<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

ラスベガスで銃撃事件発生

ロイターからのニュースが来たアメリカラスベガスで銃撃事件があり 20人が死亡 100人以上が負傷した模様

速報が今来たけど治安悪すぎだろ最近の世界



もともとこんな感じだけどニュースとかマスコミの発達のおかげで目にする機会が増えただけか?

アメリカは銃社会だからしょっちゅう銃撃事件が起きてしまう
だからアメリカのパトカーはショットガンとアサルトライフルをパトカーに乗せてパトロールしている



一般庶民が政府機関や警察より優れた武器を持っている地域では治安を安定させることがとても難しい

メキシコや南米などの麻薬カルテルがそうだ
彼らは高性能の武器で武装していて、政府が投入する治安部隊よりも装備が優れている場合がある
薬はとても儲かるので高性能の武器を買い揃えることができるのだ



アメリカ人はアメリカの最後の日まで武器を手放すことがないだろう

それは彼ら自身の自由を守るためと言うのもそうだが襲ってくる強盗や殺人から身を守るためには銃が必要なのだ

銃撃事件で大勢毎年死ぬわけだがそれはアメリカ人の自由に対するコストと考えて良いのだろうか?

スポンサーサイト

今年の冬は寒くなりそうだ 温暖化と地球の氷河期が心配だ

今年の冬は寒くなりそうだなんて言うと天気の話ばっかりしてお前はイギリス人かと笑われた

私はなんか雨が降るのが異常に多い気がするそして寒くなるのがとても早かった

なんていうかいつもは9月中旬ぐらいまで結構暑いんだけど肌寒さを感じてしまった

地球温暖化は気象に影響を与えている

私は子供の頃の天気と今の天気は明らかに違うような気がする

今地球には2つの問題があって短期的には地球温暖化の問題があって長期的には地球の氷河期の問題がある

太陽はいつも明るいけれど時々強くなったり弱くなったり火力が変化している

だから太陽の強さの加減によって氷河期になったり気温が上昇して氷河が溶けたりする

私は短期的には地球温暖化の影響はあまり問題ないと考えている何故かと言うと地球が熱くなるとこれまで寒冷地だった地域が少しずつ温帯に変わっていき

地球上の植物の総量が増えて空気中の二酸化炭素を吸収し始める量も増えると思うからだ

実際寒冷地では森の中に入ってもあまり下草が生えていない

これは何故かと言うと木は樹皮が厚いので寒さから内部の弱い部分を守ることができるが
草は内部の葉脈を寒さから守ることができないからだ

しかし 温帯や亜熱帯そして熱帯に行くと森の中に入ればたくさんの種類の草木で人間の侵入を拒んでいる

熱帯のジャングルなどは鉈で払いながらでないと進めないほどだ

また温暖化することで降水量の増加があることも忘れてはいけない温暖化すると台風やハリケーンが増えるので海の水が吸い上げられて雨として真水が陸地に降り注ぐこれも植物の成長に大きな助けとなる

だから地球温暖化が進んでも長期的には植物の増加で二酸化炭素が吸収されてしまうと私は思う

長期的には地球の氷河期が心配だ何故かと言うと氷河期になれば穀物の生産量が減ってしまうので減少してしまった雨品をめぐってもしかしたら酷い戦争が起きるのではないかと思うからだ

日本では今スーパーなどで買うことが出来るようなアメリカ製のとうもろこし食品や小麦粉関連それから外食産業で使われているアメリカ産牛肉はもう手に入らない可能性が高い

日本では今スーパーなどで買うことが出来るようなアメリカ製のとうもろこし食品や小麦粉関連それから外食産業で使われているアメリカ産牛肉はもう手に入らない可能性が高い

それから国産牛肉も同様穀物価格が上昇しすぎてもはや家畜に与えられるような値段を超えてしまうのだ

牧草で育てているオーストラリア産の牛肉はもしかしたら手に入るかもしれない

氷河期も長いと100年以上続いてしまうので大変だ

日本では何の備えもできていない

氷河期に対して日本は無力だ

なぜなら穀物の多くを輸入に頼っていてアメリカのとうもろこしや小麦生産にダメージが発生した場合

即座に日本にも悪影響与えてしまうからだ

また地方の後を見ていれば気づくのだが日本では中古住宅や街中の住宅地の取引があまり盛んではないため人々は常に新興住宅地を目指してしまうそのためこれまで田畑だった地域も盛り土をされて住宅地になってしまう

