運輸株、資源株が好きな理由

わたしは資源株、運輸株が好きだ、なぜなら景気循環に素直に反応するし平均株価よりも大きく動くので
儲けるチャンスが大きいからだ

運輸株、資源株には魅力がある

運輸株、資源株の各企業は固定資産を所有していることが多く景気の変化に業績は敏感だ

固定資産の維持費を超えると業績は急激に良くなることが運輸会社、資源会社の特徴だ

多くの企業はこんなことできない

例えば小売店で売られている飲料や食品はどうだろうか?

めっちゃ売れるからと言って、ペットボトル飲料や、菓子などをいきなり「値段を2倍」には変更できないwww

最近のポテトチップスの芋不足でもそうだが「原材料がないから」という理由があっても、ポテトチップスは値上げできないのだ

これはブルボンのアルフォートもそうだし、ロッテのLOOKチョコレートもそうだ

もちろん小売店への卸価格は多少変わるが、2倍にはできない

これは、菓子や飲料、その他のグロサリー商品は商慣行の都合でこうなっているのだ

菓子や飲料、その他グロサリー商品は特殊な特許で保護されている物は少なく、むしろ多くの場合ライバルが
乱立している

例えばコーラはどうだろう?
・コカ・コーラ(コカ・コーラ)
・ペプシコーラ(サントリー&ペプシコ)
・メッツコーラ(キリン)
・ロサンゼルスコーラ(サンガリア)


メジャーな飲料メーカーだけでもこれだけ、他にもライバルはたくさんいる

ポテトチップスもそう、ポップコーンもそう、お好み焼きソースも中華スープの素もそう
板チョコレートもスナック菓子もそう

敵だらけだから値段を二倍なんてできないのだ

また、化学薬品もそうでかりに〇〇〇という農薬が二倍になっても類似の$$$という商品を使えばいいし、
衣料品も、ブランド品以外はほぼ価格で需給関係が変化する


だけど石油、石炭、天然ガス、農産物はちがう

市場での通常の取り引き(現物取引)以外にも、先物取引、相対取引など色々な取引方法はあるのだが、
その一方で供給者がある程度限定されているというのが、他の商品と違う所だ

石油はほぼ全世界で産出するが、資源エネルギー庁 エネルギー白書(2017年版)の調査によると、
アメリカ合衆国、サウジアラビア、ロシアの3カ国が1000万バレル/日を算出する以外は、500万バレル以下の量を算出するにとどまる

資源エネルギー庁 エネルギー白書(2017年版)によると、原油の確認埋蔵量は、
サウジアラビア、イラク、UAE,クウェート、イラン、ベネズエラで、過半数をこえ、
アメリカ、カナダ、ロシアで、確認埋蔵量の80%を越えてしまう

つまり地球上の原油の確認埋蔵量のほとんどは、サウジアラビア、イラク、UAE,クウェート、イラン、ベネズエラ、
アメリカ、カナダ、ロシアの、9カ国で、占められているわけだ

ということは、かれらが結託すれば容易に石油価格を上げられる
石油価格2017年8月20日

だからこそ中等はOPECを作るし、アメリカはイラクに侵攻するしサウジアラビアとクウェートを守るわけだ

同様に、世界の小麦も輸出国は、EU,アメリカ合衆国、カナダ、ロシアで50%を越え、
オーストラリア、ウクライナカザフスタンで、世界の小麦の貿易総量の80%を越えてしまう

大豆に至ってはブラジルとアメリカ合衆国が世界の貿易量の80%を牛耳っており、
両国の気象は世界の食糧事情に大きく影響を与える


このように、資源は供給者が少なく、原油価格(WTI、北海ブレンド)や小麦、トウモロコシ、などは簡単に値段が変化する

だからこそ原資産価格の変化にもとづき、株で儲けるチャンスがわかりやすいわけだ



また、運輸株も同様で飛行機や鉄道は需給の季節性や登場までの日数に合わせて運賃をこまめに変えている

これはJALの早割の運賃だが、搭乗までの割引率は日にちで変化する
JAL運賃平成29年8月20日

ということは、うまいこと他社を出し抜き、適切に運賃を設定できれば搭乗率を稼げれば儲けることができるというわけだ

これはわかりにくいかもしれないが、アパホテルのようなものだと言えばわかるだろうか?

