<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

★企業は本質的には従業員のものである

企業の所有権を調べてみた時に、株主とお金を貸してくれた債権者のものであるということがわかる企業は誰の持ち物?

企業は株式で資産を買い、負債で運転資金をまかない、長期の投資をする

権利関係から言うと株主は企業が売上から負債の返済をして研究開発とかしたあとに、ようやく配当金を受け取れる

企業は負債を返せない時に破綻するのであり、株式の配当を払わないといけないという義務は一部の特殊な株式以外には基本的にない

企業が破綻するときも未払い給与、負債債務を返済した後にやっと株主は残ったもの(残っていれば)を受け取れる


一方本質的な所有権を見た時、企業は本質的に従業員のもの(になってしまっている)
ということがわかる


例えばお金を貸した債権者や株主は、企業の従業員が静かな道路の街路樹の木陰でプロボックスとかADバンような企業のロゴが書いてある営業車で、路上駐車して気持ちよさそうに昼寝していても株主は「おい!貴様!俺の株の含み損はお前のような間抜けのせいだ!」とか「もう2時だぞ!?お前いつまでサボっとるんや!!」なんて言えないし、午後9時に残業代を付けておきながら事務所で雑談している従業員とか、4四半期連続で赤字のくせにしょっちゅうシンガポールとかマカオとかファーストクラスで行きたがるアホ経営者にビンタも鉄拳制裁もすることもできないwww

株式投資のブログとか見てると含み損で100万単位を抱えている人はそれほど珍しくないもので、
やたら投資が下手くそな人なら自業自得だが、長期投資とか言って数年単位で保有していて含み損赤字の人とかほんと可哀想だ

だけど株主は含み損抱えても従業員に説教できないし、経営者をぶん殴ることもできない、そこが不利な点だ

株主は企業の株式を一定以上保有しているなら、社長を取締から解任できるけどほとんどの木っ端株主はそんなの終生使わんしなw

次は従業員だが、企業は大きな方向は企業の業種や、サプライチェーンの中での立ち位置、製品の強み、負債の活用などで収益性は変わるけど、やはり従業員が無能だとすぐれた業績をあげることはできない、そして優秀すぎると自力でどこへでもいってしまう

例えば2000年代後半のリーマンショックのときに野村證券はリーマンブラザーズの部門を買収したが、結局、従業員たちが逃げ出していくのを引き止めることができなかったという日本企業らしいエピソードを覚えてるひとはいるだろうか?

結局、給与を今までどおり上げるよ、と言っても優秀な従業員は逃げ出していってしまうwww

さらに、ただ無能ならいいのだが社長とか役員とかのコネで従業員を雇用したりということも日本ではよくあるが、それって株主から見るとどうなのよ?って思うなぜなら企業活動における人事権を勝手に私的に流用してるようなものだからだ

こう考えると、結局株主って、従業員や役員がすることを止めることができない脆弱な権利しか持っていない

そう見ると事実上、企業の主役は従業員と役員であり、株主はお金のリスクだけ負わされる哀れな存在でしかない

企業の統治を経営陣に委任している以上、株主は支配構造を築けていないし、経営陣も従業員を思い通りにはできない

株主はそのことを忘れてはいけない

結局、株式会社は従業員と経営者の誠実さにかかっているという事実は揺るがない

スポンサーサイト

世界市場と乖離する日本市場

海外でかっこいい車を販売している日本の自動車メーカー
フロントグリルからして攻撃的だったり睨むようなヘッドライト、シャープな曲線、すごい魅力的

だけど国内では明らかに家族向けや、毒抜きされたなんちゃってスポーツタイプ、背が高すぎる軽自動車みたいな退屈な車ばかりをラインナップに加えている

日本では軽自動車が普通自動車を1とすると約0.9くらい売れていて、私はこれを日本の税制による無駄だと考えています

というのも本来なら軽自動車に対して自動車メーカーが費やす資金や人材の経営リソースを海外展開できない軽自動車にふりむけているからです

言うなればバスケットの選手が野球選手にチャレンジするような感じで使う筋肉が全然違うのでマイケル・ジョーダンでも、なかなかうまくいかないように器用貧乏になってしまうからです

例えば野球では下半身を鍛えることでバッティングやピッチングを安定させるため下半身を鍛え筋肉を大きくするためおしりを大きくすると言われるようなトレーニングをしますが、バスケットででかいおしりは間違いなく不要ですよね?www

同じように軽自動車の販売開発に適した企業形態を取りながらヨーロッパや北米で戦うのは日本の自動車メーカーの競争力を大きくそいでいると私は思う

日本は国民の給与を安く放置することで輸出企業の利益を確保してきたが、今の軽自動車崇拝は地域拡張性のない製品をむだに研究しているのが本当に腹立つ

これは税金が高すぎて貧乏な人はランニングコストの税金や車検や任意保険を恐れている(事実だ言い過ぎではない)
ことによる市場の歪みだ

ホントなら貧乏なら中古車を買う方に行くべきなのかもだが、日本では近視眼的なものの見方がはびこっていて買い物する時導入費用にだけ目が行き先の費用に目を向ける余裕がない

日本は歪んでいると思う

GOODBYE UBE!! THANKYOU RUNE!!!! ABE?SHOWMEWHATYOUGOT!!!!!! ABE? WHATS GOINGON????