つまり日本の農地は減少する一方で農地から宅地になった場所も空き家が立ち続けるのだ

農地からの宅地への用途変更はほとんど保護されておらずどんどん開発される一方だ

言っては悪いがこれでは氷河期に日本が耐えられる可能性はどんどん減少している一方

また区画整理と言うひどいやり方の農地の破壊も日本では平気で行われている

区画整理は要するに曲がった道路や入り組んでいる所有地をなるべく四角い形に整えていくものだ

しかしやり方が悪すぎる例えば農地を区画整理する時ブルドーザーで土地をならす、するとあまり深く考えずに凸凹の土地を平らに慣らしていくので、例えば表面の肥沃な土を剥ぎ取ってしまったり
農地の中にたくさんの砂利や石が入り込んでしまうということがよくある

さらにブルドーザーやダンプカーが走り回ってしまえば地面を押し固めてしまうので耕作が不可能になるほど硬く地面が締まってしまうこともある

四角形に整地した土地は新しく住宅街にするのにうってつけなので大金を投じて生地した後があっという間に住宅街になってしまうと言う事もよくある

また区画整理をされてしまうとこれまで採算が合っていた広さの土地が奪われてしまい採算が合わなくなり機械や設備を導入することを諦め耕作放棄してしまうということもある

日本の農地は減少していく一方なので氷河期の時いざとなっても耕せる土地が残っていない可能性が高い

日本は短期的には大きな気象変動による災害に襲われる可能性が高く長期的には氷河期によって餓死者が大量に出る可能性が高い

といってもそれは数十年数百年単位の話なので私の仮説とその結果を私たちが自分の目で見る事ができる可能性はほとんどゼロに近い

保安官にボディーガードをつけろw〜オラの町にに金持ちの保安官がやってきたダニ〜

アメリカは面白い国が時々変わったニュースが流れる

自分の乗っていたバイクにはねられたり、大統領が絶対倒れないはずのセグウェイで倒れたり(ブッシュ大統領のエピソードだセグウェイの電源が入っていなかったから倒れた)というニュースで私たちを笑わせてくれる

今回は新しい保安官についてのニュースだ

バフェット氏の息子ハワード氏が保安官に、人口10万人の町の安全守る
バフェット氏の息子ハワード氏が保安官に、人口10万人の町の安全守る
masami kakuta
2017年9月16日 04:36 JST
Share on FacebookShare on Twitter
人口10万人強の米イリノイ州メイコン郡。この町に資産家の保安官がやってくる。
  ハワード・バフェット氏(62)はお察しの通り、ウォーレン・バフェット氏を父に持つバークシャーの役員だ。2014年9月から人口10万人強のメイコン郡で保安官代理を務めていたが、トーマス・シュナイダー保安官が引退したため、新しい保安官を選出するまでの間、町の安全を守る役割に就くことになった。
  バークシャーの役員として2億ドル(約220億円)を上回る株式を保有するハワード氏はもっとも、株式資産の大半は慈善団体に寄付するという。
  同氏はこの先、さらに重い役割を担うことになる。8月に87歳になったウォーレン・バフェット氏は、いずれハワード氏にバークシャーの非執行会長になってほしいと考えている。メイコン郡保安官人事については、ヘラルド&レビュー紙が先に報じていた。
原題:There’s a New Sheriff in Town -- And He’s Warren Buffett’s Son(抜粋)



