<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

日本の就職活動はとてつもなく面倒臭い理由 就活がつまらない理由

日本の仕事探しはとてもめんどくさい何故かと言うと就職活動がめんどくさいからだ
日本の就職活動は決まり事が多すぎて知らない人にとっては大変複雑に見えるし知っている人にとっても大変面倒だ思い出してほしい履歴書を書くめんどくささを次に職務経歴書についてもで、最後に自分の顔写真についても
キュンとする2017年6月26日

<<クソめんどくさい就職活動に対して問題を提議したい>>
①履歴書がとても面倒臭い日本の就活に物申す
まず手書きを強要されるところが腹立つ何故かと言うとお断りの手紙は印刷物だからだw
名前住所電話番号学歴趣味自己PR志望動機全部書く
履歴書にすべての項目を間違えずに書き込む事は私のように注意力のかけている人間にはとてもめんどくさいし難しいことだ(働くのに向いてねぇw)

また、住所を書き込むと今の時代グーグルアースで自宅ばれるから、プライバシーの侵害もいいとこで、さらに親が「安いから」という意味で住んでいた借家が実は被差別地域みたいな可能性もある(本人は知らなくても)

しかもまだ職務内容すらろくに聞いていないと言うのに自己PRと志望動機を書かなくてはいけない
日本にはたくさん会社があるがやっている事は千差万別だ
和菓子の製造それから鉄道の運転それから自動車の製造それからホテルの受付やってることがいろいろすぎる

学生が志望動機を書くときはとても大変困ってしまう

なぜならイメージが全くつかないからだ

だからすごいぶれた志望動機を書く羽目になる

俗に言う「意識高い」履歴書だ

企業のホームページそれから転職会議みたいな会社情報のまとめページそれからネット上のいろいろな情報をかき集めてなんとか志望動機を書く

つまり「履歴書に嘘を書きまくる」わけだひどいと丸写しw

②自己PR文も「私は潤滑油」「私は納豆みたいに粘り強い」みたいなぬるぬるねばねばした自己PRばっかりになってしまうww

また「計画性」とか「柔軟性」みたいな「性」は履歴書に書いてはいけないそうだw

もう意味わかんね( ´∀`)

③職務経歴書とか言う電話1本すれば済むゴミ
誰だよ職務経歴書なんて思いついたくそやろうもし見つけたら見つけ次第首を搔き切ってやる

まず問題点はそれは作成に手間がかかる割に電話1本すれば済むクソみたいな書類だから

社会人になって思うのだが社会人でも重要なことをしている人はとても少ないまた、わざわざ書類に起こせるような素晴らしい経歴を持っている人はとても少ないw

多くの人にとっては職務経歴書に自分の人生を書き込むととてもみすぼらしいことになるw

今の時代自分の会社でやっていることを人に説明することがとても難しい仕事が増えてきている

問えば難しい機械設備の製造とかITサービスなどがそうだ
から履歴書の職歴欄を見て興味がわいたら電話してくださいと言うのが本当は正しいはずだ

上の上には説明しづらくても電話で説明すればすぐ済むと言う事はたくさんある
経歴書はクソなのはとても書きにくいことを上手に書かないといけないからと言うことに他ならない

大体本当に求人活動に興味があるのであればなぜ電話をしてこないのか?

履歴書に立派なことを書いてあって 交通費を出してまで来てもらっても会ってみたらすごい変な人と言うことがよくある
本来なら求人に応募してきた人に1回電話していくつか質問してみればいいのだ

そうすれば求人活動に支払うコストをだいぶ減らすことができるはずだ
電話をかければ職務経歴書等と言うくそ面倒臭い書類を減らすことができる

④履歴書を送ってからの就活のしきたりに物申す

就活中思うのだがこちらが履歴書を送って届いたならこちらに電話の1本でもするべきだ
なぜなら重要書類なのでほんとに届いたのかこっちは心配する

さらに選考中なのかそれとももう誰かに決まったのかネットに書いとけや

今の時代クロネコヤマトや佐川急便では自分の送った荷物を追跡することができるネットに荷物の番号を打ち込めばいいのだしかし就職活動ではそんな気の利いたサービスをやっていない

