FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

新大阪駅不親切すぎだろw御堂筋線どこだよw

今日は九州新幹線で大阪に来ました

九州新幹線の今日の乗車率は低かったので快適そのものでした

Wi-Fiが使えるというのは嬉しかった

でもね、いつも思うのだが山陽新幹線の区間の車両の揺れ、Fu0kだね、揺れすぎて具合悪くなったわ

新幹線のはずなのに鈍行くらい揺れたわ

でも天気は昼間は温暖なのは救いだった、私は寒さに弱いからだ



で、タイトル回収に行くわけだが、私のような九州の田舎者が感じる新大阪駅の不親切さについて私は書いていきたい

20191117221249a62.jpeg

新幹線で新大阪に着くと私たち九州民は新大阪から先の目的地に向かうために乗り換えをする必要がある

だから新大阪駅に到着してから私たち九州民は生まれたての海亀の赤ちゃんのようにヨタヨタとスーツケースをひきづり新幹線から吐き出されると乗り換え案内を探すわけだが、普段鉄道に乗り馴れない私たち九州民は上り下り以外があるという事実にあまり慣れていないために新大阪でカルチャーショックを受ける


そのため梅田駅に行きたい人は御堂筋線という表示を探すわけだが、上掲の画像の通り地下鉄とJR線乗り換えという表示が現れて私たち九州民にボクシングでいうジャブをくれる


この地下鉄という表示、私に言わせればクソだ


なぜなら、大阪に来た人たちはみんな御堂筋線を探しているのに、地下鉄とわざわざ書いているというのはハムスターはジャンガリアンハムスターしかいないペットショップでお客がジャンガリアンハムスターを探しているときにハムスターコーナーと書くようなもので、一手無駄なのだ


事実、新大阪駅に乗り入れる地下鉄は大阪メトロの御堂筋線だけだ

だから新大阪駅で御堂筋線と書かずに地下鉄と書くのは完璧無駄


梅田駅まで行くときに「御堂筋線で行こう」と考える人と「地下鉄で行こう」と考える人のどちらが多いか?という話だ


だから結局新大阪駅では御堂筋線の場所を利用者に教えるために「張り紙」を設置している


つまり現状の地下鉄・JR線乗り換えのデザインは敗北したのだ


新大阪駅不親切


地下鉄・JR線乗り換えじゃなく御堂筋線・JR線乗り換えに変更してほしいと思った

スポンサーサイト



ナイトエコノミーとはなにかどこからきてどこへ行くのか?

外国人のインバウンド客を楽しませる手段としてナイトエコノミーが日本ではこれまで検討されてきた


ナイトエコノミーとはなにかというと夜間の娯楽を充実させてダンスをさせたり劇を観劇させたりあるいはカジノをつくるみたいなことで、ようはこれまで日本で政府が弾圧してきたことをいまさらやろうということである


これまで日本では海外と比べあらゆる娯楽を弾圧して経済活動、つまり長時間労働だけに国民の体力というリソースを惜しみなく注ぎ込んできた(というか家庭の家族関係すら犠牲にしてきたのだ)


だから未だに路上で電動キックボードのような新しくて楽しい移動手段は未だに日本では普及しておらず、夜中にカラオケでビールを飲みながら歌って踊るのは良いのに一般の店で音楽を流して客が踊るには警察の特殊な許可が必要になる


こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第4次産業革命についてテスラモーターズ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1180.html
東シナ海天然ガスおいしいのれす
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1166.html
割高な商品を売りつけられる企業は強く、割安な商品を売り続けられる企業は強い
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1164.html
資本主義と共産主義は同じゴールへたどり着く
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1162.html
県毎に独立行政区にするべきだ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1111.html
本業は神父、副業は「神業」ヘッジファンド運用者を当局調査-関係者
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-205.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なぜここまで国民生活に日本政府が介入するかと言えば日本政府の中に国民を監視しコントロールしたがる人が多いからではないか?と思う

例えば日本ではどこに言っても注意書きから逃げることができないというくらい注意書きや警告文がたくさん書いてある

なんならトイレで用を足すときすら目の前の注意書きを見ながらするくらいだ

さらに店の駐車場に車で入るときも出口専用入口専用があり、簡単に入ることすらできないし、バックで駐車しろとか長時間駐車禁止とか警告文だらけである

つまり他人に指図したがるのが日本人の真実の姿だ




それに日本人自身も「騒ぐ人」が好きではないようで、最近の例ではハロウィンの騒ぐ若者たちに対して「放水しろ」とか「全員逮捕しろ」とか「催涙弾を使え」とか「迷惑だ」みたいな意見がとても多い

