FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

高齢者は免許証を返納しない方が良いという皮肉

最近日本では高齢者の交通事故や車によって対人対物の事故が増えている

それを受けて高齢者の運転免許証の返納を進める動きが進んでいて高齢な有名人も進んで免許証を返納している

その一方ですでに免許証を返納した高齢者が免許を返納したことすら忘れて自動車を運転して事故を起こすと言うことも増えているのだが

私から見ると高齢者は免許証を返納しない方が良いのではないかと言うふうに考えている


なぜなら免許証を返納したことすら忘れているような高齢者は、事故を起こした場合無免許運転での事故として処罰されるが、もし免許証を返納していなければ無免許運転に対する処罰は免れ事故に対する処罰だけを受ける


つまり返納しない方が罪が軽く済むわけだ


ちなみに無免許運転に対する罰則は3年以下の懲役あるいは500,000円以下の罰金であり、罰則が重い


だからもし免許を返納したことすら忘れて勝手に家族の車を運転してしまいそうな老人の場合、運転免許を返納させるよりも免許を持っている状態で勝手に運転して事故した方が家族の負担は軽い


だからもし免許を返納したことすら忘れて勝手に家族の車を運転してしまいそうな老人の場合、運転免許を返納させるよりも免許を持っている状態で勝手に運転して事故した方が家族の負担は軽い


これは日本の免許制度が痴呆老人に対してというか自分が免許を持っているか持っていないか判断できない人が現れると言うことを織り込んでいないから起きてしまう皮肉な現象だ


だから現行の日本の自動車免許の制度では高齢者が痴呆であったとしても免許証を返納させるよりも免許を持たしている方が事故や事件を起こした場合の罰則は軽い


高齢者と息子家族や娘家族が同居している場合高齢者が勝手に車を運転して出かけることを防ぐ事は完全に防止できないため免許証を返納させると言う事は家族の立場からすれば完全な解決策にはならない


しかも痴呆老人の場合は本人も既に認識能力が低下しているため罰則をより厳しくしたとしてもあまり効果はないと思う


免許を返納したことをすら忘れてしまう老人の交通事故は高齢化の進んだ日本ならではの皮肉な問題である

スポンサーサイト

平和が零と書いて令和やなぁ

令和元年は凶悪事件や大事故が多すぎてやばいな



プリウスはミサイルと化すし刃物を使った犯罪はあるし親は子を殺し子は親を殺す



あまりのヤバさにトランプ大統領の晩餐会や帰国がニュースをスルーされるレベルだ


元号の発表を受けて新しい元号を茶化して中国人が「平和が零」と書いて令和(中国では零も令もリンと読む)と言っていたが、冗談が本当になっていて、びっくりする


で、今日も大阪吹田で警官が襲われて刃物を突き立てられた状態で発見され拳銃も奪われて犯人は逃走中だ


全くどうなってんだこれ?


これまで犯罪者は警官から逃げるのが一般的というか常識だったのだが、今や積極的に警官を襲う時代になっている


しかも逃げるためじゃなくて最初から警官を襲う



ヤバすぎる


流石の私もこれには安倍ガーとは言えない

しかし言えることは、金目当てとか恨みというわかりやすい原因ではなく、いきなり警官を襲うという犯罪が増加する社会は明らかになんらかの問題がある状態なのだと思う




自民のした事が全て裏目にでる時代

今後日本はかなり金銭面で追い詰められる人が増える

自民党が増やした不正規雇用の人たちの第一陣がそろそろヤバイ年齢層にきているからだ

これまで自民党は労働者の賃金を引き下げて企業の利益を一時的に確保してきた(具体的には最低賃金の引き上げを低いレベルに留める、非正規雇用の導入)

