<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

完全にコングロマリットに走る楽天、朝日火災を傘下に

またかよ、ホント見下げ果てるわ楽天、ネットモール事業がジリ貧になってきたらコングロマリット化をするなんて

楽天、損保参入 野村傘下の朝日火災を完全子会社化
 楽天は1月29日、野村ホールディングス傘下の朝日火災海上保険(東京・千代田区)の株式を公開買い付け(TOB)で取得し、完全子会社化すると発表した。楽天会員のデータなどを活用し、独自商品を開発する狙い。(ITmedia NEWS)

またも楽天のコングロマリット化の推進だ

先日発表の携帯電話事業や既存の証券や銀行(楽天銀行と楽天証券)などをみてると、
楽天には革新の気風がまるで見られない

未知のサービス、ソフトウェアを生み出して爆発的成長をするより「資本の活用」みたいな投資をしようとしている

既存の事業である楽天市場はジリ貧確実なので、新規事業にむかうのはわかるが、
どれも「楽天がやる必要がない」事業ばかりだ

さらに言えば国内の損保が急激に成長するとは思えずいわゆるパイの取り合いになるだけだ

これまでの楽天の行動には三木谷氏の嗜好性によるバイアスがかかっていると見ていい

株価は過去2年のサポート水準である1000円台にいる

楽天株価2018年1月30日

サポート直上ということで、今買えば多少の利益が見込めそうだが、
それはともかく、結局楽天の本業であるインターネットサービス業は、新しいサービスを生み出すことが生命線だ

また、長期的に見て楽天市場はアマゾンには勝てない

それはネット上の商店街の楽天と、ネット専業小売業のアマゾンには、専門性の違いと、学習効果が全然違うからだ

楽天はプラットフォームを売っているので、流通業に対する経験値を蓄積することが出来ないし、規模の経済が活用できない

つまり配送の効率化や送料の交渉力などだ

また、商品の価格競争力もない、まとめ買いの需要もない

楽天は安易な方向にばかり向かっている

しかしこのコングロマリット化(複合企業)は成長を鈍化させると考えてみていい
何もかも中途半端になり、専門化の進んだ現代では、すべての競争市場で、劣位に置かれる可能性がある

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.html

スポンサーサイト

円安に日本人はそろそろ耐えられないかもしれないね

円安になると日本人は喜ぶ

輸出産業が儲かり「見せかけだけ」景気がよく見えるからだ

しかし本質は何も変わらないので円安が円高に戻ればまた企業業績は低迷する


<産業構造は昔のまま>
それもこれも日本の産業構造が変化に適応できなかったからだ

アベノミクスはいろいろなことをしたが結局はただの「株価対策」でしかない
年金資金で株式を買い込みいろんな企業の大株主あるいは筆頭株主になったことで、
「自分が買い進み」平均株価を押し上げた

しかし、円安は本質的に輸出企業への優遇で、国民全体でみれば所得の格差を広げる

まず輸出企業(機械製造、自動車産業、電気機器)は過去最大の売上で給与を上げる、
で、公務員もそれを口実に自分たちの給与を引き上げる(人事院勧告というやつ)、
なぜなら公務員は日本のトップクラスの大企業の給与を前提に自分たちの給与を決めるからだ

だけど内需関連は円安では苦しむ

原材料の高騰を製品価格やサービスに転嫁できないからだ

例えばガソリンスタンドは原油価格に合わせて売値を上げ下げするけど、売値を上げたら需要は減る

食品もそうで、原材料価格の円安での変化ををうまいこと先物取り引きでダメージ減らせるのは大手企業だけで、
中小企業はサラダ油や小麦やトウモロコシの値上がりをモロに受ける

だから公務員と輸出関連大企業は円安で利益を得られるが、それ以外の国民はアベノミクスで痛みしか感じない

<コンビニパンの小ささ>
皆さんは最近のセブンイレブンやファミリーマートのパンの小ささに驚いたはずだ

袋だけパンパンで、中身のパンは小さいしスカスカなのだ

なんでこんな事になるのかと言えば産業構造の転換や新産業の育成ができない自民党を選んだ国民が悪いだけなのだが、
いずれにせよコンビニパンで満足できる時代はもう終わってしまったのだと認めるしかない

