<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

swiftを数時間勉強してわかったこと ホリエモンの言うことを反証

swiftを勉強している

今5時間目くらいだ、今回私はホリエモンの言うように「ネットで調べれば出てくる」という情報で、
勉強をしている


本来ならswift関連の本を読んで勉強するのが効率的だとかんがえているのだが、
ホリエモンの理屈を反証してみたかったのだ

つまり、ほら!できねえだろ!という証明がしたかったわけだ

今のところわかったのはネットの情報は浅すぎるということだ

大勢の人たちが他の人のためになればという善意でswiftについての記事や解説を書いてくれる結果、
ネット上の検索結果は初歩的な部分の記事が大多数を占めている

つまり入り口のとこまでの記事がどこまでも続いている感じだ

だから、その結果もう知っていることを何度も見る羽目になり、なおかつプログラミングという終わりの分からない、めどの分からない学習にモチベーションを維持するのがとても難しい
目隠しでずっと歩いていく感じだ




まずわたしの英語力の問題もあるのだが、xcodeがすべて英語で有るため、いちいち翻訳する必要に迫られることが多々ある

おすすめ記事まとめておきました

おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html


私はアメリカ株を取引しているので、多少英語の心得があると思っていたのだがとんでもなかった、
何しろコンピューター用語と株の用語は関連があまりないからだ

profitとかTotal Shareholders Equityとかmarginとかliabilitiesはプログラミングには出てこない


キリがいいところ、知っておくべきことがまるでわからない

さらにプログラミングの学習で困るのが、どうやるのか調べてもコードが10数行貼ってあるだけで、なおかつ1行ごとの解説もないので、初心者の私にはロゼッタストーンのヒエログリフや宇宙人の言語くらい意味不明なのがつらい

プログラミングよくわからない人のために例を出しておく

魚のアジの捌き方だ

まずこっちの動画を見てほしい、一切しゃべらないので、アジの捌き方を見たくて開いた人はコレを見てもなんの参考にもできない




また、字幕が入っていても同様で、コツがよくわからない



最後の動画はとても丁寧な動画なので一度もアジを捌いたことがなくてもこれをみたら上手くできると思いませんか?
実際、私が初めてアジフライを作ろうとチャレンジした時、Youtubeで動画を検索しても説明無しやあるいは字幕だけの説明で、何の参考にもならない動画がたくさんあった





ネットの情報は「すでに知っている人が少し知っている人のため」に書いて有ることが多く、
ネットだけでswiftを学ぶのはかなり難しいと私は考えている


Appleの公式ドキュメントも一応見てみたがそれだけでできるというには程遠い内容だったし、
おっ!コレならできそうと言うやつでも有料会員登録が必要だったりした


ホリエモンはコンピュータの黎明期からコンピューターをいじっているので、私のように蓄積がない人がみるのとは違うはずだ、だからインターネットで調べればOKと思っているのではないだろうか?

そうであるなら納得がいく

つまり専門分野の知識のバックグラウンドがあるからネットが役に立つわけで初心者はネットで調べると情報の海に溺れてしまう可能性があるし私は実際今そうだw

私はスホーイ・フランカーとボーイング・イーグルの見分けができる、だけどSwiftとJavaの違いすらよくわかっていない

私はまだプログラミングの海の浅瀬にいる




JAL ビーフコンソメ 4袋入×5個
JALスープ

内容量:5g×4袋×5箱
原材料:食塩、デキストリン、砂糖、ぶどう糖、ビーフエキス、牛 脂、粉末しょうゆ、酵母エキス、たんぱく加水分解物、オ ニオンパウダー、ビーフパウダー、香辛料、植物油脂、乳 糖、でん粉、ポークエキス、調味料(アミノ酸等)、カラ メル色素、香料、酸味料、うきみ(クルトン、膨張剤)、 (原材料の一部に小麦を含む)
商品サイズ(高さx奥行x幅):155.0mmx95.0mmx135.0mm

スポンサーサイト

問題が迫った時、日本人は目をそらす

インターネット創世期、日本人は目をそらした

「私には関係ない」「自分には関係ない」「使わなくても生きていける」「今使う理由がない」「私はわからないから」「高すぎる」

以前読んだ営業についての技術の本によれば老人職人は技術の変化についていけない

と、書いてあった

つまり自分のやり方や今までの考え方に固執するから、新しいものを営業に行っても買う確率は低いということだ

なら、ならだ?

