FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

パンフレットからわかる中国の勢い

道の駅や高速道路のSAに置いてあるパンフレット、私は結構好きでよくもらってよく読む

で、空港でたまたま上海市観光局の発行している「胡歌について上海を遊ぼう」というパンフレットを見つけたのでもらっておいたのだが、小冊子というにはできすぎているくらい作りがよいことに気づいた

127pの冊子でサイズ的にはパスポートを一回り大きくしたサイズで、中には上海環球金融中心や上海センターのビルが有る陸家嘴(ルージャーズイ)や外灘(バンド)などの写真が使われていて、見ているだけでどんなところなのか調べてみたくなる

日本でサービスエリアや空港に置かれているフリーペーパーやチラシは大概グルメ特集と季節のイベントやお祭りと、地図と交通手段について書かれていることが多く読もうと思っても中身はスカスカですぐ捨ててしまうようなレベルのことが多いのだが、この上海市観光局の胡歌について上海を遊ぼうというのはフォトブック+地図+一口観光メモみたいな構成で、なんていうか想像力を掻き立てるようなうまい構成になっている


観光ひとくちメモは住所、電話番号営業時間と入場料金などが書かれているのだが、日本と違い親切な解説はない

しかし、私はいつも思うのだが日本人が書く解説はしばしばあらすじ全部になってしまいがちで、聞いてしまうともう見に行く気がなくなるということがよくある


やはり観光パンフレットは観光客を連れてきてなんぼなので、興味をもたせることが大事であまり多くの説明は必要ないと思う


しかし、よく考えると日本でこんな製本された観光パンフレットを見たことがない

日本は世界でも紙をたくさん消費している民族であるのだが、観光パンフレットはペラペラで折れ曲がったらすぐ捨ててしまうような安っぽいものばかりだ

そう考えるとわざわざ観光パンフレットにこんな製本したものを配るなんて上海の観光局はすごいなと思う



   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ここクリックおねがいします

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

いつもありがとうございMAZDA


以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)

スポンサーサイト

国際空港のそばに住んでいる人以外クレジットカードいらない説

クラウドワークスで、以前内職をしていて、クレジットカードの比較サイトの記事を延々10記事以上書いたことがある

そしていろいろな特典や年会費、遅延損害金などについて調べてわかったのは「クレジットカードは何らメリットがないな」というものだ

クレジットカードはもともとは後払いで買い物できる、あるいはその場でローンが組めるというようなカードである

そしてそれに付随してカードの発行会社ごとの特典があり例えば無印良品のカードであれば年に5回ある無印良品週間で10%割引の買い物ができ、5月と12月に期間限定のポイントが500円分もらえて、誕生月にも500円分の期間限定ポイントがもらえる

しかし、結局こういうサービスって使いこなせる人はごくごくわずかで、有名なクレジットカードの特典である空港ラウンジもハイフリークエントエントフライヤー(仕事や旅行でめっちゃ飛行機乗る人)の人か、会社からコーポレートカードを持たされている人しかクレジットカードのメリットはあんまり無い

また旅行保険も同じくそう

多くのクレジットカードの特典はむしろ「ウチで買い物しろ」という誘導を受けていて、調べれば調べるほどむしろ損なんじゃないのか?とすら思える


本来のクレジットカードの使い方である、めっちゃ後輩に奢る芸能人とか会社社長とか選ばれし者なら現金を持ち歩かないで良い分メリットは大いにあるとおもうのだが、私の考えでは月に30万円以下しか消費しないような人、あるいは世帯はクレジットカードを持ち優待を受けるよりもクレジットカードが使えない店で節約してその分を投資に回したほうがよいと言える





例外は会社の命令で海外にめっちゃ行く人だ


仕事で海外にめっちゃ行かされる人はクレジットカードのもとを取れる可能性が高い

私の調べた範囲ではやはりクレジットカードで元を取るというか対価相応の満足を得るには空港ラウンジと旅行保険くらいしかない

そこを頻繁に利用する者しかクレジットカードのメリットを享受しているとは言えない(というクラウドワークスで内職やった経験からの偏見)と私は思うのだ

だから日本にある国際空港である成田国際空港羽田空港セントレア空港関西国際空港のそばに住んでて会社の命令で頻繁に海外に行く人こそクレジットカードを持つべき人であり、青森県とか鹿児島県とか愛媛県とか国際空港からめちゃめちゃ遠いとこに住んでる一般人はクレジットカードを持つ意味はあまりなく、アマチュアカメラマンのくせにキャノンやニコンのめちゃ良い一眼レフカメラを持っているやつとなんら変わりはない