セブンイレブンで売っているレーズンパンもたしか2?3?年くらい前まで5個入りだったと思うんだが、
嘆かわしい限りだ

以前、8%の消費税導入時、円安の中で消費税率をへんこうしたので、実は輸入食品にはかなり大幅な価格改定があの当時行われた

可処分所得が伸びない限り、パンは小さくなり続けることを避けることはできない

<内需を見捨てているのでアベノミクスは見せかけの好景気>

安倍政権といえば「見捨てる」というのが行動様式だ

例えばイラクでISISに捕まった2人の日本人、湯川さんと後藤さんが殺される恐怖に怯えている中、
なんとイスラエルに行き、イスラエルへの支援を表明した

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍晋三首相は中東歴訪の中、1月17日、エジプトで「イスラム国」対策のため、としてイラクやレバノンに2億ドルを支援することを表明した。2億ドルには難民支援、人道支援という名目が付けられている。しかし、安倍首相は「「イスラム国」の脅威を食い止めるため」、「イスラム国と闘う周辺各国に」としており、利敵行為とみなされる。人道支援や、後方支援といった名目に日本人は惑わされやすい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


また、小笠原諸島沖でサンゴが中華人民共和国の漁船に乱獲されているときも、
サンゴが取り尽くされるのを「見守る」だけに終始し、ほぼ取り尽くされてしまった

海上保安庁は見守るだけ警告するだけにとどまり、数百隻も来たのにたった数隻しか拿捕しなかった

つまり見捨てたわけだ

人質もサンゴも見捨てるんだから仲間だって見捨てられる

それがあの籠池夫妻



なんとまだ拘置所にいて、6ヶ月も牢屋の中だ

森友学園で仲良しだったはずなのに、まともな弁護すらしないこれがアベノミクスなのだ

家宅捜索で資料を全部持って帰ったのに保釈無しで面会も不許可

ほんとに、海の生き物からかつての仲良しまで見捨てるやつだwww

だから一般国民なんてどうでもいいわけだ

高齢化の進んでいくこれから、国内の消費はどんどん低迷していくと考えられる、
給与所得から年金所得に切り替わる高齢者は現金を手元に残すため衣類や家具家電への支出を切り詰める

また、資本消費財の代表である自動車もそうで中古車や軽自動車、あるいは免許自体を手放す可能性も高い

そうなれば販売チェーンも徐々に閉店を余儀なくされ「高齢者向け消費」という甘い幻想から目覚めざるを得ない

九州で言えば、飲食店も難しそうで、なぜなら九州では若者は他の地域に出ていく人が多いので、
外食需要自体が急激に変化する可能性がある

つまり家族向けから、個食化(一人二人などでの来店向けの店)が進みそうだと私は予測している

ガストやジョナサンからすき家やファストフードみたいな

少人数来店すぐ食べて退店みたいな店が流行りそうだ

いきなりステーキが切り開いたようにおそらく既存の食事カテゴリーのファストフード化は今後もうまくいく可能性が高い

その一方で客単価は今後さらに下落すると考える

食事の簡素化と低価格化にはおそらくかなりまだ可能性が残されていると思う

何れにせよそれって実質賃金低下への適応であって解決策じゃない、だから賃金上がらないと日本人はもうダメかもわからんね

口座維持手数料導入で日本人のタンス預金は加速する

数日前だが、口座維持手数料の導入をメガバンク上位3行が検討していることが明らかになった

私はこれは「日本人の一億総中流意識時代の終焉」を意味すると位置づけたい

HSBCやシティバンクなどの海外の銀行の口座は維持にお金がかかるというのは、
一度でも海外口座開設を検討した投資家には当然の知識かも知れないが、
国内の多くの人たちには驚きの海外常識だろう

