<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

東北の衰退の原因について市長を見てみる

昨日に引き続き「役所上がりの市長のせいで地方衰退するんじゃないのか?」という仮説について考えてみる

この仮説の根底には「地方では若者(20〜40代)が選挙に出馬できるカネがない、そのせいで役所あがりのおじさんの市長が多いのではないのか?」というものがある

つまりこれはジョージ・ソロスの「再帰性」みたいなもんだ

地方は貧しいから公務員上がりしか市長になれずさらにその地域は貧しくなり公務員上がりしか市長になれない状況が強化されるというものだ

最終的には全都道府県の過去の成長率と役人上がり(市役所・県庁・官僚)の市長の負の相関を見出してみたい


では今回は青森県

青森県青森市長:小野寺 晃彦(おのでら あきひこ、1975年7月25日 -
前職 総務省職員

うーむ、いきなり官僚あがり

青森市は本州最北端の県庁所在地という弱点を抱えているというのを忘れてはいけない

青森県の最低賃金は738円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/738で1355時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる

これは事実上日本の最低賃金の中で最低の水準の給与水準だ

ちなみに海を越え北海道に行けば810円になる、こりゃ北海道目指すしか無いよね???www


ちなみに小野寺市長は東大卒だ

しかし青森県レベルの難易度だと、逆に「誰がなっても一緒じゃ?」という思いさえ湧いてくる

次は秋田県

秋田市長:穂積 志(ほづみ もとむ、1957年4月5日 -
医療法人惇慧会の会長理事で、元県議・秋田赤十字病院元院長である穂積惇(ほづみ まこと)の子息として秋田市に生まれる。
医家の生まれではあるが、医師は志さず、秋田県立秋田南高等学校、成蹊大学法学部を卒業後、惇慧会の関連法人などの役員を経て、秋田市議・秋田県議を歴任。

県議の世襲か

秋田県の最低賃金は738円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/738で1355時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる

これは事実上日本の最低賃金の中で最低の水準の給与水準だ

そりゃ乃木坂の生駒ちゃんも脱秋田しますわいwww

乃木坂の生駒ちゃんいわく、有名歌手の全国ツアーのコンサートは秋田をスルーしていくそうだ

秋田は美人とあきたこまちで有名だが、その2つがある意味秋田の衰退の原因なのかもしれない

何故かと言うと、美人は経済学的に言うと仕事を見つけやすく給料も高くなりやすい、そのためブスに比べると引っ越していい仕事に就くことが可能なのだ

例えば九州で言うと飲み屋(キャバクラ・スナック)で働いている美人は福岡の方が給料が良いため、
すぐ博多駅を目指してしまう

そんな感じだwww

これは国が違っても同じ傾向があるそうで、中国も、四川省とか湖南省とかの田舎の美人はみんな上海や北京を目指して移動してしまうらしい

秋田は美人が多いので、簡単に移動していける、だから人口減少しちゃうのだ

しかも秋田県民は雪国出身だから「我慢強い」これがいけないw
なぜなら仕事を求め大阪や東京に出ても人には望郷の念(つまり故郷に帰りてぇなぁ〜と感じる気持ち)があるので、
一定数の人はついつい帰郷(Uターン)してしまう

沖縄とかそうで、県外に出た人のだいたい30%くらいの人が帰郷してくる

他に、鹿児島、宮崎、島根、高知が多い

鹿児島、宮崎、高知は温暖で過ごしやすいから仕事でうんざりしたら帰りたくなるのはよくわかるが、島根とは?なぜ???

この望郷の念も、国を問わず有るようで有名なのは古代王国「秦(始皇帝のあれ)」を滅ぼし、
項羽と劉邦で知られる劉邦も望郷の念を持っていた

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
項羽は劉邦を許した後、劉邦に降伏していた秦の最後の王である子嬰一族を皆殺しに処して、咸陽を焼き払って財宝を略奪した。その後、ある論客から地の利が便利な咸陽を都とするように進言されたが、項羽はこれを聞き容れず、退出した論客は「人は『楚人とは沐猴(獼猴。猿の一種)が冠をつけているのと同じ(楚人沐猴而冠耳)』と申すが、まさにその通りである」と呟いたために、これを聞いた楚の衛兵は、項羽にこのことを報告した。これを聞いた項羽は激怒して、その論客を捕らえて、釜茹でに処した[7]。項羽のこの行為に諸侯は異論を唱えることができず、項羽はそのまま故郷に錦を飾るために楚の彭城(現在の江蘇省徐州市)を都と定めた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つまり、地の利のいい統治しやすい場所じゃなく、故郷の江蘇省らへんに本拠地を置いてしまったwww

