<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

酒飲みの夢 ワインセラーがほしいw


さくら製作所 ZERO CLASS Premium 低温冷蔵ワインセラー 75本収納 SB75
さくら製作所

商品の説明
サイズ:75本収納 | パターン(種類):ワインセラーのみ
「0℃」にできる、ワインセラー「0℃」だからできる、日本酒セラー。◆理想的な温度制御・ワインの「液体」そのものの温度を一定に保つ:ワインの液体温度の「ふるまい」をデータベース化し、そこから得られた特性に基づいて、制御プラグラムを開発しています。・ほとんど同じ温度に保つテクノロジー:庫内での温度をほぼ一定に保つ全く新しい制御になっています。庫内の上下温度差が、ほとんどありません。・湿度を15%高く保つ:湿度を平均的にこれまでより15%高く維持できるようなりました。ワインの熟成にも大きく寄与します。・扉を開けているとき冷気が逃げにくい:ワインの出し入れなどで扉を開閉する際のわずかな時間。せっかく冷やした冷気が外に出ていかないよう配慮されています。◆静音化これまでの「静かな」製品をさらに改良し、静音化しています。特にコンプレッサー音は、800Hz帯の周波数を吸収する吸音材を使うことで、静音化に貢献しています。◆使いやすさも大きく向上したガラスの扉ただの3重ガラスの扉ではありません。樹脂の成型技術を駆使して開発した、これまでにないすごい扉です。ワインのことを徹底的に考え、使いやすさも大きく向上しています。1:Low-Eガラスを搭載 20-35%性能アップ2:隠れた取っ手で使いやすさが大幅に向上3:紫外線カット率99%を達成4:樹脂フレームでヒートブリッジ対策5:ガードフレーム構造でより安全な設計に



ワインセラー欲しいいいいいい

歴史上、約100年位前まで、人類は冷えた飲み物を飲むことができなかった

なぜかというと、冷蔵庫がなかったからだ

だから、冷たいのみものは冬の間しか飲めず、夏はぬるい飲み物を飲むのが普通だった

冷蔵庫以前の社会では、わき水とか井戸水くらいしか冷たい水はなかった

だけど一部の人たちには「冷たい飲み物」を飲むチャンスがあったw

それが「氷室」だ

寒冷な地域では氷を冬の間洞窟や地下室に保管しておき、夏になるとそれを使ったのだ

江戸時代の将軍や、ローマの貴族は、寒冷地から飛脚に氷室に保管していた氷を持ってこさせてワインに入れて飲んでいた

そう、冷蔵庫以前の世界では「氷」は金と同じくらい価値があったのだ

私はいまワインセラーがほしい
なぜならワインが冷やせるからだ

なぜだか知らないけど酒飲みは飲むだけではなく、集めたり貯めこむのも好きだ(なんでだろw)
九州の私は焼酎を愛飲しているんだけどワインも好きだ

で、ワインセラーって結構種類があって面白い

興味ない人にとっては「酒を冷やす機械だろ?」と思われるけど冷やすって結構大事なのだ



EUROCAVE ワインセラー Compact59 収容本数38
本 V059M-PTHF コンパクト59 ユーロカーブ




Vinotemp 12-Bottle Dual-Zone Touch Screen
Thermoelectric Mirrored Wine Cooler [並行輸入品]



例えば生ビールをうまく飲みたいとき私にはとっておきの方法がある

それは何か?

