FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

九州はまだ雨ずっと雨

今日含めて1週間以上先まで九州はずっと雨だ

7月に入ったと言うのに気温はいまいち上がらない

雨が続けばおそらく外出する人たちも減るだろうからいまいち夏はなくなってしまう

とは言え今年は花火大会も甲子園は夏祭りも無いんだから一緒か

花火大会の開催を教えてくれる花火の情報のページを見ていて私はたくさんの中止のマークを見てすごいがっかりしてしまった


まるで夏が死んでしまったような気がしたから

7月1日九州は少し晴れ間が見えた

そのタイミングを狙って私は海水浴場に行った、これは私にとって毎年の儀式のようなものだからだ

夏を迎えに行ったのだ

青空のもと高く伸びる積乱雲を見て私はなんだか嬉しくなった

本当に本当に本当にきれいな青空だったから

いつも通り毎年と同じようにその海水浴場の岩場には何が押し寄せまた引き返していたし澄んだ海を沖まで続く防波堤は天国までの間に見えたから


私は階段に座り込み波打ち際で遊ぶ若い女の子2人を見ていてすごく穏やかな気分になった

塩水に足を浸し砂の上を歩くとえもいわれぬリアルな感触が足元を包んだ


雨上がりの土砂の巻き上げられた濁った波越しにお気を見るともう夏がすぐそこまで来ている気がした



帰宅後家に戻ると広報無線から今年の海水浴は開放しないことが決まったという放送が流れた

私はYouTubeで浜崎あゆみのジュライファーストと言う曲を聴きながら夏に思いを馳せた

この雨はいつ止むのだろうか

関連記事
スポンサーサイト



環境は最悪で健康状態も最悪だが気持ちだけは最高だ

英雄おぼっちゃんと言われるごくわずかの人間を除くと人間の多くは運命に翻弄されながら生きることになる

つまり経済状態や健康状態や家族関係がそうだ


私たちの多くは単に「時代」のタイミングで豊かだったり生きやすかったり行きにくかったりという環境に容易に翻弄されてしまう

なにしろ社会はコネも金も無いものには厳しいからだ


人の運命の儚さなんて、まるで笹舟で太平洋を漂うに等しい状態だ

そして私もその一人の翻弄されている人間だ


悲しいかな私には天佑神助も無いし、オーラも受け継いだ親からの教育そして財産も無い


おまけに私の住む街は今後30年で人口が14%以上も減少すると言われているようないわゆる廃虚の増える街が確定している街なのだ


昔、北海道で炭鉱が閉山になったとき、炭鉱で働いていた人たちは閉山した翌日にはもう引越しを始め、年金がもらえる高齢者以外の多くの人たちは炭鉱町を去っていくというドキュメンタリーを見たことがある


私の住む街もそんな感じだ


主力産業がコケたらそれで終わるような街なのだ

だから地域の経済環境は最悪の状態で全く困ってしまう


おまけに私は今年から持病を抱えていて通院を必要とする状態になってしまったのでこれも大変だ

なにしろ週に数度具合が悪くなるんだけどこの病気、残念ながら障害年金をもらえないwww


だから健康状態も悪いし地元の経済状態も悪いのだ



でも、私はなぜかわからないが過去数年来の気分の高まりを感じている


つまり覇気みたいなものが帰ってきた気がするのだ!!!

だから私は今、実のところ最近毎日毎日ワクワクして目覚めている


だからブログの更新も滞っている(このブログは私のリアルの不満と比例して記事が増えるから)www


むしろ早起きしすぎて寝不足なくらいなのだ

私はいつも思うのだが、元気を出そうとしてニンニクを食べたり牛肉を食べたり応援ソングを聞くというのはあまり元気が出る方法だとは言えない


たしかにニンニクにも牛肉にもからだをイキイキとさせるアミノ酸やビタミンミネラルが含まれているんだけれども、そうじゃない、そうじゃない、元気を出すってそういうことじゃないのよなぁ