ハワードバフェット氏が保安官に就任するそうだ

ハワードバフェットはウォーレンバフェットの息子なので当然ウォーレンバフェットの資産の相続権がある

だから私は危惧している

保安官が誘拐されてしまうと言うような事態だw

何しろウォーレンバフェットが金持ちなのは世界中の人たちが知っているそのため保安官であるハワードバフェットを誘拐して身代金をせしめると言うことを考える奴が現れてもおかしくないw

もちろん不安感であるハワード氏は銃を携帯しているが、油断はできない

アメリカでは警察(ポリス)と保安官(シェリフ)がいて警察は求人に応募するが、保安官は選挙で選ばれる(保安官事務所の人たちは求人に応募)


「日本」「発展」で検索したらホモ関連のページしか出てこないw

たまには明るいブログでも書きたいと思って
日本の中で発展している地域を探そうと思った

だから日本と発展と言うキーワードで検索をしてみようと思った

そしたら何故かホモ関連のページしか出てこない

発展場とか言うやつだ

で、気づいた

どうやら変換を押しすぎたらしくて漢字のはずがカタカナになっていた

で気を取り直して日本と発展と言う正しいキーワードで検索してみた


すると東京と福岡は今後日本で発展する見込みがある都市として書いてあった


しかし私は思った

東京と福岡には致命的な弱点があるということだ

それは何か

東京と福岡の弱点は、区画整理をちゃんとしなかったところだ

京都や大阪の地図を見て欲しい中心部は縦と横つまり北と南それから西から東に碁盤の目のように区画整理されている

これは海外の都市も同じで海外の主要な都市も区画整理をされ縦と横にきれいに区間整理されて、すべての通りに名前がついている

だから海外では住所を〇〇ストリート何番地と書くことができるが日本ではエリアを意味する町名と番地でしか表記できない

だから海外ではその通りを見つけて右左を見ながら歩いていけば目的地に着けるけど日本ではそうはいかない

ニューヨークのシムシティーの街並みのような整然としたマンハッタンと日本の街並みを見れば区画のブロックのサイズが全く違うことがわかる

これがどういうことを意味するかと言うと

土地の利用についての障壁になる

例えばニューヨークのようにストリートとブロックの大きさが均一に作られていると不動産取引の際にメリットがある

何故かと言うとストリートとブロックの大きさがと思っているので不動産の価値を鑑定するときに同じような条件の土地を探しやすい

しかし東京では街路が複雑に交差しており同じような条件の土地を探すことがとても難しい

そのため売買事例法による不動産価値の判定が難しい

そのため日本の中古住宅は中古価格が新築価格に比べてとても下落してしまうのだ

日本の中古住宅はその立地だけを見ても構成要素が均一ではないので

これは不動産開発にとっても悪影響で、日本の不動産は所有権が細分化されてしまいすぎており、再開発にとても時間と資金が必要になる

そのため、日本で都市部の再開発を実行できるのはおそらく数えるほどの不動産業者しかいない

つまり三井不動産三菱地所森ビル住友不動産東急不動産等だ

後の不動産業者ではそもそも資金が準備できない

だから住宅開発やオフィスの開発も規模がどうしても小さくなる



こういう規模の開発は東京福岡では不可能だ

実は福岡そして東京の人口集積度は海外に比べると低い 注)これは都市圏の人口密度とビリオネアの比較だ

人口密度じゃなくて人口集積だと書いたのは違うことが言いたかったからだ

例えば人口の多さで言えばインドはもっと発展していてもおかしくないはずだが GDPでは日本に劣っている

これは地域に資本がないからだと考えられる

資本と言うのはまとまった生活費以外のお金のことでこれを収益の出る事業に投入することで資本主義が始まる

つまり資本家が多いと地域が発展する上での地域資本が集積されていると私は考えたのだ
この考え方は昔の日本で言う地元の名士のようなものを考えている例えば大阪の淀屋橋は淀屋と言う商人が橋をかけたことにちなんでいる