半導体産業が宇部を去る

宇部は山口県の衆議院第3区で4区の安倍総理の選挙区のすぐ横の地域

ルネサスエレクトロニクスは今後2〜3年をめどに山口工場を閉鎖するルネサルはNECと日立製作所、三菱電機の半導体部門が統合し、2010年に誕生した負け犬連合の半導体企業

読売新聞の記事はいつにもまして右翼的で差別的だった、というのも山口工場で働くルネサスエレクトロニクス正社員260人は配置転換すると書いてあったが、非正規雇用については触れていない

おそらくみんなクビかな・・・

有価証券報告書によればルネサスエレクトロニクスの平均給与はルネサスエレクトロニクスの年収は759万円、ただしこれは正社員だし、平均年令が45歳という点を忘れてはいけない

ルネサスは以前リストラした正社員をよりによって自社で派遣社員として雇用していたというクソみたいな過去を持ち、まさにアベノミクスの雇用の流動性を先取りした会社だ

雇用の流動化にはあの竹中平蔵のパソナテックも当然一枚噛んでいる

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-11/2015061105_01_1.html

こういうニュースを見て思うんだけど社員をクビにホイホイできる会社よりも、クビにできないから先を見て行動する会社のほうが日本のためになると思う

実際、昭和の経営者たちも常に先の方へ進もうとしていたから企業が傾かずに済んでいたという点は忘れてはいけない

いざとなったら部下を100人くらいクビにすればいいやみたいな考え方って経営者の甘えだろ?

なあ?そうだろ?簡単にクビにできるって経営者の甘えだろ?なあ?甘えだよなぁ?

むしろ縛りプレイのほうが面白いだろ、テレビゲームとかもそうだけど制限がある方が実際面白いしなwww

メタルギアシリーズとかもそうで、あんなの敵兵を殺しまくればあっという間にクリアできるクソゲーなんだけどあえて「殺さない」というしばりを入れることがメタルギアシリーズの大きな魅力になっている、俗にいうノーキルノーアラートと言うやつだ
メタルギアシリーズって、戦闘ゲームとして遊ぶと手榴弾投げまくって機関銃撃ちまくればそもそもなかなか死なんしwww

また、信長の野望とかもそうで、有能な武将揃ってる織田家とか武田とか島津とか使えばいいのにあえてクソマイナーな大名を使ってそれを楽しいと思う、それが人間だ

だから経営者はむやみに従業員をクビにしないという縛りプレイをするべきなのだwww

いざとなりゃリストラできるとか、メタルギアシリーズだといきなりステルス迷彩持ってるみたいなもんだ、クソつまらんわw

だから従業員クビにしないといけなくなったら経営陣は半数入れ替えればいい

なぜならゲームオーバーだからだ

企業経営をゲームとして見たら、お金がライフで従業員数が戦闘力で技術力が魔力ゲージだ

従業員クビにしないといけなくなった時点で自分の経営能力はここまでだったと諦めるべきなのだ

人の人生かかってる企業の経営で他人に迷惑かけてまで経営の座を守ろうとするな

と私は思う

で、今回のルネサスの決定だけどこれで日本の半導体産業がまた少し規模縮小することが決まったわけだ

日本は今好景気のはずなんだけど個人的にあんま実感はない

アベノミクスて効果あんの?

それとももっと雇用の流動化するだけか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.htm
おすすめ記事まとめておきました その4
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1118.html

l

日本のローカル線は新幹線のせいで死ぬんじゃね?