から落ちたのか決まったのかずっと気をもんで何日間か待つ羽目になる

これはよくないぜひインターネット上の自社のホームページに「選考中」か「採用決定済み」と書いといてほしい

さらにお祈りの手紙なのだが「今回はご希望に添えず」と書いて送ってくるくそ企業なめてんのか

敬語のつもりか馬鹿にしてんのか分かんないが、日本語間違えてんだろ
正しくは「今回はさらに優秀な方が応募され」だろ

諦めつかせろやああああwww

またなぜ21世紀にもなって履歴書が電子化されていないのか私には正直よくわかんないしなんで手書きで出さないといけないのかもよくわからない


<<日本の就職活動がとてもめんどくさい理由>>

そんな就職活動がとても面倒臭い理由結論から言おう「魅力的な仕事じゃないし待遇は悪いし給料も安いからだ」
これに尽きる

世の中では誰もが素敵な仕事につけるわけではない

世界中の人が一斉に中華皇帝になれるわけはないし、映画スターやアイドル歌手は10億人も20億人も地球上に必要ない
戦闘機パイロット宇宙飛行士海底探査の潜水艇の運転手どれも魅力的だが地球上におそらく10,000人もいない

だから地球上には退屈な仕事が溢れているわけだ

その多くは退屈できつくてうんざりする割に生産性も低い

だからみんな仕事で悩んでいるわけだ

そこでだ、調べてみて欲しい今ハローワークやその他の仕事探しのインターネットサービスのページで一体どれだけ魅力的な仕事があるかということについてだ

当然だけどハリウッド映画の俳優や宇宙飛行士はハローワークには求人は来ない

その中の大勢の人たちにとって本当に本当に働きたい企業で上位に来ている、トヨタ、パナソニック、全日空、楽天、日本航空、サントリー、キャノン、味の素が本当に働きたい仕事なのだろうか私には疑問だ

おそらくトヨタやパナソニック全日空などで働く人たちの多くは管理職にすらなることがないまま退社し、社長になる可能性もほとんどない

つまりやりたい仕事楽しい仕事であるような素敵な仕事ではないわけだ

では宇宙飛行士はどうだろう?

宇宙飛行士はおそらく給料をゼロにしても成り立つはずだ

つまり給料0円で求人しても宇宙飛行士のなり手はいるのだ

なぜなら宇宙に行きたい人はたくさんいるし宇宙船やスペースシャトルを運転したい人もたくさんいる

これは確かアメリカの会社だが火星移住するプロジェクトに大勢の人たちが申し込みをしてすでにメンバーは選び抜かれている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
火星移住計画マーズワン
・世界中から集められた候補者
火星移住計画マーズワン。当初は20万人にも及んだ移住候補者は、2014年5月の時点で705人にまで絞られた。国籍・年齢も様々で、男女比は男性418名、女性287名。そこから最終的に残るのは、24名~40名との予定だ。

・2015年からトレーニング開始
性別、年齢、国籍が違っても、全員が “火星” という人類未体験の環境で暮らさなければならない。そのため、2015年から8年間行われる地球上でのトレーニングでは、機械の修理から人命救助、作物の育て方など、火星で暮らす上で不可欠なスキルを学んでいくのである。
2018年には火星での無人デモンストレーションを開始するなど、火星移住計画は着々と進められている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




