FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

災害被災者に水すら配れない安倍総理

首都東京のにある千葉県


台風により停電と水道が停止してしまった今、社会のインフラが維持されるか否かという段階になっている

しかし政府の対応はとても遅い

食べ物の不足、水道の停止は生命の維持にそのまま直結する事態だ

で、台風による被害なのでとくに道路の破損とかは無いっぽいので、私はすぐに政府が支援を送るかと思ったのだが、まさかのまさか黙殺している


私は今、うそだろ?と思っている


なぜなら広範囲の津波や水害で道路がえぐられたとかならわかるのだが、信号が停電してるだけ、というような被害地域に食事や飲み物をまともにおくらないというのを先進国の日本でありえないと思っていたからだ


私は以前「日本の国家予算はまず政治家と公務員が山分けして残りのお金で必要なことをする」と書いた


これは、あまりに国家予算にたいして国債の発行が多いことに対して思ったので書いたのだが、ほんとにそうなのかもしれない

日本政府が問題なのは毎年税収を使い果たす国家運営をしてるせいでいざというとき用のまとまったお金が無いという点だ

つまり急な病気になったときに病院に行くお金がないのだ


これはヤバい事態である


で、以前ニュースで見たのだが今、保険証は健康保険料を支払いが遅れると簡単に取り上げられるそうだ

そのため、貧乏な人は今日食べる食事が不健康なのに健康保険料を払うというよくわからん状態に陥っているらしい


よく考えると今の日本政府もそのままで、財務的に行き詰まっていて総理大臣の権限ですぐ使える10億円が無いからこのザマなのだ

総理大臣が独断で使える100億円の緊急時用の資金があれば千葉の断水している地域を助けられるはずなのだが、日本政府が財務的に行き詰まっているから日本政府は瑞すら配れないわけだ


で、ならなぜ外遊するたびにミャンマーとかカンボジアとかスリランカみたいなどう見ても今後五〇年は発展しなそうな場所にお金を数百億円配れるか?というと、それは予算化してそこから支出するからで、突発的に支出するわけではないからできるわけだ

日本政府が緊急時用の数十億円すら持っていないという事実はある意味戦慄するべき事実である

日本政府は水すらくばれないのだ 

スポンサーサイト



河野太郎はいつの時代を生きているのか?

河野太郎のツイートを見ていると日本のなかで政府と企業の主従関係が見えて面白い


河野太郎ツイート令和元年9月15日

河野太郎のツイートを見るとわかるが安倍政権はまるで機能していないことがわかる

なぜならこのツイートからは千葉県内での広範囲の停電に対して、東京電力がまともに通信手段を備えていないことがわかるし、東京電力という私企業のために自衛隊の無線を使わせるというモラルハザードがおきているし、東京電力が優先順位を決めるという点で、日本政府はなんら指示権をもっていないこと、そして自衛隊が倒木処理をするという点でいつの間にか自衛隊が東京電力の下請け業者の一つになっていることが見えてくるからだ


まず、私はなんで通電させる場所の優先順位を東京電力に決めさせるのか?という点がおかしいと考えている

なぜなら東京電力が通電させる場所を決めるというのは、日本政府が千葉県内でどこをまず通電させないといけないのかを知らないということを意味していると私は考えているからだ

いや、無いなら別にいいんだが、早めに通電しないといけない場所があるなら政府は電力会社に言うべきだ



また、東京電力というただの私企業に自衛隊の無線を貸すということは国民の財産の私的専有なんじゃないか?と私は思う

例えば海で遭難した人が海上自衛隊に保護されたときに家族と無線で話すのは良いが、東京電力の復旧作業に自衛隊の無線を貸すというのは私にはおかしい気がする

というかなんで十分な数の無線機や衛星携帯電話を東京電力が保持していないのか?という事実はヤバいだろと私は思う


何より東京電力は過去10年以内に東日本大震災に遭難したのになんでこんなに手際が悪いのかとガッカリだ

というか携帯電話に通信手段を依存していたのかということだが、ならもし原発で事故が起きたとき通信塔が破壊されたらもう通信手段はアウトということなのだろうか?



最後に自衛隊が倒木を除去するということだが、これは単純に遅いと思う


で、以上からわかるようにいつの間にか自衛隊は東電の下請け業者みたいな扱いになっているし、自民党は東京電力に指図しない状態になっている


全くなんなんだと思う

個人経営の飲食店へ今のうちに行っておいたほうが良いぞと言う話

消費税増税が近づき私はウンザリしている

私はファミリーマートのイートインでちょくちょくパソコンを充電させてもらっているのだが、消費税増税が始まれば店内でカップラーメンやアンパンなどを食べると増税されてしまうからだ


そして、おなじように飲食店での食事も増税されるわけだが、個人経営の飲食店は増税した分を値上げすると売上高が下がるのではないか?と考えているため、値上げをためらっている店が多いらしい


そのため、この消費税増税が個人経営の飲食店の経営者の背中の上でタップダンスをするようなことだと私は考えている


現在日本では個人経営の飲食店の経営者は定年前後の年齢層が多いので、消費税増税をきっかけに暖簾を下ろす、暖簾をしまう(閉店する)んじゃないか?と私は見ている


だから今のうちに個人経営の飲食店の食べておきたいものは食べておくべきだと考えている


消費税増税で「やっぱり商売やめます」となって気づいたときには閉店していて二度と名物グルメが食べられないとか悲しすぎるからだ


これまで日本では飲食店は自民党による失われた30年の中で値上げをしないことで生き残ってきた

つまり砂漠に生きるサボテンみたいなものだ

だけど消費税増税が止めをさすことにならないか私は心配だ



ここ九州では762円の最低賃金を790円まで引き上げることが決まったが、引き上げ幅は3.6%で、これはつまり消費税増税と便乗値上げで相殺されるためなんら庶民の所得増にはつながらない



