FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

hkt48のレギュラーの悲劇的な現状

博多を本拠地とするHKT48

そのHKT48に対して福岡の各メディアの扱いは冷たい

なぜかと言うとなんだかんだで関西でレギュラーがあるNMB48や名古屋のSKE48に対して、HKT48ときたらなぜかわからんが鹿児島県の鹿児島テレビのカゴニューという番組のゲストとしてのレギュラーしかなく、肝心の根拠地の博多に実質的なレギュラーが長いこと無かったからだ



で、HKT48青春体育部という番組がやっと九州朝日放送で10月から始まったのだが、それまでレギュラーはなぜかわからんが鹿児島の鹿児島テレビのカゴニューだけだったのだ



なんつうか、調べたときに私は悲しくなった


HKT48の福岡のレギュラーであるHKTバラエティー48という番組(9月で終了)があるのは知っていたが、HKTバラエティー48は実質的に月に1回だけの放送でレギュラーというには放送回数が少ないという矛盾を抱えていたからだ(だって月イチペースはレギュラー放送じゃないでしょ?)



だから私はHKT48に対して福岡のテレビは冷たいなぁと思っていた



で、どうしてこんなにもSKEやNMBに対してHKTはレギュラーが少ないのか?を考えた時に私にはHKTのおでかけという番組が原因なんじゃないか?というのを考えていたことを思い出した



そのHKT48のおでかけという番組がなぜHKT48に悪影響を与えたかと言うと、単純にHKT48のメンバーたちの番組であるにも関わらず、MCであるスタジオのフットボールアワーの後藤と指原莉乃が放送時間の過半数を使ってスタジオトークをしていたため、HKT48のメンバー自体のことを宣伝出来なかったからだと私には思えるからだ


HKT48のおでかけの番組の構成はこんな感じ

・指原莉乃とフットボールアワー後藤がスタジオで軽いトークをする

・メンバーが毎回変わるロケ先でいろいろなことに挑戦する

・スタジオの後藤と指原莉乃がまとめる



で、最初のうちはその日のロケに関することだったりを話して後藤と指原莉乃がメンバーをみまもるような番組構成だったのだが回が進むごとに後藤のプライベートなことや指原莉乃の飼っている猫の話などが増えていき後藤と指原莉乃のトークの番組にHKT48のロケコーナーがあるみたいな感じに変化していったのだ



その結果、HKT48のメンバーはとても難しい状況になってしまった


つまりフットボールアワーの後藤と指原莉乃がスタジオで放送時間の過半をとってしまうため、総集編みたいな編集になってしまったロケのVTRの中で目立たないといけなくなってしまったし、指原に媚びるような態度をとらないといけなくなってしまったのだ


しかも厄介なのはHKT48のメンバーが自分の個性で目立つことができなくなり、番組の趣旨が指原や後藤に気に入られることが目的になってしまったのだ
それから指原のファンは思い上がり「指原と後藤だけいれば番組は成立する」みたいなことを言い始め「指原のおかげで続いている」とまで言い始めた


こうしてHKT48のメンバーは自分たちの冠番組をなぜかスタジオトークに半分奪われ自分たちが目立つ場所を奪われ、HKT48自体が福岡でたいして好かれていない現状を招いている


やはりどこかのタイミングでHKTの生え抜きメンバーだけの番組を持つべきだった

スポンサーサイト



HKT48は出だしが良くなかったね

今から3枚の画像でHKT48が駄目な理由を表現したい

以下はHKT48の代表曲12秒のMVの画像

HKT4812秒世界中令和元年10月1日
HKT4812秒世界中で

はるっぴ「世界中で〜♪」


宮脇咲良令和元年10月1日HKT4812秒世界中で
はるっぴ「一番綺麗な〜♪」

HKT4812秒世界中で2019年10月1日指原莉乃
指原「宝石を〜♪」

HKT4812秒世界中で指原莉乃


指原「あげる〜♪」






おわかりいただけただろうか?