海外の銀行は日本の銀行よりも利益率が高い

それは単に効率化とか、サービスの提供で得られた利益ではなく、口座所有者から事あるごとに、
徴収した手数料のおかげでもあるのだ

日本ではこれまで、均一的な金融資産を持つ日本国民のために、口座維持手数料をある意味「サービス」として、
無料で銀行は提供してきた

しかし、日本人の貧困化のせいで地方からは金融機関が減少していく一方で、
地方の信用金庫、地方銀行、そして農協などは我先に過疎地から引き上げるのを、もう10年以上前からやっていて
全国一律の金融サービスを提供してくれるのは「郵便局」だけになっている地域も多く

離島などでは事実上「郵便局」だけが金融機関の場合が普通だ

しかし郵便局も安泰でなく、離島であっても今後はおそらく閉鎖が相次ぐはずだから、
日本人の金融機関へのアクセスはかなり不便になっていくはずだ

今回の都市銀行3行の口座維持手数料有料化は、明らかに波及していく減少で、
地方銀行は追従するはずだ

そうなったとき貧困のペナルティについて考える必要がある

つまり、収入が低く銀行の要求する水準の預金を常に銀行に入れて置けない人は口座を持つことができなくなる可能性があるというわけだ

例えば年金生活に入った国民年金の老人
地方の低い賃金水準ではたらく派遣社員
アルバイトで生活している人

などだ

こういう人たちは口座を失う可能性が高い

そして、賃金の手渡しを要求し始めるかもしれないw

あるいは口座維持手数料を払いたくなくてタンス預金を始めるかもしれない

するとどうなるか、銀行券が不足する

市中で流通する銀行券をタンス預金すると流通する銀行券が家庭で退蔵される

すると貨幣の流通速度が落ちる

貨幣の流通速度はいうなれば世の中の現金の在庫回転率みたいなもので、
どれだけ早く取引されるかと言う指標だ

発行済銀行券の内の多くが家庭内で保管されれば、貨幣の流通速度は遅くなる

遅くなるということは・・・・そう、おわかりの通り企業の売上高が上がらないから経済規模が縮小する

つまりデフレになる

つまり金融機関への気軽なアクセスが出来なければ、デフレになっていく

となれば今ですらデフレなのにさらにデフレになる

お金の在庫回転率が低下するからだ

マイナス金利で経済対策のつもりかもしれないが、さらなるデフレのトリガーを引く可能性があるこの口座維持手数料の導入、正直怖い

イベント多くしすぎてもはやどのイベントも中途半端に

日本の小売業は中途半端になっている

どういうことかというと「ハレの日」消費を作り出せずダラダラ営業になってしまっているからだ

世界では日本に限らずどの地域どの民族も色々なお祭りを楽しんでいる

例えば地域の収穫祭に始まり、まちぐるみ、あるいは国全体の規模まで、
たくさんのお祭りがある

それは例えば中国のように月餅食べたり贈ったり爆竹をたくさん破裂させ龍や獅子のきぐるみが踊るのもあれば
日本のように数百人数千人が行列をしてが踊る(よさこいとか)ようなもの
それからアメリカのように街のメインストリートをパレードするようなもの
それからロシアや北朝鮮のように軍隊が数万人が戦車、装甲車、ミサイル、などが行進する


ドイツのようにビアホールに大勢やってきて楽しむオクトーバフェストのようなもの

色々なものがある

村とか集落で継承されてるお祭りなど「おじさんおばさんが数人程度が踊る」これを見に、
数千人が集まるようなものも有る

ブラジルのカーニバルが普段貧乏な人の「晴れの舞台」であり、
カーニバルのために一年間節約する、みたいなお祭りでは、その日に
お祭りでカップルが興奮して勢いで妊娠するみたいな人が多いこともニュースになっている