結局元気って運命という乱暴な手に掴まれたときにジタバタする弱い人間の最後の足掻きなんだと私は思うのだ


鮮魚店や道の駅や小料理屋の生け簀の中の魚を機会があったら見て欲しい、生け簀の中の魚たちは彼らは悠然と自分たちの運命である「注文が入ったら殺される」という事実を知らずに生け簀の中をリラックスしていったり来たりしている
だけど網ですくわれる一瞬、たしかに魚はあばれてジタバタする


人間の元気もあれとおなじだと私は思う

人間も狭い範囲を行ったり来たりして同じ行動を年がら年中繰り返していて元気を必要としない生き方をしている

だけど人間も運命という乱暴な手に掴まれたとき小料理屋の生け簀の中の魚のようにジタバタ一瞬あばれることになる


そして幸いなことに人間と魚が違うのは魚は水槽や網から逃げられないが、人間はジタバタすれば自分の運命を変えられるチャンスがあるということ


だから私の今の周辺環境や地域の経済状態や健康状態はたしかに悪いんだけれども、改めてジタバタしてみたいと今はおもっている


そしてそれはなぜかと言えばやはり健康状態という点で追い詰められている気分になったからだと思う


今高揚したこの気持ちだけは私の持っている数少ない財産であると思う

関連記事

九州の素敵な労働環境を見ろその2

九州の素敵な労働環境を見ろその2


ライトハウスという企業の口コミサイトを見ていたら恐ろしい会社を発見したので皆さんにも見てほしいので貼っておく

どうして九州から若者が逃げ出すのかをこれを見ればわかってもらえるはずだ


これを見ればどうして九州が発展しないのかがわかる



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

見えないところにお金をかけてくれない。検討すると返事はあれど、後回しにされ実施されることはないと思っておいた方よい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

教育・研修:【周りへの相談のしやすさ】改善点を相談したところで、相談相手が何も考えていないタイプであれば変化は全く起きない。人によっては鬱陶しいとさえ思われ、嫌われる。勤務歴の長い人間は、相談しても変わらないと思って黙って働いている。パートの方も、相談できる社員とそうでない社員がいるという認識でいるため、相談しにくい社員とはあまりコミュニケーションをとらない。私自身、報連相は行うが表面上のみで留めることがある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現状を理解している人が少なく誤解を解くため話をしても良いのですが拗れるのもめんどくさい為放置状態です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
手取り約13~14万程度。生活費だけで消えるので貯金は難しい。残業は1分ごとにでるが、余程のことがない限り一般社員は残業させてもらえないので残業の手当ても上乗せされない。賞与も年に2回あるが少ない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私まだ二十代なのですが、レジが得意でレジばかりだからか静脈瘤みたいなのできてきて、労災?どうなる?みたいな気分です。ロングで入ったときにメンテなしでずっとレジを任せられるのって本当に雑な扱いな気がして。惨めな気持ちになるのでどうにかならないかなと思います。嫌というより、身体に悪いと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バイト、パートのサポートはほぼ無いと思った方がいいです。本来サポートしてくださるはずの地域マネージャーさんー女性の方ーはほぼ来ないので、困っている時にまったく相談できませんでした。私が辞める事を決めて自己都合退職を2ヶ月前にお知らせした際、謝ってくださったのですが、もっと何とかならなかったのか、今でも気になります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
有給もケガ、病気、葬式の際ぐらいにしか取れません。自分は在職中に結婚しましたが、結婚式も新婚旅行も有給を使わせてもらえませんでした。転勤も年に1回と多く、残業も多く、急なシフト変更も多く、家庭を犠牲にしざるを得ない環境です。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






いや〜九州って素晴らしいですねぇ

関連記事

九州の素敵な労働環境を見ろ

ライトハウスという企業の口コミサイトを見ていたら恐ろしい会社を発見したので皆さんにも見てほしいので貼っておく

どうして九州から若者が逃げ出すのかをこれを見ればわかってもらえるはずだ



勤務時間・休日休暇:勤務時間はハローワークの求人票には朝8:30~17:30となっていますが、実際は定時より1時間半も早い朝7:00には出社しなければいけません。その早出は仕事の準備と言うよりも工場でフルに肉体労働になります。早出手当は出ません。サービス早出になります。それは社員の皆さんは暗黙の了解で、事務の女性社員の方も最低でも定時の1時間前には出社しています。朝礼が朝の8:00から始まるので一働きしてから朝礼になります。定時は8:30ですが、8:00を過ぎて出社する人は誰も居ません。全社員早く出社し、定時の1時間半前から黙々と働いています。そうなると定時で帰れても1日が長く感じます。定時でも約11時間近くの拘束になりますので、最初は辛く感じるでしょう。残業も繁忙期は多く、朝7:00~夜22:00近くになる時もあります。精米工場なので5キロ、10キロ、30キロ等の米袋を長時間担ぐので体力と強い精神力がないといけません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