でも彼らはいちど火星に行くと地球へ帰ってくる予定はなく従って火星で生活し火星で死ぬことが約束されている

というのに大勢の人たちが申し込んだ

それこそ「報酬」は無い

なぜなら火星へ行けばバーガーキングもスターバックスもローソンも無いので、お金の意味がないのだ

だから彼らの報酬は火星へ行火星に住めるというものだ

彼らは地球でのすべてを手放して火星へ向かう、親兄弟姉妹友人そして自分の家親の遺産の相続権等だw

やりたい仕事であれば報酬は要らないと言うわけだ

日本ではどうだろう?
今の日本には宇宙開発それから太平洋戦争の頃の戦闘機の飛行士のような夢のある仕事はほとんどない
また満州鉄道のように、大変だけど高給取りになれるような仕事もない
連合艦隊の乗員の1人になってアメリカと戦うとか、夕張炭鉱や三池炭鉱できついけど金は稼げる炭坑夫みたいな仕事もない

だから手間ばっかり増えてしまった日本の就職活動がとてもめんどくさいものに感じてしまうわけだ

そういえば今オーストラリアではトラックの運転手が高給取りだ

と言ってもただのトラックではなくとても大きな鉱山用のトラックで、いちどに何十トンもの鉄鉱石を運ぶ
彼らは1日働いて年収1200万円にもなる
また、休日にはシドニーに帰るための航空券も支給される

また、鉱山の仕事はとても儲かる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ウォール・ストリートジャーナルより
【マンデュラ(オーストラリア)】今、世界の鉱山業界で急増中のコストに、ジェームズ・デニスンさん(25)のような鉱山労働者の賃金がある。西オーストラリア州出身で高校を中退したデニスンさんは、地下鉱山で金などの鉱物資源の採掘作業に従事、年に20万ドル(約1540万円)も荒稼ぎする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな仕事なら履歴書手書きでもなんでもするし採用担当の靴でも舐めますわwww

日本の就活がクソなのは「やりがい」もないし「報酬が低い」のが原因だ

やりたくもない仕事を一生懸命自己PRと志望動機を考えて何とか就職してもやりがいはないし給料も低いのだ

から日本の就職活動はとてつもなくめんどくさく感じてしまうのだ

<< 日本の就職活動がつまらない理由>>
それはめっちゃ苦労して面接で嘘ついてまで入った会社なのにせっかく入ってもいいことは何もないと言うことをみんな理解しているからだ
まず頑張る理由がない
なぜなら日本の企業は差別的なのでまず半分の人たちには可能性はない
これは女性だ

フジテレビ役員
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
役員一覧(2017年6月28日現在)
代表取締役会長
嘉納 修治
代表取締役社長
宮内 正喜
専務取締役
遠藤 龍之介
専務取締役
金光 修
専務取締役
中田 安優
専務取締役
岸本 一朗
常務取締役
大多 亮
常務取締役
和賀井 隆
常務取締役
横山 淳
常務取締役
松村 一敏
常務取締役
羽原 毅
取締役
河野 雄一
取締役
西渕 憲司
取締役
石原 隆
取締役
川島 徳之
取締役相談役
日枝 久
取締役
清原 武彦
取締役
島谷 能成
取締役
三木 明博
取締役
石黒 大山
取締役
横田 雅文
取締役
寺﨑 一雄
監査役
尾上 規喜
監査役
瀬田 宏
監査役
茂木 友三郎
監査役
南 直哉
監査役
奥島 孝康
ーーーーーーーーーーーーー

日本テレビ 役員

ーーーーーーーーーーーーーーー
〔取締役〕
大久保 好 男
小 杉 善 信
丸 山 公 夫
石 澤 顕
一 本 哉
永 原 伸
粕 谷 賢 之
袴 田 直 希
廣 瀨 健 一
中 山 良 夫
酒 巻 和 也
渡 辺 恒 雄
今 井 敬
佐 藤 謙
垣 添 忠 生
真 砂 靖
能 勢 康 弘
白 石 興二郎
望 月 規 夫
兼 元 俊 德
(平成29年6月29日付)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
tbs
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
取締役名誉会長井上 弘
取締役会長石原俊爾
代表取締役社長武田信二
専務取締役佐々木 卓
常務取締役 河合俊明

