<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

上念司の間違っているポイント アメリカと日本を混同

以前上念司はこういうことを言った「いまの戦争は"ポチッとな"で終わる」

つまり弾道ミサイルとか巡航ミサイルとかが発達した現代ではミサイルの撃ち合いで終わると言いたかったのだろうか?

私もそう思う「いまの戦争は"ポチッとな"で終わる、日本は負ける」

上念司が間違っているのは現実の認識ミスだ

と、言うのは上念司みたいなヘンテコ右翼はアメリカ軍の持っているミサイルが日本のピンチに発射されるというお花畑理論を信じているということがよくある

上念司の現実無視  


上念司はなぜか、ヘンテコ右翼の妄想により、自衛隊は弾道ミサイルもトマホークみたいな巡航ミサイルも大陸間弾道弾も持っていないということをあえて無視するのだ

ロシア中国が日本にミサイルを撃つ時日本は反撃用のミサイルを持っていないという事実を忘れてはいけない

まず日本にとっての身近な脅威は中国と北朝鮮だけど、、北朝鮮は通常戦力がないから威嚇にしか弾道ミサイルを使えないし、日本まで攻める能力もない、中国が撃つときは多分アメリカと密約ができてると思う

そう考えたら中国が撃つときは密約ができたときだ

つまり、日本に弾道ミサイルが来た時反撃するためのものを持っていないから「戦争は"ポチッとな"で終わる、日本は負ける」ということになってしまうわけだ

なぜならアメリカの武器と軍隊は常にアメリカの国益に沿って運用されるので日本の国益のためには決して動いてくれない(大震災のときのトモダチ作戦は結果的に有料だった)

上念司の妄想と違い、初弾で航空基地や戦略的な拠点(関門橋、瀬戸大橋など)が破壊されるので日本は即座に反撃能力を失い負ける

アメリカは日本がいらんことしないように駐留しているのであって日本を守るためにいるわけではない

上念司のハッピーWW2  


ネトウヨ&上念の改ざんされた歴史と違い、アメリカは中国を支援して日本軍と戦ったのであって、日本軍とアメリカ軍で中国と戦ったわけではない
アメリカ軍がWW2で思想を無視してソビエトや中国共産党に資金や武器支援をしたことをまさかそれも無視する気か?

日本を抑止するためにアメリカ軍がいるのであり、中国と対峙するわけにいるわけではない

そこを忘れてはいけない

だから日本国民へアメリカ軍はヘリが墜落したり不時着してもまともに謝罪しないでいいわけだ

だから同盟国とか言っててもいつまでも常任理事国に入れてくれないしなwww

<上念の差別的沖縄取扱いと射程距離無視>
「日本のためには仕方がない」これが上念司をはじめとするネトウヨや自称現実主義者の理屈で、彼らによれば「日本の安全のためには沖縄県民が不利益を被るのは仕方がない」らしい
沖縄県民に対する差別的な発言を差別感情隠さずに堂々と言い張れるのが自称愛国者、自称右翼の怖いところだ
日本のためって、沖縄県民は日本国民ちゃうんかいww


ではまず、通常兵器の話をすると、通常兵器は地形やそれぞれの射程距離を組み合わせることで防衛態勢をつくるわけだが、まず自衛隊のFH70を考えてみてほしい   


FH70射程距離東京5km10km20km
東京駅から20km圏


現代戦ではミサイルや大砲の射程距離がとても長い(自衛隊のFH70(大砲)は通常弾でも20km以上の射程がある)し、偵察装置も発達している

そのため、相手がちょっとだけ見えただけでミサイルや砲弾を発射するということで相手のいる建物や車両を確実に攻撃できて、射程距離が長い武器同士の撃ち合いに、射程距離が短い武器は参加できない

言うなれば機関銃の撃ち合いのときに日本刀しか持っていないとできることがなにもないみたいなものだ

つまり通常兵器の場合射程距離が遠い順に攻撃が可能で、これによりヘリコプターとミサイルを持っているアメリカ軍やロシア軍がISISを一方的に攻撃するみたいなことが起きる