これってつまり香港デモを弾圧する中国共産党みたいなもんで、もしかすると日本人は中国人よりも中国共産党と親和性が高いんじゃないかというくらい監視社会が大好きなのかもしれない

つまり根源的に日本人は他人が楽しんでいるのを暖かく見守ることのできない性格らしい


だから「ただ仮装してウロウロしてるだけの人」と「仮装した人を見に来た人」に放水しろなんていうことを平気でインターネットの世界に書き込むことができるのだ




今、日本でナイトエコノミーを推進しようとしている人たちは完全に「カネ目当て」の発言であり、本当に日本人や外国人が日本でナイトエコノミーを楽しむことなんてのぞんではいない


なぜなら渋谷の商店街の会長の発言からもわかるとおり、日本では商業地は完全に監視されコントロールされた安全で問題の起きないショッピングセンターであるべきで異質なものは排除されるべきという考え方がマジョリティであり、そんな場所で騒ぐやつなんて来るんじゃねえというのが本音なのだ(しかしこれある意味刑務所と紙一重である)


だから渋谷区長が以前からナイトエコノミー推進とか綺麗事を言っていても、本格的に日本人が集まって騒ぎ始めたらまるで戒厳令のように警察を大量に動員して「横断歩道と坂道を言ったり来たりするだけの人たち」を誘導し始めるのは当然のことである


渋谷区長はナイトエコノミーなんて嫌いなのだ本音では

所詮政治家の言うナイトエコノミーなどカネ目当ての戯言に過ぎない

便所の注意書きに見える日本人の警告好き、コントロール好きは、日本人には、日本で日本人あるいは外国人がナイトエコノミーを楽しむことを許す心のゆとりが無いことの証明だ


というかむしろ騒いでいる他人がいることを災害のように考えていたりする


例えば祭りで騒いでいる若者に「そんなに元気があるなら被災地にボランティアに行け」とか言うのがそうである


つまりここでも最初に書いた「日本では海外と比べあらゆる娯楽を弾圧して経済活動、つまり長時間労働だけに国民の体力というリソースを惜しみなく注ぎ込んできた」という考え方が日本人のマジョリティだということがわかる


なぜ祭りで騒いでいる若者がどこぞの災害の被災地でボランティアをしないといけないのか?そのことにすら疑問を抱けないのが日本人の民度なのだ


ちなみに渋谷の商店街の会長も「被災地にボランティアに行け」といったそうだが、そもそもボランティアはお金に余裕がある人がやることなので、そんなにボランティアがすきなら若者より会長が行くべきである
交通費すらくれない日本で貧乏人が遠隔地の被災地にボランティアで駆けつけることは難しいからだ



で、やはり日本でのナイトエコノミーはカネ目当てでしかない

他人が楽しんでいるのを見ていられない日本ではナイトエコノミーはありえないからだ


洗濯機の音すら騒音という日本でナイトエコノミーは無理である



TAKE OVER! 接収される地方銀行の危機

地方経済の活力不足により、今でも地方銀行株は比較的割安に置かれている


日経平均とふくおかフィナンシャルグループ、西日本フィナンシャルホールディングス、九州フィナンシャルホールディングスを過去1年間比較したのが以下のチャート

ふくおかフィナンシャルグループ西日本フィナンシャル九州フィナンシャル日経平均

このチャートで重要なのが水色が日経平均株価であるということで、このチャートで明らかなように九州の3大銀行グループはすべて日経平均に対して株価の値動きは劣位にある

これはつまり、九州には現在日経平均に対して優位になるような明るいニュースが無いということを意味している


こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
岡山県今治市の国家戦略特区の指定を外せ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1831.html

エリート不在の日本
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1602.html

モスクワのナポレオンにコメをあげたい
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1608.html

社内行事を自腹でするな
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1622.html

菅直人「現地に行く」安倍総理「部下に任せる」
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1779.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

、先日SBIホールディングスがついに地方銀行に対して動き、島根銀行に対しての巨額の出資や福島銀行との提携で、見えてきたように、今後、弱体化して割安になっている地方の経済に影響を持つ地方銀行を首都圏エリアで営業をしていた金融関連の企業が買収することが増加していくのではないか?と私は考えている