取締役
菅井龍夫
津村昭夫
吉田 靖
國分幹雄
園田 憲
相子宏之
仲尾雅至
伊佐野英樹
槍田松瑩
朝比奈 豊
石井 直
三村景一

監査役
神成尚史
田中龍男
明石 康
北山禎介
藤本美枝
ーーーーーーーーーーーーーー

メディア産業であるテレビ局であっても女性は役員になれない

そんな現実を知ってしまえば女性は仕事に真面目に取り組むだけ無駄無駄無駄無駄無駄なのだ

こんなの知ってしまったら就職活動なんてバカみたいだ

さらに学歴の低い社員もやる気をうしなう
製造業の工場がそうで従業員がいくらがんばっても高卒では工場長になる事はできないだからみんなダラダラもたもたぶつぶつ言いながら働いている何故かと言うともう自分がどこまでいけるかどこからはいけないのかが分かっているから頑張るだけ無駄なのだしかも高卒で役員みたいな「例外」「特例」そーゆーみんながやる気を出すような一例すら作らないので日本の製造業でやる気を持っている人がどんどん減り続けているわけだ

日本ではいまだに学歴主義が徹底しており特に日本の政府関係や省庁は東大や京大を出た人がトップの席に座るのでそれ以外の大学を出た人やノンキャリアの人は全然楽しくないw

だから仕事がつまらないやる気が出ないなどみんなインターネット上に書き込んでおりそんなの見てたら就職活動が楽しいと思えるわけがないのだ

<<まとめ>>
やりがいのない仕事待遇の低い仕事働けても活躍や出世のできない職場そういうことを踏まえてしまえば就職活動やる気が出ない就職活動つまらないと言うのは当たり前のことに見えてしまう
また学歴差別や出世の差別と言うのは本当によくなくてこれはイギリスにおける国際銀行の衰退の原因にもなった重要な企業活動にとってのマイナスな要因である
植民地帝国真っ盛りのイギリス帝国ではロンドンに本店を置きイギリスの植民地に銀行の支店を設置する植民地銀行と言うものが流行ったこれは金融の中心であるロンドンで資金を調達して植民地での資金需要に応えるものだ
だから今でもロンドンではたくさんの債券国債が発行と取引されている

最初イギリスの植民地銀行は現地にイギリス国内で育成した行員を派遣して業務に当たらせた

現地のインド人やアフリカ人はそのイギリス人の社員の指示に従って働いていたのだが
だんだん彼らは馬鹿らしく感じてしまった
というのも出世は限られていてイギリス人の上に立つ事はインド人アフリカ人中国人には決してできなかったからだ

となるとやがてイギリスの植民地銀行は人材不足に陥ってしまったなぜならインド人やアフリカ人中国人に十分に給与を払わなかったので、現地の優秀な人たちは地元の企業銀行や地元政府の役人になろうとしてイギリスの植民地銀行を就職先として選ばなくなってしまったのだ
そしてイギリスの植民地銀行は現地での融資のシェアを失いイギリスの植民地銀行は衰退していってしまったのだ

日本でも学歴差別や出世の差別が続けばやがて日本企業で働く日本人が外国企業で働くことを希望し始めても不思議ではない

スポンサーサイト

日本の組織って誰も責任取らねえ、泣くのは貧乏人と下っ端だ

日本の学校教育では生徒をまるで犯罪者のようにあつかう、
つまり、かんたんに叩くし、簡単に怒鳴るし、無駄に時間を拘束する
に怒鳴るし、無駄に時間を拘束する

 


