<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

GOOD JOB!中国人、交渉の結果無料の食事を得る

いやはや、さすが革命の国中国から来た中国人、飛行機の欠航をうけたトラブルを群衆の力で解決してしまったwww

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
格安航空欠航で中国人100人が大暴れ 「ごね得」で食事代が無料に
2018/1/30 12:31
中国 成田空港

成田空港で先週25日(2018年1月)未明、天候不良で欠航になった100人弱の中国人搭乗客が暴れるなどの騒ぎを起こし、一人が空港職員に暴力をふるい逮捕される事件があった。 格安航空の契約にない食事代や宿泊代を要求し、中国国歌『義勇軍行進曲』を歌い威嚇するなどしたため、中国大使館が介入し騒ぎは収まったが、中国式ごね得にコメンテーターから批判が噴出した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


いやはや素晴らしいwww

まさしく、革命とでも言おうか、通常LCCでは天候などの都合で、欠航になると乗客は「泣き寝入り」を強要される

つまり、返金を受け取り、当日の高い航空券を買う、もしくは次の便に空席があるのを祈るという2択だ

しかし思うのだが果たしてこの対応に誠意はあるのか?

ということだ

なぜなら、ジェットスターの欠航率は3%もないからだ
アジア2018年2月2日

この程度なら欠航になった便の人に食事を出す程度はできるはずだ

ジェットスターには誠意がない

更にいうと言葉も通じない外国で、宿はなし飯もなしと、翌日までほったらかされたら、怒りも湧く

むしろ「規定ですので」と言われると自我を圧し殺し納得したふりをしている日本人の方が異常なんじゃないだろうか?

さすがに外国の空港で乱闘して国歌をみんなで歌えとは言わないが、不満を感じてもそれを受け入れてしまう日本人の交渉下手というのは井伊直弼の日米修好通商条約や日米和親条約のような時代から何も変わらないのだと思う

日本人は海外に行けばタクシーでもぼったくられ飲食店でもぼったくられ、土産物屋でもぼったくられる

ハワイとか特にそうでしょーもないハワイアン雑貨を高値で買う日本人は後を絶たない



思うのだが、これこそ「交渉」なのだ

日本人のように「相手はわかってくれるはず」とか「ルールだから」といつまでも泣き寝入りを続けていても事態が好転することはあんまない

日本の中でも大阪人は値切ることを好む人たちだが、これこそ「商売人気質」なのだ

私たち日本人は「雑に扱われること」「命令されること」に学校での部活動や企業での日常で身につけている(それが幸せなことなのかいいことなのかはわからない)、しかし、学校や企業で刷り込まれる「管理しやすい性格」はグローバルな世界との経済競争で日本人に不利に働くことは明白だ

部活動はどうだろう?たかが遊びの野球やサッカーで、肘を壊したり疲労骨折する必要なんて有るのだろうか?
高校に来ているのに朝練のせいで授業で寝てたら何のために高校にいるというのか?

どうせプロを夢見ることすらない程度の実力しかないくせにだwww

わざわざ学校に通うせいで日本人は「いいなり」になる様にしつけられているわけだwww自主性はどこいった?????w

これまで日本企業(ドコモや東芝)は、海外に投資して損をした

しかしそれは、ドコモや東芝で働く日本人が「交渉力」を磨かないで生活してきた「無防備」なまま、経営者や管理職になってしまうという慣行が招く必然なのだ

なぜなら日本の企業はでかくなりすぎて販売部門(つまり全国の小売店に配送する部門)を分社化しており、そのため販売部門の人は絶対に本社に上がることはできない

必然的に、日本の製造業の社長は企画部とか製造現場からの出世組に占められて、そもそも一番大事な販売についての意見が通らない

これはPanasonicやSONY、そして日立や東芝もそうだ

その販社は子会社であり、そこでいくら出世しても上にはいけず、販売現場の声は子会社の中だけでとまってけして経営陣には届かない

課長島耕作がいい例だ、島耕作は出向するが数年で戻る「お客さん」だ

販社は「販売会社」の略で、日本の製造業の成長の極限で発生したものだ、企業は小さい間は自社内に営業部門を持っているが、やがて分社化してしまう

しかしその結果日々小売店舗を回っている人の意見は会社の枠という壁のせいで本社には届かない

そして製品を卸すという重要な分野から役員が出ないので日本の製造業は衰退してしまった、
ある意味組織の多様性というか企業としての一体性の問題というか・・・


話逸れた、まあともかく、日本人は学校や企業で「言うことを聞く」ように教育される、
しかし実際の社会生活では常に交渉力がモノを言うのであり、聞き分けがいいふりをしてお腹をすかしていてもしょうがない、だからこそこういうニュースを見た時自分はどう思ったか、自分ならどうしただろうか?について考えてみることが大事だ

自分ならおとなしく空腹なまま、売店が開く翌日朝までイライラしながら眠ったのだろうか?

