FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

岡村隆史じゃないけれど 安倍政権で起きたこと

岡村隆史が風俗嬢について発言したことで問題になった


その後、吉本興業のパワーで無事、マスコミは黙ることになったが、あの発言は私的にはひどいと思う


コロナウィルス問題で貧困化した女性の不幸に乗じるようなことを平気で発言したことをちょっと人間性に問題ありと思ったのは私だけじゃないはずだ


でもね、事実だけを話すと私の観察によれば、過去10年ほどの中でセクシー女優つまりアダルトビデオに出演する女性のレベルは確実に上昇していることに疑いはない


10年前と比べるとセクシー女優は確実に美しくあるいは可愛くなってきたのだ


しかも一貫してだ



アメリカの一流経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルWSJ(週刊実話じゃないよ)によれば、不景気になると本来外見により高所得が得られるはずの美女やイケメンが低賃金の職場に現れる傾向があるということを発表したが(ニュースで見た)


ウォール・ストリート・ジャーナルの言うところ、不景気になれば稼げる場所が減るからファストフードのような低賃金の職場にも美女がやってくるという理屈だそうだ



で、日本ではどうかと言えば頭が悪いけど外見の良い女性の稼げる場所である水商売の職場であるキャバクラ・スナックは大きく減少してきたということが統計でわかっている


水商売の店舗の減少は最初はガールズバーのような「より安価な接客付きの業態」の増加という客単価の安い業態が増えるという一人あたりの消費額の減少から始まり、そもそもそういう水商売の店へ行く人そのものの減少により発生した


原因は所得の減少と水商売でする話すら無いという男の増加が原因なんだけれども主には所得、つまり可処分所得の減少がやはり大きい


そのため顔がいいだけの人が稼げる場所が減少してきたわけだ



だからセクシー女優の顔面のレベルは過去10年でどんどん上昇してきた状況がある


10年前はセクシー女優を見ると「良いところを探して興奮」していたが今では「整いすぎて悪いところが目につく」という状況になってしまった



これは悲しいことだが、もともとポテンシャルが高い女の人がセクシー女優になるためにさらに整形してアダルトビデオに出演するということが安倍政権のなかで起きてきた悲劇なのだ


アダルトビデオに出るために整形する人がいるという事実、悲しくないか?


でもそれが過去10年以上の事実なのだ


岡村隆史が発言を批判されたが、事実はそれよりもっと前から悲劇が発生していたのだ


ウォール・ストリート・ジャーナルの理屈で言うならやっぱりアベノミクスはハリボテだったと思う

スポンサーサイト



賢い子供が看護師になる酷い時代安倍政権

共産主義を思いついたカール・マルクスは

「労働者は、生産すればするほど、自分が消費するものは減り、価値あるものを創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまう」
〜カール・マルクス〜


と言った名言を残している


私は株取引をするから自由経済に賛成な方でマルクスが考えた共産主義の全体最適化の理想とは逆の考えをもっている



だけどカール・マルクスはそんな私にも心に響くことをいくつか言っていて前掲の名言もそのひとつだ



私が社会人になってからの10年と少し、思うんだけどカール・マルクスはやはり正しかったんだなと今更思う


リーマンショック直前のころ漫画では読んだことがあるけど今新しい目で見るとそう思う



日本にはみなし残業という制度がある


日本人を経済的な破滅に追いやり日本各地を破壊してきた世紀の悪法だ


これは残業代を毎月計算する代わりに前もって30時間や40時間分まとめてはらうというものだ


しかしこのみなし残業により残業代で稼げない人や、みなし残業代以上に働かされるサービス残業の人たちが多数現れたことで、日本の経済のインフレは完全に消滅してしまった



このみなし残業代はまるで池からいくらでも水を汲み上げていいというような共有地の悲劇を作り出し、労働力を過剰労働で壊れるまで使い、その一方で新しい労働力を常に導入するというやり方が可能になった一方で、個人所得はもはや残業してものびることはなくなったからだ


