FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

@@@客の品格@@@くら寿司の店員がもらえなかった「美味しかった」をいきなりステーキで聞いて感じたこと

昨日今日、そして明日までいきなりステーキはランチのワイルドステーキ300グラムが1000円(税抜き)でお得だ

で、昼食に無性に空腹を感じた私もいきなりステーキに行くことにした

店内はすでに満席で、よりによって一番入り口に近いドアが開く度に寒風が吹く席に通された

注文を終えサラダとスープを食べていると昨日ブログに書いたバイトテロのくら寿司守口店のことを思い出した

くら寿司守口店は大阪府の最低賃金と同じ水準で求人を出していて、バイトテロをくらった

そして私はブログに「真面目な人が”自分はがんばっても待遇で報われない”と感じたらバイトテロが起きる」と書いたのを思い出しおもむろにそのいきなりステーキの時給を調べてみた

すると、1100円だったのでそのセブンイレブンやローソン、そしてくら寿司やはま寿司よりもアルバイト時給が高いことに気づいた

これは、いきなりステーキの経営陣が「アルバイトの時給なんて九州の最低賃金に+20円くらいでいいや」と考えていないことを示している

しかもいきなりステーキの親会社であるペッパーフードサービスはNASDAQに上場していて、これは日本の小売業や飲食業としてはありえないことだ

日本の企業としてNASDAQに上場しているのは以下の通りだ

インターネットイニシアティブ(IIJI)
キリンホールディングス(KNBWY)
キユーピー(QPCPY)
日産自動車(NSANY)
任天堂(NTDOY)
マキタ(MKTAY)
三井物産(MITSY)
東京海上ホールディングス(TKOMF)
ワコールホールディングス(WACLY)
三菱電機(MISEY)
FRONTEO(FTEO)
ペッパーフードサービス(KPFS)


そして参考までにNYSEに上場している日本企業も貼っておく

   ソニー SNE 1970年9月17日
本田技研工業 HMC 1977年2月11日
三菱UFJフィナンシャル・グループ MUFG
   オリックス IX 1998年9月16日
トヨタ自動車 TM 1999年9月29日
キヤノン CAJ 2000年9月14日
野村ホールディングス NMR 2001年12月17日
みずほフィナンシャルグループ MFG 2006年11月8日
三井住友フィナンシャルグループ SMFG 2010年11月1日
LINE LN 2016年7月14日



飲食業と小売業としてはアメリカの証券取引所に上場している日本企業はペッパーフードサービスだけなのだ


イオンやセブンイレブンはアジア地域に進出しているじゃないか?と思うが、世界の資本主義の中心であるアメリカの証券取引所には上場していない


つまり日本の小売業や飲食業は世界基準で言ってクソなのだ

これは紛れもない事実だ

日本の小売業や飲食業は非正規従業員の本来得られたはずの給与や福利厚生を利益に計上することで成り立っていて、とてもじゃないがまともな商売とは言えない


高学歴の大学生が飲食業や小売業をさけるのはそういう理由である

日本社会や日本企業のような、お前らにはこれだけで十分だ!とか時給1000円なんて無理無理無理とか給料をもらっている以上責任感を持て、髪型は企業の指定したとおりにしろ、ズボンはスラックス(自腹)みたいな屁理屈クソ経営では世界の市場では戦えないのです

日本企業はもはや儲け方を理解できないため験担ぎやまじないに頼っています

たとえば、私はこれまで株で儲けるためにいろいろな経営や会計についての本を読んできましたが「バックヤードに入るときに売り場にお辞儀しろ」なんて、どの会計の本にも載っていませんでした


もし知っている人がいたら教えてください「バックヤードに入るときに売り場にお辞儀」したら具体的に会計のどの数値が上がるのですか?

お辞儀したらROAが0.01%あがるのですか?それともROIC???、EBITDAにはどういう影響が????totalLiabilitiesにはどう効くんです?税控除は??
まるで理解できませんw


あとは、素手でトイレを掃除したらなんで金運が上がるんですか?しかもそれってもともとの本では経営者がやるやつですよね?なんで従業員までそんな迷信につきあわせるんです?


