FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

Youtuberという他人のコンテンツをネタバレしてカネを稼ごうとする最低な人種

今、ゲームの開発費が高騰している

右にスクロールしていくマップ内を帽子をかぶり髭をはやしオーバーオールを着てキノコを食べコインを集めるスーパーマリオと比べ、現代のゲームがあまりにも進化しすぎてしまったからだ


スーパーマリオとアサシンクリードを比べるとわかるがその世界の作り込みや自由度アクションの派手さはまるで違う

スーパーマリオはジャンプして踏みつけることでノコノコ(カメのキャラ)とクリボーを倒すことができたが、アサシンクリードの場合は刀で斬りつける、斧で斬りつける、投げナイフで倒す、拳銃で撃つ、高いところから突き落とすなど、アクションの量がまるで違う


だからゲームの開発費は今や1億ドルかかることも珍しくないわけなのだが、その膨大な開発費を回収しようとするゲーム機とゲーム会社の努力に寄生してくる者たちがいる


それがYoutuberだユーチューバーは殆どの場合もともと陰キャなので、そもそも面白いコンテンツを制作する能力自体を備えていない


つまり面白いことを思いつく能力も、面白いことを実行する能力も、面白いことを一緒にやる相手もいない場合もある


その結果、他人の作った面白いコンテンツにまるで海賊のように乗り込んできて、それを撮影して簡単なナレーションをすることで動画を作成してユーチューバーになろうとする


その結果ゲームを買ってきて実況するだけの動画をアップしたり、歌ってみたとか踊ってみたとかを撮影したり、電車に乗ったとか、飛行機に乗ってファーストクラスの中を撮影するという安易なやり方でコンテンツを作る 


面白さはすでにゲーム会社に担保されているわけなのだが、ゲーム実況や踊ってみた、歌ってみた、電車に乗ってみたとか、安易なコンテンツ、これは本当に酷いと思う


なぜならネタバレすることで視聴数を稼ごうとする過程で、ゲームや歌や踊りや交通機関の体験をネタバレすることで、実際にゲームを買う人や鉄道に乗る人を減らしてしまうことになるからだ


とくにロールプレイングゲームなんかがそうで、ゲーム実況と致命的に相性が悪い

これまでも、ゲームのレビューをする本や体験版はあったわけだが、プレイ動画でストーリーやバトルシステムを完全にネタバレされたらば、もうゲームは売れなくなるのは仕方がない


逆にマルチプレイ前提のゲーム、例えばワールドウォーシップとかワールドウォータンクやフォーティナイトなら、面白そうと参加する人は増えるかもしれない


で、こういうネタバレしてコンテンツを作るユーチューバーが増えると、世界から面白いものが減っていく一方だと思う


例えばJR各社が新しく作ったクルーズトレイン、例えばななつ星九州とか、TRAIN SUITE 四季島、TWILIGHT EXPRESS 瑞風みたいなのがそうで、せっかく鉄道会社の人がいろいろコンセプトを考えてサービスを提供しているのに、普段牛丼食ってるような貧乏人のユーチューバーがカメラ片手に乗り込んで来て頼んでもないのに好き勝手にレビューをして、これはいらないとか、これは高いとかされたらば、当然だが鉄道会社の人が提供したいコンセプトの上にユーチューバーのレビューがかぶさってきて、邪魔をすることになってしまう

だからユーチューバーをコンテンツの提供を商売にしている企業は排除しなくては、あらゆる場所をネタバレされてしまい、自社のコンテンツの価値を易易と喪失してしまうことになる


話を戻せば、ゲーム会社のように1億ドルをつぎ込んでコンテンツを作るような企業は今後フリーライダーそのものであるユーチューバーをなんとかして払い落とさないと、投資を回収できない時代がくると思われる


そうなったとき、思い入れを込めて作るロールプレイングはゲームから消え、MODとか限定アイテムを今よりもさらに売りまくる時代になってしまうと思われる


スポンサーサイト



21世紀にプログラミングは必須の技能覚えておいて損はない

携帯電話が普及し始めた頃、まだ待ち受け画面なんてものはなく、あるのはバックライトの緑とオレンジの違いだけだった


そう、画面には文字と数字しか表示できずバックライトの色を変えることしかできなかったのだ


それから10年も経たずに携帯電話は64和音や128和音の着メロでメディアプレーヤーとしての能力を身に着け、iモードやezウェブによってゲーム機や情報端末という能力を身に着けた