髭剃り

そして行動も制限する

ゲーセンに行くなカラオケに行くな、髪は耳にかけるな、女の子は肩まで

部活は毎日、土曜も部活、日曜も部活、祝日も部活



そのせいかせいじゃないかは分からないが日本人は大いにリスク回避的である

何故かと言うと枠から外れないように育ったので枠から外れたときにどうすればいいか知らないのだ

例えば政治家も経営者もトラブルに遭遇すると、すぐ病院に入院するほど軟弱なやつばっかりだし、
官僚も誰も責任を取らない

はるか昔に計画された今は誰もいらない箱物、ダム、道路を作ることを今も続けている

東芝も東電も誰も賠償責任を過去の経営陣に問わない

さらに金融機関でも連帯保証人制度が濫用されてて、若者がアパートを借りようとすると、
保証会社の利用と連帯保証人の利用という保障の保障みたいなわけわからんことになっている

保証会社が責任取れよwww

このせいで割を食うのは貧乏人と下っ端だ

責任のたらい回しの分、コストが割高になるのだ

というか、連帯保証人必要なら保証会社の存在意義はなくなる


また、建物の強度もそうだ

 いまの日本では各地域の特性を無視して、東京に住んでいる官僚と有識者が住宅のあり方を決める

これがおかしい、なぜなら日本の住宅のあり方の中で、関東の首都圏の住宅環境は異常な部類に含まれるものだからだ

なのに画一的な建築基準を押し付ける、具体的に言うと災害が有る度に厳しくする  




だから次第に困ったことになる

「コスト高」

コストが高まると、貧乏な人には安価な家が買えないので、借家を選ばざるを得なくなる

特に日本のように貧困化した国家ではそうだ

自宅を持つことのできない人たちが借家を選ぶことで、格差が広がる貧乏人が家賃を払うことで金持ちがさらに豊かになるのだ

今の日本人に必要なのは地震でも倒れない安全な家ではなく、手が届く値段の家なのだ



住宅コストのせいで消費が低迷していることに、誰も気づかないのか?

※この記事は加筆再修正記事です

休みの少ない会社に入ると莫大な自由を失う 週休1日の会社はやめとけ

休みの少ない会社に入ると莫大な自由を失う 週休1日の会社はやめとけ



1年は365日

宇宙が始まって4600000000年

今日は週休1日の会社について話してみよう

建設業に人が来ないとか介護の仕事に人が来ないとよく言われているがこーゆー業種の職場は大体ブラックなので行かないことを私はお勧めする

・建設業稼げない生活も不安定


なぜかと言うと建設業は休みが全然なく労働時間も長くなおかつ拘束時間も長いからだ
現場が遠いと1時間半運転してから9時間働いてもう一回1時間半運転して帰ると言うようなことになってしまう
また給料が安く転落事故や転倒で怪我をすると入院費用を払うこともままならない
働けないくらいの大怪我をするとクビになるので即生活保護申請だ



製造業の工場では働いている人たちに大体50,000,000から 80,000,000円位の死亡保険をかけている
遺族の生活が路頭に迷わないようにだ

建設業は古い業界なのでそーゆーちゃんとした死んだとき怪我したとき用の十分な保険がかけられていないことも多い

また労災隠しなども頻繁に行われているから大変だ

・介護職儲からない



また介護職も厚生労働省とかの利権がなんだかわからないがいろいろな資格が作られすぎて資格を取らないと給料が上がらない上にそのくせとってもほとんど上がらないそして夜勤もある



だから建設業も介護職の就職希望者が少ない

それ以外の会社でも日本の会社は休日数がとても少ない会社がとても多い

週休1日の会社だ特に私が住んでいるような九州やそれから四国東北など田舎の地域ではまだまだ多い

週休1日の会社で働くデメリットは大きく2つ

☆ 1つ目が「自分の人生が短い」ように感じると言う点が1つ
例えば週休2日と週休1日の会社であれば1週間の中で休みが週休1日の会社は24時間少ない
1年は52週間ということはお盆休みと正月休みを除けば週休2日の会社に比べて50日間多く働いて50日間休みが少なく自分の時間がないと言うことだ

