FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

カルロス・ゴーンが不公正な日本から脱出したのは正しい

カルロス・ゴーンが日本から脱出しレバノンへと去った

カルロス・ゴーンは保釈の身だったが日本から去ることで自由な発言と刑罰から逃れることを選んだわけだ


こういう外国へ逃げるという行為は日本では不誠実な行動に見えるが海外ではよくあることで、罪に問われたり政府から狙われている人が別の国に逃げることはよくある

例えばロシアに亡命したアメリカのスノーデンや、中華民国の建国の父で日本に亡命したことがある中国の孫文などが思いつく

国の支配の及ぶ領域である国境は、それを越えることで当局の追求が及ばなくなるため、陸続きの国境が多い国ではしばしば犯罪者や政治思想家は国境を超えて行動してきた


カルロス・ゴーンが今回レバノンへと逃げ去ったこともそういうよくあることの1つでしかない


日本ではマスコミが推定無罪の原則を無視して捕まった瞬間から有罪であることが断定したかのように好き勝手に報道するし、被疑者側は一度捕まれば長期間身柄を拘束され続けるため、自分が社会から隔離されている間に世間に好き勝手な世論操作がなされるがままになってしまう


さらに拘束できる期間は事実上いくらでも延長できるようになっているため、例えば森友学園問題の籠池泰典氏など10ヶ月も拘置所に拘留されていた


で、この拘留が長いとなぜ問題なのかというと、無罪だったときに、無罪なのに長期間閉じ込められていたという冤罪に対する処罰になってしまうため、悪くないのに閉じ込められていたことになるからだ



つまり日本では他の先進国と違い、判決を聞くまではまだ無罪なのに、逃亡の恐れとか証拠隠滅の恐れなどという理由で閉じ込められるという発展途上国なみの司法制度なのだ


さらにこれがやばいのは日本政府にたてつくとか、見せしめ的なもののターゲットにされた被告の場合、特に長く拘束されるので、日本は司法制度から言えば未だに発展途上国のままなのだ

いくらでも検察や政府の思うがままに別件で拘留を延長できてしまう


だからカルロス・ゴーンが逃げたというのももしかすると海外の法律の専門家の入れ知恵なのかもしれない


日本のように裁判したくて訴えても棄却されたり和解勧告されたり、予定通りの判決を出される国ではおそらくカルロス・ゴーンも有罪無罪を争うどころかいくらの処罰で妥協するかという裁判になる可能性が高いからだ

つまり善悪ではなく裁判なのにどこまで譲歩するかの判断になってしまう可能性があるわけだ、マイナス100から始めてマイナス30で手を打つ、そんなかんじ


だからカルロス・ゴーンが自分の発言をしたいのなら出国したことは正しいと思う

スポンサーサイト



最近の運転マナーの悪さと日本人のメンタルの劣化

最近、運転マナーが悪くなったと感じている

例えば住宅街の狭い道なのに40km/hくらいの速さで飛ばしたり、ウインカーなしで右左折したり、突然減速したかとおもうと路肩に停止して、停止してからハザード点灯、歩行者がいるのに歩行者の前を突っ切ろうと加速などだ


私はここ数年で間違いなく九州の運転マナーは悪くなったと感じている

昨日もスーパーの駐車場で赤い三角コーンと黄色と黒のテープで駐車禁止とある場所のすぐ前に停めるおっさん、いきなりひだりから幅寄せしてきて割り込みさらに左折する軽トラなどに遭遇したのだが、最近の車のマナーは悪い

自分だけ良ければみたいな運転が増えていて「自分だけ得なら良い」というような運転をするために交通ルールを破ったり人に迷惑をかけるから周囲が困る


つまり、割り込み運転などもここで割り込んだ俺すげー!じゃなくて、実際には急ブレーキ踏んだ後ろの人がすごいだけである


またびびったのは右折するときに私が右折レーンにいると、後ろの車が突然加速して私を追い抜いて強引に右折したときだ


まあ最近の九州の運転マナーの悪化は良くない現象だ




私が考えている九州の運転マナーが悪化した原因は日本が安全だったから日本人のメンタルが悪化したからであると考えている


日本にいると、身の危険を感じることがヨハネスブルグと比べると相対的に少ない

殺人事件の件数も暴行事件の件数も窃盗の件数も東京はパリ、ロンドン、ニューヨークよりも人口あたりの数は少ない(上海よりは多い)


そして、日本人は外国人のように武器になりそうなものを持ち歩く習慣も警察力によって取り締まられてなくしたし、穏便に済まそうとする精神性を持っているため、結果として「自分勝手に振る舞った人が得をする社会」となってしまった


しかもこの「自分勝手に振る舞った人が得をする社会」とは、法に反するわけではなく少しだけ自分勝手に振る舞うだけなので厄介で、反撃した人を攻撃する日本人の精神性もそれに拍車をかけている


反撃されないであろうという甘えの中でのわがままであると言える

例えばもし海外で危険な割り込みをしたら、信号で止まったときに引きずり降ろされて暴行をうける恐れがある



しかし日本人は「殴ったら負け」という理論を信じているので、結果としてわがままな人の専横する社会を招いている



例えば学校のイジメがおきたときに子供同士でちょっかいをかけあっているときに、直接的に被害者が即座に反撃すればいじめは1時間以内に解決するのだが、日本人はなぜか椅子を振り回すよりも「みんなで話し合おう」とか被害者がまるで納得していないのに仲直りをさせようとする