そしてiPhoneによってスマートフォンとしてボタンを最小限にしぼりこみタッチパネルに置き換えてしまうという進化を選んできた

物理的な存在だったボタンはスマートフォンには最小限しかなく、キーボードは画面上の表示になってしまいブラックベリーもノキアもNECもパナソニックも富士通もスマートフォン市場でズタズタになってしまった


で、物理ボタンをタッチパネルの上の画像にしてしまった今、実はプログラミングを覚えることでスマートフォンを自分の使いたい機能を即座に持たせることができる魔法の道具にできるようになった


つまり、スマートフォンはプラットフォームになり、自分のプログラムを書くことさえできればスマートフォンをあらゆる道具にすることができるようになったのだ



これは単に、自分の欲しいアプリを探してインストールするという意味ではなく、自分の専用のアプリをカスタマイズできるようになったというものだ


今、iOSとAndroidではそれぞれ自分の作ったアプリを実機テストできる機能がついているため、これを使えば自分の作ったアプリを自分のスマートフォンで使うことができるようになっている


そのため、アプリストアに欲しいアプリが無かったり、使っているアプリに欲しい機能がなければ自分でプログラムを作ることで自分用のアプリを作り使うことができるわけだ


ただ単に株式市場が開場する時間になったらキャッシュレジスターの音がするくだらんアプリ




あるいは株取引やFXで使うようなフィボナッチ比率をそれぞれリトレースメントやエクステンションを計算するアプリ、とにかくなんでも作れる時代になってしまっている


だからすごい時代になっているわけだ


ちなみに私はといえば株式市場の52週高値をつけた株式やウォッチリストの株式をフラッシュ暗算のように表示してくれるアプリを自作して愛用している

ここでは言えないがかなり便利な機能を搭載していてもはや自動化というより自動と言っていいレベルだ


スマホのアプリで使える言語を勉強すると自分のスマホが夢の機械になる


だからプログラミングを学習するのをおすすめしたい

貧相な日本人の生活は食事をインスタグラムにアップさせる

私はインスタグラムをやっているのだが、なぜかわからんがインド人のフォロワーが日本人のフォロワーを上回るという謎の現象が起きている

これについて考えてみると、インドは13億人も人口があるんだからそら当然かwということに気づくわけだが、私のフォロワーのインド人の生活をインスタグラムの投稿から見ていると、日本人よりもバリエーションに富んでいるように見える


例えば、ものすごく年代物のライフルを持って親戚らしき男とバーバリーシープ?のようなデカイ角をした岩場の動物をハンティングに行くというものや、家で飼っているらしいよくわからん派手なオウム?インコ?のような鳥の画像それからすごい民族固有っぽい模様の伝統衣装を着た子供などがアップされている


一方で、私はといえば旅行先の風景や家庭菜園の野菜の成長過程の記録や花火大会の風景などをアップしているわけだが、バーバリーシープらしき動物ややたら派手なオウムのような変わったインスタ映えするなにか、は私の生活にはなかなか出てこない


で、私がフォローしている日本人のアイドルやタレントは?というと、もうこれが信じられないくらい頭が悪そうなインスタの投稿ばかりである


つまり食べ物→買ったもの→自分の顔→食べ物と自分→買ったものと自分の繰り返しで、全然面白く無い


私から見ればアイドルてもっとどこそこ行っていろいろやってるイメージがあるのだが、食べ物→買ったもの→自分の顔→食べ物と自分→買ったものと自分の繰り返し


私はこれを見て、まるでYoutubeのゲーム実況をするYoutuberのように感じた


今、Youtubeではトップページを開くと、トップページのおすすめ動画にはかなり多くのゲーム実況動画が含まれている

ゲーム実況がYoutubeで盛んなのは、他人であるゲーム会社がたくさんのお金を掛けて作り上げたゲームをYoutuberがプレイすることで、まるでゲーム会社の努力をピンはねするかのように、容易に面白い動画を作ることがができるからだ