まだまだ九州は厳しい環境にある

続きを読む

FBよりKALが地方の観光業のテーマ

九州を訪れる韓国人が政治問題によって減少したことは対馬や別府や柳川など九州ほぼ全域にネガティブな影響を与えている

いろいろな統計を再確認しても九州の観光業にとってここ数年韓国人は大きな顧客であったようだ

で、今韓国人の個人旅行もツアー旅行も大きく減少しているわけだがそれに対しネトウヨは「1国に頼りすぎ」とか「国内観光客を集める努力をするべき」とか「いなくなってラッキー」という意見を嬉々としてネット上に書き込むが、問題はネトウヨは煽るだけ煽るが観光地には来てくれない以上、結局観光業の人たちはマナーが悪かろうが外国人に期待しているのが現状だ

なんなら行政のホームページを見ると台湾香港中国大韓民国の観光客がほとんどだからもっと台湾香港中国大韓民国の観光客にアピールしないといけないみたいなストレートな意見が書かれている


ネトウヨの頭の中やYouはなにしに日本へみたいなヤラセ番組がイメージする白人の観光客のインバウンド客のイメージと違い日本を訪れる外国人の殆どは中国系(香港台湾中国本土)と韓国人なのだ


で、ネット上の意見では国内観光客の集客を頑張れという意見もあるが私にはそれは現実的だとは思えない


なぜなら九州の人たちのネットリテラシーの低さはヤバいもんで、例えば私が親戚に新しいインターネットのサービスについて聞かれると二言目には「それお金かかるの?」と聞かれるのだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
例)
私「Twitter?Twitterはインターネットの上で短文を投稿して友達やたまたま見てくれ他人同士で会話するサービスだよ」

親戚「それお金かかるの?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だからフェイスブックとかインスタグラムやグーグルマップへのリンク貼りで集客するという現代の基本的なことすら出来ない人たちだらけなのだ(せっかくうまそうな地元料理やきれいな風景があるのにだ)


さらに九州の人たちは自立心が過剰なのかケチなのかわからんが、なんでも自分でやりたがるくせに理解力が無く若者に任せる器の大きさも無いため「自分が知らないことを知ってる人にやってもらう」ということができない


だからホテルなどでも楽天トラベルの予約ページはあるのに自社サイトは無いとか、数年前のバイトの人が作ったであろう記事数5のアメーバブログ、まるでエクセルの画像を使ったかのようなやたら年代物のホームページが残っているとか、自分で作ったであろう恐ろしく貧素なのにページ数やたら多いホームページ、などが混在しているのに肝心のフェイスブックやインスタグラムを使っていないというネットリテラシーなのだ


今の時代ホームページもフェイスブックもインスタグラムも会社の必需品で、ビルの外壁に取り付ける看板や電話機と同じ位大事なものであると言える

しかし九州の人たちはネットリテラシーが低すぎてインスタグラムもフェイスブックも導入できないのだ


もしかすると一定以上の年齢の人たちは全員インスタグラムもフェイスブックも有料と思っているかもしれないw


で、こんなレベルだからフェイスブック(FaceBook)で集客するよりコリアンエアー(KAL)に九州の人たちが頼るのは仕方がないのかなと私は思ってしまう


つまり九州の人たちは完全に時代遅れなのだ


インターネットの時代にはパソコンとインターネット回線がなければ時代についていくことができない

そしてもともと所得が低く光回線の普及が遅かった九州の人たちは日本の中でも特にネットリテラシーが低いといって差し支えない


こうなった今、九州の人たちがインバウンド客を取り込むためにできることはFB(フェイスブック)ではなくKAL(コリアンエアー)に客を運んできてもらうことだけなのかもしれない


まさに背に腹はかえられない、いや、貧すれば鈍する?


九州の人たちにとって効果があるのか疑わしく、そもそもだれがやってるのか理解できないフェイスブックよりもコリアンエアーが運んでくる毎週の数百人のほうがありがたいのは間違いない


日本人の口は軽いから日本でカジノは無理だろ

日本にカジノが作られるそうだが、私は日本でカジノは無理じゃねえか?と考えている

いや、法的にも資金的にも日本でカジノができる準備はできているわけなのだが、カジノを運営するノウハウは日本人はもっていないため事実上外資カジノ企業に日本は草刈場を提供するようなもので、あまりよろしくない状態だ


で、日本では外資主導でカジノが運営されるわけだが、私はカジノは日本人が従業員として働くには向いていないんじゃないか?と考えている


それは口の軽さ


カジノという大金が動く場所では口が軽い人は働くには向いていない


カジノが大金が動く場所である以上従業員は大儲けした人を帰宅後にペラペラ友人や家族に言いふらしては駄目なのだ


しかし、日本人は口が軽い


例えば殺人事件の犯人を取材するとき日本のマスコミはしばしば近所の住人や通行人に取材する

あるいは同じ職場の人や犯人が利用したタクシーの運転手も取材する


すると近所の住人や通行人はペラペラ犯人の個人情報をマスコミにもらしてしまう

そしてひどいことに犯人が利用した飲食店やタクシーの運転手もマスコミにペラペラ情報を漏らしてしまう


つまり日本人は口が軽い


そして犯罪被害者の近所の住人もペラペラ被害者の情報を漏らしてしまう

日本人は口が軽いw

カジノでは顧客の秘密を守れることが最重要事項の一つであるわけだが、日本人のようにペラペラ無責任に情報を漏らす人たちがカジノで働けるとは私は思えない