つまり需給に合わせて価格を設定するわけだ

アパホテルは他社のホテルの空室を確認しながら、宿泊料金をうまく変化させて収益性を高めてきた

もちろん既存のホテルも季節料金やイベントが行われる日に宿泊料金を引き上げることはあったが、
アパホテルはそれを常に「時価」にしたところが他との差に繋がったわけだ

運輸株はなにも飛行機の旅客便だけに限らない

佐川急便値上げ2017年8月20日

需要が増えれば宅配業者だって値上げができるのだ

なぜなら日本には事実上、運輸会社は集約されているので「なら他で」の選択肢がない

もちろん貨物トラックをたくさん持っている運輸会社は日本に沢山あるが、個人宅まで配達できる運輸会社は限られている

大手以外の運輸会社は配送ネットワークを持っていないからだ

国土交通省によると、日本には500台以上のトラックを持っている運送会社は87社しかない(少なくね?)

全運送業者の0.1%ほどだww


だから荷主は選択肢があんまないww

資源株も運輸株も需給予測さえできれば儲かる、だから私はこのジャンルの株式投資が好きなのだ
スポンサーサイト

<滑稽な日本>日本では焚き火は禁止だけど原発は合法なんだ

友達からキャンプに誘われたので、キャンプ場を検索中

で、気づいたのは「直火禁止」というキャンプ場の禁止事項

何しろ日本では焚き火は禁止されている

禁じられた遊びなのだ

日本人は屋外レジャーからだいぶ昔から遠ざかっているスキー人口もスノボー人口も、
海水浴人口も減少している

理由は明白「危険なものを禁止している」からだ

だから、近所の公園でも球技は禁止、スケボー禁止、飲食禁止、写真撮影禁止、芝生養生の為進入禁止、
もう意味がわからないwwww

特に意味不明なのが「芝生養生のための進入禁止」で、たかが芝生の為に、公園に入れなくなっちゃうのだw

海水浴場も禁止事項は多く、例えば数年前行った近所の海水浴場はほんとの自然海岸だったのに、
まずテトラポットを並べまくり、次に海岸にいろいろな施設を作った

すると、いつの間にか自然海岸は「シーガイア」のプールみたいになってしまったwww



テトラポットを両脇に配置したために、中央部から波が引いていき、遠浅だった砂浜は砂が持って行かれて、深くなってしまった、また、テトラポット付近は泳力が弱い子供が引き寄せられてとても危険なエリアができた

今では毎年どこかから砂を持ってくる

砂を重機で撒くせいで、昔いた貝類は死滅してしまった

その為本当の砂浜

ができあがり、きれいな砂の浜辺が出来上がった

いくら掘っても貝殻も見つからないし、昔いたカニもいない

きれいな砂浜が出来上がった

しかし本来の海岸の景色は失われてしまった

さて、本題に戻ろう

キャンプ場は禁止事項が多すぎる

しかも役所が管理しているというのが最悪の事態を引き起こしている

役所が管理すると、なぜダメなのか、これまでの数々の第3セクターの失敗が私たちに実例を教えてくれる

まず他人の金で運営しているから本気で取り組んでいない
また、自分で「こうしたい」という意見がないので苦情に対応するばかりで、方針がない
次に上手く行っていなくてもどうでもいい
現状維持が目的なので設備投資しない
宣伝しない