日本の小売や飲食業が海外の株式市場にろくに上場できておらずなおかつまともな給与を払えないのは経営陣の怠慢にすぎません

例えば小売業は商品の絞り込みができていません

私がいつもいくドラッグストアにはホットケーキミックスの素がなんと5種類もあります

つまり森永製菓、昭和産業、聞いたことないブランド、そしてサイズ違い2つです

私なら売れ筋のスナック菓子チョコ菓子とかならともかくホットケーキミックスで5種類も揃えるのはちょっと品揃えに力入れすぎだと思います

それから商品の並べ方も変で本来なら売れ筋商品を積み上げないといけないエンド(商品棚の列の端っこ)にわけわからない商品を置いてあることが多々あります
例えば聞いたこと無いメーカーの洗剤とか、ロッテのチョコパイに似せた聞いたこと無いメーカのチョコパイなどです

ほかにも上げたいのですがやめときます

とにかく日本企業は生産性が低すぎます

だから、何十年何百年もつづく老舗のくせに店舗が10店舗以下だったりするのです

ペッパーフードサービスのいきなりステーキが私の地元で最低賃金+300円以上で求人を出しているというのはペッパーフードサービスが生産性が高く、他の飲食業や小売業は生産性が低いということを意味しています


さて、ワイルドステーキ300gが焼き上がり、私はその熱々の鉄板の上にためらいもなくおろしニンニクを落とすとおろしニンニクはマグマのようにたぎりながら、にんにくの香り100%の湯気を出した私はそれを顔面で受け止めた

そして私は順番に肉をひっくり返していき、レアの状態の一切れをご飯の上に載せておいた(こうすることでレアが食べられる)

そしてテーブルの上の粗挽き胡椒を振ってから右から順番に肉を食べはじめた

そして、食べ終わりに差し掛かった頃、帰る途中の男性客が調理場を覗き込んで肉を切っている店員にこう聞いた「それが450gですか?」と

すると店員は「これは450より少し大きいです」と答えた

すると二言三言いきなりステーキの店員と男性客が話したあと(内容は聞き取れなかった)、男性客は最後に美味しかったと言った

そしていきなりステーキの店員は「ありがとう御座いますまたおこしください」と答えた


私はこのときハッとした

なんかただの店員との会話だったのだが、果たしてバイトテロを起こしたくら寿司のバイトが、客とこういうふうな会話をしたことがあったのだろうか?と思ったからだ


拝金主義の隅々まで行き届いた現代の日本では「カネさえ払えばなにやってもいい」とか「採用するときにこの時給でいいって言ったよな?」「クソみたいな時給で責任感と清潔感を持て」みたいなクソみたいな考え方が大手を振っていて、私達は人間らしさを失っている気がする

だから、コンビニに行けばマニュアル100%の対応をされるし空港で飛行機にのるときもマニュアル100%の対応をされる、役所でもマニュアル100%だ

自動車がオートマ車の時代だというのに日本人と日本企業はどんどんマニュアル100%になっていく

わたしは前述のいきなりステーキでの客と店員のやり取りを見てすこし気付かされた

私はそういえば回転寿司やファミレスやその他の飲食店に言っても「うまかった」あるいは「美味かった」「旨かった」みたいなことをそういえば言ったことがない


それからよく、電話しながらコンビニで買い物とかイヤホンしながらコンビニで買い物みたいなやな客の話を聞くが、そういうのも客としての礼儀を失っていると言えるのかもしれない
もしかしたら私は、そして日本人はこれまでのどこかの段階で客としての礼儀を失ったのかもしれない



だとしたらバイトテロを起こしたビッグエコーのカラオケ店員や牛丼屋の店員などは客を客として見ることを忘れていたのかもしれない

つまり、バイトの時間だけそこで働いて注文をうけたらそのテーブルに料理を運んで、そいつらが帰ったらテーブルを片付ける

そこには客と店員の会話はない

だから、バイトテロでひどいことをしても心が傷つかないわけだ

なぜなら相手を人間として見ていない拝金主義の隅々まで行き届いた現代の日本では、人間性が失われたので客を人間として見なくなったのかもしれない

だからバイトテロはモラルとか衛生観念の問題ではないのだ

私はそう思う

いや、なんかうまく言えんが言いたいことは半分は書けたと思う



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

以下は推薦図書です


エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著)
新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)




ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ハードカバー – 2015/2/27
ロバート・C・ヒギンズ (著), グロービス経営大学院 (翻訳)
¥ 4,752
ポイント: 143pt (3%)



フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2010/2/12
キャロリン・ボロディン (著), 長尾慎太郎 (監修), 山口雅裕 (翻訳)

新品
¥ 6,264
ポイント: 188pt (3%)