企業文化・社風・組織体制:1年に1回ですが、ゴルフが社員全員出来ることが好ましいです。ゴルフを兼ねた忘年会がありますが、ゴルフをするための費用一万円は自腹、現金で納めます。その日は会社の休日になりますが、休みの日に行くことになります。どこもそうだと思いますが、上層部からの命令は絶対です。そういった社内行事に参加しないとかなり評価は下がります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

企業文化・社風・組織体制:チームワークを大切にするので、1人だけ違う行動を取れば目立ちます。足並みを揃えて乱さないように仕事に取り組む事が求められます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

成長・キャリア開発:ほとんど無いに等しいです。〇〇に関しては詳しくなるかもしれませんが、それがそれ以外で役に立つことはありませんし、独立するには難しいかと思います。強いて言えば長時間労働に耐えられる精神力と体力は身につくと思いますので、ここでやっていけたらどこでもやっていけると思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


上司の命令は絶対で、失敗するとみんなが見ている前で大声で怒鳴られる事もあります。その後も朝礼で過去の失敗について名指しで追及されます。人にもよると思いますがかなりのストレスを感じました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

勤務時間・休日休暇:タイムカードも勤務時間を記入する出勤簿もありません。普通は時間記入やタイムカードがなくとも、せめて出社した証の印鑑ぐらいはつくべきと思いますが、それすらありません。上司が残業時間もつけていると言いますが、見ることはできません。出社したら駐車場から即更衣室に向かいます。残業や早出をしたら自分で記録を付けておかないとまったく給与が予測できなくなります。また、会社もそこを改善するつもりは現在はありません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


多様な働き方支援:朝が早いので規則正しい生活が身につくと思いますが、残業が夜22時近くになり、朝は7時からになると相当体力は要します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関連記事

なんか楽しく生きたいもんだね

オリンピックも無し、甲子園も無し、花火大会もなし、ゴールデンウィークも無し


2020てつまらない年だね


県庁所在地のイオンやビッグカメラでは未だに東京オリンピックのポップアップショップが中止になったオリンピックのグッズをいまも並べ続けている

今年の高校生達は本当にかわいそうだ


だって部活の大会や地域の行事も中止ばっかりなんだもん


日本ではよくドラマを作る時高校生を使ってドラマを作る

なぜかと言えば日本人の人生は学生時代が終われば後は刑務所の懲役となんら変わらないからだ
週に2日解放されるだけで家賃も有料の囚人だ

だからドラマ化できないのだ


日本人の99%は他人の会社で他人のために働いていて子どもと向き合って遊ぶ時間すら惜しい人も多い

だからドラマにならないので刑事ドラマと医療ドラマばっかり作られてしまう

もっと日本人は自由になる時間や時期を持つべきだと思う


他人が活躍する甲子園やオリンピックの観客で満足するべきではなくね

関連記事

なんで会食ばっかしてんのに非常事態のときのアドバイザーが安倍総理にいないのか?

安倍首相といえば会食が好きであることで有名である


同じ自民党の仲間やメディア界の大物、産業界の大物たちとしばしば会食をしてきたことがこれまで報道されたり首相動静でしることができる


また安倍首相はしばしばメディアの記者とも会食することが知られていて、そのおかげでバッシングを避けることができ、さらになにもしないことにより長期政権を維持することに成功してきた