日本がこれまで言ってきたビジーレイク(美辞麗句)である「ものづくりの国」とかいう言葉は、
日本の弱点そのものだということか?

このひらがなで書かれた「ものづくり」という単語、実にバカっぽいw「さいたま市」と近いものを感じる、
そう知能の低下

<職人をもてはやすが職人の物は買わない使わない>

日本では職人技はもてはやすクセに職人にはお金を払おうとしない

楽天の三木谷浩史の家とかぜひネットで見て欲しい、ダサすぎる、日本風でもないし欧風でもアメリカ風でもない、
何だありゃ?

あれなら私が豪邸を買うなら田舎の古い家でも買ってリフォームする方を選びたい

家も家具も食器も、今の日本人が使ってるのは安物の偽物のデタラメの中国製じゃないか?

日本の今の若者の家に一体どこに職人の作ったものが有るのさ?

樹脂とプラスチックばっかりじゃないか?

家だってカナダとかの海外の木材じゃん

「ものづくり」ということばに酔いしれるのは馬鹿なオッサンだけにしてほしい

観光地で職人の作った伝統工芸品がよく売っているが若者はだいたい買わないw

<経営者も老人、職人も老人>

今の経営者の平均年齢をご存知?2018年1月17日時点で調べてみよう

2017年1月の帝国データバンクの発表によれば社長の平均は59.3歳

つまり高齢者の一歩手前で、ぎりぎり定年前

しかもこれは大企業だけじゃなく創業したばかりの企業や200年の歴史の老舗とかごっちゃに全部まとめてなのだ

職人も漆塗りとか古臭い商品だけじゃなく、製造業ですら高齢化している

つまり、前述の営業についてのノウハウ本によれば「老人で職人」の日本人は、
技術革新、というか新製品にうといし買おうという意志も弱い

つまり平均年齢の若い社会と比較すると社会の構造的に日本の経済活動の競争力は他国と比べて劣位におかれる

社会の構造は社会の競争力のレベルを決めるそしてそれが地域や都市や国の競争力を左右していく

例えばナポレオン戦争時代のフランス軍とイギリス軍の構造の比較が興味深い

フランスは貴族や富裕層を士官にするそれまでのシステムを改め、実力主義を導入した
実は当時、連隊や中隊などの隊長になるということは、同時に「部隊に必要なお金を自腹で出す」ということを意味していた、つまり政府から払われた予算が足りなければ連隊長は自腹で部隊に必要なものを買わなくてはいけなかった

だから、貴族しか士官(准尉、少尉、中尉、大尉、少佐、中佐、大佐、将軍)になれなかったわけだ

しかし、フランスは共和制を採用して国が効果的に徴税をして完全に税金で軍隊を維持することで、実力主義の考え方を軍隊に持ち込む事ができた

だから、貧しいけど有能な人を士官に昇進させられたのだ

しかしイギリスは相変わらず貴族しか士官になれなかったので、実力がない家柄だけの人が士官になってしまい、
フランス軍のダイナミズムをとめることができなかったのだ

実力主義の徹底は軍隊のような命がかかる職場では、競争力を大きく左右していく

<先輩という考えを捨てなくてはいけない時期が来た>

せ・ん・ぱ・い

いい響きだ、能力が無くても年上というだけで敬語を使われる

しかしこれからの時代、先輩という考えは捨てざるを得ない

そういう時代になったからだ

と、いうのは、日本は左派革命を体験していないから

これが原因だ

ヨーロッパや南北アメリカ、そしてアジアの多くの国で、左派革命の経験をしている

もちろんカンボジアのポルポトのように酷い革命もあったが、ベトナム、中国、そしてインドネシアなども一時左派的な時代を過ごしている

左派的な時代がなぜ必要だったかと言えば「平等」な時代だからだ

つまり受け継いだ血による世襲や相続された資産などを否定してしまうのが左派の考えなのだが、
同時に旧時代の権威も否定する

そのことが社会に平等性をもたらす

だから、本来なら儒教的だったはずの中国がいつの間にか平等主義になってしまったのだ

平等主義は実力主義の必要条件だ、平等じゃなければ実力主義にならない

だから群馬の小渕優子とか麻生太郎みたいな世襲のアホがいつまでもはびこるのだ

左派の時代が本来なら戦後起きたのかもしれないが、アメリカ軍が駐屯していたので左派の時代は起きなかった

だから平等主義は広まらなかった、そして世襲制の世襲議員がはびこることにつながった

左派の時代はある意味社会のピラミッドを力づくで捏ね回すようなものだから副作用も大きい、
しかし言えることはもはや先輩という制度をなくさなくてはいけないということだ