スポンサーサイト



末期がんの入院患者の病院で私は思った

先週末つまり2018年10月21日日曜日、わたしは末期癌の親戚の見舞いのためにでかけた

電車を乗り換えた先の地方都市では親戚が出迎えに来ていて、私の地元と違う方言で入院中の親戚の病気の事の顛末を1から話すが秋晴れの空の下で行き交う駅前の見知らぬ土地の物珍しい風景をタクシーの窓から見ているとそのうんざりする病状の解説など頭に入らなくなっていた

車は駅を離れ、親戚とタクシー運転手の雑談に相槌をうつふりをしていると街の少し外れに病院はあった。
病院の受付を過ぎると病院内は節電のためか、昼過ぎの病棟の廊下は薄暗くて日本独特のやたらと張られた注意事項や厚生労働省のポスターが、小さな窓から差し込むそのわずかな光を乱反射させていて、薄暗い廊下に立っていても現実感をあまり感じられない
古い地方の病院は新しい病院と違って、低い天井と開放感のない間取りは不気味さを感じさせるなにかがある
エレベーターの前、親戚に促されアルコールの消毒液を手のひらに出して手になじませると普段嗅ぐことのない、ツンとした消毒臭が感じられ、わたしはエレベーターの中で親戚の背を見ながら何故か私は自分の手のひらの匂いをもう一度嗅ぎ直した

エレベーターを出て左折するとナースステーションがあり、そのことが入院中の親戚の病状がかなり(極度に)悪いことを暗示していた
ナースステーションに近いということはすぐ駆けつけられるということを意味しているからだ

廊下やロビーにはあれほど注意事項やポスターを貼り出すくせに、4人部屋の病室には、一切の飾り気がなくベッドサイドのテレビ台兼テーブル(なんていうんだろうあれ?ようするにテレビが乗っていて、引き出しに物が収納できて引き出し式のテーブルもあるあれ)の上にはものが雑然としていた
わたしは同行した親戚と入院中の親戚を不安にさせないようにできる範囲の作り笑顔でベッドに近づくと入院中の親戚は眠っていた

同室の他の3人の患者も老人で眠っているかしずかに私達を見ていた
病室内で、見舞いに来ていた別の親戚が用意した椅子に腰掛け、私はもう一度自分の手に残る消毒液を嗅いだ

ブラインド越しに見える雲ひとつない外の景色と病室内に横たわる入院中の親戚は対照的だった

付き添いに来ていた親戚は宅配で送ったふるさとの珍味に感謝していた、というのも遠くに嫁いだ入院中の親戚は地元の味に餓えていたので、病気で弱った今、地元の味でご飯が食べたがっていたからだ


しばらくすると入院中の親戚は目を覚まし私達を見つめていた

高齢でボケている入院中の親戚は私と同行した親戚はわかっても、私のことはわからない、なぜなら記憶の中に私はいないからだ

同行した親戚に促され私は持参したノートパソコンを開き、保存してある入院中の親戚のいとこの写真を見せてあげると入院中の親戚は喜んで目に涙を蓄え(湛えだっけ?)ていた
画面を指差していろいろ質問する入院中の親戚はすこし楽しそうだった

しばらく談笑していると、部屋の反対側の患者が看護師に「みかんが食べたい」と言っていたのがたまたま聞こえたので耳を傾けると看護師は看護師独特のなれなれしいタメ口で「先生に聞いてから」と答えた
わたしはそちらを振り返ると、その患者も老人でみるからによぼよぼだった
それを見て私はやるせない気持ちで嫌になった、何故かと言うとナースステーションのすぐ横の病床にいる時点で、完治の見込みもないし、高齢なので今更何かがあるわけでもない、果たして今更健康に留意する意味があるのだろうか?私はそう思ったのだ


おそらく私達の談笑のせいで目覚めた部屋の反対の患者はその後しばらく聞き取ることのできない独り言をだれが聞いているというわけでもないのに続けていた

いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言
いつまでもとまらない独り言

いつまでもとまらない独り言は、なにかを言っているようだが聞き取ることはできない

また別の反対側の病床の患者は焦点の定まらない目で虚空を見上げていた(そりゃそうだ、病室には絵も花も無いんだから見つめる先がない)