アベノミクスの景気対策にしても北方領土の問題にしても拉致被害者の問題にしても未だになにも解決していないのは解決したら支持者が減るからだ


そのことを安倍首相は理解している


中国で言うところの狡兎死して走狗烹らるということわざのあれを安倍首相は理解しているのだ


安倍首相の支持者はばかばっかりだから北方領土問題も拉致被害者も安倍総理が解決してくれると錯覚している


しかし安倍総理にとっては北方領土の択捉島や色丹島やほぼまいだかはぼまいだかわからない島々など、帰ってくる必要はなく、支持者が北方領土返還を唱えることで集まってくればそれで良いわけだ


でだ、私は疑問なんだけどコロナウィルスの安倍総理の対応を見ていると、安倍総理と会食しているやつらってほんとに金に群がるクズどもばっかりなんだねと、私は改めて感じている


というのも、政治家に限らず企業経営者や組織の権力者というのは普通、賢い法律家や学者それから医師なんかと普段から親しくして、いざというときに彼らにアドバイスを求めるということが当然のたしなみで、自己啓発本でもよく賢い専門家の知り合いを作ろうというようなことが書かれている


古代中国の春秋戦国時代など孟嘗君とか平原君なんかの有力国の政治家たちは食客という呼び名の私兵&アドバイザー集団を1000人単位で抱えていて常に彼らに軍事的あるいは経済的それから政治的なアドバイスを求めながら国の政治に関与したことで知られている


また、日本一の出世をした人である豊臣秀吉も常にアドバイザーを探していて竹中半兵衛や黒田官兵衛そして石田三成のようなアドバイザーを用いることが上手であり豊臣秀吉は人事により天下統一を果たした


また、安倍総理の前の前の菅直人総理大臣の場合はというと東日本大震災のときに日比野寧氏という東京工業大学で工学博士になった友人を内閣官房参与として連れてきて相談役とした


だからコロナウィルスの国家の危機に瀕している安倍総理も普段から会食ばっかしてんだから、孟嘗君や豊臣秀吉や菅直人のようにアドバイザーを選んで助言を貰えばいいと思うんだが、イマイチ安倍総理のアドバイザー的な役割の人の顔が見えてこない


なにしろ安倍総理は普段から会食ばっかしてるんだからそういう相手の中から賢そうな相手を選んでアドバイザーあるいは相談役にすればいいんだが、そうしないことを見ていると、安倍総理の今までの会食はなんだったのか??と私は疑問に感じてしまう


だってそうでしょ?


メディア界の大物や産業界の大物それから政治家の同僚と会食ばっかしてんのにこの国家の危機に安倍総理はまともな相談役すら選任できないのだ


私は今まで何やってたんだ?と思う


だって金に群がる謀利輩とばっかりつるんでたからこうなるんだろ?と思うからだ

安倍総理と会食している相手は実のところ安倍総理の権力から利益を得ようとしているだけで、一大事に駆けつけて安倍総理と困難を共にしてくれる相手がいないという事実は実のところ驚愕の事実だ


国家の危機に際して電通のように家事の最中に火事場どろぼうをするような下劣なやつらとばかり安倍総理はつるんでたから安倍総理には悲しいかなまともなコロナウィルス対策を策定を相談する相手や友人がいないのだ


だから官僚の提案することを追認することしかできず後手後手の対応しか安倍総理にはできない


私は思う安倍総理て友達いないんか?wwwwとね


権力者にすり寄ってくるやつらとばかりつるんでたから安倍総理には個人的な信頼のおける相談役が居ない


そのことを国民は理解するべきだ


総理大臣に個人的なアドバイザーや相談役がいなければ官僚の言いなりになるしかないし官僚の提案を追認するしかないのだ


関連記事

植物は雨で育つ

植物は雨で育つ

これは植物の誕生した大昔から植物が自然環境に適応してきた結果だと言える

雑草は特にそうで雨とともに発芽するそして速やかに急速に成長し根を張り葉を広げていく


人間に飼い慣らされた野菜はと言うと水を人間から与えられることを前提とした不格好なアンバランスさを持っているため特に種子部分が肥大する者や根が太っていくような野菜は水が切れてしまうとたちまち生育不良になってしまう