ビールをうまく飲みたいのなら冷蔵庫で2~3日寝かせる


これだ

なぜこれで旨くなるかというと、それはビールが醸造酒だからという点に尽きる

それは醸造酒の性質に基づくもので、ウイスキーやスピリッツとは違うという点をわかってほしい

醸造酒は原料を酵母が分解してアルコールを発生させる
それを加熱蒸留すると蒸留酒になる

醸造酒は成分の構造が蒸留酒と違い、不均一だ

これは牛乳とバターの関係に似ている

生乳は振ると内容物がだんだん凝固して分離してくるが、市販の牛乳は振ってもバターにならない
これは加熱して成分を均一化しているからだ(ホモジナイズド)という

酒も同じで醸造酒を蒸留して蒸留酒なので、醸造酒はあまり揺らしてはいけないのだ

だから、飛行機や船やらでさんざん揺らされたボジョレーヌーボーおいしくないのは、揺らしてすぐ飲んじゃうからというのが原因なのだ

だから醸造酒は静かに保管してあげないといけない

だから、ワインセラーが必要なのだ

私がどこぞの王族ならば地下室にワインセラーを作って保管するんだけどしょうがないから
ワインセラーが必要なのだ



ワインセラー(英語: wine cellar)は、ワインボトルまたは樽に入ったワインの貯蔵室である。
ワインボトルや樽の他には、カーボイ(木枠箱入りガラス瓶)、アンフォラ(古代に用いられた両取っ手付きの壺)、プラスティック容器に入っていることもある。「能動的」なワインセラーでは環境管理システムによって温度や湿度などが制御されている。一方で「受動的」なワインセラーは温度変化を減らすために地下に建設されていることが多く、人工装置による温度・湿度の環境管理は行われない。
地上にあるワインセラーは英語でwine roomと呼ばれることがある。500本以下程度の小規模なワインセラーはしばしば英語でwine closetと呼ばれる。中世においてワインの管理と供給を担った大規模な建物はバタリー(英語版)(酒類貯蔵室)[1]と呼ばれた。イスラエル北部のテル・カブリ(英語版)遺跡からは紀元前1700年に使用されていた世界最古のワインセラーが発見されており、このセラーでは3,000本のボトルに相当する量のワインを貯蔵することができた[2]。

スポンサーサイト

バーバパパにしか見えないアメリカ人 日本のドミノピザやピザーラピザハットじゃこんなの売ってね

アメリカピザ

アメリカは嫌いだけどアメリカ人のこういうお馬鹿なところって大好き

アメリカ人てこういう汚い飯の食い方をする

アメリカではとうもろこし小麦などの穀物に始まり肉用牛それから牛乳等まぁとにかく農業への補助金が多いので農作物が安い

これはアメリカ政府が意図的に作り出した状況で、アメリカの穀物や畜産製品を戦略物資にしようとしているんじゃないかと言う考え方もあるがその一方で昔昔アメリカ東海岸を襲った巨大砂嵐を避けたいと言う考えも働いているんじゃないかと私は思っている

アメリカでは西部開拓時代西へ西へと進んでいく開拓者の家族がどんどん後を耕して平原を農地に変えていった

数年後たちが痩せ始めて農民たちは土地を耕すことをやめ始めた何故かと言うともともとは草原であり農業のための有機物の蓄積が土壌に含まれていなかったから数年間の耕作で土の中の栄養をほとんど取り出してしまったのだ

また開拓者たちはほとんど財産と呼べるものを持っていなかったので牛糞や馬糞を必要量入手することができなかった

ここにきて乾燥した気象が続き農地の表土を風がさらって行き「ダストボール」と言う巨大な砂嵐が発生した

現代では大量の化学肥料を投入し地下水を用いることで持続的な農業を行うことができるようになった
だからダストボールを防ぐためには常に農地を耕して作物を植えておく必要があるわけだ

