<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

スズキSUZUKIの車のリアランプ?が切れているのはわざとなのかそれとも仕様なのか

SUZUKIは日本を代表する自動車会社そしてバイク会社だ



とくに地方ではスズキの軽自動車や軽トラバイクや原付が人人の足がわりになっている



農作業する人とか特にそうだけど軽トラなしには農作業ができない
中型トラックでもなく大型トラックでもなく軽トラがいいのだ
とくに鈴木のエブリィやキャリーはその中小企業を支えているといっても言い過ぎではないほど走りまわっているおそらく社用車としてはトヨタのプロボックスとか日産のADバンを抜いてダントツで使われている


田舎の県道と市道を走っていると落ち葉マークなんだ老人マーク?をつけて時速制限60キロの道なのに40キロとかでもたもた走るおばあさんやおじいさんの運転している軽トラをよく見る

高校卒業した人や専門学校に入ったばかりの人も地方では車は必需品なのだがよくスズキの軽自動車を買っているのを聞いたり見たりする

ワゴンアール(ワゴンR)、スペーシア、ハスラー、ラパンこれらは皆スズキの軽自動車だ

他社に比べて割安な車を作っているSUZUKIの自動車は日本の中でも特に貧乏な地域に住んでいるど貧乏九州人たちには携帯電話と同じ位必需品となっている



何しろ田舎では車がないと仕事に行くこともできないし学校にも通えないし病院にも通えないそもそも買い物すらいけないのだ

だから軽自動車の税金を引き上げた自民党が本当に悪いと私は思っている

でだ、最近車の後部のライト類が切れている車をよく見る

具体的にはブレーキランプとかリアランプとかそういった部分だ

かなり高い確率でSUZUKIの車はブレーキランプリアランプが切れている

車検を通していると思うんだけど、きれていることが多い

私は普段音楽を聴き口ずさみながら運転していることが多いのだが、片方のブレーキランプが切れている車はとても危険だなぜなら片方のブレーキランプのところしか見ていないときにブレーキを踏まれてもそれに気づかないからだ

しかも私がもしぶつかったと相手の車に「ブレーキランプが点灯しなかった」と言っても衝突した後だとおそらくランプの衝突の衝撃で破壊されているはずだから確認されてしようもない場合があるかもしれない

だからブレーキランプの球が切れているスズキの車に対してとても怖いと思っている

そういえば以前いくつかSUZUKIの車に対しての評判を聞いたことがある

「スズキの車の塗装が薄いからさびやすい」とか「SUZUKIの車は社内の天井の壁紙?内装?が剥がれてくる」みたいな感じのことだ

しかし私は「おそらく車に対して手を入れることをの興味を日本人はなくしてしまったのではないか」と思う

もちろん今でもガソリンスタンドの自動洗車機前には休日になれば何台も自動車が列をなす

だけど自動車はここ数年で明らかに個人の持ちのものの中でのステータス性がだいぶ下がってしまった

例えばこれまで普通車に乗っていた人たちでも平気で軽自動車に乗り換えたり小型車を選んでしまう

若者などタイヤ4つとエンジンがあれば良い感じだ

スポーツカーとかワゴンがとかじゃなく「安いやつ」と考えている
だから車を細かく気にしない時代になっている(なんか悲しい)

もはや車検とかで指摘されれば替えるけど、自分では気にしない

そんな時代になっているのだ

今、世界では自動車会社の合従連衡が進んでいてほぼ全ての自動車会社はグループや資本提携をしてそれぞれ結びつきを強め生き残りを図っている

日本は人口1億2,000万人ほどの国だが世界を代表する自動車会社が何個もあり他にこんな国にはない

アメリカですらフォード、GM、クライスラー、テスラ(TSLA)しかないのだ

今日本人自体が自動車への興味をうしないつつある
例えば宮崎県を例にあげれば宮崎県で高校卒業すると半分以上の卒業生は県外へ出てしまう

進学就職のためだ

つまり宮崎県の高校卒業生の半分は自動車を必要としていないわけだ

東北や四国北海道でも同じ感じだ

仮に九州に残った人たちも自分で普通車を変えるほどの給料を受け取れる人たちはごくわずかだ

だから軽自動車に乗るしかない

自動車を買う時にかかる税金そして維持する時にかかる税金何より燃料を入れるときにかかる揮発油税等自動車はたくさんの種類の税金と言う「ツタ」が絡まっている

今日本経済のかなり大きな部分を占め支えている自動車産業だが、
日本国内の若者が自動車を満足に買えないような給料しか受け取っていないのだから長期的に見れば衰退していくのは避けられないと私は考えている