そして巡航ミサイル、核搭載の弾道ミサイルで考えてほしいのだが、そもそも中国は東北部や沿岸部からの弾道ミサイルを発射することで、日本全土を射程に収めているのに、果たして今更沖縄に海兵隊が数千人いてなんの抑止力の意味があるというのか?と思うのだ

繰り返すが、すでに日本全国が射程内にあるのに沖縄に抑止力って意味あんの?と私は思ってしまう

以前アメリカに対して太平洋の分割を中国は申し出たがつまり中国はアメリカと交渉により日本へのコントロールを得ようとしていた過去があるというわけだ   



日本の主権の頭越しにアメリカに太平洋の分割を申し出る、アメリカは抑止力になっていない気がする

上念の理屈が正しいなら沖縄県は日本国を離脱してアメリカの同盟国になったほうが、現状より良いと思う

と、いうのはアメリカ政府は基地を置くと発展途上国のような弱小な国にも土地の借地の家賃を払うが、現状だと日本政府は地方にカネを配る時もったいぶるし、自民党の言いなりになることを強要するし、使いみちを指定してくるからお金を好きに使えないからだ

つまり孫会社をやめて、アメリカの直接の子分になるかんじだwww
ヤクザとか侍的に言うなら直参になる

インテリ風に言うならより密接なリレーションシップを結ぶ

そんな感じだ

なんでかわからないが、ネトウヨは日本を守るためには沖縄の米軍基地が必要と言い張り日本人自体での国防を無視するwそこが不思議なところだ

スポンサーサイト

今更ライズオブネイションをやっています

今日は雨で曇りで憂鬱ぎみなので出かけずにライズオブネイションを久々に遊んでみた  



ライズオブネイションは人類の戦いの歴史をテーマにした名作RTSと言っても日本ではRTSというジャンル自体がすでに絶滅危惧種か

ライズオブネイションがすごいのは扱う領域が広い範囲に渡るところで、投石で戦う投石歩兵から、核弾頭を搭載した核ミサイルまで、ユニットは豊富だ

他のRTSと一線を画するライズオブネイションは「国境」という概念を持っていて、敵国のユニットが入るとダメージを受けていく面白い特徴を持っている

また、特別な資源がありここに商人のユニットを置くとゲームボーナスが得られるというのも面白い

さてここからは実際にプレイした人向けに書いていく

==================================ー

きょうひさびさにプレイして思ったが、ロシアは面白い国だった

ロシアはコサックやT80戦車などの国独自ユニット、があるのだが、スパイが安い国でもある

そこで国独自のユニットを活かそうと、スパイと騎兵をたくさん作り、これでコンピューターの難易度一番高いやつに立ち向かうことにした

すると面白いことに、ロシアのユニットの軽騎兵コサックはスパイとめちゃめちゃ相性がいいことがわかった

軽騎兵は食糧と木材で生産できる、スパイは金属と金、つまり資源かぶらない

で、軽騎兵は軽歩兵に強く、重歩兵、重騎兵に弱いのだが、それはスパイで買収すればいい

コンピューターは通常、騎兵少数、軽歩兵多め、重歩兵弓兵少しなので、ロシアのやすいスパイで、騎兵と重歩兵を買収しさえすればあとは自軍のコサック騎兵&裏切らせた元敵の重騎兵&重歩兵で、敵の軽歩兵&弓兵を蹂躙することができるわけだ

これは単純な衝突よりも攻撃ボーナスがついて絶大な威力がある

ゲーム中盤の大軍襲来にも、ロシアスパイ一〇人もいれば余裕で迎え撃つことができる

ロシアは弱いと言われているが、スパイを用いることでかなり有利に戦える

ロシアはつよい

自民党の志向する日本の戦争への道はかなり難しい

自民党は安倍総理が加計問題でゆれているが、憲法改正には前向きなようだ。
しかし憲法を変える変えない以前に、日本にはもはやまともに海外に国連の下で海外にいく余力はない
だから変えても変えなくても同じだと私は思う

まず、日本人が行く事自体が間違っているのだ

<高いよ人件費>

それは人件費の問題だ

このブログの読者の皆さんは「グルカ兵」てご存知だろうか?

