FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

公務員のおバカ計画で熊本県民が損を被る

皆さん、熊本での地震のことを覚えていますか?

相次ぐ天変地異のおかげでここ数年、天変地異は記憶から薄まる速度が加速しているわけだが、熊本での地震の被害は甚大だった

で、熊本では地震で建物は大きく被害を受けたわけだが、熊本では人災も続けて発生してしまった


それが区画整理というやつだ

熊本地震で建物が大きく被害を受けたことを良いことに、これ幸いと地元の益城町では区画整理を始めたわけなのだが、区画整理を始めると当然だが建物を建てられなくなるため地元の人たちは家の再建を待っていた


すると消費税増税が実行された結果、益城町の公務員の区画整理の計画のせいで益城町の人たちは家の再建に払う消費税が増税分増える事になってしまって、今、損を被ることが確定してしまった感じだ


この場合増税分の2%だからけっこう大きな負担増であることがわかる

しかも家って田舎の人にとっては一生に1回の大きな買い物なのでよりによって人生で一番大きな買い物で税金分損を被る格好になる


全く溜まったものではない

安倍政権こんどはオマーンに自衛隊を派遣

安倍政権が中東オマーンに自衛隊を派遣することを決めた


派遣するのは哨戒機であるP3Cオライオンヘリ搭載の護衛艦という組み合わせらしい



わたしとしてはこういう気軽にホイホイ自衛隊を派遣する日本政府の浅はかな考えには疑問しか持たない


なぜなら日本政府、いや、安倍政権は果たして海賊や武装勢力が貨物船を襲っている場面に自衛隊が遭遇したときに武装勢力や海賊を殺すことを自衛隊に命じられるのか?その覚悟はあるのか?と思うのだ

武装した相手を無傷で捕獲するのは至難の業だし相手が反撃してくるからだ


実のところ今の安倍政権には武装した人間が暴れているときにそれをとめるために自衛隊に武器使用をさせる覚悟はない


事実、日本の小笠原諸島に中国から100隻以上の中国の漁船が海底の珊瑚を密漁に来たときに自民党と安倍政権は100隻も来たにも関わらず数週間もの間たった1隻の漁船すら拿捕せず静観し続けたという前歴がある


当時海上保安庁は中国の漁船を拿捕せず最終的に小笠原諸島の海底の珊瑚をズタズタにされたあと、みんな忘れた頃にまるでアリバイ作りのように、やっと中国の漁船を拿捕した


しかし結果的に手遅れで珊瑚はズタズタにされてしまった


よく、安倍政権は政治的にピンチになると北朝鮮に拉致された拉致被害者の家族に面会することで政治的な正当性を主張することで知られている


神妙な顔をして北朝鮮の拉致被害者の家族に拉致された家族の北朝鮮からの奪還を誓うわけだが、小笠原諸島の珊瑚の結末を見ればわかるとおり、安倍政権には諸外国と事を構える覚悟などない


なんなら逆に武装した海賊に自衛官が射殺されたり障害を負わされたらそのときまともな補償を遺族や本人に提供できるのか?とわたしとしては安倍政権に疑問しか無い


なんせ日本の政府は盧溝橋事件や張作林爆殺の頃から、まともに枠組みを決めずに実行するというなし崩しが大好きなので補償もはたしてまともに払われるかはよくわからない、なんせ射殺された自衛官は過去存在しない(ことになっている)もしかしたら政府の命令でオマーン沖に行って職務中に怪我をしたら裁判で数年間争うことになるかもしれないのだ



相手を殺す覚悟もなく、補償もよくわからないまま海外に派兵するのはリスクの塊でしかない

安倍総理が金でしか友達付き合いできない

政府の主催する桜を見る会、私は以前ブログで取り上げたことがある



で、前からそうだが安倍総理になってから桜を見る会に呼ぶ人数が増えていることがいよいよ問題になってきて、国会でも取り上げられることになってしまった


そりゃそうだ、総理大臣名義で有名人を1万人も税金で呼ぶとか王様気取りかよ?とおもってしまうからだ



私は安倍総理の以前からの加計学園問題とか海外行くたびに数千億円ばらまくやり方にうんざりしていた


だって、加計孝太郎とか明らかにカネ目当てですり寄ってくるクソ野郎でしかないのに、そんなやつと仲良く写真とってんじゃねえよこの〇〇とおもったからだ

また、外国に行くたびに数千億円をばらまくのもそうで、友好国を増やそうとしてるつもりなのかもしれないが、積極性はあっても金額で中国政府に負けてしまうため、せっかく数千億円も発展途上国に贈ってもあっさり中国政府にNTRされてしまうのを見て私は歯がゆく感じていた


で、思うのだが安倍総理てカネでしかコミュニケーションできないよな?