つまりみなし残業により労働者は生産すればするほど、自分が消費するものは減り、というマルクスの考えたとおりになったわけだ


だから私の観察できる範囲で言えば九州では賢い子供は公務員や医療関係のように法規制や資格あるいは権力で守られているところへ就職することを親が望んでいる傾向がある


さらに市の職員とかなら最高だと考えている


なぜなら日本企業ではスーパーの平の店員ですら平気で50km以上向こうに転勤させるため、そんなに人権無視な転勤をされたら親元から子供が離れてしまうことになるからだ


逆に市の公務員なら市の範囲内からは出ることがないのも公務員嗜好の原因になっている


また、看護師や医療関係の士がつく職業も所得水準が国民健康保険で守られているため女子には人気がある


逆に資格がない女子は九州では水商売かそれとも月14万円で生活するかしかない



だから賢い子供が上を目指すことはなくなり九州からはこのままじゃ永遠に大企業やグローバル企業は生まれることはない


あれだ、発展途上国と同じ


才能あるこどもから安定を求めて利権商売に入っていってしまうのだ


これまで日本政府は企業が活動しやすい社会にするために労働者の所得を低く抑えてきた


しかし日本にとって誤算だったのは貧しい人は新しい新製品やサービスを買うことはないということだ


だから日本企業からはダイソンやアイロボットやソーダストリームは生まれることはないし、九州からはもっとありえない


経営戦略家のマイケル・ポーターが言うには、新しい技術に飛びつくのは金持ちからだからだ



賢い子供ほど利権商売に走る腐った九州から世界へ提供できるイノベーションなんてなにもない

それは賢い子供は九州では起業できる資金が貯められないし貯められる会社ならそこをやめないからだ


今、世界の人々が憧れ大金を払うのはイタリア人やスペイン人やフランス人のような楽しく人生を楽しんでいる人たちが作るブランド品の衣類や皮革製品、ライフスタイルをイメージさせる生活家電などやこだわりをもって作られたワインや乳製品なんかだ

例えばオイルヒーターやエスプレッソマシンで有名なデロンギなんかどうだろうか?

デロンギのエスプレッソマシンなんかめちゃくちゃ高額で、コーヒーを飲むだけにしてはめちゃくちゃ高い買い物を消費者にさせている

またフライパンのティファールなんかもそうで、アサヒ軽金属やサーモスのような国内メーカーと比べるとティファールは今でも割りと高級なイメージを維持して高く売ることに成功している

これらはみな「それを買えば〇〇〇人のような暮らしができるんだ」と思わせているから海外に売れているわけだ


だから九州の人たちのように毎日朝7時から夜8時まで働いて働くために生きているような生存限界線にいる奴隷みたいな人たちは世界へ提供できるストーリーのあるブランド価値があるしなものを作れるわけがないんだ


逆にヨーロッパでも、優雅に暮らしているイメージが無いイギリスの工業製品て日本人が好んで買うやつって何があるだろうか?ダイソンくらいか?あまり思いつかない



つまり国民が優雅に暮らしていると優雅に暮らすための商品が売れるからそれらの商品は海外の人たちにも売れるというわけだ


逆に九州のように子供の20%が貧困児童で虐待で殺されそうになっている貧しい地域は生きるための最低限のものしかいらないからティファールもデロンギもBMWも生まれるわけがないというわけだ


九州の人たちは一生懸命働いているが、創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまうというマルクスの予言を自己実現してしまっている

だって見なし残業やサービス残業をしていれば自分の価値は失われ生産物は社会に増えるからだ

マルクスの言うことは正鵠を得ている

高額医療費支給制度 じつをいうと、病気になりました

私事ですが最近病気になり入院していました

そのためブログの更新もできなかったわけですが、今は少し元気を取り戻しつつあります

軽い病気かと思い病院で診察を受けたのですがわりと大きな病気で即入院となり、携帯電話もギガ死した結果、5chをみるくらいしかできないインターネット環境のなかで病院に入院していました