現にリアランプの切れた車が走り回っていてそれが何台もいる

スポンサーサイト

日本の道路の横幅が狭すぎる

日本の道路の横幅が狭すぎる


今の時期で涼しくなってくると九州では日本一周の自転車をよく見る



荷物を持って自転車で旅をする



彼らは自転車に乗りヘルメットをつけているけれど私はとても危ないと思うというのも日本の道路が横幅が狭すぎるからだ


国道であっても全然余裕がない所ばかりだ



中央線そして白線の片側1車線ずつの所なんて、車の通る車道以外の分は60センチもない

そのため道路幅いっぱいの貨物トラックやダンプカー等はとても危険だ

曲道であっても全然余裕がない道路なのであった2秒ほどよそ見すると衝突するような道路だ

こんな道路は恐ろしくて低品質だ

昔に作られたトンネルなどが特に危険で自転車で九州を一蹴しようとする人たちがトンネルの中を走っているのを時々見るのだがあれでよく死亡事故が起きないものだと私は感心する


何しろ貨物トラックの幅しかないのでトラックの運転手の人が注意していなければ自転車なんてあっという間に轢き殺ししてしまうはずだ

自転車で日本一周や九州一周をしようとする人たちはケチなのか貧乏なのかわからないが反射材やライトなどの装備はあまりつけていないことが多い

しかもバカなのかアホなのかわからないが黒いウェアを着ている人も結構見る

はっきり言ってあれは自殺志願だとしか思えない

だがしかし国道なのに横幅が狭すぎるのが1番問題だ

原付やバイクが走っていても片側1車線しかないので抜くことができないような道路ばかりなのだ

国土交通省はほんとにバカなんじゃないかと思う



九州の道路は福岡県とかは除くと低品質な道路が多い

それは新しいとか発想が痛んでいないとかそういうことではなく、道路に余裕がないのだ

九州の道路の多くが片側1車線ばかりなので、仮にもし人民解放軍や韓国が攻めてきても、日本の自衛隊は効率的に部隊を展開させることができない

一般道は片側1車線ばかりだし高速道路も片側1車線ばかりなのだ

交通網がとても貧弱なのが自民党にある公共工事公共工事の繰り返しによる土建政治は田舎の建設会社に仕事を与えることが目的だったので国家のグランドデザインなんて何も考えていなかった



既存の道路舗装するもしくはバイパスを作ることだけが目的だったからこんなに不便なのだ

自民党の支持する建設会社は地方にはたくさんあり仕事を請け負っているが実際には自分たちの信用を基にした借金つまり国債の発行で仕事を作っているだけなので、自民党支持していても実際には自民党が借金を増やしているだけで仕事をくれているわけではない



何か他人の金をあてにした公共工事は自民党の政治なのだ



だからこんなしょうもない低品質の道路を作り続けるのだ


日本人ていつもそうなのだが余裕を持って作らないいつもいっぱいいっぱいだ
これは日本人のもったいない精神もしくは小さな箱にいっぱいおかずを詰め込むお弁当の考え方あるいはあるんだから使わないとと言う貧乏人の考え方なのかなと思うのだが余裕を持って作らない

象徴的なのは戦車だ

日本はエンジンの能力いっぱいに大砲やを取り付けるので、いざアメリカ軍と戦うときになるとキャタピラや鉄板などを取り付けて追加の走行板を得る事は難しかったなぜなら設計時のエンジンの能力を超えてしまうのでエンジンがトラブルを起こすのだまたは駆動系のトランスミッションなどもトラブルを起こす
また、車体は小さいのでとても圧迫感を感じる


しかし

ドイツ戦車は余裕を持って作られていたので自分たちの先生より強いソ連軍の戦車が現れたときは新しい大砲に載せ替えたり予備のキャタピラを取りつけて装甲板がわりにすることができた


また内部も余裕があったので追加の砲弾を積み込んだり銃弾をつみこむこともできた

戦闘機も同様である

日本軍の飛行機はエンジン性能が低く太平洋戦争が激しさを増していっても性能向上させることが難しかった

しかしドイツ軍の飛行機はエンジン性能が高く追加の武装施したことで戦争末期まで戦うことができた

有名なユンカース87スツーカ急降下爆撃機は最初爆弾を搭載して爆撃に夢についていたが

ソビエト軍の戦車が大量に戦場に現れるとなんと爆撃機なのに大砲を搭載して空からソ連軍の戦車を打ち抜いた


日本人は「もし予定通りに行かなかったら」という事に対してとても弱い

それは結局イレギュラーな事態が起きたら何が起こるかと言うことを想定していないと言うことであり道路に余裕がないと言う事は貨物車やダンプカーの運転手は1度もミスをせずに走り続けると言うことを想定しているからだ