リオのカーニバル2017年12月23日

しかし今日、クリスマス前なのにクリスマス気分まるで起きないね


というか数年前から急激に「季節感」がなくなった気がする

日本からいつの間にか季節感がなくなっちゃった

そんな気がする

日本は長い歴史がある国で民族なので、結構たくさん行事が有る

しかも中国や朝鮮半島から伝わったお祭りもあるから結構世界でも「イベントの多い国」だといえる

実際、日本より古くから都市化の歴史がある中国の祝日より、
日本の祝日の方が多いwww

いかに日本人が「イベント好き」だったのかということを象徴している

しかも節操がないwww

例えば日本人は古来は精霊信仰(アミニズム)で、でかい山とか岩とか川とか火とか(まあとにかく自然のもの)を
崇拝してきて、それ由来のお祭りがまずある(神社とか地域のお祭り)

次に仏教伝来した以降、中国や朝鮮半島由来のお祭りが増えた(例えば朝鮮出兵の時の出来事を元にしたお祭りが熊本と鹿児島にある)

で、そっからさらにキリスト教系のクリスマスが加わり、ハロウィンも近年加わった

いっちゃ悪いが「受け入れすぎイイイイイイイイ」www

どんだけお祭り好きなのさww

同じ東アジアだと、例えば韓国は無宗教やキリスト教が急激に広まる過程で、伝統的なお祭りや仏教由来のお祭りの多くをしなくなっていった

一方、中国では収穫祭や古来のお祭りはする(清明節:チンミンジェといい墓参りに行く、春節:旧暦の元旦を祝う、中秋節:ジョンジウジェといい月餅食べ満月を見る)けど、西洋風のイベントはバレンタインとクリスマスくらいだ

日本はなんでも受け入れすぎだ

最近ではイオンでブラックフライデーまで始めていた

思うに日本人は「もったいない精神」が強すぎて、イベントの取捨選択ができないのだ

だから、クリスマスを祝って一週間も立たないのに除夜の鐘で寺に行き、新年に神社に行っちゃう


節操無すぎだ

もし死んだらキリスト、ブッダ、神道の誰に頼るつもりだ?????

もうわけがわからない

しかも恵方巻きのノルマやクリスマスケーキのノルマとか…

お祭りにノルマ課すなwwwww


しかもあらゆるイベントをやろうとした結果、全て中途半端になりつつある

それが季節感の消失だ

以前は店とかももっとクリスマス飾りしてたのに今やツリーだけ飾ったみたいな適当な店も多い(そりゃそうだ、もともと仏教だし)、しかもハロウィンの飾りを片付けきれてない店もある

日本人よ、イベントを整理整頓しろ

なんもかもやろうとしても顧客の金がついていけない



リオのカーニバル : ブラジル紹介
wagahaibr.exblog.jp/4503315/
2007/02/02 - 国民を熱狂させるイベントの裏で、毎回カーニバル期間だけで、リオでは100人程度の死者が出ている模様だ。 どさくさに紛れて日頃の恨みでも晴らすのか? 酒に酔った勢いで喧嘩になるのか? 又、各地で若い女の子が騒ぎ、飲み・食べて、お金も使い果たして帰りのタクシー代もなくなり、タクシー代かわりに妊娠する女の子達もいるようだ。 カーニバルから10ヶ月後はベビーブームか・・・? カーニバルはキリスト教の謝肉祭であったが、ブラジルでは奴隷開放により黒人も参加するようになり、打楽器を ...
リオのカーニバル、舞台裏ではセックスと警備が問題に 写真1枚 国際 ...
www.afpbb.com/articles/-/2344866
2008/02/01 - 【2月1日 AFP】1日に開幕するブラジル名物、リオのカーニバル。
リオのカーニバル後はコンドームの雨が降る!?|なんとかしなきゃ ...
nantokashinakya.jp/sekatopix/article0160/
皆さん、ブラジルといえばお馴染みのリオのカーニバル。 多くの老若男女が集まる場として知られていますが、そのカーニバルで何が起きるのか知っていますか?? そう、 なんとコンドームの雨が降るのです! これはどういうことなのでしょうか? サンパウロで現地の事情に詳しい日本人に聞いてみました! ブラジルでは、リオに限らず各地でカーニバルが開催されていますが、かつてブラジルでは、カーニバル後に妊娠する人が多く、それによりエイズが蔓延する傾向がありました。 そこでブラジル厚生省所管国立機関の ...
情熱のリオのカーニバル|you's Room ~まさかの妊娠生活~
https://ameblo.jp/leander/entry-10469525032.html
2010/02/27 - いつかは参加してみたいリオのカーニバル。 ↑. 上記の画像のような衣装?(ほぼ裸)は着れないけど一度でいいから踊りの中に参加したい。 見に行くツアーはあるんだけどね~. ワタシが見つけられないだけかも知れないけど参加型のものってないのよ。 以前住んでたところにブラジル人のママ友がいたの。 彼女に聞いた事があって、何でもあのカーニバルは奥が深いそう。 各チームでのコンテストでものすごい練習を何ヶ月もするんだって。 そして選ばれた数チームだけが大注目を浴びて大きな山車と共に ...