まあ、住みよい場所だったのかなぁ?と思う

魚のサケや、うなぎも海に出て数千キロを旅するのにまた、生まれた川に戻ってくる

人間もやっぱ動物だからそうなのだw

しかしかえすがえす言うが「秋田出身者は我慢に強すぎる」のだ

産業がなくまともな仕事がなく既存の既得権益の保有者が幅を利かせているなら若者は出ていくしかないし、戻ってこない

さらにあきたこまちも衰退の原因だ

秋田は全国3位の米どころだ、平地が多い

そう、平地が多いということは米作りに向いている

しかし、悪い点が有る

米が通貨だった江戸時代ならともかく貨幣経済の現代ではお米はあんまり儲かるものじゃないのだ

実際、江戸時代には秋田は全国有数の豊かな地域だった
これは長い平和が続き人口が増えすぎ、冷害や干ばつに弱くなっていく江戸時代後期の天明の大飢饉とかのころまでそうだった

つまり豊かすぎて人口が増えると一人あたりの耕作面積が貧しくなる、これの行き過ぎたのが江戸時代の後期の飢饉の頻発だ

イギリス人のロバート・マルサスのマルサス経済の考え方によると、食料がある限り人口は増えるけど食料生産の増加より人口増加の方が速いんじゃねえかぁ?というものがあり、その結果人類はいつも空腹で生きるハメになるという考え方が有る

だから、米がお金だった江戸時代は末期に人口増加するまでは秋田は豊かだったが、その田畑で養える人口以上に人口が増えたため飢饉が頻発し、お米がそもそもお金じゃなくなった貨幣経済の明治時代以降、秋田はさらに貧しくなってしまっている

更に言うと田んぼから直接「お米」という米本位経済の貨幣が湧いてきた時代から貨幣経済になったせいで秋田は貧しくなった

これは食糧以外のものがたくさん出てきたせいで、お米の価値が相対的に減ったことが原因になる

つまり「食べること」は「喜び」とは言えなくなってきたわけだ

そして、平地が多いせいで人口の密集化がおこらない、そのためどこまでも低層住宅の続く平坦な町になってしまうわけだ

そのせいで商業の集積や工業化が遅れる

なぜならあなたが工場を秋田に作りたい時、20代〜30代の若者を数百人単位で求人できるだろうか?

いや、できない

なぜなら人口密度が低いので、大量の人員を一度に集めることが出来ないのだ

しかし、中国の200年代後半など、すごい数の人を管理し工場を動かすという企業が中国でピークを迎えた

それこそフォックスコンとかがそうだ

日本のゲーム機なども受託製造していて、テーブルにならんだ人たちは自分のうけもつただ一つのことだけをし、
それを終えると次に渡すそれを数百人が繰り返し、電子機器、家電、パソコンが完成する

しかし秋田は平地が多いので「人口が密集する」ということがないだから、数百人を素早く集めることが出来ない

だから工業化は遅れる


次は岩手県、岩手県の県庁所在地は盛岡市

盛岡市長:前職 株式会社役員

世襲とかそういうのは見られない

岩手県の最低賃金は738円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/738で1355時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる

これは事実上日本の最低賃金の中で最低の水準の給与水準だ

岩手といえば盛岡冷麺が思いつく
盛岡冷麺は、朝鮮から日本に移住してきた人が、やってみたら意外と上手く言ったパターンで
岩手に根付いた

移住というのは太平洋戦争の敗戦まで朝鮮半島と台湾そしていくつかの太平洋の島々は「日本」で住んでる人も「日本人扱い」だったからだ


あと小沢一郎だな、政界をかきまわすけど何がしたいのかイマイチよくわからない人

秋田と共通するが、岩手県含め、東北の県ってどれもでかい

町と町が遠すぎて開発しにくいのかもしれない


次は宮城県

宮城県の県庁所在地は仙台市

仙台市長:郡 和子(こおり かずこ、1957年3月31日 -
前職 東北放送報道制作局部長

仙台市は寂れていく東北各県の中で数少ない栄えている町だ
そういえば気づいたが、九州で発展している福岡の福岡市長も放送局出身だった

放送局は地方では数少ないまともな職場の一つだ

東北放送はTBS系列だそうだ

宮城県の最低賃金は東北随一の東北随一の772円

宮城県仙台市は政令指定都市なので市長選挙の供託金は240万円

供託金240万円を貯めるには3109時間必要で、約130日一日24時間働けば貯められる

とは言え他の東北の県と違うのは仙台はまともな仕事が多少あるということだ

これは、九州における福岡に似ている

九州支店を福岡に置くことが多いことで支店経済が福岡にあるように東北にも支店経済があるからだ

地方をブロック単位で見た時、支店経済がある都市は相対的に優位だ

郡和子氏は、元民主党の国会議員で、無所属で出馬することで野党側候補として市長になった

他の東北諸県と違うのは工業集積があるところだといえる

宮城県は東北で福島の次に事業所がある




次は山形県

山形県の県庁所在地は山形市だ

山形市長:佐藤 孝弘(さとう たかひろ、1975年9月30日
北海道生まれで東大法学部卒、通産省に入った後なぜかおにぎり屋さんを始めるという異色の経歴の持ち主ww

まあ失敗したけど自分でチャレンジしてみるって大事だ

75年生まれで青森の小野寺知事と同い年だ

県の最低賃金は73円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/739で1353時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる


最後、福島県

福島県は東北の中で工業製品出荷額が一番多いし面積も広い

首都圏に近いと言うメリットを活かしている
東日本大震災に伴う原発事故の以前は日本で第4位の米の生産量を誇っていた(今は知らん)

福島県の最低賃金は748円

市長選挙の供託金100万円を貯めるには100万/748で1336時間働く必要がある

1日24時間働いても56日かかる


福島市長:木幡 浩(こはた ひろし、1960年10月23

東大出の官僚あがりだ

福島県は現在、日本で一番人口流出が多い県だ




東北6県中3人が官僚出身で、1人が県議の世襲、1人が放送局出身、1人が病院経営
かなり経歴にバイアスがあるように感じた

地方に必要なのは金を引っ張ってくる元官僚なのか?それとも独自のアイデアを持つ若手なのか、
色々な意見があるが共通するのはどちらもエネルギッシュじゃないとダメということだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめておきました

おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーサイト

よせ!バカ公務員! 地方を衰退させる役人

皆さんの地域の過疎化とか高齢化はどんな感じですか?

九州では結構高齢化と過疎化がヤバイ

ある集落なんか、家だけ残ってて人がみんないなくなりゴーストタウン状態になっていることも珍しくない

建物はたくさんあるのに人がいないのだ、よく見ると「売地」や「売家」の看板がついている

思うに今後数十年九州の田舎の土地は完全な不良債権になるんだろうなぁと思う

それこそ市役所付近以外の地価は暴落しそうな感じの地域も多い例えば熊本県人吉市なんてすごいもんで、
商店街の町並みは有るのに昼間人がまるでいない「中性子爆弾」でも落とされたのか?

と思うほどで、店内を横目で見ると年老いた店主が座っているのを見ると「どうしてこんなに寂れたのだ?」と、
思ってしまう

別にもとからクソ田舎とか言うわけではなく、人吉市や鹿児島県の宮之城や福岡の田舎など、
「昔栄えていた時期があった」跡?残滓?を見ることができるのだ

昔より寂れる、これは政府の統治が悪いということを意味している

例えば人間の体もダメになるときは末端からダメになる、手や足の指、皮膚、内臓や口の粘膜、ここからだめになっていく

いきなり脳や心臓はダメにならない

末端が壊死していくというのは政府の統治が今、よくないと言っていいのだ

政府は昭和を通して地方を破壊する政策ばかりしてきた

<農林業からみて>
例えば木材の海外からの輸入の規制をしなかった、外国の森林をガンガン破壊する一方で国内の針葉樹の木を伐採せず、花粉症が増えるのを放置した

私は木材のように、かさばって重いものは、なるべく地産地消するべきだと考えている

なぜなら「おっしゃ!カナダの木材安い!」とか「東南アジアの木材お買い得!」とか言って輸入するとかさばり重い木材は、運ぶのに石油燃料をたくさん使ってしまう

実際、日本が輸入する木材は海外で違法伐採された木材も輸入しており、東京オリンピックのメインスタジアムで使う木材も、東南アジアで違法伐採された木材を用いておりすごい自然破壊だ