まあとにかく役人の運営は最悪の運営形態なのだ


しかもダイオキシンがとか芝生がとかいうくせに焚き火台は禁止していない

焚き火台だったらダイオキシンは一緒じゃんwww

もう意味がわからんよ

キャンプ場なんて名乗るなよ

単なるテント宿泊場とでも名乗ればいい

アメリカの支配者たち

アメリカは資本主義社会だ、資本主義社会のいいところは経済的に自由がある所だ

「金持ち」に限るが


アメリカではその歴史の中で過去、何人も大統領の権力を上回るような影響力を持つものが何人も現れた


産業を支配した彼らは〇〇王という称号で呼ばれる

石油王がジョン・ロックフェラー
鉄道王がハリマンやコーネリアスヴァンダービルト
自動車王がヘンリー・フォード
鉄鋼王カーネギー
新聞王ハースト
そして金融王のJPモルガンだ


アメリカでは産業は常に寡占化されていく方向に向かう

アメリカでは企業買収が盛んなので、市場の先行きがほぼ決まってしまうと、
順位の劣位にある企業が上位企業に買収されていくからだ

その為産業を独占することで高い利益を得ようとするのがアメリカ企業の考え方の基本原理であると言える


アメリカの独占のエピソードで好きなエピソードは、ジョン・ジェイコブ・アスターの逸話だ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アスターはまず毛皮の商売、次にアヘンの輸出で大金を稼いだ後、不動産業に転換していった

中国へアヘンを輸出していたのはイギリスだけではなくアメリカもそうだ、
当時アメリカには中国に売れるものが無かったが、アヘンは当時人気商品だったのだ


1804年、アスターはアーロン・バーからマンハッタンの資産を99年間借用という条件で購入した。当時、バーはトーマス・ジェファーソンのアメリカ合衆国副大統領であり、その購入代金62,500ドルを是が非でも必要としていた。借地は1866年まで続けられた。アスターはその土地を250近くに区切り、これを又貸しした。その条件は店子が21年間その土地で何をやってもよく、その期限が過ぎれば借用を更新するか、アスターが引き取るというものだった。

"もしもう一度生きられるなら、マンハッタンを隅から隅まで買い取るだろう(If I could live all over again, I would buy every square inch of Manhattan.)"

—John Jacob Astor


不動産と引退

1830年代、アスターは次に経済好況がニューヨークに訪れれば、ニューヨーク市は直ぐに世界最大の都市の一つとして頭角を現すだろうと予見した。アスターはアメリカ毛皮会社やその他の事業から引退し、その金を使ってマンハッタンの広大な不動産を購入して開発した・マンハッタン島北方の急速な成長を予測し現在の市域を超えて次から次に土地を購入した。アスターはその土地に建物を建てることは滅多に無く、他人にそれを使
わせて賃料を手に入れた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ジョン・ジェイコブ・アスターは、マンハッタンの広大な土地を集めることで成長するアメリカのもっとも価値の上がる
不動産を集めることで巨万の富を得た

ある年、ニューヨークは寒波に襲われ、ニューヨーク市民は寒さに震えていた
その年、ニューヨークを訪れていたロシア帝国海軍の士官たちは、貧しい人たちの為に、暖房代を募金して寄付した
すると、それを聞いたジョン・ジェイコブ・アスターは、その地区の家賃を引き上げてしまった


貧しい人たちがお金を持っていると知ると家賃を上げてしまったのだ


ほんとアメリカってアコギな国だ

また、他にもマンハッタン島の南部の湿地帯の埋め立ての許可を得て、そこを政府の補助金で埋め立てさせたりなど、
ひどいことをしている

カーネギーは晩年を篤志家として過ごしたが、有名なホームステッドストライキ事件を起こしている

これは、賃金アップや組合の設立、短時間労働を求めた労働者を一斉に解雇して、新しい労働者に全とっかえするという
酷いやり方に労働者が暴動をしたものである、銃撃戦も発生し、最後には州兵が派遣され鎮圧された