グルカ兵はネパールの山間部に住む少数民族で、元々は「ゴルカ」と言われてそれがなまりグルカと言われている。

帝国主義時代にイギリスに雇われ、グルカ人は傭兵として東南アジアのイギリス植民地やインドでイギリスのために戦いその後も太平洋戦争やフォークランド紛争、そして2つの世界大戦でもイギリスのために戦った

現代ではネパールは国連の求めに応じてネパール軍を世界の幾つかの地域で勤務させていてグルカ人もこれに参加している

いわゆる国際平和協力業務というやつだ

これは、実は部隊を派遣すると国連から派遣元の国にお礼と言うかお金が支払われる

映画ブラックホークダウンの中で、最後にパキスタン軍の装甲車が迎えに来たのを不思議に思ったはずだが、あれも国際平和協力業務というやつだ

貧しい国々では、国連の提供するお金のために、他の紛争地域へ軍を派遣して小遣い稼ぎしている国があるのだ

また、国連の平和協力業務に参加することで先進国(米国ロシア)などの軍隊からトレーニングを受けられるというのも派遣の理由らしい

まるで、国連の傭兵だ

さて、ここで考えてみてほしいのが仮に日本が国連の業務に自衛官を送った場合だ

この時、貧しいネパールやパキスタンなどの国々とどう比較すればいいか考えてみよう。

国連PKOのウェブサイトには国連PKOに軍事要員及び警察要員を派遣している各国のランキングが掲載され、その統計は毎月末日付で更新されています。

https://peacekeeping.un.org/sites/default/files/msr_28_feb_2018.pdf

たくさん派遣している国はエチオピア、バングラデシュ、ルワンダ、インド、パキスタン、そしてネパール、エジプト、インドネシア、タンザニア、ガーナ、中国などそもそもすぐ国のとなりが内戦地域であるから行っている国も多いのですが、やはり貧しい国々の小銭稼ぎの手段にもなっています。

ここで考えてほしいのですが、英語通じない日本人100人と同じ金額でたくさん呼べ英語も通じるパキスタン人やインド人300人の方が国連からすればありがたいと思いませんか?

やはり人数が多いほど業務はいろいろできますし、日常での業務も同じ言葉が通じるほうが楽です。

英語力の不足している日本人は海外で役に立ちますと言えますか?

日本の語学教育は文法にこだわりすぎて「こう言われたらこう返す」というこども英会話の教育法より劣っています

ですからもともと植民地支配を受けた国などと比べると英語もフランス語も話せません

海外でいい格好をしたいという自民党のお馬鹿な考えは言語の壁と金額あたりの雇える兵士数の問題で理屈が破綻します。


<現代日本の個人としての免疫力の弱さ>
また、日本人は除菌効果のある洗剤や除菌シート、除菌スプレーの過剰な使用のせいで免疫力が低く紛争地域での生活に適していません、つまり練度以前に免疫力が弱いのです

また、熱帯地域で育った人たちと比べ日本人には暑さへの抵抗力が低いのも問題で、世界の紛争地域の多くは実は赤道付近に集中しています
例えばアフリカでも南と北にある国々は多少独裁でもまともな国造りをしています(エジプト、チュニジア、モロッコ、リビア、エチオピアなど)ですがやはり赤道付近はなかなか治安悪いです


その点でも実はパキスタン人やネパール人に日本人は劣っているといえます。やはり一度行くと滅多なことでは帰れませんから、体の丈夫さは大事です。

砂の上にご飯が落ちたら捨てる日本人と砂ホコリまみれのハエがたかるご飯を食べている人の免疫力は全然ちがいます

<全部持ち出し>
日本は極東言うくらいだからこそ世界の端っこに存在する島国です

さて、仮に憲法改正して安倍総理の望むように海外へ数百人単位で日本の警官や自衛隊を送る場合、一緒に資材や装備を持っていかないといけません。アフリカとか中東に送るなら送料だけで恐ろしいことになると思いませんか?

治安がいい国であっても通常の荷物を送ろうと日本からFedExでちょっとした荷物を送るだけですぐ2万円かかってしまうのが運送料の怖いところです。

また、おそらく食品なども日本からはいくらかおくるはずですから、これも恐ろしい高コストの原因になります。

それから日本は以前バカの小泉の下、イラクに自衛隊派遣をした実例があるのですが、覚えていますか?