その結果貯蓄や家族を持てなかった人が増加して来てここまで来たため頼れるものを持っていない人が日本国内に増えてきた


その結果少子化高齢化貧困化が進んで今や日本は人口構成はデタラメで人口分布もデタラメで所得分布もデタラメになっている


今のいびつな日本社会はバブル崩壊以降の自民の政策による彫刻と言って良い



自民党がした経済対策は従業員から企業への所得の移転であり新規産業をついに産むことはできなかった


そして今、切り離したはずの非正規雇用や低賃金労働者の老後のツケを国民が使い捨てた企業に代わり支払う段階に近づいている


日本の非正規雇用がおかしかったのは不安定なのに低賃金だった点で、その事により非正規雇用の人には金融資産が蓄積されなかった

だから極端な話、本当に使い捨てだったのだ


使い捨てた企業のみが利益を得て国民がツケを払う

おそらく今の外国人労働者もそうなるのだろうが、自民党がした事が裏目に出ている

日本の行政の傲慢さは亭主関白なオッサンみたいだ

秋田県で行われた地上配備型の弾道ミサイル迎撃施設の説明会で官僚が居眠りをして、地元民に怒鳴られたそうだ

そもそもなんで寝れるのか、私にはよくわからん

なぜなら目の前にたくさんの人が見ているからだ


だからどうしても眠いなら電話がかかって来たふりして車で寝てれば良かったのだ


しかし会場で寝ていた

全く防衛省は平和ボケである


ナポレオン戦争時、ナポレオンの配下のマッセナ将軍の部隊は4日間の間に200kmを歩いて3回戦ったそうだ


それに比べるとやっぱ防衛省はダメだね


思うに緊張感が欠如している


なぜこうなるかといえば今の日本の行政の傲慢さがある


言うなれば防衛省の官僚にとって今回の秋田での住民説明会は所詮アリバイであり「説明しましたよ」という実績づくりにすぎない

住民説明会で住民が反対しようが反論しようが、秋田に地上配備型イージスを配備するのはすでに決定事項であり、防衛省の官僚には田舎者の秋田県民に気など使う必要がないわけだ

だから寝れるのだ


日本では行政は一度計画を決定すれば、住民が反対しようがどうしようが実行したがる


それはなぜかと言えば、日本の行政が極度に傲慢だからだ

何を言っても反対しても

官僚は「説明する」「理解を求める」で会話にならない

そして反対を続ければサヨク呼ばわりするwww


だから亭主関白で家族の言うこと聞かないおっさんみたいなもんだ、また、外ヅラがいいのも似てるな

思うにこの傲慢さが日本をダメにしている

おそらく秋田県に配備される地上配備型イージスシステムは計画通り配備されるはずだ


以前、評論家の長谷川博幸がそこまで言って委員会でフランスのパリでのイエローベスト運動に対してこう言うことを言っていた

「デモがあったからと言って、増税を凍結するというのは政府が弱腰と思われるのではないか?」

と言っていた

しかし思うのだがそもそも国民は政治家が自分と同じ思想で行動してくれると思って投票したわけで、意から外れたなら国民が反対するのは当然である

つまり公約無視をしまくる政治家を再選させる日本の方が異常なのだ


おそらくだが長谷川博幸含めて日本のオッさんは、謎のプライド?謎の一貫性を持っていて、まるで臨機応変ができない

だからもう7年も成果が出ないアベノミクスを未だに盲信しているのだとも言える

話を戻すと日本の行政は、計画を立て、これに反対がいると臨機応変に計画を再編するよりも相手が諦めて受け入れる方へ持っていこうとする

つまりそれが「説明会」である

そして「説明した」というアリバイ作りをしてから中身にかかる

だから、日本では行政のしたことによる不満はながくのこってしまうわけだ

何しろ議論せずに押し付けるから争っているポイントを解決できないのだ


で、日本に今度エボラウィルスが持ち込まれるのは皆さんご存知だろうか?


国立科学研究所の村山庁舎の研究施設に海外からエボラウィルスを輸入して研究するというものだ

ニュースによれば以下の通り
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
感染研は18年11月に病原体の持ち込みを地元との協議会に提案していた。10回を超える協議会や説明会を実施し、「市民の方の理解が進んできた」(感染研)と判断した。
ーーーーーーーーーーーーーーー

村山庁舎にあるBLSー4という基準の設備でエボラウィルスを扱い研究するそうだ

しかし、この村山庁舎、場所がやばくて、首都圏にある


いくら基準を満たしていると言っても、漏れたら首都圏一帯でのパンデミックは避けられない


何しろエボラ出血熱がヤバイのはその致死性であり、治療法も無い点である


そんなものを説明会や協議会をしたからと言って首都圏に持ち込もうとするのが日本の行政のヤバイところだ

特に首都圏の場合、エボラウィルスが漏れたら数百万人の死亡は避けられない

それでもやろうというのだ


思うのだが日本は官僚の傲慢さによってほろぶのではないのだろうか?

平蔵竹中おおいに嘘をつく

今日のロイター通信の竹中平蔵のインタビュー記事にはうんざりした

何故かと言うと終わった経済学者である竹中平蔵(彼はパソナの役員だ)がロイター通信のインタビューにこたえているのだが、彼自身が自民党に関係していた時期に大いに乱した(つまりパソナに有利になるように我田引水した)日本の経済を評価して最後に日本は駄目だといっていたからだ

まず竹中平蔵はロイター通信のインタビューで平成の30年を5つの期間として見て、バブル後の時代、金融危機の時代、小泉時代、民主党の時代、そして安倍晋三の時代と分けてそれぞれ評価している

私が竹中平蔵に対して今回も糞だなと感じたのは小泉純一郎の時代と安倍晋三の時代に対してそれぞれ株価上昇実質成長下地代、再チャレンジの時代と評価しているにもかかわらず、小泉純一郎時代の後から民主党政権が終わるまでの間を最も失われた時代と評価したところ

