<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

日本の財政破綻は無いという高橋洋一は国家の敵だし財務知らない

高橋洋一氏によれば日本は財政破綻しないらしい

複式簿記を知っているならわかるらしい、日本政府の資産を

でも私にはわかる、高橋洋一とその考えに賛同する人たちである「日本政府は試算持ってるから大丈夫」論者は本質的な問題を理解していないということを

まず高橋洋一はキャッシュフローについてそもそも意図的に無視しているように私には見える
というのも借金はその利回りを上回る収益を上げられるときしかしちゃだめという基本原則から外れたことを言っているからだ

つまり借入金が2%の金利ならそれを上回る収益を上げることを考えないといけない

そう考えると日本の現状で、ただでさえ人口減少と高齢化がやばいのにはたして大丈夫なのか?と私は考えている

高橋洋一は人口減少も意図的に無視して話している気がする

つまり長期国債の金利は無視していいほど低くても返す側の国民の人口が減少し高齢化すれば、働く世代の一人あたり実質負担は増加する

今の日本国債の将来の償還は金利がキツイんじゃなくて、人口がへって勤労世代が減るからキツイ

一人あたりの実質負担で考えたらとてもじゃないが安心できるレベルじゃねーぞwww

また、国有地市有地などは資産として計上していてもそれらは実際には所有していれば利益を生み出すたぐいのものではなく、むしろ絶え間ない維持管理が必要なものが多い

例えば砂浜はどうだろう?

自民党のダム建設や堤防建設、川の両側面と底面にコンクリートを塗るという頭おかしい工事のせいで土砂の海への流出が減り、日本の砂浜はほおっておくと毎年毎年砂が減少していく状況にある

そのため、養浜工事という砂の補給が毎年数百万円、数千万円を投じて行われている、海なのに山砂を補給したりしているのだから、実にアホらしい限りだ

だから砂浜はプライベートビーチとして売ろうにも買い手は毎年ダンプカーで砂を買わないといけないのでとてもじゃないが個人どころか観光ホテルでも維持できない

なら山はどうかというとこれも問題で、日本の山は急峻なのがおおくてしかも急峻なとこに限って国有地国有林だったりする

そのため、果樹とか植えてとかいうようなことができる山ではそもそもなかったりする

しかし、人間の科学技術はすごいもので、山一個削っている風景をところどころで見るからすごいものだと私は思う

結局、資産性換金性があるのは県庁所在地とかの役所の敷地くらいしかないというのが国有財産の現状で、国有資産に額面以上の価値はほぼない

なんなら省庁移転して土地を売って官庁は木曽とか飛騨とか高知とか宮崎のクソ山奥に移転して見るとか、代々木公園とか皇居とか全部分譲マンションにしても良いかもしれないwww

まあそんなの無理だし、私は高橋洋一はファンタジーの世界に生きていると私は思う

スポンサーサイト

ヒエッ!こんなん許されるのか?????

日本は東北地方の太平洋側と北関東の太平洋側そして千葉の8県産の水産物を輸入禁止する韓国を世界貿易機関にうったえていた、で、その結果は日本が勝訴したのだが私には疑問がある

韓国、WTO上訴へ=水産物輸入禁止、日本勝訴で
2/23(金) 9:05配信 時事通信
 【ソウル時事】韓国政府は23日、声明を発表し、韓国による日本産水産物の輸入禁止措置について日本の勝訴とした世界貿易機関(WTO)紛争処理小委員会(パネル)の判断を不服として、最終審に相当する上級委員会に直ちに上訴する方針を明らかにした。


まず言いたいのは原発事故は通常の食中毒のようなものとは全く違うということだ

原発事故は大規模な海洋汚染なのだ、しかもこぼしたじゃなく漏らしたレベルだ

海に流出した分は広い海でかき混ぜられ、あるいは海底に沈んだのかだが、いくら広い太平洋とは言え、
食物連鎖がある中で生物の生態系の中で、放射性物質が濃縮されるということは十分有り得る

それにコレほどの大規模な原子力災害が起きたあとの海で10年経たずに漁業をしようというのも、
私には理解できない、まだ全然終わっていないからだ
アシナガバチ2017年7月26日

韓国は全ての日本産食品を対象として、自らの検査で微量でもセシウムやヨウ素が検出された場合、プルトニウムなど他の放射性物質に関する検査証明書の提出を日本の輸出業者に求めている、これのどこが不当な扱いなのだろうか?