つまり加害者は日本社会では制裁を受けないのだ


その結果わがままな運転をする人が野放しになり運転マナーが悪化したのだ


まともな社会であればわがままな人は社会の中で他のわがままな人と遭遇して戦いが発生しまうのだが、日本の社会が安全で、加害者に反撃しない腰抜け社会(反撃した人をののしることすらある)であるため少数の自分だけ良ければ良い人の好き勝手を許しているのだ


いまや日本の領海にすら中国の船が入ってきて好き勝手を繰り返しているにも関わらず、日本政府が拿捕しないのも日本人の事なかれ主義の例であると言える

マレーシアもインドネシアも韓国も中国の船を拿捕したことがあるのに日本政府は警告しかしないのだ

政府ですらことなかれなのである

だから日本の運転マナーが悪くなるのは当然である

フランス人いまだにデモ活動を続けるwww

うーむw

フランス人好戦的すぎる
フランス人は未だにデモ活動をやっている

参加人数はさすがに減ったらしいが、未だに数万人がイエローベストデモをやっているらしい


イエローベストデモで、マクロン政権から条件を引き出し、デモ活動は効果があるという結論を私に教えたフランス人

すごい

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ここクリックおねがいします

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

いつもありがとうございMAZDA


以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)

刑事事件に限り自力救済を許可すべきでは?

今回は自力救済について考える現在日本では自力救済が禁止とされている


自力救済とはなにかといえば何かされた時自分で何かするという意味だ

法律のある社会では法に触れることをすると、罰を受ける

と、されているが実際には発覚しなければ容疑者にはならないし、不起訴にもなるし、執行猶予もある

だから法律の有る社会では、被害者側は絶対的に不利だ

ナイフや包丁で刺されても刺し返せないし、殴られても殴り返せない
蹴られても蹴り返せないのだ

加害者は運が悪いときにだけ、起訴される

だから学校での暴力や社会や企業内での暴行なども日本では後を絶たない

タクシー運転手がぶん殴られたり、ただの部活なのに骨折したり脱水症になるまで練習したり

本来なら誰でも弁護士を頼めるような環境を作るのは政府の役目だと思うのだ

だけど日本では古い法律関係者のせいで、貧乏人は安価な弁護士を雇うことが出来ない

だいたい、着手金で数十万円払った後一時間に1万円とか貧乏人ナメてんのかwww弁護士はwww

だから、本来なら政府はもっと弁護士を粗製乱造して低品質でも安価な弁護士を社会に供給するべきだと私は思うのだ
安価で低品質は悪いと思うかもしれないが、高くて使えないより全然マシだ

さらに問題なのは、日本では裁判は判例主義と言うのはいいのだが、ただのコピー・アンド・ペーストで、
以前の判例をもとにほぼ同じ判決を出す

その為残虐性や執拗性が加害者にあっても、改心しているとかいう謎理論で、結局コピーアンドペーストされてしまう

結果、運悪く捕まった加害者は、裁判官のコピーアンドペーストで判決を受けるわけだが、
問題は判決は「被害者の感情とは関係ない」という点だ

判決は、既存の法律で決まった範囲で決める懲役〇年から〇年みたいな感じだ

だから被害者は半永久的に被害感情をいだき続け晴らされない怒りを抱え続けて生きることになる


どう思いますか?

犯罪の種類に刑を決めておくというのはある意味わかりやすいが、被害者になった目線で見たらどうだろ?

腹たたない?


法治国家と言っても、実は被害者は復讐の機会を政府に奪われているだけなのだ、
実際には、まどろっこしいことになってしまうわけだ


自力救済を禁止するのは借金問題や債務問題をみんなが好き勝手解決し始めたらヤバイというものだが、
しかし刑事事件はどうだろう?

被害者も国選弁護人というのが有るが、まあまあ有能だったらいいが、仮に無能だったら?和解ばっかりしようとしてきたら?そうでしょ?

しかも現在の社会では自力救済禁止なので自分じゃどうにも出来ない

もっと良いのを雇う金もない

じゃあどうするか?

そこで自力救済だw

だいたい、2者間のことでいちいち警察が出てきて証拠がとか、時間がとかまどろっこしいことをするから、真実が歪むのだ

その場で殴り返し蹴り返せばいいwww

それで解決だww日本社会にはびこるより優位なものからの劣位なものへの理不尽な暴力や暴言は、
日本社会が、これまで平等社会を築くことを怠ってきた結果であるのだが、
本来平等で有るはずの西洋の法体系を、自由主義革命を経験していない日本に持ち込むのがそもそもの間違いなのだ

自由主義革命とは結局のところ、既存の価値観の破壊による社会の平坦化であり、年長者や名家の出、受け継いだ富などを否定するものなのだ

その段階を経なかった日本では、未だに封建的な面が多いしいじめが多いのは当然だ

だから、自力救済を取り入れることが日本の真の意味での世俗化につながると思う