このようにアメリカでは資本家は強い力を持っている

現代アメリカでもそうで、庶民と金持ちは資産格差がかなり広がっている

平成29年8月9日午前11時1分

これがアメリカの各州のNo.1の金持ち地図

ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、ウォーレンバフェット、は知っている人も多いか

興味深いのはアリス・ウォルトンで、WALMARTを創業したサム・ウォルトンとその妻ヘレン・ウォルトンの娘だ

なんとテキサス州一番の金持ちは「金持ちの家に生まれた人」なのだ

また、顔写真を見ればわかるが、黒人もヒスパニックもいないしインディアンもいない

やはりまだまだアメリカには人種ごとの経済格差があるのだ


金銭面からみればまだまだアメリカは白人の国であるといえる

頑張りの報われない社会になっちゃったな

コップに水を入れて日なたに置いておくと水は何日か後にはなくなる

なぜだろう?

それは蒸発するからだ、コップの中の水が、空気中に溶け込んでしまうのだ

逆に押入れの中の布団の裏や冷蔵庫裏はなぜ簡単にカビが生えるんだろう?

それは温度変化で結露と乾燥を繰り返すからだ



人はなぜ時間になると職場へ向かうのだろう?

それは働くためだ、現代社会では木の実を食べたり、鳩や雀の肉を食べる人はごく僅かだww
代わりに働く

ならもし「給料を払わない」と社長が言い始めたらどうだろう?
おそらくほとんどの従業員は、出社を取りやめ、他の会社へ移るはずだ

これは当然の話しだ

給料を貰えないと生活できないからだ

だけど今の時代、やりがい搾取とか過剰なサービス強要とかが多すぎる

例えばセブン〇レブンが代表で、セブンの経営陣ときたらやることばっか増やすくせに
アルバイトの給与は最低賃金すれすれだ

お辞儀のときにはコンス(韓国風のお辞儀)をしないといけないし、
ドーナツ、レジ横の揚げ物、おでん、コンビニコーヒー、肉まん

やること多すぎ

しかも今の時代そこまでやって「当然」というレベルなのだ


バイトでもパートでも、本気とかやる気とか言うが、ほんと頭おかしい


ここまでして「普通」なので、若者たちは向上心ややる気を無くすわけだ

そりゃ当然だろwww

恐ろしいのは日本では「頑張る」を強要するくせに、上司の評価は好き嫌いで決まるし、
社内での出世はほぼ年功序列、しかも昇格しても給与がガツンと上がるわけでもない

さらに、日本の大企業役所は一九世紀後半の朝鮮半島の両班のように無駄な学歴主義に陥っていて、
実力主義から遠ざかりまくっており、企業や役所では一部の大学卒業者ばかりが優遇され、
その他大勢の専門学校卒や高卒のソルジャーの人たちにとっては「頑張るだけ無駄」な感じになってしまっている

やはり頑張れば上がれるという確証がないなら誰も頑張らない

水の入ったコップの蓋が無ければコップの水は蒸発するが、
蓋があれば蒸発できない

同じように、実力主義を気取っていても取締役会や管理職に上がれない制限があるなら、
実力があっても上がれないので誰も本気は出さない

川に水車つけようや

川の流れを見ていて思うんだけど、なんで発電水車を設置しないんだろ?

もちろん一級河川とかは川幅広すぎてたいへんだが、
2級河川とかならいくらでも発電水車を設置できそうな場所がある

せっかくアホみたいに3面にコンクリートを塗りつけたんだったら水車を付けたらいいのに

日本の今の発電所では、水力火力原子力はどれも発電機を回すことで電力を得ている

そして水力意外の火力発電、原子力発電は発生させた熱でお湯を沸かしてタービンを回すという
クソ回りくどい発電をしている

日本は諸外国に比べると川が多い国だ

しかも高低差が結構あるので流れも早い

なぜわざわざ石油やガス、ウランを使う必要があるのか?

調査して一定以上の速さで流れる川には発電水車をつけるべきだ
流れが遅くても、流量さえあれば直径の大きい水車を設置すれば、
必要な回転エネルギーは得られるはずだ