日本では、鉄道を国土の全域に張り巡らせようと、明治時代から建設が始まり国、民間の尽力により昭和中盤に最長の運転距離になりそのご廃線が増加していき今に至っている

ローカル線には風情があるが、しかしそんな田舎町の路線でも以前は毎日数百人が利用していた過去を持つ駅の過去の歴史を聞くと、今現在との差に驚かされる

ローカル線は明治大正昭和を通して作られたが、今、続々と無人化、廃線が進んでいる

九州では特にそうで九州で唯一人口増加している福岡ですら無人化が進んでいるのだから、おそらくこの流れは止めようがない

私は最近新幹線に頻繁に乗っているのだが、新幹線の不便さと安全性の低さったらないね

新幹線は飛行機と違い、手荷物検査が無いためテロにめっぽう弱いまずそこが嫌なところだ
新幹線は最大一三〇〇人乗れるそうなのだが、どう考えても危ないだろw

先頭車両で爆発させられて脱線したら、おそらく大惨事になってしまうはずだ

それにもかかわらず、東京オリンピックを目前にしても手荷物検査すら導入しない、日本人の平和ボケも度が過ぎる

日本政府は以前イスラム国に喧嘩を売ったことがあるわけだから、もはや日本は安全だと言えないのにだ

また、新幹線は揺れる、とくに山陽を走っている間の区間はひどい、場所にもよるが山道を走る路線バスくらい揺れる場所があるからわたしはこぼしそうで、ペットボトルを安心して置いてられない

乗り心地が悪いのだ

また、スーツケースを置いて、固定しておく場所がない&スーツケースを持ち込むことを想定していない?のかわからないが、訪日外国人の持っている大きなスーツケースが、時々新幹線車内で転がる

家族連れの人たちが座席を回転させ向き合って座っていた時、ハの字が2つできて
 
そこの隙間にその家族はスーツケースを置いていたのだが、留めるものが無いため、スーツケースは新幹線が傾く度に走り出そうとしていた

で、結局走り出したwwww




JRの人とか鉄道で旅行行かないのだろうか?

どう考えても頭の上の荷物棚だけじゃスーツケース置き場足らないでしょ??

さらに、気づいたのだがJR九州の車内販売ではCalbeeのJagabeeが売っているのに、JR西日本の車内販売にはじゃがりこしか売っていない

私は以前このブログで書いたほどJagabee大好き人間なのだ

おそらく偏った食生活のせいで体がミネラルを欲しているのか、あのジャガビーの塩が美味しくてたまらない

思うにこれがJR西の体質だ!!!(←完全な偏見)

車窓の風景を眺めながら食べるJagabeeの旨さを味わわせてくれえええ(発狂)

と思う

さて、新幹線は専用の高架を使う高速鉄道なんだけど、これって失敗だったんじゃない?

と、私は考える

というのも専用の高架を使う新幹線が在来線の特急や急行のライバルになることで、在来線の長距離便や特急が駆逐されていっているからだ

例えば鹿児島本線はすでに、JR九州だけでは鹿児島中央駅へ行くことができない

それは熊本県八代から鹿児島県薩摩川内までを第三セクターとしてJR九州が切り離してしまったからだ

そう、鹿児島本線は実は「鹿児島方面行きです〜」というだけでJR九州は在来線を放棄してしまっているのだ

第三セクターとして、切り離して地域の市町村や県の補助金で経営するわけなのだが、これって実は損失の付け替えにすぎない

黒字のとこだけJRに引き取り、JRはさっさと上場、自治体は第三セクターを税金で支える

これは実は日本中で行われていて、私はそのことに気づいてからと言うもの、第三セクターを糞だと思っている

だってそうでしょう?

JRの赤字部分を自治体で引き受ける、そして黒字部分はJRの投資家が配当として受け取る

ならば、これって国鉄のままで良かったんじゃないの?と思うからだ

赤字のなすりつけみたいで気分よくない

地方の在来線の赤字の原因は高架の新幹線のせいで既存の線路の利用者が行動が変化したところにある

つまり鉄道会社は新幹線を導入すると、在来線の線路と新幹線の高架を運営しないといけないからだ

しかも劇的に乗客が増えるわけでもないのにだ

だから新幹線は地方の在来線の廃線や無人駅化の原因だと見なせる

九州新幹線開通以降の九州各地の在来線の寂れた駅、そしてその周りを見ていると、九州全体が切り離されている気がしてならない

もめながら前進

全く新しい商売は法による規制を受けていないため、何をして良くて何をしてはいけないのかが、よくわからない、こういうの、日本人は苦手だ

本質的に生存競争なのに礼儀を持ち出してしまうからわけがわからなくなってしまうわけだが、日本人は「ルールに従う」ように教育されていて社会生活においてもそう調教されてしまうからなおさら勢い良く前進する中国や韓国、アメリカに遅れを取ってしまう

秩序を守るのはいいが、慌てる時に慌てず、市場を切り取るべきときに独占できない、日本人は与えられたルールで競争してしまうし、そういうのが好きだ

で、もちろん日本にも例外が居る、鎌倉幕府直前の時代を生きた源義経は源平合戦の時、壇ノ浦の戦いで海上の戦い際に平氏の軍勢の船を漕いでいる水夫を射殺することで平氏の船を移動不能にすることで勝利を得たし、東郷平八郎は日本海海戦で敵艦隊の前でまがるという丁字戦法を使って勝利を得た

クリエイティブというのはある意味、アウトロー的な考え方なのかもしれない