FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

NHKは全国の入院患者に無償でテレビを見せるべきだ

病院に入院すると浦島太郎になった


私は先日、2週間と少し病院に入院しいわゆる入院患者というものになっていた


昼は優しい看護婦さんがしょっちゅう見回りにきて、夜になると、高齢の意識レベルの低い患者が自らの痰に溺れながら夜中一晩中来るはずのない奥さんを呼び続けるという素敵なBGMを聞くことができる環境だった


独り言がうるさいひとや話しかけてくるうるさい人もいたが、私は心が広いので彼らを温かい心で見ていた


で、結局テレビはほとんど入院中見ることがなかった


なぜかというとテレビは8チャンネルもあるのに横並びでコロナウイルスのことばっかりやっていてしかも「もう知ってる」という内容を繰り返していたからだ


おまけに病院ではテレビを見るにはテレビカードという法外な高額なプリペイドカードを買う仕組みだったため、たいして面白くもないテレビにお金を掛けたくなかったというわけだ



しかし思ったのは今でもテレビをつけっぱなしにしているおじさんは多いんだな、ということだ


何しろ病人て胃ろうをしてたり点滴をつけてる人あるいはなんかの管(それがなにかは知らん)がおおいから身動きできないひとも多いわけだ


つまり読書やゲームや入院中の病院のベッドでできるような趣味がない人あるいは横たわるしかない人にはテレビが唯一の娯楽になっていた


だけど病院てそもそも入院費用が高いくせにテレビカードなんてあるせいでそんな寝てるしか無い病人の人たちは気軽にテレビを見れないという現実があった



私たちは普段、テレビを無償で見ているわけだが、おじさんたちにとっては見れないとなるとなんか音が無く寂しく感じてしまうそうだ


それはそのはず、だって病気のときにシーンと静かだと病気のことを考えて気が滅入るもんな


だから私の入院中の後半に、私にやたらと話しかけてきたおじさんは大学病院に入院中はテレビをつけっぱなしにしていたそうで、病院のテレビカードを何万円分も買ってしまったそうだ


で、思うんだけれど日本放送協会ことNHKは全国の入院患者に無償でテレビを見せるべきだと思う


その根拠はなにかというと、受信料にある

日本では家にテレビを置くとNHKに受信料を払う仕組みがあるわけで、私たちは毎年毎年、牛のようにお金をNHKに搾られている


だからNHKは局員にたくさんの給与や手当てに福利厚生を与え、無駄に豪華な放送局を持ってなおかつ余剰金を持っているわけだ


だったら、全国の入院患者に小型のワンセグが見れるテレビを貸与するくらいNHKには余裕でできるはずだ

そうすれば全国の入院患者の人たちが夜中に自分の病気のことで思い詰める時間も少しは減るはずだ

スポンサーサイト



数学的センスがまるでない橋下徹

橋下徹を久々にテレビで見たけど最近ダメになったなあいつ


政治家辞めて以降メッキが剥がれすぎて死ぬ前のイワシみたいだ(イワシは鱗が剥がれやすいので弱ると鱗がボロボロ剥がれてしまう)


大阪都構想という叶わぬ夢に生きていた頃からすると今の橋下徹はテレビに文句言ってる私の父とあんまりかわらんくらい低俗化してしまった気がする


今日なんかコロナウイルスはインフルエンザとかわらない、インフルエンザでいっぱい死んでるみたいなことをフジテレビ系のシンソウ坂上という番組で言っていたけど、橋下徹て数学的センスが無いんか?とほんと思う


だってインフルエンザでいっぱい死んでると言ったって、問題は橋下徹がコロナウイルスはインフルエンザの致死率よりも致死率が高いということを意図的に無視しているところ


何しろコロナウイルスはインフルエンザと違い2%以上という高い致死率を持っている

これって今どきなかなか無い致死率の高さだ


日本人はAEDの設置やドクターヘリのような救急医療の拡充、健康診断の進化で割りと死なない状態を得ることを社会で作り出しているわけなんだが、それに対してコロナウイルスはあまりにも恐ろしいリスクなのだ



それに対してインフルエンザと同じとか橋下徹は頭おかしい


感染したら2%の患者が死ぬコロナウイルス(武漢肺炎)を橋下徹は甘く見すぎ、甘い見積もりすぎなんだ

そんなんだから大阪都構想を橋下徹は挫折させたのだ


橋下徹がリスクに鈍いのは昔からそうで東日本大震災の汚染瓦礫も大坂で受け入れたりしてきたし、原子力発電について国士気取りの迷言を残してきた、例えば対案を出せとか、なくしたら経済が崩壊するとかだ(でも原子力発電をいきなり全部とめても日本は特になんの問題もなく運営できた)


橋下徹ておじさん特有の「根拠のない万能感」を持っているのであんまり権力者になってはならないタイプの人だ


だから根拠もなく偉そうに振る舞えるコメンテーターは今の橋下徹の天職だと思う


知事や市長じゃなくコメンテーターという天職にたどり着けた橋下徹はある意味幸せものだ

テレビ局「あーあ、インパクトある画がとれねーな(せや!)」

最近のテレビ局のゲテモノ推しがヤバすぎて私は食傷気味でいよいよテレビを消しビリビリ動画へと逃れるようになった

Youtubeも文字だけ動画やよくわからんゆっくり実況やユーチューバーばっかりでもはや見る価値はない


で、最近のテレビ局の傾向なのだが自分たちが面白い企画を思いつかないからかわからんが変なやつを出すことで視聴率を取ろうとしてくる傾向があるよな?