特にカナダとか東南アジアとかすごい広いからなおさらだ

役人は日本の林業を安い海外木材で破壊して、さらに他国の森林を破壊してきた

農作物の輸入もそうで、牛肉とオレンジに始まりあらゆる作物を日本政府は「保護しなかった」のだ
日本の役人はアメリカ人の従僕なので、日本人を守らない

べつに補助金出さなくていいのだ「輸入量を制限する」これだけで良かったのだ

だけどしない、だから地方の小麦とか大豆とかの生産が死んだ

本来なら国産を作るべきなのだ

戦後、日本政府は水資源を確保するためと土木業者に仕事を与えるためというために、日本の環境を破壊して、ダムを作った、しかし問題は水資源を使う農業を冷遇したことだ

せっかく水資源を確保したのに、二毛作(同じ土地で2種類の作物を育てる)をしなかったのだ

アメリカでは、わざわざ井戸を掘り地下水を用いて穀物や果樹を育てている、そして、なんと農業用水は、
飲水よりも優先される


だから、カリフォルニアの農業など、市民が水の供給制限のせいでトイレも流せずボランティアからのペットボトルの水を飲んでいる一方でオレンジやザクロの木には水ドバドバ〜という状況があるwww

それに比べたら日本の農家なんて甘えもいいところだ

政府は自然破壊して水資源を確保する一方、水の最大の需要家の一つ農業を大事にしなかった

だから田舎から人が去るわけだ


<田舎の警察と教師は地方の衰退の原因>

田舎では学校のルールが多い「ゲームセンターに行くな」「カラオケに行くな」「ボーリング禁止」「靴は白い運動靴」「バイク禁止」こんな感じ

だけどただでさえ田舎なのに高校生がいかなくなるとゲーセンもカラオケも潰れるし、当然ゲーセンもカラオケもないとこなんて若者は住みたいわけないwww

まあ最近ではカラオケもゲーセンも若者は欲しがらないが、数年前までそうだった

さらにただでさえなんもないのに「バイクの暴走禁止」とかなんなのあれ?

させたれやバイクくらいwww

なんもないんだから、バイクで100km/h出すくらい構わんだろ?

そんなんだから、地方は衰退するのだ教師の厳しい地域は娯楽施設がなくなり衰退し、田舎でバイクすらすきに乗れないなら若者は田舎にいる意味なくなる

皮肉なのは田舎では自動車やバイクの関連企業があるから雇用が有ると言う地域が多いことだ、
つまり若者からバイク離れさせることで間接的に教師や警察は若者を地方から都市に目を向けさせ自動車やバイクの需要を減らし産業を衰退させ地方を衰退させているわけだ

<住宅開発しすぎ>
田舎の自治体は住宅地を開発しすぎだ
しかも低層住宅地ばかりなので「横に広がる」、つまり無駄にインフラコストがかかる

そしてそれを自治体はとめない

なぜなら住宅地を開発するのは土木業に仕事を与えるためだけなので、深い計画や主体性のある意思はそこにはないのだ

よく5chなどで「街が発展するには平地が必要」という意見がある

断言できる「それは嘘だ」

なぜなら、日本の役所は際限なく住宅を開発したがる

その為、平地が有ると横に広がり続け、人口集積ができない

だから投入したインフラの建設コストを賄えない状態に陥り地方の財政は赤字になるのだ

平屋とか2階建ての家をたくさん作っても街の発展には関係ない、なぜなら店舗や企業は周辺の人口を元に出店し、進出するので、地域の発展のためには低層の住宅街がいくら広がっても意味が無いのだ