もしその会社で20年働くとすると50 × 20で1000日も休みが少ないことになる
仮に大学を出てから60歳前半位まで働くとすると大体60代前半位まで結構今のおじさんたちは働いているので、43年間としとくと、50 ×43 で2150日も休みが少ないと言うことになる年に直すと5.89年だ

つまり週休1日の会社で働いている人は週休2日の人に比べて人生で約6年間も多く働いている

しかしもし週休1日の会社であっても休みが自由に取れたりもしくは給与が他の会社の50%増とかだったら私は何の疑問も抱かないしそういうのもアリなのかなと思う

しかし日本の田舎である東北四国北陸九州では自由に休みが取れる会社なんてなかなかない

むしろ週休1日なのに休日出勤を強要してきたりする

これは日本の悲劇の原因だ

よくおじさんとかで「 20代はあっという間」とか言うおじさんがいるがあれは単に働きすぎで自分のための人生の時間があまりに短かったからそう感じてしまうのが

21世紀にもなって日本人は週休1日で働いてる人たちがいまだにたくさんいる

人生の5年間と言う長い時間を他人のために使っていると言える

そうなぜなら週休1日で働いている人の多くは雇われなので自分の会社ではないもののために長時間働いている

これがまだ自分の会社や自分の1族の会社ならまだわかるんだけどそうじゃないのに週休1日で働いている

☆そして週休1日の会社で働いていることの問題二つめは「孤立すること」だ

これは社会からも家族からもそして友人からも孤立するということだ

なぜかと言うと、友人から誘われても土曜日遊んだりとか一緒に旅行に行くとかについていけないのでそのうち誘われなくなってひどい場合は「パチンコだけ」が趣味になってしまうような人もいる

なにしろ休みが短すぎて他の人と全く日程が合わないのだ

そして友人たちが楽しく出かけたり食事をしたり遊んでいる間も週休1日の人たちは働き続けるしかない

またお盆正月なども帰省できないことが多いので友人たちが幼なじみ同士集まって居酒屋カラオケスナックやキャバクラなどで楽しんでいる中に参加できないので年々疎遠になる同窓会にも呼ばれない

問題はまだあり家族からも孤立する

なぜなら土曜日曜に家族が出かける時週休1日で働いていると一緒に遊びに行く事はできないすると動物園水族館遊園地やお祭りや花火大会の時などあなたはついていけない

すると家族の思い出の中に週休1日で働いている人は存在しないできない

またお盆や正月の時期も休みが短い会社で働いている場合休みが取れないし帰省する家族についていくこともできないし
親戚とも疎遠になる

休みをなんとかとって親戚に会いに行くと「来たんだ」( ゚д゚)みたいな顔をされる

また社会から隔絶され孤立する

これは私の体験談だが以前あった姉歯事件の時私は仕事ばっかりして朝早く夜遅かったのでニュースをゆっくり見る時間も体力も余裕もなかったなので耐震偽装があった姉歯事件のとき私は一体何が起きるのかいまいちよくわかっていなかった

また興味があったはずのスポーツも全く興味がなくなり巨人の選手のサッカーの日本代表も一体誰が誰状態になりその後興味を全くなくしてしまった

さらに私は結構友人が多かったはずなんだけども友人はどんどん減っていったなぁと今考えると思う

何しろ自分の時間すらないんだから人と会う時間なんてない

何給料も他の会社と比べて良いと言うわけはなく横並び状態だったから贅沢なんてできなかった

時間はないしストレスを発散する金はないしで全くうんざりだった

新私は今仕事を探している最中の人に言いたい休日数を確認しろ

それは大概嘘だけど多いに越した事は無い

週休1日の会社に入ってはいけないのだ週休1日の会社に入ってしまうと自由を失う


<最後に>

政府や役所がなぜ週休1日の会社やサービス残業それから販売業や営業職等での自爆営業を放置しているかと言うと
それは自分たち公務員のために他ならないそれは公務員である自分たちのために大勢の人たちが疲れて嘆いているのをほったらかしている