つまり係長とか主任とか課長とか部長とついていなければ平社員みんな平等で、
実力がある人を昇格させることを徹底する

これしかないのだ

左派の時代のない日本には実力主義は身につかなかった、しかし実力主義にならなければグローバル競争に勝てない、
そしてそれには先輩という「先に入っただけの人」というよくわからん待遇をやめるべきなのだ

今後左派の時代が来るのか?私にはわからない、しかし言えることは左派の時代は権利を求める時代であって、単に社会主義的経済政策を採用するという単純なネトウヨ発想ではないということを書き添えておきたい

Abema TV、面白いコンテンツがないから飽きた

AbemaTVは失敗だと思う

と、言うのも面白いコンテンツがないから、事実上「テレビ朝日の外城」みたいなもんになっている気がする

ドラえもんやルパン三世、クレヨンしんちゃん

悪いけどそんなの望んでないんだわwww

オリジナルコンテンツがつまらない

アベマテレビはそこが失敗のポイントだ

テレビ朝日のコンテンツ、テレビ朝日の報道ステーションやテレビ朝日のアナウンサーが出て来るアベマプライム、探偵ナイトスクープ

見る意味がない

コレに尽きる

テレビ朝日のチャンネルが一つ増えただけのようにしか思えない

さらに言えばネットの長所であるストリーミング配信の意味がない

なぜなら見忘れても好きな時間に見れないからだ

海外のIT産業やソフトウェアサービスは全部シャットダウンした方がいいのかもしれんね

度々取り上げるけど、中国すごいや

まさか中国共産党の方針が中国のソフトウェアやITサービスをここまで成長させるなんて普通思わんよね(よね?)
エヴェレスト2017年5月20日渋滞

だって、ITとかインターネットサービスとかSoftware産業って、
私達日本人には「オープンなもの」っていう思い込みというか認識があるから、
どうしても「グローバル展開」みたいに気負ってしまうというかそう考えがち

しかし中国がすごいのはむしろ「閉鎖的」にしたこと

きょうとりあげるのはディディチューシン(滴滴出行)


言うなれば中国のUberだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国の滴滴出行、新たに40億ドル調達 海外事業拡大へ

[北京 21日 ロイター] - 中国の配車サービス会社、滴滴出行(ディディ・チューシン)は21日、新たに40億ドルを調達したことを明らかにした。海外事業の拡大を視野に入れ、米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]への対抗姿勢を強める中、資本増強に動いた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^


