手段が目的になる 森喜朗が嫌いな私と自由とヴォルテール フランス

気をつけないといけないのは、いつの間にか本来の手段が目的になってしまうことだ

例えば2020年東京オリンピックでは、オリンピックのために競技場が必要なのに、なぜか大きい立派な外観の競技場を作ろうとしてイラン人女性のザハ・ハディド氏の設計したお〇こみたいなデザインの設計を採用して、
作ろうとしたら予算と敷地の問題で結局最初の案と似ても似つかない妥協の産物みたいなデザインを採用して、
気づいたらアテネからの聖火をともす聖火台すらないという悲惨な事になってしまった

これぞまさに「手段が目的になる」という悪い現象だ

オリンピックは本来「世界中の人たちが争いを一時中止して自分たちの運動能力を競う」という目的で始められたと言うのに、今や、オリンピックはコカ・コーラ、ダウ・ケミカル、ゼネラル・エレクトリック、マクドナルド、VISA,トヨタ、プロクター・アンド・ギャンブル、サムスン、オメガ、Panasonicなどの公式スポンサーの金払い対決になってしまっており、森喜朗みたいな顔のでかいヤツが幅を効かせて無用の長物を作る大会になってしまっている

北京オリンピックの北京国家体育場「通称鳥の巣」(収容人数8万人)は、今やホントの鳥の巣になっているいくら中国人が13億人いると言っても、あれほど大きい施設を毎週末埋めるというのは難しいのだ

オリンピックのためにアテネやシドニーはオリンピックの為に新しい競技場を作ったが、そもそもオリンピックのために作った設備などオリンピック以外で埋める事ができないのだ

というのに今も日本人は税金を大量投入してレガシー(と言う名の負債)を作り続けている

こんな私達にフランスのヴォルテールは良い名言を残している

自由であろうと望んだ瞬間に、人は自由となる。

Man is free at the instant he wants to be.


そう、だから過去のレガシー(負債)である森喜朗の言うことなんか無視して自由に決めるべきなのだ

オリンピック委員会にしてもそうだ、あいつらは国をどんどん乗り換えて金をせびる上から目線の乞食に過ぎない、
金を出すのは東京都なんだからオリンピック後を見据えて「採算があう」規模でやれば良いのだ

今のオリンピックは古代のギリシャの各ポリス(アテナイ、スパルタ、テーバイ)の戦士から見れば、
「競技会」ではなく「興行」でしかなく、笑われるだろう
スポンサーサイト

オリンピックに欲しい競技

どれだけ表面を繕っても、オリンピックは結局世界規模の運動会に過ぎない。

今回はオリンピックにあったら良いな、な競技をピックアップする

NO1、ツイスター

ツイスター(Twister)は、アメリカのハズブロ社が発売している、体を使ったゲームである。
スピナーと呼ばれる、ルーレットのような指示板によって示された手や足を、シートの上に示された4色(赤・青・黄・緑)の○印の上に置いて行き、出来るだけ倒れない様にするゲームである。

競技というのは、ある意味で残酷なもので、相手との実力差を見せつけられるものだ

しかし、ツイスターにはルーレットの要素があるので、強くて、運の良い本当の「勝者」しか勝つことができない。
何よりツイスターは楽しい

NO2  ランニングマシーンマラソン


田舎の綺麗な池のほとりならともかく、排気ガスまみれの都市を走る皇居ランナーなんて自殺行為としか思えない。
アスファルトのホコリが肺にたまってしまう

ランニングマシーンマラソンであれば、室内のエアコンの効いた空調の中で思う存分実力を発揮できるというものだ

NO3  テトリス


ロシア生まれのこのゲームは時間の試練に耐えられる飽きのこないゲームで、21世紀の現在でも多くの人びとにプレイされている。
私がテトリスが好きという理由だ

NO4  フラッシュ暗算


鍛えられた人間の脳みそはコンピューターを超える
世界のフラッシュ暗算の精鋭を見てみたいという気持ちが大きい

NO5トランプ

ニンテンドーのビデオゲームがゲーム業界を席巻する前、ゲームは紙で出来ているものだった
トランプを使ったゲームがオリンピックにあってもいいと思う

オリンピックの開会式で歌える歌手が日本に居ない

オリンピックが東京でやることが決まったのは良いけど何もかもグダグダで酷い


t.a.t.u Not Gonna Get Us

新国立競技場は何度も揉めた挙句、妥協の産物みたいなデザインで経済性も話題性も皆無だし、
何より聖火台をどの辺に置くかということすら決まっていなかった体たらく、
こんな大掛かりなプロジェクトをしきれる相応な人物が居ないことも日本の衰退を現しているのだろう。