だから逆に野菜とかは高い

こうして補助金で安くなった穀物と肉類そしてとうもろこし由来の液糖を加えた炭酸飲料をがぶ飲みすると言うアメリカ人の食事スタイルが生まれた


とうもろこしのデンプンを分解して作られる液糖はさとうきびや砂糖大根から得られる砂糖より安価だ

こうしてバーバパパバーバママみたいなアメリカ人が作られてきた


<kawaii!>くっそ可愛いカリタの銅ポットでコーヒー飲みたい

銅には保温性と殺菌作用がある

その為、水に10円玉を入れておくと水は腐らないし、ボウフラも湧かない

で、その他にも「美しい」という特性を持っている

だから他の金属と混ぜて合金を作り青銅(銅+スズ)や黄銅(銅+亜鉛)などが作られて
実用品以外にも美術品も作られてきた

もちろん実用にも使いみちは多く工業製品以外にも例えば古代ギリシャ人は青銅で鎧を作って
戦いの際に身を守った 





で、私は最近ペーパードリップでコーヒー飲むのにハマっているんだけど、やはり「ヤカン」と「コーヒーポット」は
違うねww


だって注ぎ口が大きすぎてコーヒーのペーパードリップの時にやってはいけないリストその1を破っちゃうからだ

ろ紙部分にお湯がかかってしまう

これはヤカンでは避けがたいトラブルだ

せっかく高っかい「マンダリンの珈琲」の粉を買ってんのにやかんのせいで味を損なうのは避けたい

そこに来てこの美しい銅製のこのカリタのケトルだ

欲しくてた欲しくてたまらないww

銅製品ってこういう凸凹が有るのがいい、打ち出してんのかしらないが安物ヤカンにはなかなかない意匠だ



今年の夏キャンプに行ったのだが、かわのほとりで珈琲飲めたらなかなか雰囲気いいだろうな見たいな場所だったんだけど、あいにく私は頭の中に「焼肉」の文字しか無く、忘れてた

キャンプのときとかこんなん持ってきてたら間違いなく「有能」認定されること間違い無し

ステンレス製もいいが私は断然銅製が欲しい

だって味わいがあるんだもん

ステンレス製より

ラーメン屋で高菜食いまくってたら頭が熱くなってきた

辛いものを食べたらなんか頭がポッポしてくることはないだろうか

私は今日なった

以前行ったラーメン屋がある、そこは博多ラーメンの店なのだが、とても美味しい辛子高菜が置いてある

私はそれをこの上なく愛している…

辛子高菜というだけあって、とても辛い、ベロはヒリヒリするしなにより痛い
ラーメン自体も美味しいけど高菜がとてもうまいのだ

店員さんが気持ちよく接待してくれるラーメン屋の中、わたしは頭皮を汗だくにしながら辛子高菜を貪っていた

ハゲるかもという恐怖を感じながら…

貧乏性俺、スターバックスのレジ横のサンドイッチに手が出ない

あーもうほんと貧乏性だわwww



こんなに腹減ってるのに金額をケチってスターバックスのサンドイッチを食えないというのが俺の限界を表していると思う



スターバックスサンドイッチ2017年7月29日

でもさ、実際問題、貧乏九州民の俺にはスターバックスのフード類はそれこそ神の食物くらい
なかなか手が出ない金額設定だ



サンドイッチ1個に580円てなかなか勇気が必要な金額なんだ

例えばマクドナルドなら5個ハンバーガーが食べられるし、
バーガーキングならクワトロチーズワッパーが食べられる

マクドナルドはともかく、クワトロチーズワッパーは、一個だべたら満足するには十分な大きさだ

だけどスターバックスのサンドイッチ…

僕は買えなかった…

1株100ドルの株を買うのと食べたらなくなるものに500円払うのは比べたらサンドイッチの方が
心理負担は大きい…


アボカドサーモン&モッツァレラサンドイッチ
アボカド、サーモン、モッツァレラチーズを贅沢に使ったサンドイッチ

ダークライブレッドにアボカド、サーモン、モッツァレラチーズなどをトッピングし、爽やかなディルソースを合わせました。
サーモンや野菜のみずみずしさとチーズのリッチな味わいが楽しめるサンドイッチです。



テリヤキチキンサンドイッチ

ボリューム感たっぷりのチキンが入った、食べ応えのあるサンドイッチ

全粒粉ブレッドに、甘めのソースで仕上げたテリヤキチキン、タルタルソースを合わせたサラダ、オニオンソテー、トマト、グリーンリーフをサンドし、アクセントとしてワサビマヨネーズで仕上げました。
ジューシーなチキンと一緒にオニオンやグリーンリーフのシャキシャキとした食感やトマトのみずみずしさをお楽しみいただける、食べ応え十分のサンドイッチです。



¥480