それは分不相応である


年会費無料なら良いが、むしろクレジットカード使えない店で節約して投資したほうが利口であると私は思う


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村←ここクリックおねがいします

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

いつもありがとうございMAZDA


以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)

福岡が観光に向かない5の理由

九州に住んでいるので旅行というと福岡に時々行く

これまで数十回行った中で福岡は買い物やイベントはともかく観光に向かない都市で気づいたので5つの理由を上げて福岡旅行の参考にしてほしい

<福岡の観光ここがやばいその1  夜に食事をした後に飲みにいこうとしたら風俗街の中に出る>

福岡市の観光がやばいのは「中洲の一蘭や屋台の有る川沿いに行こうとすると突然風俗街を突っ切ることになる」という点だ

福岡観光気まずいポイント2019年2月10日

キャナルシティ博多に行った後私は一蘭の総本店に行ってみたいと思い、繁華街を突っ切ろうと思い、スマホで地図を見ると歩いて行けそうな距離だったので歩いていこうと思い
歩き出したのだが、するとやばい予感がした
何故かと言うとどうやら橋をわたるとすぐ風俗の通りがあったからだ

福岡中洲平成31年2月10日


しかもその時私は幸い一人だったから良かったのだが、たまたますれ違った向こうから来た白人系の外国人の家族連れは明らかになんかバツが悪そうに向こうから歩いてきた
そりゃそうだw日本人ですでに成人の私ですら気まずい通りなのに家族連れで外国人ならさらに気まずいはずだ
おそらく川沿いの屋台に行こうとしている途中なのか飲み屋かと思ってきたのかわからんが、困惑していた

よく女性がナンパの声かけを不快に感じて気が滅入るらしいが、男の私も風俗店の呼び込みの声を聴くと気が滅入る

福岡に家族連れで行く方はキャナルシティから天神方面に歩くときは通り道に気をつけて欲しい

<福岡の観光ここがやばいその2  観光で福岡に行く人は博多駅のそばに泊まってはいけない>

熊本県民ならわかってくれると思うが、熊本県の熊本駅前は夜になれば真っ暗になる
これは、JR熊本駅が熊本市の繁華街である上通り下通りから遠いため、人通りがなくなるのだ

だから本当に街灯のあかりと駅の明かりだけになる


実は福岡市もそうなのだ

福岡市は九州最大の街なのだが、博多駅前は夜には真っ暗になる

私は以前福岡旅行にいったとき「夜はマンガ喫茶にとまればいいか」と考え、博多駅のそばをウロウロしていたのだが、夜12時頃には人通りがほぼなくなり、ついには1時頃には駅前には歩行者はなくなりホームレスくらいしかいなくなっていた

私はナイトパックを使うため12時過ぎくらいまではウロウロしようと考えていたのだが、そもそも博多駅のそばには深夜までやっている書店や喫茶店などが無いので私は大変困ってしまった

そしてよく考えてみたら、私はその時は一人旅行だったわけだが、もし博多駅付近のホテルに泊まっていたら夜飲みに行ったりする場所が博多駅付近には無いのだということに気づいた

だから博多に旅行に行くときは天神の近くに宿を取ったほうが良いと私は提案します

<福岡の観光ここがやばいその3  絶望的に「見る場所」がない>

音楽のバンドやグループのライブやコンサート、美術館でのイベントで目的を持って福岡旅行に行く場合は良いのだが、困ったことに福岡市周辺にはあまり見るところがない

以前コンサートのために福岡に行ったとき私は本屋で立ち読みして時間を潰したことがあるほどだ

熊本市や鹿児島市や佐世保市などでは見る場所があるのだが、福岡の場合前述の田舎の都市と違いビル化とチェーン店化されすぎていて街歩きをする楽しみがあまりない

佐世保市の場合四ヶ町商店街という長い商店街があり、ウロウロしていて面白いのだが、福岡市は都市化されているため他所で見たことが有るような店が多くてあまりおもしろくないのだ

博多まで言ってABCマートに入るだろうか?
博多まで行って一風堂に行くだろうか?
天神まで行ってLOFTに行くだろうか?