これまでずっと大病はなかったので入院は初めての体験だったのですが、医師や看護師の方々が親切だったのは幸いなことでした


しかし、今、私は高額医療費の制度の間でうんざりしています


日本では貧乏な人の為に一定以上の金額で医療費を「打ち止め」してくれる制度があります、それが高額医療費支給制度というやつです

これはまるでタクシーの運転手さんが目的地ちかくでメーターをとめるようなかんじで、医療費の負担を抑えてくれるというわけです



とても良い制度だと思うのですが、これには問題点があります

まず書類を記入しないといけないという点です、日本では保険証という公的な証明書になりうるカードがあるにもかかわらず、なぜかわかりませんが、高額医療費支給制度を利用するには紙に個人情報(その多くは保険証に書いてある)を書き込み郵送する必要があります

言っては悪いですが具合悪いときに病人になんでこんなめんどくさいことをさせるのか正直言って狂っていると思います

しかも期限が短くて月末までに送らなくてはいけないのです、まるで病人のことを考えていません


さらに厄介なのは、それは「月をまたぐと2ヶ月分の高額医療費を払う必要がある」ということです


つまり所得にもよるんですが、高額医療費支給制度では一ヶ月分の入院費用を打ち止めにしてくれるのですが、月をまたいでしまえば30日以内の入院でも高額医療費支給制度を使用しても2ヶ月分の費用を払う必要があるというわけです


ちなみに私の場合、月をまたいで入院したため高額医療費支給制度を使っても2ヶ月分を払うことになりました


高額医療費支給制度はとてもいい制度だと思いますが、正直貧乏な私にはそうとうダメージが大きい金額を払うことになりました

というか制度の意思はわかりますがなんで締日を月末としてしまうのかがわかりません、だって貧乏な人はそもそも1ヶ月分の高額医療費支給制度の金額でも苦しいからです


日本では失業保険や生活保護にしてもそうですが、金銭面で弱い人を救うことに無頓着な制度設計がなされています



使いにくく不親切で条件が厳しくて適用されなかったりして、国民がいざ自分がピンチになってからそこが行き止まりだと気づくような制度です


そのため日本ではときどき生活保護の窓口で灯油を撒く人や刃物を振りかざす人が現れますが、笑い事じゃありません、だって、そうでしょう?生活保護で家賃と食費を与えればいいのに与えないせいで貧乏な人は刑務所で看守に監視されて暮らすことになるわけですから馬鹿げています


日本では大卒上がり(世界的にはまるで評価されていない東大など)で企業努めをしたことがない官僚が法律や制度をつくるため、お金で困っている人を救うことが政府の業務に含まれていないように感じます


今回の入院中のことで高額医療費支給制度もその無頓着な制度設計の欠陥制度であることがよくわかりました


しかも高額医療費支給制度について調べてもらえばわかるのですが、高額医療費支給制度で利用者が支払うべき金額が高すぎて、今の制度ではおそらく非正規雇用の人たちが重病になった場合、即座に個人財務の面で詰むことになると私には今、わかります


何しろ山本太郎曰く、無貯金の人がかなり多い時代ですから



日本政府の用意する制度は私が以前から懸念していた失業保険や生活保護に始まり、コロナウイルスの対応を見れば分かるように遅いし使いにくくわかりにくく複雑です


高額医療費支給制度があっても入院中私はとても金銭面の不安を感じました


病気よりもお金の問題が怖かったのです


入院中、通信量が制限に達してしまい速度制限のかかったスマホでイギリスのジョンソン首相がコロナウイルスで入院したというニュースを読み、ジョンソン首相が退院した時ジョンソン首相が国民保険サービスNHSを指して「社会は存在した」と発言したというニュースを見たとき、ヨーロッパの先進国がそれぞれ備えている安価な医療制度が本来、どれほど人々に必要であるか、痛切に思い知りました、というか入院中、高額な医療費を恐れていたのでイギリスがとても羨ましく感じました


入院中、病気よりも恐ろしかったのは医師がまるで回転寿司を喜んで食べるデブのように私の検査の予定をじゃんじゃん入れたことです


具体的に言えばエコー検査とレントゲンを併用したり間をおかずに血液検査をしたり無意味な血圧検査をしたりというものです

医師の多くは高所得者ですから貧乏な人の気持ちがわからないのかもしれませんが、普段週刊誌でも言われている通りエコー検査とレントゲンは併用するほど価値はありません

というかエコー検査で丁寧に臓器を観察するというのにレントゲンを取る意味ありますか?