今は国会議員になっている佐藤正久が行ったアレです。

実はあれ、恐ろしいほど高コストでコスパの悪い海外支援でした
何故かと言うと、派遣部隊は家族や国民みんなから見送られたあとたったの6ヶ月ほどで交代したからです

歴代のイラク復興業務支援隊
期 派遣期間 隊長 職種 派遣主力方面隊
1 2004年1月9日〜2004年8月1日 佐藤正久 化学科 北部方面隊・約100名
2 2004年8月2日〜2005年1月23日 田浦正人 機甲科 東北方面隊・約90名
3 2005年1月24日〜2005年7月18日 岩村公史 普通科 中部方面隊・約110名
4 2005年7月19日〜2006年1月22日 斎藤剛 航空科 西部方面隊・約100名
5 2006年1月23日〜2006年7月29日 小瀬幹雄 施設科 東部方面隊・約100名



おい!帰ってくるの早すぎだろwwwww

たった6ヶ月とかナメてんのかレベルの派遣だといえます。

はっきり言ってこんなの行くだけ無駄でした。

移動費だけで一人往復40万円以上かかりますし、イラクにいる間手当も払わないといけません

しかし、それなら外務省からサマワの市長に義援金送ったほうがどう考えても有効活用されたはずです

やはり一度行ったら1年は帰らないようなやり方でないと、良くないと思います

移動費だけでも高額ですし

そもそも日本では一般の会社員でも海外や他の地方に単身赴任なんてよくあることですから、
自衛隊が半年くらいで帰る前提というのがおかしいのです

また、したことも現地人にまかせて少数の日本人が現場監督をすればいい程度のことばかりでした

http://www.mod.go.jp/j/approach/kokusai_heiwa/iraq/iraqfukkou/gaiyou.html


思うに日本人が海外で何かするというのは高コストなだけで何かの役に立つとは思えない

まあやりたきゃやればいいけどさ

戦闘機パイロット&輸送機パイロットは常に「ハラキリ」の覚悟をもたないといけないな

戦闘機やヘリのパイロットは一度は憧れる仕事だ

一機数十億円(新しいのはもっと高いが)のジェット戦闘機は、音速で飛ぶと、1秒毎に数百メートルを飛ぶからよそ見なんてなかなかできない

音は温度によるが1秒で340m位とどく

だからマッハ2で飛べば1秒で700mも進むので高度5000mから急降下して数秒気絶したらもう墜落する

危険な仕事だ

通常時には戦闘機は音速で飛ばないけど、それでもすごい速度で飛ぶのだが、
問題は任務の飛行中撃ち落とされたり不時着した時だ

味方がいるのは数十キロ向こうと言うような場所に不時着やパラシュート降下した場合、
パイロットの生存率はかなり低いといえる

だから、戦闘機やヘリのパイロットは常に覚悟を持たないといけない

つまり、捕虜になる前に自決するという覚悟だ

コレは今後安倍政権のすすめる海外展開に伴い海外で活動するヘリコプターの搭乗員にも言える

パイロットは政治的な価値が高い捕虜の代表だ、カメラの前で自己紹介させるだけで、
パイロットの自国の戦意を喪失させる原因にすることができる

以前ISISに処刑されたヨルダン軍のパイロットを覚えているだろうか?

ISISは捕虜を交渉材料にして、自らに有利な様にヨルダンを誘導しようとした
ヨルダン軍パイロット2018年3月8日1

パイロットが捕虜としての価値が高いのはパイロットは士官であるという点だ

まだ飛行機が相対的に安価で空軍機が世界で何千機も飛び回っていたWW2の時には、ドイツと日本では
戦闘機パイロットは下士官(尉官以下)もいたが、戦闘機が1機数十億円になった現代では
さすがに下士官に数十億円を任せられないので世界の各国の空軍では戦闘機は士官が操縦するようになっている

