熊本ラーメンこむらさき、なんか変だ… 熊本県熊本市商店街をウロウロして地震の爪痕に出会う観光の旅

熊本市民は商店街のことを「街」という

買い物に「街」に行く
飲みに「街」に行く
遊びに「街」に行く」


熊本市民の言う「街」とは具体的には



「上通りアーケード」、「下通アーケード」、そして「新市街」を主に言うらしい。

飲食店、衣料品店、八百屋、パチンコ屋、飲み屋、ファストフード店などが集まる熊本の中心といえるエリアだ。

国道28号線を挟んで存在している。

中央の交差点を横断するときには熊本城を見上げる事ができ、1つのランドマークとなっている
市街地熊本城2016年7月14日


ここには熊本唯一の百貨店(デパート)、ツルヤがあるし、以前は県民百貨店もあった、市役所もこの商店街のエリアにある

今回は熊本県の中心、「街」をウロウロしてみた

2016年7月13日2
九州の
平成28年7月13日1
熊本市のこの辺

予備知識

総人口 739,821人
(推計人口、2016年6月1日)
県の総面積の5.3%にあたる約390km²の市域に、県内人口の約41.6%にあたる約74万人の市民が住む。2012年(平成24年)4月1日に九州で3番目の政令指定都市に移行した。九州では、福岡市、北九州市についで、3番目に人口が多い。
肥後国府や肥後国分寺が置かれた地である。現在の市街は、細川氏熊本藩54万石の城下町を基礎に発展してきた。戦前は陸軍第6師団や国の出先機関が置かれ、九州を代表する軍都・行政都市として栄えた。2011年(平成23年)3月12日、九州新幹線鹿児島ルートが全線開通し、熊本駅に新幹線駅が併設された。
中心部は熊本城天守閣(地図)から見て南東から東に広がる。ただし、熊本城などからの眺望を確保するための環境基準により、中心部を含む熊本城周辺地域約550haには厳しい高さ制限がある[3]。そのため中心部には高層ビルが存在しないが、当該地域の外にある熊本駅周辺の新都心地区には、くまもと森都心などの高層ビルが立地する[2]。また、中心部を囲むように立地する熊本駅(地図)・上熊本駅・新水前寺駅(地図)のJR九州3駅が交通結節とされており、中心部との間が熊本市電によってつながれている。



思ったのは熊本市は美人が多い、そんな気がする。

しかも面白いのは行き交っている人たちの顔が、鹿児島市と少し違う所だ。

たった170Kmほどの距離なのに顔の彫りとか額の反りとかが違う気がする。



やはり隼人と熊襲の違いなのだと思う。



鹿児島市と違って、熊本市民はスラっとしているひとが多い気がするぞ(鹿児島市民すまん)

鹿児島市だと南国風エキゾチックだとすれば、熊本市は正統派タイプな気がする

平日の昼間だというのに、商店街の中は行き交う人でいっぱいだった。

本州と違い、イオンの進出に少しタイムラグが有るので、九州ではまだ商店街が生き残れている

とは言え、マクドナルドも閉店していたり、改装中のビルや、熊本地震の結果、一時閉店や廃業している店舗も目立った

でも、少し商店街を離れたエリアでは、新しい再開発事業もやっているっぽいから心配ご無用

以前訪れた八代市でもそうだが、地震がきっかけになって商売をやめてしまう個人商店が思ったより多いようだ

それでも若い人が多く歩いていると活気があるような気がして嬉しくなる

途中、歩き疲れたわたしは、S字、U字の変わった形のベンチに腰掛けるのだが、コレが又座りにくいのなんのって、
背もたれすらないんだから安定しない

ベンチに腰掛けていると中国人の家族がやってきてしばらく腰掛けていたが、疲れたを連呼していた、
行き交う人の数に比べてベンチが少ない…

ちなみに中国語では疲れたは「累了(レイラ)」ウォーヘンレイラーと言っていたら「俺疲れた〜」という意味だ
ベンチ2016年7月14日

商店街は規模こそコンパクトだが、十分に密集しておりボリュームがある、
地方の商店街には珍しく、八百屋も未だに生き残れている。

しかし、ここでもパチンコ屋の進出が多く、商店街のポテンシャルを毀損している。

商店街を南北に分ける国道は路面電車が走っており、常時大勢の乗客を運びこんでくる。
これは鹿児島市の天文館の路面電車と同じような感じだが、乗り降りする駅の幅は鹿児島市の方が広くて余裕があるが、熊本路面電車はかなり狭い運賃は170円

路上から直接乗り降りする路面電車はやはり最高の交通手段の1つだと言える

これは熊本駅など主要な場所を結んでいる

商店街付近にはカトリックの教会があった(鹿児島市にもザビエル教会がある)

ウロウロする中で、熊本市役所を訪れると、地震関係の手続きに訪れた大勢の熊本市民が順番を待っていた。

熊本市役所でオモシロイと思ったのは、無料の給水器だ。

熊本市は水が美味しい街として知られているが、このウォータークーラー?では、おいしい水が無料で飲めるのだ
p50872_87_11P17城見の水※写真差し替え

その後、熊本城を見に行ったが、酷いものだった
IMG_1523.jpg

なんと、熊本城の石垣だけでなく、そのそばの神社も押しつぶされて破壊されていたのだ!!!




かなり、衝撃を受けた、神社の狛犬や小さい祭壇?なども倒れて破損していた

壊れている熊本城は逆に今見に行くべきだ、もし20代なら修復された熊本城も見れるでしょうが、石垣が崩れているお城はいま日本に熊本城しかありません、あとはみんな修復された小綺麗な城だけです

その後、昼飯に行こうと考えていた、熊本ラーメンこむらさきに向かった

img_ousama.jpg
熊本ラーメンこむらさきは、以前はたしか熊本駅にも支店があり、食べた覚えがあった。

ニンニクチップをふりかけて食べた思い出があった

たしか横浜のラーメン博物館にも出店していた気がする

入店すると

店内にはおじさん1人しかいなくて、「あれ?もう今は廃れちゃったのかな?」などと考えた。

何故かと言うと、店にまるで活気がなかったからだ。
覇気がないというか…

店内にはラーメン屋には似合わない洋楽のラップが流れていた(多分JAY-Zwwwなんで???)

王様ラーメンを頼んで待っていると、だんだん客が入ってき始め、それなりに店が埋まってきてやはり人気店なんだなと思っているのだが、それでもやはり活気が無い感じだった。

ラーメンのスープは旨いし、麺も伸びているわけでも固くも無くちょうどいい、
でもなぜか活気が無いのが気がかりだった。

その後、しばらく商店街をウロウロした後、熊本市を後にした


八代編
八代訪問観光記
スポンサーサイト