高齢者で意識が不明瞭な入院中の親戚はどうやら飽きてきたようで私達はパソコンを閉じ、少し雑談をした

すでに軽い認知症の親戚は同じ話を繰り返し、見舞いに来た私のことを初対面のように見続けていた

私と同行した親戚は帰る間際入院中の親戚に「元気でね」と言っていたが私の口からはとうとうそういう社交辞令は出てこなかった(言えなかった

地元を離れ、認知症で記憶を失い、末期がんを患う

なかなか人間って思うように生きられないのだなぁと思った

去る間際、ベッドに横たわる親戚は横たわったまま手を振っていた
そして、私以外の親戚のことは思い出したようで目からは警戒心の光はなくなっていた

わたしはそのことで少し気が楽になった

              にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

都城ではクリスマスじゃないのにごて焼き売ってます

鹿児島と宮崎の県境にある宮崎県都城市ではニワトリの飼育が盛んなため鶏肉がいろいろな食べ方で食されている

そしてスーパーでは年がら年中いつでもニワトリのごて焼きが売られている

もともと都城市含めて宮崎県全域と隣県の鹿児島県はニワトリの飼育が盛んなのだが、ごて焼きはなぜか都城市でしか売られておらず隣県の鹿児島県側ではクリスマスとかのイベントの時しか売られない

恐らくこれは都城市独特の食文化なのだろうと思う

ちなみに芋焼酎の霧島は鹿児島県とは無関係で宮崎県都城市の特産品です

霧島酒造の本社も都城市はあります


              にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログを続けるテンションをくださいクリック投票とブックマークお願いします(´・ω・`)ノシ

トウモロコシ畑には石灰をあまりまかないほうがいい

今更だが家庭菜園をミスった

家族の指図によりトウモロコシ畑に石灰を多量に散布したのが原因で、土がアルカリ性に傾いてしまったのが原因だ

本来とうもろこしは、酸性気味の土を好むのだが、今回は石灰入れすぎてしまった

そのせいでひょろひょろの軸になってしまい、早くも実がついてまるで奇形だ

おそらくアルカリ性のせいで葉に行く養分がうまく吸収されなかったのだと思う

子供の給食に牛乳とパンを出すな

日本では糖尿病によって年間約1兆2000億円の医療費を費やしている

さらに日本では多くの人たちが、糖尿病の疑いがあるとされている

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
厚生労働省の平成27年「国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる者」の割合は、男性19.5%、女性9.2%でした。平成18年からみると、男女ともに有意な変化は見られませんでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


だから私は提案したい

給食の牛乳とパンを削減して米飯にしよう

パンは何も塗らずに食べても食塩や鶏卵、食用油など、穀物以外のものが含まれていることが多い

だからパンは栄養満点だ、しかし考えてみて欲しい、果たしてそんなに栄養満点なものを食べる必要があるのか?

ということを・・・

西洋風の朝食、ちょうどビジネスホテルの朝食バイキングで食べられるような、卵料理、食パン・ロールパン、ウィンナー、サラダ、コーヒー、オレンジジュース、と言った食事、あれは本来なら肉体労働をする人用の食事なのだ

小学校や中学校で出て来る給食の予定表を見てみればわかるが、洋風で栄養満点のメニューであることが多い、
しかもメインメニューが「ほとんど常に」ボリューム満点なものなのだ

これが良くない、現代の日本の給食ではほぼ毎日栄養満点のメニューが出てくるせいで「毎日いいものをたべないといけない」と、みんな錯覚してしまうのだ

つまり毎日贅沢なおかずを食べたがるとでも言えばいいだろうか?

本来庶民の食事はいつもは粗食だけどたまに良いものを食べていて、だからこそ正月とか年中行事をみんなハレの日と言っていたわけだ

しかし畜産業の大規模効率化、穀物の大量生産などで贅沢な食事をみんなできるようになり、
本来の人間の体が適応出来ないレベルの栄養を取り、栄養で病気になる

これが現代の愚かさ

給食から栄養士を排除するべきだ

なぜなら栄養士は「家畜の餌」を計算するようにカロリーや脂質、糖質、タンパク質などを足したり引いたりしてメニューを決める

しかも彼らによれば毎日、一定の水準の栄養を取るのが良いとされる

コレが良くない、人間含め生物の多くは毎日毎日決まったカロリーの食事を取るように体ができていない

動物のテレビ番組を見ればわかるように、ライオンやチーターですら毎日食事できるわけではない、
さらに草食動物は栄養価低い草を黙々と食べ続けるという食事方法なのでなかなか太るまでいけない

だから栄養士は間違っているわけだ

むしろ逆に普段粗食でたまに良いのを食べる、これでいいのだ

パンも牛乳も栄養がありすぎる

だから糖尿病の原因となっているのだと思う

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html