また今の山形県の庄内地方の本間家は米沢藩の資金がピンチになったときに資金を供給したり板内で飢饉が起こったとき米を調達したりして地域のために動いた

そして現在のアメリカでも西海岸には昔の王様や貴族をしのぐほどの金持ちがたくさんいて、新しい産業にベンチャー投資をしたり難病に効く薬の開発をしたり大学に寄付をしたりしている

つまりその地域に資本家がいるとその資本家の所有する商売から得られた資本がその地域を潤すと私は考えた

してこれはレコードチャイナのニュース記事なのであまり信用はできないが、10億ドル以上の資産を持つビリオネアの住む地域についてのニュースがここにある

-------------------------------


-------------------------------

これによると東京は資本家が少ない

現在の世界の経済活動の規模で見ると小粒な資本家しかいない都市なのだ

これは今後の経済活動にも大きな影響及ぼす

なぜならお金がある場所に優れた人は集まるからだ

東京都市圏の区画整理の遅れそして東京拠点とする資本家の数の少なさ

これが東京の発展余地の少なさを意味する

なぜなら新規産業に投資するのは金持ちであって貧乏人ではないそしてその成長資金は借り入れではない投資から得られるものだ

残念ながら今東京に住んでいる金持ちの多くは相続や専門職(医師弁護士会計士) して政治家役人等の本来金を持つべきではない人たちだ

彼らは能力ではなく免許始めとする参入障壁の利権によって守られており国境越えた経済活動には向いていない

現代の日本では闘争心は失われており、若者の理想の仕事は公務員になることだ(自衛隊や外交官になるなど具体的なものではなく単に公務員だ)

そして福岡だが福岡は発展するのが難しい町だ


どうしてかと言うとその街を象徴する産業がないからだ


今世界の都市の多くはその町を象徴する産業があることが今世界の都市の多くはその町を象徴する産業があることがほとんどであることがほとんどでそれ以外は単に首都であることが多い


例えば日本であれば名古屋は自動車産業そして大阪は電機産業だったが日本の家電製品の衰退と主に大阪のパナソニックやサンヨー等も落ちぶれてしまった

岐阜市にあった繊維産業なんかはひどいものだ

福岡市を考えてみたときに福岡市を象徴する産業が思い付かない

実際福岡市の第二次産業の生産額は総生産の10%程度にとどまっている

まぁ製造業なんて今時流行らねえよと言う読者の声が聞こえてくるのだが、やはり雇用がなくては都市は存続発展し得ない

また福岡市長はIT産業と観光業に力を入れようとしているが、 IT産業がせっかちな福岡市民にとって相性が良いかは正直疑問だし観光業も福岡市近郊の観光地はあまりぱっとしたものが無いのですぐに大分や長崎熊本に行ってしまう

大分の温泉や長崎のハウステンボスそして熊本城などにバスで行ってしまうのだ

また中国や韓国して香港からの観光客は船で来ることが多く市内に宿泊をあまりしないというかしてくれない

新しい産業の創出が望まれる

日本には新規産業育てるだけの資本と土地が足りないそれを解決することができるような土地を私は現在見つけることができない

イギリスが種を撒きアウンサンスーチーが見せたロヒンギャ族

-------------------------------
[ダッカ 6日 ロイター] - ミャンマーが、バングラデシュへ避難したイスラム教徒少数民族ロヒンギャが戻ってくるのを防ぐため、3日にわたり国境地帯で地雷の設置作業を行っているもようだ。バングラデシュの政府関係者2人が明らかにした。
同国は、国境近くでの地雷設置に対し、6日正式に抗議する意向だという。
ミャンマーでは8月25日、ロヒンギャ族の武装勢力が警察や軍の拠点を襲撃したことをきっかけに、軍による取り締まりが開始。少なくとも400人が死亡し、ロヒンギャ族の12万5000人が同国の西隣にあるバングラデシュへ脱出し、重大な人権問題になっている。
-------------------------------

