作機械も自動車産業を主要顧客としているため、いうなれば自動車産業が日本の産業のでっかい主電源になってしまっているわけだ



これまで日本は「休み無く働けば儲かる」という発展途上国理論で成長してきたわけだが「そうだ、人件費を払わなければいい」&「仕事以外のことは考えさせないその時間も与えない」としてきた結果、遊ぶ金も遊ぶこともできなくなった


今や多くの日本人にとって遊ぶとは他人の準備した施設と設備とアトラクションを楽しむというものになってしまったと私は思う


つまりディズニーランドにいって準備された乗り物食べ物お土産催し物を受け入れるような一連の過程だ


受動的な遊びに必要なのは汚れてもいい服ではなく現金だ、現代では準備や手間や面倒くささや危険を省いて、お金さえ払えば楽しさを買える

受動的な遊びにはリリエンタールのように生臭い鳥の翼をバラバラにして構造を模写したり、高いところから飛び降りる必要もない


必要なのは現金だ


で、必要なのは現金ということからわかるように、受動的な遊びは消費だ、だから特になにかを生むということがない

せいぜいInstagramでいいねをもらえる写真を取るくらいだ


だから受動的な遊びに馴れすぎた人は、遊びをお金を払ってサービスや商品を受けることと錯覚してしまう

よく「ハロウィンで騒ぐならボランティアでもすればいい」みたいなのがそれだ、自発的な遊びができない人は騒ぐ人を許すことができない


今、日本人は他人の発明や製品の評論家になってしまっている

他人の楽しんで作ったものを消費してああだこうだ言うわけだ


ドローンは枯れた技術と言う割に日本にはまともなドローンメーカーはなく、中国製のドローンのレビューをするユーチューバーばっかりいる


犠牲を払うことを忘れた日本人にはイノベーションは起こせない


中国人がコンテンツを無料にしていく未来 ITサービスの未来 英単語の和訳の大事
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-624.html

<村上水軍>船ではなく潮に乗れ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-616.html

大薗桃子と白石麻衣の対談 乃木坂46
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-612.html

面接で給料聞いたら不採用の日本 DUDAで転職するなwwww
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-611.html

日本人が子から親を2度奪う
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-610.html

もうやだよ、あと何匹殺生すれば枝豆食えるんだろ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-589.html

もはや気の毒なレベルの〇〇〇安倍ちゃんアメリカ軍の為に島を買う

九州の南種子島と屋久島の間に浮かぶ小島、馬毛島

そこをアメリカ軍の空母艦載機の訓練の為に日本政府が所有者から160億円で買収することが決定したそうだ

外国の軍隊の為にホイホイ160億円も支出するバカのせいで無駄金が国民の血税から支出される


馬毛島に空港を整備してアメリカ軍の空母艦載機の部隊である空母航空団がタッチアンドゴー訓練をするということらしいが、このタッチアンドゴー訓練、英語だからなんのことかはわかりにくいが、訓練内容としては空母の狭いスペースに着艦するときの訓練のことだ(アメリカ人は馬鹿だからしばしばこういう単語を作り出す)


空母の狭い甲板に着陸するとき、航空機は失速と飛行のギリギリの速度で飛行して、空母の上で着艦するかもう一度やり直すかを決めなくてはならない、空母に着艦するなら着艦フックを下げて甲板上のケーブルを引っ掛けて着艦、だめなら再度スロットルを吹かして上昇する


それを訓練するのがタッチアンドゴー訓練というわけだ


つまり縦列駐車の練習みたいなものだと言えばわかりやすいだろうか?


アメリカ軍の航空機が年に数回、着艦訓練をするためだけに、国税から160億円も気軽にホイホイ支出してしまうというのが今の安倍政権の対米従属姿勢が垣間見えて私はやだなぁと思うが、全くアメリカ軍の傲慢さときたら限度というものがない


日本国内にはすでにいくつもアメリカ軍のための航空基地があるんだからそこでやれよと思うのだが、まだ足りないらしい



で、私はおそらく鹿児島県の馬毛島のアメリカ軍の航空基地はアメリカ軍の垂直離着陸機オスプレイ(それと各種ヘリコプター)の墜落対策のための基地になるのではないかとも考えている


なぜかと言うと、過去一年間の間だけでも少なくとも10回ほどアメリカ軍のオスプレイは九州各県の空港や自衛隊基地に不時着を繰り返すという不名誉な結果を残してきた


そのたびに、アメリカ軍は予約無しで空港にやってくるせいで空港のダイアを乱してきたわけなのだが、もしかするとオスプレイはその高性能なカタログスペックと実態が乖離していて、ただ飛ぶことすら危険な機体なのかもしれないと私は最近ミリオタとして思い始めている

だから、アメリカ軍は「日本のマスコミに自分たちの無能を悟られずに不時着できる航路のそばの基地」がほしかったのではないか?と私は考えている


日本の管理下の空港に不時着すればトラブル発生により緊急着陸したことがばれてしまうわけだが、馬毛島にこれから作る基地ならいくらオスプレイやヘリが不時着してもアメリカ軍が無能なのとオスプレイが欠陥機であることを隠し通すことができる


事実、日本の空港に不時着したオスプレイの多くはトラブルのためと言い不時着をするのだが、飛行再開まで2日かかることは珍しくもないのだ


戦闘用のヘリコプターはその部品の予備が常に点検され数時間で飛行再開できるように準備されているにもかかわらず、トラブル不時着を繰り返して飛行再開に時間をかけてしまうオスプレイをみて私は「あれ?もしかしてオスプレイ無能じゃね?」とすら考えている


ネトウヨなどは「余裕を持って不時着」というが黒煙を吹き出すオスプレイの時点で欠陥機だろw


ちなみにアメリカ軍は無能を隠すためかわからんが、オスプレイが以前に墜落した事件のときの当時のオスプレイの機長を日本の海上保安庁が事情聴取で呼び出した際にも再三の呼び出しにアメリカ軍側は応じていない


なぜか?