だから、日本の地方は今後人口の集積したエリアを作ることが大事だ

狭いエリアに数万人を集住させることが大事だ企業が進出を考えるレベルまで人口密度を高めることが大事だ

無計画に住宅地の拡大を許してはいけない

<高い公務員給与>
これは他の情報媒体にまかせる

言うまでもなく日本の公務員人件費は高すぎる

<市役所や官僚上がりがむやみに市長になりたがる>

実はこれ日本の衰退のかなり大きい原因だと思う

制度について調べれば調べるほど「日本の選挙制度は破綻している」

例えば投票率の低迷が問題扱いされているが、それは「選びたい候補がいないから」であって、
義務じゃないからというのはじつはあんま関係ない

だけど日本では選挙権はあっても選挙の供託金のせいで被選挙権(選ばれる方)の権利が使えない

市区長選挙で50万の供託金が必要でさらに選挙資金も必要なのだが、
しかし、地方で若者が選挙資金を貯められるような仕事はほぼない

歯舞じゃない、ほぼない

だから、地方の市長とか町長はオッサン(しかも世襲の場合も多い)がほとんどだ
焼肉少年2017年8月1日

日本の総理も世襲だしなwww


だからクリエイティビティとか無いし、対外的なエネルギーもない、というか数十年も役所で働いてたようなやつが改革なんてできるわけないw

九州の県庁所在地の市長の前職を見てほしい

福岡市長:高島 宗一郎(たかしま そういちろう、1974年11月1日前職 九州朝日放送アナウンサー
長崎市長:田上 富久(たうえ とみひさ、1956年12月10日 - )  前職 長崎市役所企画部統計課課長
熊本市長:大西 一史(おおにし かずふみ、1967年12月9日 - 前職 商社社員 衆議院議員秘書
父親の靖一も当時現職の熊本県議であったが体調不良のため引退。本人は当初1999年の統一地方選挙に出馬予定をしていたが、現職県議の死去などにより欠員が生じ1997年12月熊本県議会議員の補欠選挙が執行されたために急遽出馬し初当選。
佐賀市長:秀島 敏行(ひでしま としゆき、1942年7月4日 - 前職 地方公務員(佐賀市)
大分市長:佐藤 樹一郎(さとう きいちろう、1957年11月28日 - 前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省)
宮崎市長:戸敷 正(とじき ただし、1952年8月31日宮崎県宮崎市生目生まれ。宮崎市立生目小学校、宮崎市立生目中学校、宮崎県立高鍋農業高等学校、宮崎県立農業大学校指導学部卒業。1974年、佐土原町役場に就職。
鹿児島市長:森 博幸(もり ひろゆき、1949年10月30日 -鹿児島県鹿児島市生まれ。ラ・サール高等学校、横浜市立大学商学部卒業。1974年、鹿児島市役所に就職。財政部長や総務部長、総務局長を務める

九州7県のうち、福岡市長だけが民間出身者だ

そして、熊本市長が熊本県議会議員の世襲

大分市長が元官僚

長崎市長、佐賀市長、宮崎市長、鹿児島市長が市役所出身だ

これら4地域の衰退は役所上がりの市長の存在が大きいと私は思う

公務員上がりの市長の場合、酷いと一度も県外で生活していないという場合もあるからだ

世間が狭いのだ

鹿児島の県知事など現役のみたぞの知事まで民間出身の知事はいなかったのだ

九州のように貧しい地域では革新の意思を持っていても若者はお金を貯められる仕事につけないし、つけたらやめない、
だから世襲の議員や比較的高給の市役所上がりの市長が幅を利かせ、地方は改革のチャンスを失い続ける