だから、捕虜にした「〇〇伍長」とか「##兵長」とかより、パイロットなら士官なので、
軍隊基準だと価値があるわけだ、テレビで報道するときにもわかりやすいしな

処刑するときにも絵になる
ヨルダン軍パイロット2


だから政情不安の地域で不時着したら武装勢力や民兵や反政府軍はなんとかしてパイロットを捕えようとする

また、パイロットは地上部隊の兵士や下士官に比べて知っていることが多いので、
捕虜にして敵軍の情報を聞き出そうとしたくなるのは当然だ
目の前にいるパイロットをぶん殴ったり切りつけたりすれば味方が数十人単位で助かるなら何だってする

これは実例なのだが、2018年2月のロシア軍によるシリア空爆では、Su25(フロッグフット)が、撃墜されパイロットは脱出後銃撃戦になり、その後捕虜にならないように手榴弾で自決した

攻撃機の様に敵のほぼ上空まで行き、予想されやすいコースを飛ぶ飛行機は、高高度を飛べる輸送機や戦闘機と違い、
撃墜されやすい

また、私達がイメージするように「救難ヘリコプターが迎えに来てくれる」というのは、実際にはアメリカ軍くらいしかやってくれない(というかできない)贅沢なもので、堕ちたらすぐ迎えが来るというのは甘い考えだ

今、戦闘機が撃ち落とされた地域で敵がうようよいる中に今すぐ戦闘ヘリと輸送ヘリを送り出したいという司令官はいない
更に言えばただ迎えに行くだけではなく、地上で銃撃戦の最中の可能性も大きいのだ

だから、今後憲法の書き換えで海外にどんどん派遣される日本の自衛隊パイロットは自決する覚悟を決めないといけない

ロシアは冷戦の東側代表として一応強力な軍事力を持っていて、バランスの取れた兵力を持っているのだが、
そのロシアですら、出来ないのが戦闘地域での捜索救難だ

自衛隊ならなおさらで自分で味方の地域まで帰らないといけない

だから「生きて帰る」と同時に「ギリギリまで戦ってから自決する」という二律背反したことを考えないといけないのだ

方向性がまるで反対だから言うのは簡単でもやるのは難しい

ある意味悟りの境地だ

しかし、この「戦闘地域での撃墜されてからの脱出、そして味方の地域への脱出」というのは第二次世界大戦ではしばしばおきたことであり、戦闘機エースも二度、三度撃ち落とされたということも珍しくない

なお、アメリカ軍の研究によると、戦術機(近接航空支援機や戦闘爆撃機)は味方部隊の近くで活動することで
被撃墜率をさげることができるそうだ

安倍政権による海外派遣の増える今後、リスクは高まるばかりだ




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.htm
おすすめ記事まとめておきました その4
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1118.html

l

ロシアの泥沼すげーーーー

皆さんは底なし沼てご存知だろうか?

土の粒が細かく、液状化しやすい地盤で、足を突っ込むと簡単には抜けないような沼や池で、
酷いと胴体、頭も飲み込まれ死亡してしまうような沼だ


たすけてー


T-80ですらハマるうううううう



面白いことに地球にはそんな底なし沼が地平線まで続いているようなところが有るのだ

それがロシアとウクライナに連なる黒土地帯だ

黒土地帯は名前の通り黒色の土をしている、またなにより農作物を育てるのに向いた土壌で、
栄養豊富だ

砂漠の砂を思い出してほしい、あれはどちらかと言えばすごいベージュをしている
だけど、栄養豊富な土壌で、肥料分を多く含む黒土は、文字通り黒土だ

だからみなさんも畑を見て肥料分豊富か知りたければ色を見ればいい


第二次世界大戦の時、ドイツの機甲師団はこの泥濘地帯にはまりこんで
身動きできなくなった

フランスやベルギーの石畳や畑の中の道は走れても、
ロシアの泥濘の海は、キャタピラを付けた戦車でも走ることは大変だった

タイヤを履いた貨物車両を迎えに行った戦車が牽引しようとしてさらに泥にハマり、
その戦車を迎えに行く戦車もハマった

ドイツ軍の攻勢は泥濘によって擱座してしまった

泥濘はウクライナやロシアを守ったのだ

豆知識:実はドイツ軍だけでなくロシア軍も泥濘にハマった、ウクライナ戦線は文字通り泥仕合だったのだ