ゲーム実況は通常のユーチューバーのように、なにか道具を準備する必要がないし、部屋をきれいにする必要もない

単にゲームのプレイ動画を作ってアフレコするか、あるいはプレイしながら実況するかで、動画を作ることができる

しかもこのゲーム実況動画は、もともと面白さが保証されているゲームによってある程度面白さが担保されているから、実況をするユーチューバー本人の無能さを隠しやすい

なんなら有名なプレイステーションのゲームであるコナミのメタルギアソリッドシリーズなんか、ゲーム内のムービーシーンだけをまとめた動画すら作られているほどだ

だからユーチューバーはゲーム実況動画を作るのが好きだ



で、なんでユーチューバーはゲーム実況をするかと言えば、それは「ユーチューバーの人生の中に動画にするほど面白いことがないから」


つまり日本のユーチューバーそして日本人は、ライフルを背負ってバーバリーシープをハンティングに行くなんてことはしないし、すごい砂漠やジャングルに行く機会が無く、職場あるいは学校と自宅の往復が多い

だから、日本人のユーチューバーは商品紹介動画やゲーム実況動画やテレビの番組の違法アップロードばっかりなのだ



そして、インスタにアップする価値がある「なにか」も日本人の日常生活の中にはなかなか無いため、食べ物→買ったもの→自分の顔→食べ物と自分→買ったものと自分→化粧した顔で正面の繰り返しの画像をインスタグラムにアップし続けるという賽の河原みたいな繰り返しエンドレスリピートのインスタグラムの投稿になってしまうわけだ


日本人の日常生活はコンテンツパワーが無い、だから他人の創作物であるゲーム実況や商品紹介、テレビの違法アップロードが多いのだ

今日のアベマプライムの外国籍の子供についての特集がおかしかった

日本に昔から増えてきた外国人労働者の子供、そんな彼らが学校に馴染めずに不良化して車上荒らしや薬物売買をして地域に馴染めずにいるということについてアベマテレビのアベマプライムで特集をやっていたが、私はその取材の浅さにちょっとがっかりした

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
AbemaPrime 外国籍の子ども15%が不就学 文科省が初調査 教育環境は?

文科省が初めて実施した外国籍の子どもの就学調査で、全体の15%・約2万人の不就学の可能性が明らかに。日本で暮らす外国人の子ども環境を考えます
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


アベマプライムでは、学校で外国人の子供が差別を受けたり学校に居にくい環境があるから不良化するのだととらえ、それに対してコメンテーターたちや乙武が日本の外国人の子供に対する日本語教育が悪いんだなどと言っていたが、私はAbema TVのアベマプライムの特集としての外国人の子供の描き方が浅すぎてがっかりした


なぜなら日本での製造業関連で働くためにやってくる外国人労働者の子供の不良化問題は階級社会隔離社会そのものが問題だからだ


まず、日本での外国人労働者の問題点は労働者としてではなく派遣労働者として働くためにやってくるということだ

つまり正社員の下にさらに安く済ますための新しい階級としての外国人労働者なのだ

そして、正社員ではなく多くが、いやほとんどの外国人労働者は非正規雇用で働き、日本の職場で働いているのに日本人とほとんど接することがなく、必要最低限のカタコトの日本語だけを駆使して働く


そのため、まるで日本にいるのに日本語をつかうことなく暮らしてしまうため、そもそも外国人労働者の子供の前に親自体が日本語を覚えるということが無い


つまり子ども以前に親が隔離されているわけだ


普通私達がイメージする移民と言えば普通の日本人の職場に外国人が入ってくるイメージがあるが、製造業の職場では簡単な部分を外国人に置き換えることでコストカットするのが目的なので、外国人でもできる部分をまるごと外国人に置き換えてしまうため、日本に来た非正規雇用の外国人労働者は日本人に接することが無いのだ


そのため、フォークリフトの運転や倉庫作業など簡単なことを数人の外国人のチームでやるため、日本人とは最低限の接触だけで日本で働くことになる

そこでは外国人労働者は簡単に解雇されたり所得が低い環境に置かれている


だから何年いても非正規雇用の外国人労働者は日本語を覚えることはない


だから外国人労働者の子供どころかそもそも外国人労働者自体が日本語を使えないのだ


Abema TVのアベマプライムの特集は底に対する注目が浅いとおもった


外国人労働者の子供に日本語を覚えさせればハッピーエンドとおもっているのかもしれないが、実は親世代の外国人自体が時限爆弾ですらある


都合よく外国人を非正規雇用の労働者として使い捨て前提で連れてきた自民党の政策を負担するのは常に社会のなかで不安定な人である




こちらもおすすめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
togetterで一人のツイートだけで記事作るやつのキモさ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1820.html

原子力発電は人間のやな部分をむき出しにするから嫌いだ
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1824.html