日本は土地が細分化されすぎている

想像して欲しい

駐車場の商売を

駐車場は場所が良ければ、他の商売よりもかなり低いコストで安定的に儲けることができる商売だ

人間が管理人として必要だった以前と違い、機械化の進んだ現代数百台停められる自走式立体駐車場ですら、
無人で管理できる

繁華街のそばには立体駐車場がたくさんあり、いつもほぼ満車と言う例も少なくない

なら、儲かる土地を確保できる能力がある人がジャンジャン負債や株式の発行をして、
事業拡大を図るというのは十分ありうる

ならなぜ、繁華街の駐車場はしばしば「不足」するのだろうか?

それは日本ならではの理由がある

それが「所有権が細分化しすぎ問題」である

日本の土地はたくさんの所有者が小さな土地を保有しているという場合が全国各地で見られ、
まとまった面積を総合的に開発するということがしにくい

その為、JRや私鉄の保有地を活かした駅ビルやイオンモールができると、既存の商業地は一体的に戦えないので、
負けてしまうということが全国各地で見られる

例えば岐阜市(イオンモール)であったり鹿児島市(アミュプラザ鹿児島)であったり、都城市(イオン×2)、千葉市などで見られる

毛利元就の3本の矢ではないが、土地も一体開発した方が、集客力は強い

<管理コストがやすくつく>
土地の一体開発というのはとても大事な概念で「管理コスト」を抑えることができるという点で
そこのテナントに入る企業や顧客にメリットをもたらす

駐車場2017年12月19日

例えば駐車場も経営者側から見れば、ロック式の平面駐車場よりもゲート式の立体駐車場のほうが資本集積度が
高いので面積あたりの収益性を高めることができる

どういう理屈かと言えば、借入金を使うからで、ロック式は地面にロック板を埋め込み、駐車場の端に支払いの機械を建ててて終わる
しかしゲート式は立体駐車場にしたりできるから、借入金を使う余地がある
つまりレバレッジをかけることができるわけだ

レバレッジ:借入金をつかい、自己資本以上の大金を動かして儲ける(儲けられるというたぬきの皮算用)という方法

客から見ればまとめてショッピングモールなら何時間も停めておけるけど商店街だと利用したらすぐ移動しないといけないもしくは有料だったりする

<宣伝コストも安くつく>

「この店に来て」というより「ここに来て」という方が簡単だ

靴屋に来て、スーパーに来て、服屋に来てというより「イオンモールに来て」とか「アミュプラザに来て」という方が簡単だ

その点で専門店はショッピングモールやルミネなどの駅ビルに負けてしまう

宝石店や飲食店はテレビで広告を出すが、同じ県内に10店舗あるのと、50店舗ある場合を比較すると、
店舗数が多いほど、一店舗あたりの広告費負担は減る

しかも店舗が多いほどCMの費用対効果も上昇する


日本は「まとまった土地」がなかなかない

というか、これまで土地の集約がおきなかった

都市のまとまった開発は日本では難しい

その為、面積あたりの資本収益性を高めることが難しい