24時間開いているコンビニ夜8時まで開いているデパート百貨店夜中でも給油できるガソリンスタンド夜12時まで開いているスーパーマーケットこれらは公務員の便利な生活のためにそこで働いている人達の健康や自由を侵害しているのだ
現在公務員は島根県や鳥取それから長崎や宮崎そして秋田や青森など衰退している地方でも山奥や港町でもその地域で働いている人たちの平均よりかなり高い水準の給与や退職金を準備されている
つまり大勢の人たちが公務員のために働いているような感じだ


大勢の人たちが土曜日曜真夜中早朝に働いているそれが当然と社会通念上考えられている
公務員が受け取る平均以上の待遇を平均以下で今度最低賃金の水準で働いているサービス業や販売業の人たちが支えているつまり彼らの健康で文化的な生活を公務員が妨害しているのだ
しかしこんな社会はいつまでも続けていられるはずがない
なら既に公務員の退職金はわざわざ債券を発行してまで支払われているこのようなやり方はいつまでも続くはずがないのだなぜなら無限にお金を借り続けることができないからだ(逆に言えば無限にお金が借りれれば誰でもお金持ちw)

私は週休1日の会社を素早く根絶させなくてはいけないと考える

なぜ経済成長が必要なの?と言う疑問について私なりに考えてみた答え

なぜ経済成長が必要なの?

結論から言うと経済成長せずに人口が増えると飢餓になるからです



原始時代から人類は人口増加を続けています
人口が増えると経済も当然成長します
ですが現代のような財産の私有を元にした社会では昔のように人が増えたら新しい田畑を開墾すればいいと言うわけにはいきません





なぜなら国有地以外は私有地なので自宅の近所に畑に良さそうな草地があっても勝手に耕してはいけません
同じく手づかみでサザエやうになど海産物が取れる岩場も漁業権が無いので勝手に漁はできません



ですから

現代社会では世襲の権益や財産を持っていない人は根本的に不利なのです



ですから

所有権が保護されている社会では人口増加は素直に経済成長に結びつかないのが現代なのです



職業を与える方法についてはギルド制・徒弟制・カースト制・株仲間などが考えられてきました

しかしどの制度でも最後には「工場」に変化していきました

これは設備の所有者に労働者が従属する制度で、資本家は世襲もしくは創業などで資金を持っていた資本家で、主に実物資産に投資しますそして労働者は高名なマルクスの言うように労働力を売っています

こうして資産を使うことで商品を生産して自分の必要なものを買います

原始時代と違い現代では人のものを略奪したりできませんから、内戦やインフレ以外では労働者と資本家の格差は常に拡がっていきます

商品の価格は需要と供給で決まると言われていますが労働者の持っている唯一の商品である労働力は世の中にごくありふれたものとなっているので労働者の受け取る所得はすでに生存するのに必要な最低限の水準に維持されてしまいます

資本家と労働者の格差は「司法」によって維持されていると考えて間違いありません

近代以前では裕福な家庭はしばしば強盗の危険にさらされていましたし外国の軍隊が侵入してくると家の中にあるめぼしいものは全て持ち去られて最後には火のついた松明を放り込まれてしまいました

これは日本でもそうで最近でもそうなのです

第二次世界大戦終結後日本に進駐してきたGHQは日本国内にある一定以上の規模の建物をGHQ用の宿舎や事務所として接収しました日本各地のお金持ちの邸宅や旅館かホテルなどです