突然MVがホラー映像に変わるのだ


当時HKT48はみんな可愛かったのだが唐突にカエル顔のブスがMVに映り込む


12秒のMVにブスが写り込んだこと、このことがHKT48の伸び悩む大きな原因になったことに疑いの余地はない(ブス自重しろ)

なぜなら同様に地方グループとしてスタートしたNMB48もSKE48もそれぞれ生え抜きの中での運営の推しメンをMVにだしてくるわけだが、HKT48は出だしでブスがMVに映り込むという致命的なエラーが発生してしまった


このことは新しいファン開拓に大いに悪影響だったことは疑いの余地はない


HKT48はもっとうまくやれたはずのアイドルグループだ

それ踊れ!それ踊れ!

ブログのネタが思いつかないのでYoutube動画で茶を濁すの巻





やっと指原がAKBから去ったがもはやAKBはダメだね

やっと指原莉乃がAKBから去ったが、私はもはやAKBは新規ファンを獲得することは難しいとみていて今後AKBはモー娘。化してマイナーなグループにコアなファンが残ると考えている

というのはAKBはもはや「全クリしたゲーム」となっていて、今更新しいことはもうできないからだ

つまり歌手としてはさいたまスーパーアリーナ、武道館、東京ドームでライブをしたし、紅白もレコ大も出た


そして何よりアイドルの成長を見守るというAKBの楽しむスタイルが魅力を失ったというのが大きいと思う



AKBがまだポニーテールとシュシュや大声ダイヤモンドを歌っていた頃、まだAKBのファンには幻想が存在していた


それはファン目線では「自分たちの応援で、さえないメンバーも前列の方に行ける」あるいはメンバー目線では「握手を頑張れば前の方に行ける」という幻想だ


昔からのファンの人たちは覚えているだろうか?


松井玲奈とか柏木由紀とかが握手会で人気が出たあの頃を?



あの頃はまだファンにもメンバーにも夢があった、もちろん幻想だけどさw

前に出れるという希望があったし、それをリアルタイムで見守る楽しみもあった


ファンなら神7と言われたあの中に、実力でのし上がってきた新しいメンバーが割り込んで行くの、興奮したはずだ


つまり当時ポニーテールとシュシュや大声ダイヤモンドのころ、AKBは無数のサクセスストーリーの集合体で社会の共通の幻想だった

その一方で恋愛禁止というたまにある冷酷なイベントもファンをヒヤヒヤさせた

しかし、いつからか選抜メンバーは固定されていき、NMBやSKE、HKTからのメンバーがAKBの曲に参加する多国籍軍状態になってしまって、サクセスストーリーは生まれにくくなってしまっていた



また、だんだんAKB総選挙も順位が固定化していき実力差が明白になると当初の熱気が失われていった



そこに来て指原莉乃である


指原莉乃はそれまでのファンやメンバーの幻想を破壊してしまい、ファンの人気で前に出るのではなく、芸能事務所のゴリ押しと秋元康に媚びるということで前に出てきた


ファンからすればとても興醒めだ



なぜかと言うと、おっさんに媚びる、あるいはバックのチカラという現実社会のやな部分を見せられてしまい、なんか夢から醒めたのだ

あと、私は指原莉乃がスキャンダルでHKTに異動したあと、HKTの宮脇咲良が指原莉乃を真似て秋元康に媚びて舞台をみにいっていたのもうんざりした
おそらく宮脇咲良は指原莉乃の戦略を真似たのだろう


また、指原莉乃は言うなれば「ティラノサウルスが滅んだあとの時代の恐竜」みたいなもんで、なんていうか強いメンバーがいなくなったから前に来たみたいなところがある

考えてみて欲しいのだがティラノサウルスのいた白亜紀のあとどんな恐竜がいたか思いつくだろうか?私は思いつかない



で、結局ファンとの握手会なんてまどろっこしいことや、SNSの更新、ブログの更新、そういうものより売れるにはおっさんに媚びる、事務所のゴリ押しパワーでバラエティに出てフットボールアワーの後藤とコンビ組み、タモリやダウンタウンの松本人志に媚びる方が手っ取り早いと指原莉乃はAKBのファンに証明してしまった