役人上がりは政治を志さないでほしい

円高が楽しみだなぁ

日本人は群れて行動する、トイレに一緒に行く女子や一緒にメシに行くオッサン

彼らは群れる

そして問題なのは群れて行動したがるくせに日本人は仲がいいわけでもない場合がほとんどで、
職場だけの関係、学校だけの関係ということが珍しくない

そんな関係の人間関係ばかりなので、日本では社会の変革を起こそうという活動も少ないし、
同僚と起業するというような例も少ない

日本人は孔子の言う「同じて和せず(仲良くするけど協力しない)」を地で行く、そんな感じだ

その点で、アメリカや中国と比べて民族性が違う点で有るときはメリットだが今はデメリットになっている

日本人は団体行動させすぎて、個人の考えを育めないし、主張もできない

特に中年や高齢者がそうで昼に何を食べるか?という単純な質問ですら「なんでもいい」という人が多い

それに私はとてもイライラする

日本の学校では個人の意見を言うと教師に怒られる、更に数年前までは体罰が平気であった(いまもあるのかな?)、だから自主性なんて育めるわけないよねwww

さらに学校によっては眉毛ソリ禁止髪型も靴下も靴も指定、真面目に従うと超絶ダサい中学生高校生が出来上がるwww

日本人は学校で自主性を奪われる

その結果のひとつが投資行動がそうで、日本人が買いに走るとき、ほとんどの投資商品はすぐにピークアウトするかした後だ

日本では投資とか税とかの教育をしないせいぜい「お店やさんごっこ」くらいだ

だから、起業家の多くは日本では親が自営業の家の子供であることがほとんどだ

なぜ学校で投資とか税とかについて教えないかといえば、真面目にそれらのことを教えると国民が怒って政府に襲ってくるからに他ならないw

だから日本の企業は円安の時期に海外企業を買収する

そのせいで、単に通貨が円高傾向になるだけで含み損を抱える

これはおそらく企業の決断が遅いせいだ円高の時期に検討しても買うときは円安になってしまう

しかし個人投資家は個人の裁量で取引することができることが大きなメリットだ

だから能動的に動くことができる

私は今後現金比率を高めていこうと考えている

円高こそ日本人にとってのボーナスタイムだ、経済を知らないネット上のネトウヨには円高は悪でしかないが、
実際には日本にとっては円高こそ素晴らしい

なぜなら通貨が強ければ海外に投資を割安でしたり海外旅行に安く行ける

さらに石油や穀物も安く買えるからインフレも抑えられる

しかし、ネトウヨは貧乏人だから海外旅行も行かないし投資もしない、だからそもそも通貨高が関係ないのだ

だから、アベノミクスみたいなバカな経済政策に信仰を見出す

ネトウヨと私の利害は相反している

徒歩とか馬鹿だろ

人間が進化すると未来には足と腕が退化し脳だけが大きくなっていくらしい

俺が今その途中w

足は弱り手は不器用だ

私の子供の頃と比べる過去20数年だけ見ても人類は大きく退化してしまった気がする

それより昔80年前とかもはや原始時代だ

この前初めて洗濯板を見た、いや、正確には売っているところだ

ホームセンターで偶然見つけたのだ

洗濯機以前私の祖母祖父の代にはみんな洗濯板と石鹸だったわけだが、
僅か数十年間で洗濯板は失われつつある道具になりつつある

時代の進化は慌ただしい

押入れの中のアイパッドミニを見て未来の人たちは私が洗濯板に感じて感情のようなものをかんじるのだろうか?

私たちが生きたそして生きる20世紀から21世紀はおそらく人類史上最も技術革新のスピードが速い時代だろう

鉄の大量生産や機械のマスプロダクション、石油産業の創世期以上のことが現在進行形で起きている

現在の人は生物的にはむしろ退化していると思う

なぜならタバコが吸いたくてもライターなしでは火を起こすことすら出来ない
塩素無しには水も飲めない

逆にアマゾンやアジアの山奥やアフリカの草原の人達の方が生物的には強いと思う

太平洋戦争時代、北海道や東北、九州の人達は優れた兵士だと言われた

なぜなら彼らは封建的な農村地帯生まれで命令に従うし地方から来たので体力もあったからだ
しかし現代なら東京の人の方が兵士としては強いはずだ

地方の人たちは400メートル先のコンビニに行くために車を出すような軟弱ものだらけだw

つまり生物的に弱くなっているわけだ

また、仮にジャングルで飢餓状態に陥っても今の日本人は生存することができないだろう

それは生活力のなさだ

仮に海鳥を捕まえられても捌けるだろうか?私は出来ない

野生動物を解体できない

家畜化されていない動物は、なぜ家畜化されていないかといえば調理しにくいと言うのが原因の一つにある

それが可食部位だ

牛は、と体(と殺された家畜の体全体のこと)の60%弱が枝肉になります。そしてとれる肉はそのうちの約45%です。他の55%は骨、腎臓、脂肪です。計算してみると、体重が800キログラムの牛からとれるお肉の量は、200キログラムちょっとでしょうか。