ロヒンギャ族の人たちがひどい目に遭っている

ロヒンギャ族はミャンマー国内に住んでいる少数民族でミャンマーの大多数を占める仏教徒と相容れないイスラム教の信仰を持っている



21世紀の現代でも世界中で数百万数千万人の人たちが難民キャンプでの生活や安全な場所を目指す移動を続けている

今イスラム国との戦いは最終局面になっておりイスラム国はもはや掃討されるだけの弱小勢力になっている

アメリカは現在シリアでクルド人勢力を傀儡政権として使っている

アメリカ人は傀儡政権を使うのはこれが初めてではなく
キューバのバティスタ政権ベトナムでの南ベトナム政権そして日本での自民党政権などがある

俺はアメリカの下請け戦略の産物だと考えている

ここ数年アメリカ企業は本業への集中戦略をとっている

つまり間接部門をそぎ落とすことで収益力を上げるのだここで言う間接部門とは本業以外の部門のことだ
だからアメリカ企業では従業員の給与計算や福利厚生の提供、そしてアフォーマンスの悪い社員にクビを言い渡す職業まであるw

だから製造業なら製造部門にだけ特化すればいいし小売業なら販売部門にだけ力を集めるのだ

これはアメリカの軍事活動でもそうで

【PMC】


よくインターネット上の2ちゃんねるや知恵袋などで、もし日本で徴兵制度が始まったらと言う質問で、「輸送のトラックの運転ならできる」とか「料理ならできる」という回答があるが
今のアメリカ軍ではそんなものは下請けに任されている



給食サービス企業や輸送サービス企業が独自で人員をリクルートしてアメリカ軍の要求に応えるのだ



これまでプライベートミリタリーカンパニーと言って主に警備活動などに従事する武装警備員が注目されていた(彼らの多くはフィジーやフィリピン南アフリカなどの英語圏の発展途上国の特殊部隊隊員や警官の経歴を持つことが多くアメリカ人の半分以下の給与と死亡保障で働く)が、その分野が広がったわけだ



彼らは死亡してもアメリカ軍の戦死者のカウントには入らずまた遺体が回収されても出身国に遺体が送り返される事もない(そういう契約になっている)


母国から離れ異国の土になるのだ

クルド人は今アメリカ人からの武器提供や物資の供給をうけて戦っている

しかしイスラム国が平定された後クルド人はアメリカ人には従わないと考えている

なり自分たちの武力を背景に クルド人の国を作ると思う

なぜならアメリカ人の持っている思想とクルド人を始めとする中東やアジアの部族主義の人たちの考え方は全く違うからだ

部族主義では家族もしくは友人と協力して生活する上での問題を解決していく

しかしアメリカのアメリカ人の考え方では生活する上での問題はお金を払ってサービスを受けて解決する

有名な日本マクドナルドのスマイル0円と言う標語がある

これは実は日本のオリジナルである

アメリカマクドナルドにはスマイル0円などと言う生ちょろい言葉は存在しないw

スマイル0円と書いてあるのは日本のマクドナルドだけなのだ

アメリカの基準(スタンダード)では笑顔すら有償なのだ

さてもともとこのロヒンギャ族達はミャンマーには存在していなかった民族だ

ロヒンギャ族はバングラデシュから連れてこられた

ミャンマー人たちをイギリスが間接統治するための手先として連れてきたのだ

そのためミャンマー人はロヒンギャ族を抑圧の象徴として考えておりロヒンギャ族が嫌われるのも無理は無い

私はつくづくこーゆーイギリスが原因の難民は全員ブリテン島に送ってあげるべきだと思うのだ

イギリスが間接統治と言う手法を用いある民族を他の民族で抑圧してきたせいで世界はこんなに混乱しているので


アウンサンスーチーが叩かれているがアウンサンスーチーにできる事はほとんどない

なぜなら民族同士の対立は根深いからだ