もはやAKBのシステムは全クリされて、地道なレベル上げやトレーニングよりもより良い攻略法が分かってしまっている

握手会を頑張るというメンバーがもういないのがその証拠だ

幻想が解ければもはやAKB総選挙も必要ない


売れるためのセオリーが確立されてしまい、しかもそれは元来のAKBのやり方ではなく結局は昔ながらの芸能事務所の新人の売り方売れ方だったのだ

そして曲を歌う時のダンスの配置は実人気ではなく、後ろのおじさんたちに媚びた順だとなるとこれも興醒めだ

そうなるともはやAKB、見る意味ある?無いよね?



やはりサクセスストーリーの集合体であるというAKBの幻想が解けた今、先行きは厳しいと思う

恐ろしく安普請な日向坂46のミュージックビデオの衣装はたったの2セット

日向坂46『キュン』MVの撮影地は公立諏訪東京理科大学および佐久総合運動公園陸上競技場

おかしいだろこれwwww

アイドルのPVと思えない

踊ってみたの人たちか?




というレベルのしょぼいMVっぷりに私は今日向坂のメンバーたちに同情している


皆さんはすでに日向坂のMVは見ただろうか?


このMVのロケ地は長野県 茅野市 公立諏訪東京理科大学という説が高いとTwitterの情報でみたが、いくらなんでも金をかけてなさすぎだろ、何が悲しいって学校で撮影するのは構わないのだが、教室内や階段で踊ってるだけで、MV見ててもまるでプロの歌手のMVであるという質感がない

なんせ階段登る、カメラを見つめて笑顔、教室で踊る、廊下で踊る、外で踊る、グラウンドで踊る、全然魅力的に見えん

今どき、結婚式の余興の映像すらドローンを使う時代にこれかよってかんじだ

学校を舞台というより学校で踊っているだけであり、このMVのために準備されたセットがないため、とても安上がりだ


またメンバーは秋元アイドルにありがちな高校生の制服風の衣装なのだがこの日向坂の1stシングルである「キュン」のMVのなかで、衣裳は最初から最後までで2着であり、数十秒ごとに少なくとも3種類以上衣裳が変化する韓流アイドルであるTwiceとかと比べるととても質素で貧相に見える

無個性な制服風とストライプ風の制服風衣装の2種類は、かなり切ない

また、小道具はMV通してノートしか与えられていない


Twiceなどはとくに衣装がかわいい、セクシーで、色もカラフルで魅力的に見えるのだが、この日向坂46MVの衣装は淡い青と寒色系のストライプの2種類であり、どこかの制服風であり、べつに良くも悪くもない


昔のAKBが言い訳メイビーの衣装で人気が出たことを覚えている私としては日向坂のこの無個性な制服風衣装はなんとも安っぽく見える

なにせ、この日向坂のキュンの制服風衣装は装飾というものがまるで取り付けられておらず、無個性なのだ

金かけなさすぎだろ


また、秋元アイドルの宿命であるのだが、MVの流れる間バカみたいにカメラのスイッチングが行ったり来たりするせいで自分の推しメンの顔をMVを見ている視聴者は一瞬しか確認することができない


これは乃木坂46にもAKBにも言えるが、そもそも顔すらまともに確認できないMVってMVの意味有るんだろうか??

映った!と思っても3秒以内で切り替わるため、顔を認識したらそれで終わりだ

また、人数が多すぎるのを変に平等に映すせいで「だれにもフォーカスしていない」というMV失格な映像になっている
ピントが合っていなかったら映ってても意味ないだろ?と私としては思う


これはどういうことかというと常に3人以上で踊っているので見せ場がない、そのためこの子エエやんけという感情を持つことがむずかしくなっているのだ

つまり全員に平等で全員に不公平なのだ


なんかケチ臭くて見てらんないMVだった


参考




 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ここクリックおねがいします

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

いつもありがとうございMAZDA


以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)