前回の東京オリンピックの後は日本は経済成長できたのだが、今回はむりっぽい

さて、今回はオリンピック開会式で歌う選手を検討してみよう、
開会式はこれから始まりますよ!というムードの盛り上がりを左右する大事なセレモニーである。
コレが上手く行けば盛り上がるし、こけたら取り戻すことは難しい

しかし、日本に、オリンピックの開会セレモニーで歌えるまあまあ世界的に有名な歌手が今いるのだろうか?

現在日本で観客を集めることができる歌手、グループはAKBかジャニーズの嵐かSMAPくらいだ、




おそらくオリンピックの頃にはAKBは過去のグループになっているだろうし(既に秋元康の才能は枯れて惰性でやっている状態)、SMAPは高齢化しているし、アメリカ人はSMAPも嵐も知らない、ヨーロッパ、アフリカ人ならなおさらだ。

何より彼らの曲で、アップテンポで闘争心を掻き立てるような代表曲がない
しょうもないラブソングばっかり作ってきたツケが回ってきているのだ。
キミとかボクとかのしょうもない曲ばっかりだ。

どうすんのよ?

2015年のオリコンランキングを出す

2015年 オリコンシングル年間ランキングトップ100
1位 : 178.3万枚 … AKB48 「僕たちは戦わない」
2位 : 132.8万枚 … AKB48 「ハロウィン・ナイト」
3位 : 104.5万枚 … AKB48 「Green Flash」
4位 : *90.5万枚 … AKB48 「唇にBe My Baby」
5位 : *70.2万枚 … SKE48 「コケティッシュ渋滞中」
6位 : *68.7万枚 … 乃木坂46 「今、話したい誰かがいる」
7位 : *67.8万枚 … 乃木坂46 「太陽ノック」
8位 : *62.1万枚 … 乃木坂46 「命は美しい」
9位 : *57.2万枚 … 嵐 「青空の下、キミのとなり」
10位 : *53.1万枚 … NMB48 「Don’t look back!」
11位 : *52.1万枚 … 嵐 「Sakura」
12位 : *51.9万枚 … 嵐 「愛を叫べ」
13位 : *47.5万枚 … Kis-My-Ft2 「Thank youじゃん!」
14位 : *46.0万枚 … SKE48 「前のめり」
15位 : *45.6万枚 … 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「starting over」
16位 : *45.3万枚 … SKE48 「12月のカンガルー」
17位 : *44.9万枚 … NMB48 「ドリアン少年」
18位 : *38.6万枚 … NMB48 「Must be now」
19位 : *38.4万枚 … Kis-My-Ft2 「Kiss魂」
20位 : *33.7万枚 … HKT48 「12秒」


ひと目見ればわかるが、「秋元康」の影響力大きすぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
というのがわかる

1位が「僕たちは戦わない」の時点で、オリンピックの開会式には使えそうにない





ならむしろ、開き直って演歌でも良いかもしれない

北島三郎 「祭り」

あ、駄目だ(´・ω・`)

北島三郎そのころ死んでる可能性が高い(ToT)

今で79歳だし…



いいことを思いついた、日本の独特さを出せば良いんだよ、相撲だ、相撲取りだ!


何しろ相撲は日本の「国技」でありながら、国際化が進んでおり、世界各国から力士が参加している
ガタイの良い相撲取りを並べて歌わせれば良いんだ


小錦とか把瑠都とか大砂嵐とか白鵬とか読んで並べて歌わせれば日本が意外と国際化、グローバリゼーションしている事をみんなわかってくれるに違いない、何しろ本来神事である相撲の「横綱」の位すら開放しているんだから!!!

相撲取りは現在たしか500人位いたから、並ばせて歌わせればかなり壮観だ、オリンピックにピッタリの出し物はコレで決まりだ。

歌う歌はともかく、歌手は相撲取り500人にしよう!