 豚では、と体の約70%が枝肉になり、枝肉の約70%が肉になる部分です。体重90キログラムの豚からは、44キログラムくらいの肉がとれることになります。


食肉ように飼われていない猫など触ってみればわかるが、骨と筋肉ばかりだ

だから、運良く鳥を撃てても内臓を傷つけないように捌かないと腸や胃が破れ大腸菌などで酷い目にあうおそれがある

だから私たちは便利さのおかげで楽できて便利さのおかげで退化している

私は歩くのはアホらしいと思いつつある

ある意味退化している

新幹線のせいで日本が衰退したのかもしれない

新幹線は早い、いや、速いか

東海道新幹線から始まる新幹線の歴史は今や日本を一つにし、中国、台湾を走り回っている専用の高架を使用するから在来線の影響を受けない

大量の人たちを数百キロのかなたに送る、新幹線は夢の機械だ

しかし、新幹線が日本の衰退の原因だとしたら、開発者の人たちはどんな風に思うだろうか?

新幹線は、地方にとって交通費の上での負担を押し付け顧客を奪う悪魔のような公共交通機関だ

まず、新幹線以前の段階ではみんな在来線の特急や夜行列車で移動していた

終点西鹿児島駅まで10数時間も電車に乗っていたのだ

逆もそうで東北や九州の人たちは大阪や名古屋東京に行くためには時間をかけて移動していた

だから九州や四国や東北の人たちは国内の商業活動の上で物理的に不利益を被っていたわけだ

しかし、新幹線が出来て変わった

速い移動が可能になったからだ

しかも空港と違い駅に直接乗り付けられる

しかし、速い交通手段は地方の企業や人にはただの害悪でしかなかった

なぜなら、早い交通手段は高いので相対的に低い給料で働いている地方の人や、地方の企業は移動に以前の鈍行や特急、夜行列車よりも高額な移動費用がかかるようになってしまった

つまり大阪や東京へのアクセスの費用が上昇したのだ

しかも新幹線の高速化や普及の中で特急在来線やJRからの切り離して第3セクターなど、地方へのコストの転嫁と利便性の低下が進んだ

在来線の線路を使わない新幹線は競合するローカル鉄道の収益性を押し下げていく

その結果在来線の路線は廃止や減便、つまり地方交通の停滞をもたらした

しかも新幹線は海外のようなLCCと違い、全然競争原理が働かない運賃だから、
賃金水準の低い地方の人には割高だから都市部の人と比べると所得の劣る地方の人の新幹線の利用頻度は低く、
地方の人にとっては在来線が不便になっただけという結果になってしまう

つまり交通インフラできてもインフラ使う金がねぇというわけ

しかも新幹線の料金て東京基準で設定されるから根本的に運賃高すぎる

鹿児島県の鹿児島中央駅から福岡県博多駅まで九州新幹線は10450円、そこで考えてみて欲しい

九州を縦に横断するために新幹線乗るために何時間働かないといけないか?

2017年12月17日最低賃金九州

鹿児島だと14時間、福岡だと13時間、一時間も違う、これが東京の最低賃金だと1時間958円なので、約11時間だ


しかも最低賃金低いほど、生活必需品の購入が手取りに占める割合が増加するので、
相対的に田舎の人ほど新幹線のせいで迷惑を受けていると言っていい

つまり東京に住んでいる人が東北や北海道に行くことが便利になっても新幹線のせいで在来線が不便になり相対的に貧しい東北の人や北海道の人は不利益を被るのだ

これは川の流れに似ている、上流から下流には簡単に行けても下流から遡るのは大変だ

新幹線が地方の人たちの自由な移動を邪魔している

そう思った

また、新幹線は速いとは言え、絶対的に速いわけではない

例えば鹿児島中央駅から新大阪駅までたしか4時間位かかるのだが、はたしてこれが速いといえるだろうか?

もちろん飛行機の用に荷物チェックとかがないのは大きいが、遅いと思うわけだ確か75分くらいでつく

つまり速さで飛行機に劣り、安さで在来線に劣る

しかも在来線の路線を破壊してしまうし、地方の人の移動費用を圧迫する

新幹線は、本来なら大阪東京間みたいな大量輸送の需要のあるところだけ導入する交通手段だったのではないかと、
私は思う