なんて言えばいいかわからんが、安倍総理本人が、寄ってくるやつにお金をあげたい性格なのかもしれんが、カツアゲされやすい体質?みたいなかんじで、悪い奴が寄ってくる傾向があるため、そのせいで安倍総理の私有財産じゃない日本の国有財産がやすやすと悪人や外国人の手に渡っている気がする



そのせいでF22ラプターと比べると数段劣るF35ライトニング戦闘機をF22ラプターみたいな金額で買わされたり、国有地が安く払い下げされたり、海外に金利0.01%みたいなばかみたいな金利で借款を与えて、日本の国有財産が損害を受けている感じだ



で、安倍総理は海外にカネをばらまいたり寄ってくる悪人たちに便宜や国有財産を与えてちやほやされてご満悦かもしれないが、問題は海外からいいようにやられているということだ


例えばアメリカのドナルド・トランプ大統領はなにか買ってほしいときだけ日本に来る


このときドナルド・トランプは必ずと言っていいほど安倍総理と会うと自分の手のひらを水平にし手のひらを上にしてその上に安倍総理の手が乗るようにして写真を取る

安倍総理握手会2019年11月12日

なのに天皇陛下の即位式には運輸大臣を差し向ける


つまり日本政府は敬意を持たれていない

安倍総理トランプ2019-11-12

まるでアメリカは日本のヒモみたいな感じだ



で、私はもういい加減安倍総理に総理大臣という立場と日本政府の持つお金で金持ち気分を味わうのはやめてほしいとおもっている


選挙区の人を総理大臣の仕事である桜を見る会に呼ぶというのは完全に公私混同だ



全く、桜を見るのは好きなくせに自分は散るのは下手くそすぎだろ

自治体がコジキを始める貧困の時代 長野県須坂市

アマゾンにはほしいものリストというサービスがあり、自身が欲しい物品をネット上でリクエストすることでどこぞの善人にものを恵んでもらうことができる

アマゾンはプレゼントと書いているが構造的に言えばようはコジキ

ものが欲しい人がリストを公開し、プレゼントしたいひとはそれにお金を払う、そういう仕組だ


で、貧困化の進む現代日本、いまや自治体までコジキを初めてしまった




こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自治体がコジキを始める貧困の時代 長野県須坂市
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1940.html

安倍総理が金でしか友達付き合いできない
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1942.html

セブンイレブンのパンがしょぼくなったなぁ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1945.html

国民の唐揚げ弁当から野菜を奪うアベノミクスにマンセー!2019
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1810.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 その自治体長野県須坂市は、台風の被害のあと、市役所のパソコンで、避難所のスタッフが聞き取った被災者の要望を市の「ほしい物リスト」に加えた。


で、結局善意によって寄付は集まったわけだが、私はこれに対して疑問を感じた


というか、いつも思うのだが、どうして、なんで、 日本の自治体は災害時のために数千万円や数億円程度のいつでも引き出せる準備金を持っていないのだろうか?


私はそれがおかしいと考えている


なぜなら、住民たちはあらゆる名目で税金を搾り取られているため、日本の政府や自治体は口座にお金が溢れているはずだからだ


考えてみてほしい消費税だけでも日本政府は1000円のものをかっただけで100円も10%の消費税を課税してくるのだ

10000円なら1000円も課税してくる


少し考えればわかるがこんなキツイ課税をしてるんだから日本政府と自治体には口座にお金が余ってしょうがないはずだ


ならなぜ、災害が起きた時即座に住人たちの必要なものが調達され、住民たちに配られないのだろうか?



その原因は「もう使ったから」


つまり住民たちから税金をあらゆる名目でかき集めて起きながら、災害が起きた時用の臨時の数千万円や数億円をためておらず、必要なものを必要なときに緊急用の資金で調達して配ることはできないのだ


つまり長野県須坂市は緊急用のお金が無いから、アマゾンのほしいものリストなんてコジキサービスをつかい、全国に恥を晒しているわけだが、なぜかわからんが一部の公務員のなかにはこの「ほしいものリスト」を素晴らしいアイディアとすら考えているものまでいるようだ


というか公務員は自治体の公務員が率先してコジキになろうとする現状をなんとも思わないのだろうか?


言い方は悪いが、自治体レベルの話なのに、緊急用のまとまったお金数千万円数億円を持っていないことを平気でいられる長野県須坂市はちょっとやばいんじゃないか?と私はおもってしまう


あればあるだけ使い果たし緊急用のお金が無い、この日本の長野県須坂市の状況はおそらく全国的な自治体共通の現象だと思う


かつて、経済が発達する以前の時代、優れた政治家は食料備蓄をして飢饉の備えとしていた

日本だと高床式倉庫がそれだ


しかし、21世紀にもなってほしいものリストに頼ることを当然のように考えている


こんな計画性のない国、滅ぶのも目前に見えても仕方がない

JALグローバルWALLETのチャージ手数料 2019年最新情報

プリペイド式カードであるJAL Global WALLETのチャージ手数料が変更され、無料化された

詳細は以下の通り

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつもJAL Global WALLETをご愛顧いただきありがとうございます。

2019年11月1日より、銀行振込チャージ、インターネットバンキングチャージ、及び住信SBIネット銀行の口座振替による外貨チャージ手数料について、以下の通り改定しました。

◆改定日
2019年11月1日(金)

◆改定手数料
・銀行振込チャージ手数料
改定前:220円(税込)
↓↓
改定後:無料

・インターネットバンキングチャージ手数料
改定前:220円(税込)
↓↓
改定後:無料

・住信SBIネット銀行の口座振替による外貨チャージ手数料
改定前:【単位】各通貨単位(税込)
米ドル:33.00
ユーロ:22.00
英ポンド:22.00
スイスフラン:33.00
豪ドル:44.00
NZドル:44.00
香港ドル:242.00
↓↓
改定後:無料

なお、住信SBIネット銀行の口座振替で外貨チャージする場合の最低チャージ額についても変更となりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これまでJAL Global WALLETは手数料無料キャンペーンをやっていたが、やはり無料化した


このことでJAL Global WALLETが以前より使いやすくなったと思う


とは言え「入金するお金が豊富な人にとっては」であるが

日本のキャッシュレス決済の普及を妨げているのは単に個人所得が低いというのも大きな理由である