滴滴出行(ディディ・チューシン)には、日本のソフトバンク、中国の阿里巴巴、そしてアップルも
出資している

ITサービスが面白いのは「特許&著作権で保護できる範囲が少ない」という点だ

例えば私がExcelやWordをCDに焼いて、みんなに2000円とかで売ったらそりゃもう大儲けだけど
これは明らかな「著作権侵害」で海賊版そのものだから、違法だ

それからTシャツやトレーナーに勝手にキティちゃんやドラえもん、ケロケロケロッピーを印刷して
売り出すのも当然違法だ

だけどITサービスは特許や著作権じゃ保護しにくい

ネット通販が象徴的だが「ネットで商品を通販する」という行為は特許が取れない

同じようにネットでのホテルの予約やネット証券、そしてUberも特許は取れない

と、言うことはUberが進出していない&進出できない市場ではUberは手も足も出ないわけだ

つまり滴滴出行(ディディ・チューシン)は、ウォーレンバフェットのいう「大きな堀」を持っているというわけだ

滴滴出行(ディディ・チューシン)の本拠地中華人民共和国にUberは進出できないからだ

同じように「大きな堀」を意識して中国のITサービスを見た時に、
中国ネイティブの企業は「独占的競争」ができる状態にあるとみていい

つまり、中国共産党はいつの間にか中国発の企業に「大きな深い堀」を提供したわけだ

中国出身の企業は中国本土という独占的市場から自由で開かれた市場に攻撃を加える事ができるわけだ

そしてそのTargetは西側諸国にも及ぶ

私はソフトウェア産業や、ITサービスについて考えていたがよく考えたら

中国籍の企業はすでに世界中でインフラ産業や重要な港、それから鉄道などに出資をしている

すでに始まっていたことだったのだ

中国政府は日本政府と違い、アメリカ政府の圧力に屈することがない

その為、アメリカ経済は常に、中国企業に対して弱い立場に立たされていると言える

それをふまえたとき、アメリカの市場も「閉鎖的」に態度を変えることが必要なのかもしれない

とは言え「自由貿易」を標榜(実体はどうであれ)している以上アメリカ市場は簡単には閉鎖的には
転換できない

アメリカ政府と産業界はたまったもんじゃない

iphone 3GSについて思い出した

アイフォンケース3GS、丸くて、傷つきやすくて、すぐ熱くなって、クソ電波のソフトバンクで

解約してから数年後、ソフトバンク語る弁護士の詐欺電話来たけど

とてもいい携帯電話だった


数年前の今頃、iPhoneが欲しくて欲しくてたまらなかった

白くて丸っこい、3GSは、当時、ソフトバンクでしか買えなかった「特別な」携帯電話だった

その頃スマホなんて言葉は出始めで、私は当時、Panasonicのガラケーで会社のトイレから、
ロイターのサイトをチェックして株価を確認し、株のトレードを行っていた

インターネットがまだ、家にしか無く、モバイルWiMAXとかも出る直前だった

3Gsを駆使し私は当時、ネット証券(当時はまだSBIではなくイートレード証券だった)から取引していたのだ

私には当時iPhone3Gsは魔法の鏡みたいなものだった、というのも、それまでのガラケーの発注画面は
糞糞糞おまけにクソで、見づらく遅かった

あんな画面でよく相場なんてしてたなw

だけどiPhoneは違った、パソコン用の画面で取引できたからだ、中国のペトロチャイナとか、中国海洋石油、神華能源とかの株価をみていると、まるで世界につながっているような気がしたし、実際つながってたwww

まさに「ミラーミラー、オールオーバーザ・ワールド」(鏡よ鏡、世界の中で…)

そんな気分だった

今はiPhone7を使っているが時代の変化がすごい

とは言え基本的な仕様は殆ど変わっていない、アイフォンは生まれたときからアイフォーンだったのだ

最後にアイフォンが出たときの有識者の感想を


夏野 iPhone、3G接続だと遅いけどWiFiは速くて快適だねぇ。ビュワーとしては最高に面白い。

ひろゆき iPhoneずっと持ち歩く感じですか?

夏野 持ち歩く。

ひろゆき 1週間ぐらいで飽きたりしないですか?

夏野 分かんないけど。こういうの作りたかったんですよ。

ひろゆき 作ってたら大失敗しますよ。

夏野 なんで大失敗なのよ。

ひろゆき 1カ月後には使ってる人はほとんどいないと思いますよ。iPod touchも今、持ってる人見ないもん。

夏野 そうね、iPod touch持ってるとiPhoneと勘違いして女の子にモテるから。でもぜんぜん便利じゃないよね。

ひろゆき iPhoneは電話として不便じゃないですか。電話として結局使わないから持ち歩かなくなって、誰も持ってないという状態になると思うんですけどね。

夏野 でも格好いいよ。なんでこれが売れるかユーザー目線で分析すると、最新の携帯電話は5万円するけど、iPhoneは2万3000円。2万3000円は安いよ。

ひろゆき 確かにそう言われるとそうですね。おしゃれで半額。
でも、企画を仕事にしている人がiPhoneを信じていると「バカじゃないの」と思う。Second Lifeがすごいと言っていた人を見る思いなんですよ。おまえちゃんと使ってるの? 不便だよ、という。

夏野 まぁそうだね。でもこういうものが日本にあってもいいじゃないですか。日本のキャリアやメーカー、携帯電話開発にたずさわる人間は真摯(しんし)に、なんでこれがアメリカから出てくるのかということを考えなくてはいけない。ま、他人の業界ですけどね。

ひろゆき 親心からの意見でした。