シドニアの騎士で発見したおもしろシーン シドニアの騎士面白いです ボクの好きなアニメ

砂むし温泉で宇宙を越えよう 
シドニアの騎士は宇宙SFアニメで、でっかい宇宙船シドニア号で新たな人類の住める惑星を求めて旅をすると言う物語だ

シドニア号のデカさは直径6km縦28kmもの大きさが有る

シドニア号が旅に出た理由は宇宙人の襲来によるものだ

常にシドニア号は追われ、そして待ち伏せされている、その為シドニア号は前進を続けており、
小型の宇宙船や人型ロボットでシドニア号から離れると戻ることはほぼ「不可能」である

シドニア号のあり方は船の中での最上位の「不死の船員会」というメンバーたちが決定している

「不死の船員会」は全員老人なので、薬とクローンで不死になるように体をコントロールしている

シドニア号の艦橋の上の専用室があり、そこにある機械の中に入っている

  では早速、シドニア号の司令組織である不死の船員会の部屋を覗いてみよう

  コンコンコン!
「失礼します」
平成29年5月22日シドニアの騎士5
不死の船員会「えっ?」
シドニアの騎士2017年5月22日2
不死の船員会「なに?」

シドニアの騎士2017年5月22日31
不死の船員会「なになに?」

シドニアの騎士2017年5月22日1
不死の船員会「なんだ?」


俺「あれ?指宿の砂むし温泉かな?」

シドニア温泉2017年5月22日

シドニア午後9時25分2017-05-22
シドニアの騎士2017年5月22日1
あー、完全に一致wwww

どうやらシドニア号は指宿市にあったようだwwwww

皆さん、鹿児島県指宿市に行ってシドニアの騎士の気分を味わおうww


スポンサーサイト

スターウォーズのスローン提督のカッコイイ一言

「歴史は動いているのだ、艦長。それに追いつけん者は、取り残されるか指をくわえて見守ることになる。だがわれわれの行く手を阻む者は、見守ることもできんだろう」
―ギラッド・ペレオン艦長に対し、スローン大提督



超カッコいい、俺も人生で言ってみたい

ミスローニュルオド[7](Mitth'raw'nuruodo)はチスの男性で、銀河帝国の宇宙軍に仕えた大提督。一般的にコア・ネームのスローン[7](Thrawn)で知られた。

帝国軍の大提督のうち、スローンは唯一の非人間種族だった。帝国には非人間種族に対する厳格な差別主義的方針が存在したにも関わらず、宇宙軍随一の軍事戦略家として才能を認められたスローンは、人間の将校を押しのけて権力の座へ上り詰めていったのである。
未知領域のチス社会に生まれたスローンは、長年にわたってチス拡張領域防衛艦隊に仕えた。しかしスローンの戦術は先制攻撃を禁じるチス・アセンダンシーの伝統と一致せず、結果的に彼は異端児扱いされることになった。27 ABY、スローンは銀河共和国領からやってきた艦隊を撃破した。スローンはこの時初めてシスの暗黒卿ダース・シディアスと接触した。スローンとシディアスはそれぞれ異なる社会に属していたが、どちらも銀河系の未知領域に潜む数々の脅威、特にユージャン・ヴォングの危険を正確に把握していた。シディアスと非公式に手を結んだスローンは、共和国の探査船アウトバウンド・フライトを破壊して多くのジェダイを葬った。翌年、アセンダンシーの方針を無視し続けたスローンはチス社会から追放され、チス・スペースの辺境にある無人の惑星に追いやられた。

宇宙行きて〜世界をまとめるリーダーまだー? 世界統一政府と宇宙旅行 APOLLO440

21世紀は輝かしい時代だと思っていた。
           

人は宇宙に行き、もう一度月に着陸しコロニーを作る段階だと思っていた

アポロ計画に使われた計算機は個人用のパソコンよりも遥かに低い能力しかなかった
  

MOONLIGHT MILEというマンガが好きでよくブックオフで立ち読みしていたっけか


月にコロニーを作ってそこで採掘した金属で宇宙船を作り、そこから遥か彼方の火星を目指す、
なんて夢のある話なんでしょう(貴族風に)
精錬については電気精錬でなんとかなると思うから宇宙でも行けると思う(注意:私は専門家ではありません)

宇宙行きたいよ宇宙


宇宙のいいところは果がないところだ。

今、人類の総力を結集して宇宙船を作り、果てを目指して飛び立ってもおそらく見ることはできないだろう。

スターウォーズ(SW)のマスターヨーダは宇宙の果てから果てを見てきたらしい

これがヨーダ、27500円、高杉wwwwマジ高杉晋作

宇宙が手の届く範囲になった時、人はもはや争う事をやめ、自由に宇宙を旅し始めるだろう





というのに、現実は中東ではイスラム国が自分たちの力にものを言わせて自分たちの意見を通そおうとしている。
彼らによると7世紀位の時代が一番素晴らしい時代で、その時代に世界を戻そうとしているらしい。


ヨーロッパでは本当のシリア人なのかわからない「シリア難民」がドイツやイギリスを目指して今日も歩きつづけ、民族大移動を続けている。
彼らときたら携帯電話を持っているが本当に難民なのだろうか?

アジアでも相変わらず中国北朝鮮が日本を圧迫してくる挑発行為を怠らないし、インドなんか相変わらずの土人国家だ

インドは親日家というバカもいるが、そんなの気のせいで、日本人がウクライナのことを気にして生活しないように、インド人も日本のことなど気にしちゃいない。
せいぜい金をむしられるだけだ

大体、インド人がインドから逃げ出すのにそんな国と親日もくそもあったもんじゃない


世界が混乱しているのは、リーダーがいないからだ。

これだけグローバル化する中で、誰も主導権を握る国がいないのだ。

グローバル化だとリーダーは存在しないと言うのは間違いで、2人以上の異なる人間が集まれば優劣がつくのは人間の常である。
そして、そのリーダーとはいつの間にか決まるのではなく、なろうとしてなるものである

そしてそのリーダーとは賢いからなるというよりも、図々しくてわがままだからなるという可能性が高い。
しかし、2030年までに大きく世界は再び2分化されるだろう、冷戦のように

最後に

悲しいことに、私の白昼夢のような妄想とは逆に、宇宙は平和な空間ではなくなる

人ははじめ隣の家の住人と争い、次に隣の村、次に隣の町、隣の国、そして海の向こうの国と戦った。
宇宙空間は最後の空間であり究極の制空権である。
もし相手の通信衛星や監視衛星を破壊できれば相手より有利に立てる。

そして宇宙空間で戦った後、人類は一つになるか、あるいは居なくなるだろう

価格.com 自動車保険