岸博幸が荻原博子にバイキングで論破される
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1582.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

iPhoneがサブスクリプション!?で販売だと

iPhoneが次のステージに進もうとしている


現在、iPhoneは新しくモデルが出るたびに値上げしているため、iPhone11Proでは税別106800円というなかなかの高額商品になってしまっている


そしてそのことが一括払いできない收入層の顧客がiPhoneを買うことの障害になってしまっている

しかし投資家向けの収支報告でアップルのティム・クックCEOが示唆したようなiPhoneをサブスクリプションサービスというやり方で提供するというのは良い考え方に私には見える


なぜならこれはアメリカ人の大好きな金融屁理屈で儲けるやり方だからだ


いま、アイフォン11Proは一括払いするかローンを組むかの方法で買うことができる

しかしこれをサブスクリプションサービスという売り方にするとどうなるかというと、住宅ローンのCAM(元本均等返済)がCPM(元利金等返済)に変化したような爆発的な変化が起きる



もともと住宅ローンではCAM、つまりコンスタントアモチゼーションローン(元本均等返済方式or元金均等返済)という方法で返済額が決められていてこれはつまりローンの返済日ごとにはじめに一定額の元本を返済し、ローン残高にたいして利息比率を掛けた分を利息として支払う

これはつまり、100万円を10年利息年利6%で借りてCAMで返すなら1年目はまず利息分を100万×6%で計算し、6万円をもとめ、これに100万円の(元本/支払回数)で10万円を元本として加算することで、1年目の返済額16万円が求められる

二年目は1年目に返済した元本10万円を差し引いた借入金の残高90万円に利息の金利6%を掛け利息分を計算し、これと1年分の元本10万円を加算して返済額をもとめる

CAMの良い点は、返済額が毎年減っていくためローンの借り手は毎年負担が減って楽になれるということだ、CAMは構造上ローンの初年度が一番返済額が多いがその後毎年の返済額は減っていく



ちなみにこのCAM(元本均等返済方式or元金均等返済)は住宅ローンでは現在ほとんど使われていない
銀行の住宅ローンの説明をみてもみな、元本均等返済方式ではなく元利均等返済方式だ

なぜCAMじゃなくCPM、この元本均等返済方式にはローンを貸す側が借り手から吸い取れる旨味成分が少ないからだ

まずこの元本均等返済方式の問題点は借り手からどんどん元本が返済されてしまうという欠点を持っている

例えば10年のローンなら1年目にはもう貸し出したローンの10%が返済されてしまうのだ、ということはどういうことかというと、住宅ローンという安定した不動産向け融資を貸し出したのに、また新しい借り手を探さないといけないということだ


つまり元本がどんどん返済されてきたら、新しい借り手を探さないといけないのだ


そこでCPM(コンスタントペイメントローン:元利金等返済)というものが生まれた


このCPMは何が優れているか?というと元本が返済されないという点だ


つまり元本が返済されないということは融資した額から得られる利息の総額が大きくなるというわけだ

それに元本がゆっくりとしか返済されなければまた新しい借り手を探し回る手間も減る


このCPM、支払金額の決め方は毎年いくら払えるか?を前提に毎年の支払額を決める

これはなぜかというと、ローンの借り手からできるだけ多くの需要を引き出すためだ、CPMはいくらまで借りて良いか?ではなくいくらまで払えるかをもとにローンを設計する、その結果返済ごとの金額は一定になるようにローンが設計されている、つまり初年度の返済額から毎年の返済額は減少していく元本均等返済方式とちがい、CPM(元利金等返済)は毎年の支払額は一定である


すると、本来なら田舎町に700万円の中古の家で良いと考えていた家族に、2000万円の新築の家を売ることが可能になる


これはなぜかというと毎年毎月の支払額が一定なので「なんとなく払えそうな気がする」金額にローンを設計することができるからだ


つまりこの家の適正価格は?とか自分が借りて良い金額は?じゃなく、毎月7万円は払える?とか11万円なら払える?みたいな判断基準になってしまう


そうなるとなぜかローン総額や利息総額に対する認識が甘くなってしまう

その結果、CPMはローンの貸し手にとって美味しいローンとなっている


で、iPhoneも今後ただのローンからサブスクリプションにすることで、月々いくらまで出せるか?という判断基準になりiPhoneの価値が過大評価になり1台のiPhoneからアップルはより多くの利益を引き出せるのではないか?と私は考えている



月々いくらまで出せるかという判断基準にすることでiPhoneの価値はさらに上がるはずだ