数年後彼らが立ち去った時事務所や宿舎として使われていた建物の設備はボロボロで調度品は持ち去られていました

またイラク戦争でアメリカ軍がイラク首都バグダッドに侵入した時バグダッド市民はサダムフセインの宮殿に入り込み金目のものを持ち出しました


さらにアメリカでもハリケーンが 近づくと空き巣が増えます

さらに日本でも熊本地震や東北関東で大きな被害をもたらした東日本大震災の時も空き巣が増えました

私は最近ある意味富の再分配なのかなと言うふうに考えています



つまり昔のように空き地をいくらでも開墾できた時代と違って現代では個人の財産がほぼ完全に保護されていますですからそれこそ国がちょっとピンチになったり地域が大混乱になるような災害の時ぐらいしか本当の意味での富の再配分は起きませんですから新しく大学や高校卒業してくる新卒者は常に不利な状態に置かれています。
彼らは受け継いだ財産も既得権益も持っていませんから大変不利な状態なのです

ですから

実際日本のような国では新卒者の初任給は抑えられたままです



現代社会では鍬を持って田んぼを何度も耕すより工業製品やソフトウェアIT製品を作る方が生産性が高いと考えられていますですから、今の時代私たちは若者のために新しい産業を起こすことで彼らのための職場を作る事が必要となっている時代なのです。仮に今の若者たちのために私たちが新しい産業と新しい職場を提供することができないのであれば長期的に見て日本国内で市場状態が発生すると考えることに私は何の不思議もないと考えています



昇給なしの会社は毎年貧しく生きづらくなっていくと心得よ

昇給なしの会社は毎年貧しく生きづらくなっていくと心得よ



世界の歴史上のインフレ率は大体毎年2%位らしい

という事は毎年2%昇給がなければ労働者は貧しくなっていく

旦那の会社が昇給がなければ苦労するのは貴女だ

日本の会社では昇給がない会社がとても多い





日本人は失われた時代を過ごしてきた失われた10年とか失われた20年とか言うのがそうだ



だけど実際は世界の基軸通貨(キーカレンシー)であるアメリカドルから見れば円の価値が上がっているので実際の使える可処分所得は増えていた



しかし日本の産業の主軸である輸出産業は製造業であり通貨が安いことを望んでいる

そのためせっかく日本円が高くなりみんなの可処分所得がドル建てで高くなったとしてもその効果が失われてしまう

だから日本人一人ひとりにとっては円高が得で円安がそんなのに円安が円安がいいと言う理論がまかり通る

過去20年ほど円が高くなることで実質的な昇給を得ていたのと同じ日本人なのだが円安を望む自民党が政権を取ると国民は貧しくなる



世界の状況が変わり環境も変わっているのに
いまだに日本円を1ドル120円とかにしようと政府はしている
では良くないなぜなら日本人がせっかく蓄積した日本円の価値を毀損していることになるからだ



日本円を売り介入してしまうと言う政府のやり方に本当に腹が立つ

なぜならその差額は本来なら国民が使うことができたはずのお金であって国民に帰属していて政府の好きにしてはいけないはずのお金だったのだ


日本円が恒常的に円高方向に向かっていくのは日本人が海外へ行く頻度が低いからと言うことが挙げられる

本来なら日本国民が今の中国人や韓国人のように海外旅行して買い物することで日本円の価値が再び円安に戻っていくはずなのに、日本の労働環境がひどすぎて安すぎる給料しかもらっていないし海外旅行に行けるようなまとまった休みを取ることもできない



だから海外でお金を消費することができない

海外で鞄を買ったり免税品店で酒やタバコを買うこともできない

日本人は本当の豊かさを取り上げられて本来の円高分を輸出企業が喜ぶ円安水準にするために円売りドル買い介入をされてお金を取り上げられているような感じだ

そこに来て昇給なしの会社だ

昇給がないって事は2%ずつ毎年貧しくなると言うことだ興味がある人は自分の給料を2%ずつ減らす計算を繰り返していればいい

つまり今の日本で昇給がないで働いている人は日本円の持つ円高傾向によるメリットを生かせないし円高による自分の可処分所得の増加の利益を得られないさらに自民党によって低賃金のまま押さえつけられ自民党が円安に向けるせいで毎年貧しくなっていくようなものなのだ

昇給がない会社に入ってはいけないあなたは毎月貧しくなっていくし毎年貧しくなっていく