というか、基準値以下ですと言って正確な数値を表示しないというような食べ物を外国に売るというのは果たして人道的見地から正しいのか?とすら思える

原子力発電所をメルトダウンさせておいてその前の海である太平洋の魚が怖いと思わない日本人の方がむしろ警戒感の欠如、理屈が歪んでいることを気付かない知性の欠如を感じる

以前、O157問題のとき、菅直人はかいわれ大根を食べるパフォーマンスをしたが、首相の間、福島県産のものを食べるパフォーマンスはしなかった、つまりパフォーマンスすらしないほどヤバイわけだ福島の農産物は

そもそも今の食品の基準値は「核戦争で食べるものがない時、死ぬよりましな食べていい汚染レベル」なので、
日本人は毒を食わされているようなものなのだ

なぜ、このようなことを放置し、外人にも押し付けるかと言えば認めたら官僚と自民党の責任になるからに他ならない

謝罪しないために国民を汚染する

こんなん許されるのだろうか?

ちなみに日本政府はイギリスでの日立の原発建設に対するメガバンクの融資に全額保証をつけているつまり日本人は好む好まざるに関わらず、原発推進派により巻き込まれているわけだwwww


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html

ウォッチリストが真っ赤だ

やばい、ウォッチリストが真っ赤だw

皆さんはウォッチリストを使用しているだろうか?ウォッチリストはネットのサービスで興味のある株式を登録しておいて備忘録的に使えたり、ポートフォリオを登録してリアルタイムのポートフォリオの総額を計算できる、ブルームバーグやマーケットウォッチ、ロイター、それから証券会社などが提供している

どんどん放り込んでチャートや業績を確認しながら買いのタイミングを図ることに使える

そして面白いことに各人のポートフォリオやウォッチリストは、各人の個性を反映する

私であれば資源株(石油・銅・石炭)や運輸株(鉄道・航空)そしてハイテク株を含んでおり、
食品株や日用品を含んでいない

このウォッチリストはある意味その人の特異な業種といえるだろう

そして、今回のように、ポートフォリオが真っ赤になるということは「自分には不利な相場環境」といって差し支えない

何しろ気に入ったから登録した株式グループの多くがマイナスになるような日が2度3度あれば異常を疑わないほうがおかしいといえるのだ

1度ならまぐれ2回ならあら不思議、3回めなら必然だ

私は現在の相場環境に不安を感じる

新年を迎える前にポートフォリオを見直そう

新年を迎える前にポートフォリオを見直そう!
アシナガバチ2017年7月26日

なんでポートフォリオを見直さないといけないかといえば「新年は人々の気持ちを変える」からだ

つまり、2017年の次の2018年は単純に2018年の続きと考えてはいけないという事だ

これはみじかなニュースで例えれば「日本人が西暦xxxx年に絶滅する!」というものだ

この乱暴な推測は現在の人口の推移に乱暴に延長線を引いて導き出したものでその多くは統計的に無価値だ

来年は戌年だから〜とかいいアノマリーを単純に妄信せずに現実に従うべきだ

すでに株価も失業率も危険な状態だ

上がり過ぎれば落ちる

備えるに越したことはない

保有銘柄について再確認すべきだ

基軸通貨すら理解していない高橋洋一

高橋洋一といえば日本を代表する時計泥棒、そして財務省の元官僚で、経済コメンテーターとして知られている

今回は少し古い記事なのだが、高橋洋一氏の間違った経済観念についてみてほしい

1人当たりGDP低下の理由 誤解を招くドル建ての比較

内閣府は2014年の国民1人当たり名目国内総生産(GDP)が3万6200ドルになったと発表した。
2016.01.07
 これは、前年比6%の減少で、経済協力開発機構(OECD)の34カ国中20位となり、さかのぼることができる1970年までの45年間で過去最低の順位だった。

 まず、ドル建ての1人当たり名目GDPについて、日本の1970年以降の順位を確認しておこう。高度成長期に順位を上げ、バブル期あたりには世界最高ランクだった。

 90年代は過去の遺産でかろうじて高順位を維持していたが、2000年代に入ると、順位を下げるようになった。その理由は、バブル期以降、円建ての名目GDPがほぼ横ばいとなってきたからだ。これは世界の先進国の中でも極めて珍しいことだが、日本だけ経済成長しないため、順位を下げたのだ。