ですが医師は患者が被曝するにも関わらずまるでPolaroidのインスタントカメラの記念撮影の如く気軽にレントゲンを使います


私の隣のベッドの老人など酷いことに、次の月曜日まで検査の順番があいていないにも関わらず木曜日に入院して、月曜日までひたすらベッドの上でテレビを見るしかないという状態で放置されていました、これなんか患者が支払う入院費用を無駄に上げてますよね?




今の日本では高額医療費支給制度を前提に設備をそろえ、減価償却するために高価な検査を患者にさせ、その原資を高額医療費支給制度が支えているというのが事実だと思います


つまり、高額医療費支給制度があることが、日本の病院の過剰な設備を支え、患者の負担を増やしている気がするのです


私は今、正直言うとヨーロッパの医療費は無償あるいは安価という制度が羨ましくて仕方がありません

病院でお金の心配をするのはもううんざりです

海外の病院は待たされると聞きますが、安価な医療へのアクセスは貧乏な人にはかけがえのないものです

「諦める」と「待たされるけど安価」にはだいぶ差があります


日本ではよく薬局ドラッグストアで湿布が売られていて実際に売れ筋商品です

しかし、湿布って単なる痛み止めであってなんの解決にもなっていません


日本で湿布が盛んなのはもしかすると医療へのアクセスを諦め湿布で痛み止めをしている人が多いからなのかもしれません


だから、ユニバーサルヘルスケアの制度を整えていない日本は今の私の目には先進国には見えません

というか私達がさんざん収めた税金はどこに消えたのでしょうか???

日本が大陸と陸続きなら今なら私もヨーロッパまで難民としてドライブしたい気分です



悲しいかな、公平な医療をうけることが所得で左右され場合によっては医療を諦めている人たちがたくさんいる現状の日本は三流国家なのです


入院して今回、日本の医療制度がやはりハリボテであることがよくわかりました


安価あるいは無償の医療制度を整備しているヨーロッパは悔しいけどやっぱり羨ましいです

彼らこそ先進国だと思います


それから私は入院中節約しながら(というかみたい番組がなかったので)とぎれとぎれでテレビのニュースを見ていましたが、安倍総理の無能さにもう驚きを感じていました


遅いとか違うとかじゃなく、何もしないからです

何しろ今日現在2020年5月8日、日本政府は未だにマスクすらくれないし、10万円も受け取れないからです

しかも恐ろしいのは自民党の中の人たちが安倍総理を公然と批判しないというイエスマンだらけという点です


あんなバカを誰も自民党の中の人が批判しないというのがもう日本の終わってる度の高さを示していると思います



改めて台湾や韓国の政府の素早いコロナウイルスへの対応を見ていると両国が経済活動で日本を追い抜いたのはけして偶然では無いということがよくわかります

ですが歴史のながいスパンで見れば時代によって民族はエネルギッシュになったり衰える、それは歴史的にはいつものことです

いまや日本国は傾き、私も病気ですw


令和に入ってからいろいろありましたが読者の皆さんも健康に気をつけてください



入院する場合は月初めに入院することをおすすめします

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
それから個人的には助かったのはアースノーマットを持っていったことです


なぜかというと病院は手洗い場やシャワー室ランドリールームなど水を扱う場所が多いため蚊が湧く場所もおおく、どこからか蚊が夜中に現れます

そんなときアースノーマットがあれば、安眠できるというわけです


それからゲームボーイもおすすめです、ゲームボーイは暇つぶしにちょうどいいゲーム機で、電池は単三電池が病室のテレビのリモコンから拝借できます

最低賃金の引き上げはそのまま消費税で取り上げられる

最低賃金の引き上げが決まったが、結局今回の引き上げはそのまま消費税増税によって取り上げられる程度の引き上げであり日本の個人消費を刺激したり個人の生活レベルを引き上げるレベルではない