私は雑草を見ているととても自然と調和した生き方をしているように感じるつまり雨と共に成長し無理のない範囲で大きくなり、必ず実を結ぶからだ


雑草は野菜や穀物と違い少し窒素が足りなかったりカリウムが足りなかったりリンが足りないと言う理由でやたらと生育不良になったりと言うことがない


彼らは大して世話もされず何も与えてもらうこともないのに自然の中で自分たちの生きる場所を力強く確保している


このことは草取りをしてみれば明らかだ野菜と雑草の根はまるで違うからだ


雑草の根っこは細く複雑で細くまるでいくつかの手で土を握り込んでいるように見える


その一方で野菜の根はと言うとずいぶんシンプルで放射状に広がっていて地面をつかんでいると言うよりは水を吸ったり栄養を吸い取るために広げているだけに思える


だから雑草の根っこはしぶとく草取りで簡単には抜けないが野菜はと言えば地面から簡単に引きはがされてしまう


おそらくもし突然人間たちが地球上から消えてしまったとしてもおそらく雑草たちは人類が誕生する前と同じく何事もなかったかのように繁栄するだろうしかし野菜はと言えばおそらく1部の野生の原種に近いような生態を保っている種類以外は滅んでしまうであろうと私は思うそしてこのことは同時に日本と言う社会の環境について考えてみたとき、日本人も当てはまるだろうが今後日本が衰退する中で力強く生き残っていける人はおそらく賢い人よりもよりシンプルで環境の中から自分の生存する領域を確保できるような人たちであると私は考えている


環境と調和していけるものこそ強いのだと私は思う

関連記事

栄養失調で茶髪の高校生が増えてきた

最近の高校生の髪の毛はみんななんか茶色がかってみえる


更に言うと児童といえる年齢の子どもたちの髪の毛もそうだ


よく生まれつき色素が薄いとかいう意見も見るが、少なくとも15年前の子供で茶色がかった髪の毛の子供っていなかったと私は思う(みなさんのまわりはどうだろうか?)


日本人の子供の髪の毛が茶色がかってきたのは、昔日本マクドナルドの創業者藤田田はハンバーガーを日本人に食わせて日本人を西洋化しようとしたそうだがその影響だろうか?


もちろん違う


文部科学省の学校保健統計調査ー平成30年度で日本人の子どもたちの髪の毛が茶色がかっている理由を知ることができる


https://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2019/03/25/1411703_03.pdf

PDFを見てほしいのだが、文部科学省の調査によれば日本人の学童はここ最近、発育が悪化し栄養摂取が不足し、体重は軽量化し身長も10年間で小型化してしまっていることがわかる


平成17年と比べると肥満の子供は大きく減少し、国民の貧しさが深刻になっていることが分かる


ちなみに平成17年の総理大臣は小泉純一郎だwww


文部科学省の調査でわかるように、小泉純一郎の時代を境に肥満傾向の子供は減少し子供は栄養が不足していることが明らかになってきた


また平成17年から現在まで痩せている子供は肥満傾向の子供の減少と反比例して増加し続けている



さらに平成後半を通してまるで社会の先行きが見えないことが子供にも影響を与えているかのように、子供の視力も低下を続けていてビタミンが足りていないことを明らかにしている



ほんとはグラフを貼れば良いのだがこれはもともとのPDFを見てほしいのでそれはやめておこうと思う


私の見立てでは日本人の子供は貧困化により子供がまともに栄養を取れていないから髪の毛が茶色がかっているのではないかと考えている


実際可処分所得も低下しているし、昔のように貧乏だけど農家だから食べ物はあるというような時代から賃金労働の時代に変わったため、貧乏な人は栄養バランスのとれた食事をとることが難しくなっているからだ


賃金労働では自分の体力と頭脳を一度他人の評価に掛けてから報酬を得るため、単純に体力と頭脳を田畑で食べ物に変換できる農業よりも摂取カロリーがどうしても低くなってしまう


例えば農家の人は持っている荒地を整地して畑に変えれば収穫は増えるし草取りや手入れをしっかりしても収穫は増える
何より直接食べ物を作っている


しかし雇われて働いている賃金労働の人たちは頑張ったからと言って評価され所得が増えるということはなかなかなく、むしろ雇われている理由は「時給790円で文句をいわないから」という理由だったりして、所得が伸びにくいのだ
特に地方では女性の非正規雇用の所得は完全に最低賃金の水準とリンクしている