製造業の空洞化が進んだと竹中平蔵はロイター通信のイン
タビューに答えている

しかし、実際には小泉純一郎の時代に日本の製造業の進路の分水嶺はすでにあって派遣法改正により、それまでより広い分野に派遣社員が使われて行き生産設備の近代化ではなく未熟練労働者の大量投入に舵を切ったことが日本の製造業の衰退の原因になったことが今となっては明白である

生産設備をあたらしくするのではなく派遣社員という人間でどうにかしようとしたのだ

しかも派遣社員の業務拡大は竹中平蔵のもう一つの顔であるパソナの会長という立場と相性がよかった

なぜなら派遣社員が増えればパソナも儲かるからだ

小泉純一郎の時代、世界では巨大工場というタイプの製造業が盛んでそれは文字通り街一つの規模がある工場でいろいろな外国企業から受託した製品の組み立てを引き受けるというもので数万人が2交代で働き続けるというもので人口規模の違う日本にはとても勝ち目がないタイプの工場だった

それ以前には日本国内で携帯電話の製造やプレステ2の生産をしていた時代があったわけだが、中国の巨大工場にどんどん委託されていってプレステ2を製造していた岐阜県美濃加茂市の工場も閉鎖になってしまった(確か第一次安倍政権)


以前テスラモーターズが自動車の生産が注文に追いつかず、CEOのイーロン・マスクも工場でインパクトドリルをもってモデル3を組み立てていたニュースが流れたことがあった

あれこそ実は竹中平蔵にとっての理想の世界である派遣社員だらけの工場と真逆のイーロン・マスクの考えていた「ロボット化された工場」を作っている最中だったのだ

イーロン・マスクの考え方では「ロボットは動きをコピーできるので一度生産性の高いロボットを多用した工場を作ることができれば2つ目の工場の生産コストをかなり正確に把握できる」という概念が有る

ロボットでとても生産性の高い工場を作ればあとはその生産性の高い工場をコピーできる

そういう考え方だ

竹中平蔵の考え方によれば企業のコストである人件費を減らして、オフバランス化すれば企業の利益は高くなるというものがある

つまり安くで求人をかけて、派遣社員や非正規社員を使うことで福利厚生に金をかけなければいいというわけだ

しかし竹中平蔵の考え方には欠点がある

それは組織が学習しないという点だ

例えば製造業ではトラブルが起きる度に対応のノウハウが蓄積されていく

しかし組織のメンバーが頻繁に未熟練労働者同士で入れ替わるとノウハウが溜まっていかない

ロボットの動きを効率化して生産性を高めその生産ラインをコピーできるイーロン・マスクのテスラの工場と竹中平蔵の考え方は間逆なのだ


竹中平蔵のこのロイター通信のインタビューは彼の現状に対する認識の誤りを表している

実際には日本の製造業は生産ラインの規模で中国に負けていたのだ

そして一人あたりの人件費で負けることが明白であるにもかかわらず彼は「いつでもクビにできるから」というアホな理由で非正規社員を増やし続けた

だから民主党政権、いや、実際には麻生政権や福田政権以前に日本の製造業の崩壊コースは決まっていたのだ


さらに竹中平蔵はベーシックインカムの導入が必要だとこたえている

ベーシックインカムがなにかわからない人のために解説しておくとベーシックインカムとは「生活に必要な程度のお金は国民みんなに平等にあげます」というものだ、ベーシックインカムは有る種最低賃金みたいなもので例えば今月に手取り25万円の人の場合ベーシックインカムの金額が20万円と決まれば勤め先からは毎月5万円受け取ることになる

ベーシックインカムで年金も生活保護もいらなくなるというのが竹中平蔵の考え方だ

だけどおそらくベーシックインカムはロスジェネ世代に対する手切れ金&企業の人件費削減の手段にしかならないと私は思う

つまり「ベーシックインカムで毎月15万もらえるんだから給与は毎月5万で働け、生活保護はなしだ」というようなものだ

ベーシックインカムの原資をどのように確保するかは不明だが、おそらく個人に課税して来るはずだ
そして国民からの税金でベーシックインカムを払う

すると自分たちの金を取り上げられてもう一度配られただけであるwww

つまりベーシックインカムを個人への課税(住宅関連の税金+所得税+消費税)で捻出し、企業は人件費負担が減るわけだ
ベーシックインカム日本政府竹中平蔵平成31年2月8日

つまり企業への間接的な税金投入だ


じつに竹中平蔵らしい


そして竹中平蔵は最後に日本でUBER(ライドシェア)が生まれなかったという

しかしな竹中平蔵!

駅前のレンタルサイクルですら税金で補助金を出す国でイノベーションが起きると思うか?



   にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)