つまり、面白いことや面白い人を見つける能力がないから単純にめちゃくちゃブサイクな芸能人や不快なタレントを出して、視聴率を取ろうとしてくるというよく日本テレビがよくやるあれだ


例えばガンバレルーヤなんかがそうで、なんかわからんがやたらと日本テレビ系の番組に出てくるが私は不快で不快でみてらんない


また引き続きマツコ・デラックスもテレ東やMXでよく出ているがあれも不快で不快でみてらんない


だってガンバレルーヤもマツコ・デラックスも面白いというよりもお化け屋敷の中身みたいな感じのピエロよな


マツコ・デラックスにしてもガンバレルーヤも面白い面白くないじゃなくてインパクトなのだ


料理で言えばガンバレルーヤやマツコ・デラックスは美味しいまずい、しょっぱい甘いじゃなくて辛さ(ちなみに辛さは味覚でなく痛みである)なんだわ


インパクトはあるけどべつに面白いわけではない


でもインパクトあればやっぱ見てしまう人がいるんだろうか、今日もテレビ局はインパクトのあるタレントを使う


面白い企画を考えたり面白いタレントを探す代わりに

井之頭五郎とかいう酒飲めないくせに居酒屋で飯食うおっさん

孤独のグルメという番組を最近Abema TVでちょくちょく見る

しかし見てて思うのは酒飲めないおっさんが居酒屋で飯を食うということに対する違和感だ

これはおそらく作者のネタ切れの都合なのかもしれないが、定食屋や和食料理店や外国の民族料理店はともかく、酒飲めないおっさんが一人で居酒屋に入り居酒屋の料理で飯を食うってちょっとありえなくないか?

このよくわからんご都合主義的な設定がイマイチ理解できないところだ

そもそも酒飲めないおじさんは居酒屋には近づかないという事実を無視する時点でストーリー崩壊してる気がするのだ

芸能人のスキャンダルを攻撃する日本人の悪ノリの根底にはサムライスピリッツが隠れている

名のあるお方とお見受けする!拙者!〇〇 ##左衛門!!!お命頂戴いたす!!!


日本では芸能人のスキャンダルをマスコミが政治や経済よりも時間をさいて報道するという愚民化政策が昔から広く行われてきた


政治にも経済にも目を向けさせなければ、政治意識の低いネトウヨの皆さん(そして昔の私)のような政府に都合がいい国民を作れるからだ


沢尻エリカの国策逮捕でもわかるように今の日本人の多くは私と違い桜を見る会の不正よりも沢尻エリカの検尿の結果のほうに興味があるらしい



それに芸能人のスキャンダルは日本に限らずイギリスでもアメリカでも大人気のマスコミの取材対象だ


何しろ殺人事件の取材のように事件現場の近隣の家をしらみつぶしに回って相手に失礼なことを質問したり、個人情報を嗅ぎ回ったり、卒業アルバムの写真を探し回ったり、寒い中夜中に警察署の前に何時間も張り込まなくてよく、スキャンダルの取材はなんかのイベントの記者会見で芸能人に質問するだけで記事にできるというのがマスコミにとって都合がいいところなのだ


これは野菜や豚骨からスープをつくるラーメン専門店と業務用スープで作る中華料理屋のラーメンくらい手間が違うからマスコミも楽な方を選ぶのは当然だ


で、マスコミはともかくなぜかインターネットが普及し手軽なSNSが広まった今では、個人も芸能人叩きに参加するからたちが悪い


麻薬や離婚はともかく極秘結婚とかまで叩いてしまうからたちが悪い


で、私はなんでSNSで日本人は有名人を叩きまくるのか?と考えた時におそらく日本人の中の侍の血が騒いでしまうのではないか?と考えた


つまり、侍の「名のある相手を倒して出世する」という本能が、有名人をSNSで攻撃するという一見無意味ながらも攻撃的な行動を取らせているんじゃないか?と私は考えたわけだ


つまり理性じゃなく日本人の中の侍の本能が有名人をSNSで攻撃させているわけだ


歴史のどの期間でも有名な人は権力者であることが多かったからだ


で、この本能というのは日本人以外の動物でもそうで、動物園の狭いスペースに入れられてしまったしろくまやオオカミは自由にぐるぐると歩き回れるスペースが無いくらい日本の動物園の飼育スペースは狭いのだが1日に10km以上を歩き回るという本能を満たすために狭いところを行ったり来たりするそうだ


多分日本人も戦国の世で身につけた名のある相手を倒すという本能が江戸明治大正昭和平成を経てもまだ消えてないのかもしれないww