全国的に見ると最低賃金は約3%ほど引き上げられるがこれはちょうど消費税増税の分と消費税増税による便乗値上げで相殺される程度であり、しかも単にもともとの都道府県別の最低賃金を同じパーセンテージで引き上げる結果、都市部のほうが増加額が多く、ここでも地域格差の課題は放置されたままである


結局、日本は2020年に福岡除く九州や北東北中国地方、香川除く四国などは韓国に最低賃金という明白な経済指標で敗れてしまった、しかも韓国は全国一律の最低賃金である


これでもなお政権与党の自民党を支持し続けているのも韓国以下の最低賃金のこれらの地域だということは私にはある意味皮肉であると言える



政治が間違っているから経済が悪いのではなく、国民がアホだから政治が間違っているという方が正しいのかもしれない



結局、日本では生産性が上がらないと賃金を上げませんよというクソ理論がはびこっているからどうしょうもない


経済学的に言えば生産性はやっている仕事に左右され、個人の能力はあまり関係ない


例えば同じ高卒の人でもガソリンスタンドの店員やフォークリフトの運転手の生産性は低いが、1台10億円の機械を操作する仕事につけば財務的にレバレッジが効いているから生産性が高い


しかし今の日本のように財務レバレッジを避けて奴隷労働から現金を引き出すという17世紀?18世紀?のような植民地帝国みたいな経済学がまかり通る社会では財務レバレッジを使って設備投資して生産性を高めることができない


やってんのは老後の保証すらない非正規雇用や外国人労働力を使ったピンはね経済だ


だから日本人は今や政府によって「貧しく生きること」を強要される社会に生きていると言って良い

三田紀房がデタラメすぎるアルキメデス

アベマTVにアルキメデスの大戦やインベスターZドラゴン桜の作者三田紀房が出て、橋下徹とトークしていたが、その中で老後の生活費に2000万円が必要という話題で盛り上がっていた


話の中で橋下徹がS&P500に連動するETFを買ったと言う話や長期投資がどうこうと言っていたが、三田紀房の言う事がデタラメすぎてガッカリした


三田紀房によれば

長期投資が良い

お金に働いてもらう

コツコツと増やす

若いうちから

分散する


と言うのが大事らしいが、これっておそらく三田紀房が取材した相手の意見をそのまま言ってるだけだろm9(^-^)

と私は思った




なぜなら実際に投資をすれば分かる通り、長期投資はしばしば株の塩漬けになるし、お金に働いてもらうどころか株を買うために節約したり食費を削る人がいる、また、若いうちからと言うが、若いうちの貴重な現金を株式市場で失う人も多い、さらに素人の場合そもそも買う株の選び方とタイミングが間違っているから分散したのに損をすることが多い


それに三田紀房はトークの中で自分は株式投資をしていないと言っている



つまり三田紀房の言うことはまるでデタラメなのだ



三田紀房の作品であるアルキメデスの大戦やインベスターZドラゴン桜を見ればわかる通り、三田紀房の作品は大まかに言えば取材した事柄を作者である三田紀房の意見を代弁する作品内のキャラクターがうまく解決すると言う流れであることが多く、漫画のスタイルで言えば美味しんぼと同じようなものである


数式にすればこうである


三田紀房の漫画 = 書きたい題材 + 作者が取材した事 + 三田紀房本人の意見 + 主人公の仲間 + ストーリーの中でのライバル

美味しんぼ = 今回の食材or料理 + 作者が取材した事 + 美味しんぼの作者の意見 + 東西新聞社のメンバー + 海原雄山






だから、インベスターZのレビューを書いたブログなどでは「インベスターZは投資家にバイブル」とか「インベスターZは読むべき」と言う意見があるが、実際には作者の三田紀房本人が取材した事に対しての三田紀房のアンサーであり三田紀房の漫画はなろう系主人公や転生もののラノベとなんら変わるところはないのだ


実際には株式市場は三田紀房の漫画のようには行かず、ちゃんとテクニカル分析を学ばないと若いうちの大事なお金を節約してまで分散投資して、お金が働くどころか含み損を抱えてそのクソ株を長期保有する羽目になり、結局自分がコツコツ働くのが落ちである


長期投資やコツコツは株式市場ではバカな考え方である

テクニカル分析を学べ