つまり、日経平均との比較でわかるとおり、これまで地方銀行は割安に株価が放置されてきた過去がある

SBIホールディングス日経平均株価ふくおかフィナンシャルグループ西日本フィナンシャルホールディングス九州フィナンシャルグループ令和元年11月15日


次に過去3年分のチャートを見てもらうとわかるとおり、8473:JPのSBIホールディングスが日経平均を上回るほかは九州の大手銀行3グループはみな日経平均に遅れを取っている


つまり九州の3つの銀行グループの株価とSBIホールディングスの株価の比較からわかるように、SBIホールディングスが今や地方銀行を買収しやすい環境にあるといえる


もし、SBIホールディングスが地方銀行を買収して統一的な支配下に置くことを望むのであれば多分実行可能だし、割安になっている地方銀行を束ねることは十分可能な資金力も割安な金利状況も整っている


アメリカの銀行業の歴史では野心的な経営者が買収を繰り返して巨大な金融グループを作ることはよくあることだが、今後おなじことが日本で行われることは当然ありうる

そうなった時、九州という1つの島の中で三国志を戦っていた福岡フィナンシャル・九州フィナンシャル・西日本フィナンシャルが外敵に一掃されてしまうということも十分考えられることだ


これは皮肉だが自民党という政権与党を支持する人が多い九州は政権与党である自民党の低金利政策によって、地元の地方銀行すら無くなるという状況になるかもしれない


そうなった時自治体の取引銀行が県外資本の銀行になってしまえば自治体の公金の預金ですら県外に持っていかれる時代が来てしまう

しかも割安な銀行を買うというのは買収なんていうもんじゃなくもしかしたら接収とでもいうべき、買収プレミアムのつかないみっともないものになるかもしれない

悪夢的なグローバルな時代が来るかもしれない



こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
togetterで一人のツイートだけで記事作るやつのキモさ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1820.html

原子力発電は人間のやな部分をむき出しにするから嫌いだ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1824.html

岸博幸が荻原博子にバイキングで論破される
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1582.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

観光立国はやくも曲がり角なアベノミクス

韓国との政治対立に基づく韓国からの大韓航空や韓国系LCCの日本への便の休止減便が続いている九州

その一方で船による観光客も9月分は前年同月比で減少に転じている

九州クルーズ船港別2019年11月2日

特に福岡県の海の玄関口である博多港はクルーズ船は209回から182回に約13%も減少している

2019年は港別では鹿児島県の錦江湾にある鹿児島港と別府港がかろうじてぞうかに転じている


現在アジアでは香港がデモ活動により景気後退がおきており、韓国からは政治対立で日本旅行を控える動きがまだ続く見込みだ


これを前提に考えるとすれば、九州各県の港に対する設備投資ははやくも収益性の観点から存続可能性に危機が迫っているのではないか?と言える


そもそも韓国も台湾も香港も加工貿易経済であり、地球規模の景気後退に弱いポジションにいる


これから難しい局面に入ると私は見ている


すでに九州各県全体のクルーズ船の入港数は2017年から夏季だけでも10%以上減少している、実はピークは越えているのだと思う

区画整理からの債務整理w

街の広報誌を見ていると面白い記事が目に入った

それは以前区画整理していた土地の売れ残りを大幅に値引きして老人ホームの運営企業に売ったと言う記事だ

そこは数年前まで田畑とまばらな住宅が広がる典型的な田舎の風景だったのだが区画整理をした結果住宅地に生まれ変わった場所だ

広報誌の中や大きな看板などで住宅地の売り出しを宣伝していたにもかかわらず長いこと区画整理された結果売り出された住宅用地は売れていなかった

そもそも元から住んでいた人すら逃げ出していくようなスーパーマーケットもコンビニエンスストアも遠いような場所なので私から見れば当然なのだが、やっぱりまだ売れ残っていたようだ

やっぱり今の時代スーパーマーケットもコンビニもない場所に人が住んでくれない

で、以前書いたときには確か公共施設か何かを作ると言うのを広報誌で読んだと思うのだが残りの部分も売れなかったみたいで老人ホームが立つらしい


わざわざお金をかけて農地を破壊した後何10%も値引きして老人ホームを建てると言うのがこの街の行政の無能さをさらけ出していて面白い