呼び出しを受けてくわしく説明をしたらオスプレイが欠陥機であることがバレてしまうからだw
だから、アメリカ軍はオスプレイ墜落事故のときの機長の事情聴取を海上保安庁にさせない


オスプレイは操縦時に通常の操作で墜落するとバレたらオスプレイでぼったくれないからだ


過去、オスプレイは沖縄からの航路のそばの離島である種子島や鹿屋や奄美大島に不時着をしてきた、だから、もしかすると馬毛島も墜落事故防止の不時着用に使うかもしれない


ドイツ国防軍冬季戦必携教本が欲しい



アマゾンで新刊本を調べていたらドイツ国防軍冬季戦必携教本という本を見つけた

この3号線車(だよね?)」のモノクロ写真の表紙がなんともミリオタのHEARTをわしづかみにしてくるなんとも言えない素敵な装丁の表紙がインテリアにピッタリなドイツ国防軍冬季戦必携教本、欲しい…


この本はどうやらドイツ語の本を和訳したものらしいのだが、正直日本でこういう本は貴重だ


なぜなら日本人は英語もドイツ語も読めないからこういう類の軍事本を和訳してくださる(敬語)著者の方々の存在のかたはとてもありがたいのだ

1942年9月1日に発行された本の和訳らしいのだが、ミリオタならわかってくれると思うが、第二次世界大戦の東部戦線って独特のロマンがある(わかるよな?m9(^o^))


ミリオタのわたしとしては買い支えないといけないと考えている


そしてこのページを読んだ皆さんにはできればぜひアマゾン以外で買ってほしい


なぜならアマゾンて在庫をあまり持たない


だから在庫として本を出版社から必要最低限しか仕入れてくれない


それじゃだめなのだ


本屋で本が売れてまた在庫が補充されるサイクルが動かないと駄目なのだ


じゃないとそもそもミリタリーコーナーが縮小されてしまいドイツ帝国の成立のときの領土と第二次世界大戦敗戦後のドイツの領土みたいになってしまう


ドイツ国防軍冬季戦必携教本を買い支えるのにぜひ協力してほしい

真のミリオタならドイツ国防軍陸軍総司令部 (著),というだけでワクワクしてくるはずだ

スノーピークのマグカップは取っ手に注意

キャンプグッズのマグカップとして有名なスノーピークのチタン製マグカップ

220ml、300ml、450mlが主に選ばれていて、300だと小さいとか450ならお湯を沸かせるとか、ユーザーそれぞれの意見がネット上に渦巻いている


で、私は300mlのスノーピークのシングルマグカップを愛用しているのだが、実際に300mlのシングルマグカップを使っていると、220mlのマグカップにしとけばよかったかなぁとおもっている





と、いうのは容量が300mlもいらないとおもったからだ


今、路上の自販機で販売されているジョージアやサントリーのボスの缶コーヒーの容量は190mlであり、ちょうど飲みきれるサイズで一息で飲み干せるサイズであるといえる


で、私がコーヒーをスノーピークのマグカップで作るとマグカップの8分目くらいでコーヒーは250mlを作っていることになる

しかし私が使っているネスカフェゴールドブレンドの個包装のやつの説明書きをみると、ネスカフェは1杯あたり140mlを想定していることがわかった


ネスカフェ個包装スノーピーク2019年10月24日


つまり300mlのスノーピークのシングルマグカップを使う時、私が使っている個包装のネスカフェは二袋使わないといけないということらしく、300mlは実はネスレの中の人たちからしたら想定外のサイズだったのだ



だから次は220mlのシングルマグカップを買いたいと考えている




で、スノーピークのマグカップを買いたいと考えている人に私から忠告がある


と、いうのがマグカップの取っ手は二本あるが必ずどちらかが緩むということだ


スノーピークのマグカップは取っ手が針金で折りたたみできるわけだが、初めて手にとったときに取っ手部分がスカスカ開閉するため、違和感を感じると思う


しかし、私がラジオペンチでスノーピークから届いたばかりのマグカップの取っ手をあーでもないこーでもないと調整した結果、取っ手の開閉を二本とも固くするということはついにできなかった


つまり右側を固くすると左がスカスカになり左を固くすると右側がスカスカになってしまうのだ


だからアマゾンやスポーツ用品店などでスノーピークのマグカップを買った時取っ手がスカスカだと感じてもそれが普通の状態だということを思い出してほしい


スノーピークのチタンシングルマグカップは片方を固くすると必ずもう片方はスカスカになる


ちなみに両方ともスカスカにはならないっぽいから安心してほしい