だから、現代日本のように政府は国民生活に無頓着で企業家も人徳も金儲けの才能も無い社会ではしわ寄せは子供にあらわれてくる


つまりそもそも子供を生まない少子化、子供に対する虐待という口減らし(あるいは間引き)、それから子供の栄養失調みたいな目立たないところに社会のひずみがあらわれてくるわけだ


でもこれは現在進行で起きている出来事なのだ


事実子供を育児放棄して無意識に遺伝子に刻まれた間引き(法律では禁止されている)である虐待や子供を残しての失踪は現代日本では珍しくないし、文部科学省の統計のとおり子供は痩せ始めて栄養不足に陥っている


栄養不足で頭髪が茶髪の子供に黒いスプレーを浴びせる前に子供にまともなミネラルやビタミンを与えられるようにするべきだと私は思う

関連記事

アフリカ人は絶望しない日本人は絶望する

日本は島国で統治が行き届いた国だ


全国どこでも法律が行き届き悪人は捕まり稼げば納税することになる


法律が行き届かず納税もしないのは国会の政治家くらいだ


だけど私達はこの社会、果たして幸せなのだろうか?


この自動車の走り回る冷暖房の効いた社会があるにも関わらず日本人は幸せなのだろうか?


私は以前ドキュメンタリーで、家族を養う女の子を見たことがある


アフリカの路上で11歳の女の子は家で焼いたパンを売り家族を養っていたドキュメンタリーだ


女の子は病気の家族を養うために家で毎朝毎朝パンを焼く

そして道路の脇で売り切れるまで路上販売するのだ


彼女も家族も貧乏だが幸せそうだった


私がアフリカが羨ましいのは、こういうパン売りの少女のように手軽なスモールビジネスを人々が始められるというところだ


食べ物を売る以外にも、道路を作りそこを通る自動車に通行料を課す私道ビジネスだったり車で白タクとかを法の支配のおよばない場所でアフリカ人たちはやっている




翻って日本を見てみるとどうかというと、日本では許可や権利関係があり法の支配がすみずみまでおよんでいるため、貧乏な人が今日思い立って自分の手作りの食品や雑貨を道路沿いで立売りするというのは現実的に不可能な状態だ


なにしろ保健所や警察などの許可が必要だし初期投資もだいぶ必要になる


その結果どうなるかというと、日本では貧乏な人はアフリカ人のようにスモールビジネスで家族を養うなんてことができないため、貧乏な女の子はいきなり売春へと走ってしまう


つまり携帯電話やSNSにで出会った相手と売春してしまうのだ


もし日本でもアフリカくらい簡単にスモールビジネスができたなら、貧乏な女の子の売春が減るんじゃないかと私は思う


なにしろ法の支配は行き届いているからスモールビジネスを初めて小銭を稼ぐという行為を日本では気軽にはできないのだ


だから貧乏な日本人は自力救済の手段が限られ、不都合な条件、不利な条件で他人の企業で働くことになる人たちがたくさん存在しているわけだ




例えば日本では固定残業代として前もって残業代を払えば、その指定した時間を越えても残業代を追加で払わないでよい、またさらに電通のまつりさん事件のように、人ひとりを過労死させても数十万円程度の罰金でよいと裁判所が決定しているし、未だに年間の求人が80日の会社もざらにあり、手取り18万も無いのに盆休みも正月休みも無いという職場がたくさんあるのだ


だから私はアフリカがある意味羨ましい


なぜなら日本では許可や申請を作りすぎて、小規模ビジネスすら始めにくい環境が作られているからだ


日本は自分たちで自分たちを救えない社会なのだ



規制をしすぎて稼ぐ力を制限しすぎている日本、その結果、貧乏な女性のパパ活や売春の発生、これっておかしくないか?と私は思う


日本では女性だから、若いからという理由や「最低賃金はこれくらいだから」とか「20万出せば満足だろ」みたいな低賃金圧力が強すぎて大変生きにくい社会となっている


もう少しスモールビジネスを始めやすくして貧困からのいきなり売春をする不幸を減らすべきだと思う

関連記事