 その中で、少し円安になると名目成長してもドル建てでは伸びない。一方、円高になると成長しないため、ドル建ての伸びも抑えられる。このため、日本の順位は低迷したままになる。

 民主党政権時代と安倍晋三政権を比べて、ドル建ての1人当たりGDPで民主党時代の方が良かったというのは、まったく意味がない。なにしろ、日本人は円で生活しており、1人当たりの円建て名目GDPは安倍政権の方が高い。安倍政権の方が民主党時代より経済パフォーマンスがいいのは、失業率などの雇用指標をみても明らかだ。




民主党政権時代と安倍晋三政権を比べて、ドル建ての1人当たりGDPで民主党時代の方が良かったというのは、まったく意味がない。なにしろ、日本人は円で生活しており、1人当たりの円建て名目GDPは安倍政権の方が高い。安倍政権の方が民主党時代より経済パフォーマンスがいいのは、失業率などの雇用指標をみても明らかだ。

どうやら基軸通貨すら理解していないようだ

なぜなら、石油や穀物はドル建てで取引されているからだ

代表的な指標である、WTI(ウエストテキサスインターミディエイト)だけでなく北海ブレント(北海ブレント(ブレント原油)は、「ロンドン原油」とも呼ばれ、英領の北海油田で生産される軽質低硫黄の原油(WTIに似た軽質油)のことをいいます。また、北海油田とは、英国領海とノルウェー領海にまたがる大油田で、その主な消費地はヨーロッパ(欧州)となっています。)もドル建てで取引されている

サウジアラビアやクウェートも自国通貨のリヤルではなくアメリカドルでの受け取りを望んでいる

だから、長い間アメリカの銀行はサウジアラビアのアメリカ国内の預金の資金を運用することも大きな収益源となっていた

穀物も同様で日本人はアメリカの穀物や肉類を購入して食べている

と、いうことはもうお分かりのように「ドル建てで日本円は強いほどいい」というのが正しいのだ

日本円で日本人は貯蓄しているから円高に進むほどドル換算で儲かるわけだ

円高で日本国民がいた時期は間違いなく日本国民にはチャンスタイムだったのだ

だから「ドル建ての1人当たりGDPで民主党時代の方が良かったというのは、まったく意味がない。なにしろ、日本人は円で生活しており、1人当たりの円建て名目GDPは安倍政権の方が高い。安倍政権の方が民主党時代より経済パフォーマンスがいいのは、失業率などの雇用指標をみても明らかだ。」というのはバカな理屈にほかならない

その証拠に、円安政策を自民党がとれば食品の内容量は減った

カントリーマームは小さくなったし、明治おいしい牛乳は1Lから900mlになり、明治乳業曰く「一割軽くなった」当たり前やwww

セブンイレブンのパンが小さくなったし、ネスカフェの内容量も減った

これ全部安倍のせいに他ならない

円建てGDPはコントロールできる指標だが、実質購買力は国民の生活に直結しているもので、むやみに動かされたら困る

なのに、安倍政権は国内の輸出企業に配慮して円安政策をとり、国民から「富」を奪ったのだ実に犯罪的だ

本来なら円高になったなら日本国民が海外製品を買えばいいだけなのに、それをさせずに単に金融緩和で円安にしたのだ

それを「望ましい」と考えている高橋洋一は経済を知らないといえる



金融緩和して円安に=私のお金の価値を毀損してえええ

金融緩和論者はこう言っていることに他ならない自分のお金を目減りさしてもいいと思っている愚か者たちなのだ

私は上念司とか崇拝している奴を見ると「頭おかしいのか?」本気でかわいそうになる

結局通貨は2つの国の間で貿易が偏っている限り片方へ向かい続けるので一時的に通貨安になったそう喜んでも浅はかでしかないのだ

だから日本は本来なら二国間通貨のバランスに左右されないようなデファクトスタンダードの技術や特許やブランドによって収益を上げるような経済モデルを作らなくてはいけないのだ

上念司や高橋洋一が言っているのは20世紀の経済学であって現在に即していない