からダンプカーやトラックバスの運転手が立った数秒間よそ見すると即座に死亡事故になってしまう

日本では道路の幅が狭い声で死ななくても良い人が大勢死んでいると私は思う

クッソいい天気、僕は今日も一路南を目指す

植物は太陽と水、そしてカリウム・チッソ・リンがあると元気に育つように

人間も天気が良くてうまいもの食べると元気が出る

今日は南へ向かいうまいものを食いに出かけた

今回は鹿児島県枕崎市の漁港そばにある枕崎おさかなセンターという道の駅のようなところへ出かけた



1階は土産物屋さんと観光案内所

2階がレストラン

そういう構成の建物だった



で、そこをめざし、南九州の田舎道を走ったのだが「チョー気持ちいい」

何故かと言うとがない」から

茶畑、焼酎用の芋畑、そして早場米の田畑を抜けながらブレーキを忘れてドライブすると、とても気持ちが良いのだ

全周360°が緑の中、車で駆け抜けることこそ人生の目的の一つと言える

途中田舎の香水(肥料に使う鶏糞牛糞、そして牛舎や豚舎からの香ばしい香り)や吹上浜からの潮風を
浴びながら走ったがなかなか良かった

途中の金峰町や吹上町、枕崎市、川辺市などではもう稲刈りをしている農家も何軒か見た(せっかちな奴らや)

途中少し曇ったけど無事にお魚センターに到着できた



で、おさかなセンターで、カツオ丼を食べた
枕崎お魚センター2017年7月30日

お魚センターへ向かう道中「あれ、もしかして枕崎お魚センターが寂れてたらどうしよう?」と思ったがなんのなんのwwwその心配は取り越し苦労で、おさかなセンターの中は、
日本の端っこの割に、お客がたくさんいた



で、肝心のカツオ丼のカツオの刺身の美味いこと、関東や東北の人から甘いと言われる九州醤油よりあまい鹿児島の醤油は、新鮮な魚を食べるために最適化された醤油だ



その為、カツオと合う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新鮮なカツオと鹿児島醤油にといたわさび、そしてなにより、カツオの刺し身の下に敷かれたかつお節の旨味と香りが、
私を満足させるには十分以上だった

照りつける日差しを浴び、キラキラ輝く水面と停泊した漁船をみながら美味しく頂いた


お土産にかつお節とつけ揚げを買って帰路についた


追伸

枕崎市街地は田舎の割にビルが多く、栄えていた時期があったこと、それを私に想像させてくれた
それらのビルの多くはすでに空きビルになっていたが、ここ、枕崎にも「良い時期」はあったのだ…
機会があればぜひ訪れてみて欲しい町だ

テスラモデルXとかいうくっそ恥ずかしい自動車



テスラモデルXのドアは横開きしてくれない

かわりにファルコンウィングドアとかいう恥ずかしい開き方をする

以前市街地の大通りでこのモデルXを見たんだけど
信号停車中、運転手さんが降りてきて、このファルコンウィングドアを開けて、後部座席からなんか取って、
再び運転席に戻った

このファルコンウィングドア、開くとかなり目立つ

なんせ持ち上がったドアは車体よりかなり高くなるので、人混みの中で両手を振っているようなものだノシ

停車中の車の運転手はみんなモデルXに視線を集中させた



その後、モデルXは恐ろしい加速の良さで、青信号と同時に遠ざかっていった


もしかするとモデルXの加速性能の良さは、恥ずかしさから逃げるためなのかもしれない…

日本の4WD車の中でほんとのオフロードを走ったことある車って何台有るんだろ?

日本車は高性能だ

軽自動車からトラックまで、年間日本車メーカーは2017年6月だけで、815000台も生産してその約半分である401000台を海外に輸出した

北極圏から砂漠地帯まで、広い範囲で使われている
三菱トヨタ平成29年7月28日

イスラム国もFJクルーザーやランクル、そしてパジェロなどを愛用している

そこで思ったのだが、日本車の4WD搭載の車の中で、日本でオフロードを走る車って何台くらいなんだろう?という疑問だ

私は九州に住んでいるのだが、結構山道でも舗装されていたり、気をつければ通れるような道ばかりなので、
日本で4WDて雪道がある北海道〜雪の降るエリアまでしか必要ないんじゃないかと思う

日本海側とか長野とか意外は4WDいらんと思うのだ

九州は熊本や鹿児島、そして宮崎ですら結構舗装されて、一昔前のデコボコな田畑の中の農道すら今は舗装されて、
アスファルト舗装されている

それは一見いいことのように思える

なぜなら砂ぼこりがなければ車は汚れないし、飛び石で傷つくこともない

しかし同時に大事なものを失っている

それは「お金」

山奥の道路まで舗装することにより、国民全体のお金を失っているのだ

4WD車が日本で活躍する時代ではなくなったが、同時に私たちは必要以上の舗装によって、
過分なお金を税金として取られている