スポンサーサイト

马杀鸡!!!!!!!!!!!!!!!

马杀鸡

中国語を勉強している人なら、音でなんのことかなんとなくわかるはずだ

そう

馬!殺す!鶏!で、マッサージという意味だ

使用例)
泰式马杀鸡 (タイマッサージ)


けして、セスナ機やトラックくらい大きい馬を殺せるくらいでかいニワトリのことではない

20171203134100c45.png

中国共産党の党大会で習近平総首席が語る

20171018144821201.png
中国共産党党大会で習近平国家主席は経済格差の解消中国の分裂主義者に対しての弾圧それからマカオ香港での制度そして中国人民解放軍近代化について語った

中国はとても広くたくさんの民族が住んでいるので管理するのがとても大変だ

中国では歴史上異民族の侵入や地方の反乱によって統一王朝が幾度と無く倒され新しい王様がそれに沿って変わってきた

だから現代の中国共産党も地方の反乱を恐れる

豊かな沿岸州と貧しい内陸部の格差は中国の人民に不満を抱かせるのに十分な理由になる

上海や香港や深センなどを擁する沿岸部は内陸部とまるで別々の国のようだ

成長著しい中国ではもはや内陸部にとどまること自体が貧困化への道筋となっていてみんな一刻も早く都市部を目指そうと移動している

習近平国家主席は「軍人が尊敬される職業になるようにする」といった

私はこれを危惧している

何故かと言うと政府機関で働くと言うのは発展途上国や中進国にとっては豊かさへのパスポートとしばしばなっているからだ

だから発展途上国などではみんな役人になろうとする日本も例外ではなく大正時代から昭和初期など農村地帯に住んでいる人たちの中で賢い人たちは教師や役場で働こうとした

そして貧しい東北地方の人たちは軍隊に入ることで立身出世を目指した

こうして日中戦争の方向へ日本国が向かっていった

満洲や朝鮮半島に東北や九州など貧しい地方から大勢の人たちが入植したのは何も偶然ではない

逆に考えて欲しいのだが今の時代貧しい中国の地方に住んでいる人たちの中で賢い人たちが軍人になるとどうなるだろうか?

考えられるのは自分たちの立身出世のための紛争だ

奈良平和な時軍人は出世できない士官学校の優秀だった順番に出世していくからだ

一旦戦争が始まってしまえば舞台の数も開戦時から2倍3倍になるのが当たり前なのが戦争と言うものなので出世の可能性は高まるだから長期的に見て日本がたどった道のように中国の貧しい地域の人たちが軍隊で立身出世を目指そうとするのであれば近隣諸国にとっては紛争の火種が増えることを意味する

日本にとっては国際問題の危険性が高まると言える


西野七瀬写真集 風を着替えて
集英社

西野七瀬ファースト写真集『普段着』
幻冬舎

乃木坂46 推しメンマフラータオル 真夏の全国ツアー2017 西野七瀬
乃木坂46LLC


花时间 花時間の意味 〜中国語〜

ヤフー知恵袋を見ていたら興味深い単語が載っていたので保存しておく

花时间 て中国語でどういう意味なんですか?
調べたのですがいまいち意味がわかりません



songkichiさん 2017/8/716:33:26
時間を費やす・・時間がかかるという意味ですよ。

「花」には、口語で、「費やす」とか「使う」とか「かかる」という動詞になるよ。

花费用・・・費用がかかる。費用を費やす
花钱・・・・お金を使う。お金がかかる。

その中でもよく、「かかる」という意味で使うよね。

要花很多时间!・・・時間がかかりますよぉー!


交个女朋友要花很多钱哦!

彼女を作るとお金が掛かるよぉーー

とかねー。

中国人がコンテンツを無料にしていく未来 ITサービスの未来 英単語の和訳の大事さ

異質な国だ「中国」

大体13億人もいる自国民のネット接続を監視しようだなんて正気の沙汰とは思えない

13億だぞ13億

まるで公園の砂場の砂全部数えたくらいの数だwwww


中国政府は正気か?