ABCマートは全国にあるし、一風堂はインドネシアやフィリピンにもあるのだ、行く気がおきない

逆に佐世保市はというと佐世保バーガーというのがあるのだが、これがまたすごく大きくてすごいぼったくりみたいに高価なのだが、私はいつも買ってしまう、なぜなら佐世保バーガーは百貨店の物産展のときくらいしか県外で買うことができないからだ
佐世保バーガーはハンバーガー1つに700円程度(McDonaldならビッグマックのセットが買える)するのだが、ついつい買ってしまう

<<福岡の観光ここがやばいその4  飲食店が商売上手すぎてチェーン店は東京や大阪にも有る>

福岡の飲食店は商売上手だ

だからうまくいくと一蘭や一風堂みたいにチェーン店化していく

それは良いのだが「東京でも食べれる福岡の味」だったら、旅行で行く人にはすこし興醒めではないだろうか?

せっかく福岡で美味しいお店を見つけたと思い店のホームページをブックマーク登録しようとしたら東京にも大阪にも支店があり、通販サイトで真空チルドの通販までしていたら、興醒め感は否めない

福岡の飲食店はそういうことが多い

私は「せっかく行ったんだしそこでしか食べれないのが食べたい」と考えているタイプなのだが、支店をすぐ出す福岡の飲食店ではそこでしかを探すのが難しい

じゃらんでは博多のモツ鍋のおすすめとして8店舗を上げていたがそのうち6店舗が複数店舗をもっていた

<福岡の観光ここがやばいその5  博多と小倉はかなり遠い>
博多と小倉を同時に観光したいと思うならそれは間違いだ
なぜなら小倉は博多からとおいからだ

小倉まで博多から85分かかる

つまり往復だと2時間50分だ

そのため移動時間を考えたら「博多と小倉を1泊2日で見る」なんていうのは難しいコースだ

小倉と博多は別の都市圏なのだ

そのことを計算に入れて観光することを提案します(´・ω・`)

<まとめ>
福岡の観光は注意がひつようです
福岡は治安が悪いため、タクシーは赤信号無視をすることが多いですし、繁華街をウロウロするのもおすすめできません

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)

観光地はQRコードで案内すると良いかなぁ

旅行先の観光地でいつも思うのだけど、案内板がムードをぶち壊しにしていることって多々ある

雰囲気のあるお寺とか建物内に急にムードに合わない案内板が置いてあり、記念撮影しようとすると写り込んでくるのだw

しかも困ったことにどうやっても写真のレイアウトから外せない位置にあったりするw超邪魔www

丁寧に案内したいのはわかるけどどうにも興ざめだ

さらに日光で色あせて読めなくなってたりするし、あるいは破損してたりする

だから、いっそQRコードだけ置いといてよと思う

つまりQRコードで解説ページにリンクを置いといて、みんな各自のタブレットやスマホで解説を見れるようにするというアイデアだ

汚く汚損した案内板よりよほど現実的だと思う

              にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

付け火して喜ぶ田舎者

今日は7月1日つまり夏の入り口の日だ

7月1日なので海がみたくて地元の海水浴場にやってきた

だけどその道中遠くに見える煙を見て私は嫌な予感がした

だんだん近づいていくと海水浴場の砂浜に打ち上げられた流木を燃やしているのが目に入った

そして私は車道路脇に止め砂浜のそばの防波堤の上に腰掛けていると

同じような人たちが数人いた海を見に来た人たちだ

今日の天気は快晴だけど風が強い

しばらくすると風向きが変わり私たちが腰掛けていた防波堤のほうに煙が一斉に向かってきた

私は本来焚き火とかは好きだが大量の煙が向かってくると言うのは経験したことがない

しかも1カ所に流木を集めてから焚き火をすれば良いのによりによって海岸線全域に広がった流木に一斉に火をつけるものだから煙の帯が出来上がってたちまち私たち海を見ていた人たちは流木から立ち上る煙と砂埃のためその場を離れる羽目になってしまったw

こうして私たち7月1日に海を見に来た人たちは来て早々煙によって海から追い立てられることになってしまったwww