すごいのはネットのアクセスの規制もそうだ

フェイスブック「規制」
グーグル「規制」
ツイッター「規制」
You Tube「規制」
インスタグラム「規制」
Dailymotion「規制」
ドロップボックス「規制」
ウォール・ストリート・ジャーナル「規制」
ニューヨーク・タイムズ「規制」
ブルームバーグ「規制」
ロイター「規制」




なんもかんも規制

こんだけ規制されたらインターネットの意味がねぇwwwww

何しろ主要メディアと主要SNS、そしてポケモンGOすら規制されているのだwww

何のためのインターネットやw

しかし、インターネットという言葉について考えてみると、
今後面白い展開を私は予想している

と、いうのも

インターネット(Internet)のInterは、[相互]という意味がある

つまり、相互にやり取りする連絡網「net」がインターネットなのだ

中国語でインターネットは

互联网

と書く、联は聯合艦隊の「聯」の簡体字网は「網」の簡体字である

インターネットを和訳できなかった日本人はその点で、インターネットを正しく認識できていない

「和訳」というのが大事で、結局和訳とは意訳のことなのだ、
今の国会議員や官僚のようにホイホイ英単語を使っていると肝心の意味を理解しないまま議論することになる

意訳できない時点で日本人は認識で中国人に負けているのだ

自動車や工業製品ではそうではない

例えば「エンジン」は発動機と訳したし、「ニクロム線」を電熱線と訳した、つまり和訳できない単語というのは、
日本人は本質を理解できていないのだ


インターネットが相互の通信網だというのは意外である

国や地域、大陸をまたぐ現在のネット環境は本来なら「グローバルネット」や「インターナショナルネット」とか言うのが本来正しいはずだ

だけどそうは呼ばれていない

つまり

「インターネットは複数の参加者がいればよく、国をまたぐ必要はない」と言っていいのかもしれない

「相互の通信網」なのだから、国の内外は関係ないわけだ

そこでだ、ひょっとしたら中国のような巨大な国では1国で、インターネットのエコシステム(生態系)を成立させられるのではないか?

と考えた

ここで言うインターネットのエコシステムとはようは、アメリカやヨーロッパで展開されている、
同様のITサービスの模倣の市場のことである

フェイスブックやツイッターを模倣して中国国内でリリースしてしまえば、
中国は国内規模が大きいため、企業として成立する

そこでさらに考えたのが「ひょっとしたら中国人がネットのコンテンツを支配する?」というものだ

例えばYoutubeのような動画投稿サービスがそうで、You Tube・デイリーモーションのような欧米の動画サイトでは、
投稿された違法な動画は、即座に削除される

その為、このような窓を使った投稿などで著作権を避けようとするような
方法が編み出されている

齋藤飛鳥2017年5月26日

しかし当然削除される権利者が申し立てたり、誰かが申し立てをするからだ

しかし、中国のサイトではすごいことに削除がされないままいつまでも残る(なぜかは知らん)
しかもよく知られているTudou(土豆)、Youku(優酷)だけでなく他にもたくさん動画サイトはある

削除されないコンテンツが集積するということは中国の動画サイトの圧倒的な競争優位になりうる

初期のYoutubeが個人のおもしろ動画やホームビデオを投稿するサイトだった思惑と逆に、
テレビの動画や映画の違法投稿、アーティストの公式PVの発表の場になってしまったことを考えると、
この傾向は中国に優位だディズニーもワーナー・ブラザーズもFOXも後手後手だ

視聴者は単純に面白い動画がたくさんあり、動画の再生が止まらなければ見に来るわけで、
中国人が動画の下部につけた中国語字幕など、ものともしない

そうなれば結局、中国人が「無料」で、過去のテレビ動画や映画などを欧米人やアジア人、日本人に提供していく
ということを意味する、もちろん下部に中国語字幕はつくが、日本語のテレビ番組ならなんの支障もない

日本に興味を持った中国人が投稿した中国語字幕入り日本のテレビ動画
アメリカに興味を持った中国人が投稿した中国語字幕入りアメリカのテレビ動画

こんな感じで、中国人が、コンテンツを無償で世界に配信しまくり最終的なコンテンツを「無料に」してしまうと
私は予想する